ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

姿勢が良いだけで痩せて見える!さらに痩せる効果も見込める

2017.11.27

姿勢が良い人、悪い人。
どこが違うのでしょうか。
同じような身長、体重、体格でも、姿勢の良し悪しで見た目が全然違って見えるはずです。

姿勢が良いと、背が高くスマートで引き締まって見えます。
そして、年齢より若く見られることも多いです。
なぜなら、姿勢が良いと体内循環が良くなり、内側からも体が綺麗になれるからです。

痩せる目的で姿勢を正すのは、直接的影響はないのですが、見た目の変化はすぐ起こり、継続的効果で自然と痩せる体に変わっていくことができます。

今回はそんな体になるためにオススメのストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

内転筋を鍛える方法。マットの上にうつ伏せに寝ながらできる

運動においてトレーニングをするということは、そこに負荷をかけて刺激を受けて動くことです。 重たいも...

股関節を柔らかくするなら振り子運動ストレッチがオススメ!

最近は技術の進歩により動かずに何でもできるようになってきました。 スピーカーに話しかけるだけで、何...

肩甲骨の痛みは全身へと波及する!ストレッチではがし解そう

『肩が痛い』『肩が重たい』『肩が上がらない』『肩甲骨が痛い』といった肩の不調を感じる方が後を絶たない...

腰痛は内臓と密接関係あり!そして股関節や足首にもつながる

最近お店に腰痛の患者様がよくご来店されます。 カウンセリングをして腰の状態をヒヤリングをし、施術を...

数多ある腰痛の対処法。どれがベストな選択か知ってる?

腰痛が起きた時に皆さんはどのような対処をしますか? 今回はその対処方法についていくつか説明していき...

肩こりを治す簡単方法の1つ。呼吸を意識的に深く行うだけ!

肩こりを治すときにどのような方法を使って対処されていますか? 肩こりになりやすい方とはどんな人...

太股(太腿)の筋肉痛は動的ストレッチで早期回復!引きずるな

太股の筋肉痛を感じるのは、激しい運動直後ではなく、翌日以降が多いはずです。 そんな筋肉痛はただ...

美脚を目指せ!下肢の中でも硬くなりやすい内転筋ストレッチ

筋肉は大まかに言えば遅筋群、速筋群に分かれています。 持久系の赤色の筋肉が遅筋であり、瞬発系の白色...

足のむくみ解消には指先までしっかりストレッチを欠かさない

足のむくみに悩まされる方多いでしょう。 特に寒くなってくる、秋から冬にかけてのシーズンはさらに増え...

腰痛は筋トレによってもたらされる!体の使い方間違えるな!

筋トレをやり過ぎたり、腰に負担のかかる筋トレは腰痛の原因になります。 腰に異変を少しでも感じたらす...

腰痛の原因は腎臓にあり!?腎臓と骨盤に密接な関係性が!

腰痛は筋肉疲労から起こるものと思われがちですが、それだけではないのはご存知ですか。 筋肉疲労の他に...

肩こり解消のポイント!脇や鎖骨のリンパをしっかり流すこと

私たちの体、細胞が元気になるのは代謝がスムーズにされることが必要です。 そのために必要なものは酸素...

姿勢を良くするため整体へ行くのも良いがセルフメンテもあり

皆さんは整体へ出向いて姿勢矯正をしたことありますか。 体が硬い人程、痛みを伴うことが多いですよ...

開脚ストレッチでハムストリングスを常にベストな状態に保つ

ハムストリングスは力強い筋肉です。 ハムストリングスのおかげで立つ、歩く、走るといった当たり前の動...

腰痛が治らないなら股関節を広げてガニ股で腰を落とそう!

腰痛が治らないのは、筋肉のバランスが崩れたままだからかもしれません。 痛みの発する部分の筋肉を...

スポンサーリンク

 姿勢を良くしたら痩せるのは本当なの?

結論から言いますと、姿勢を良くしたら確実に痩せることができます。
というのも、姿勢を正すには筋肉は必須だからです。

ある一定量の筋肉がないと、姿勢を維持することはできません。
そして筋肉は新陳代謝を上げ、痩せやすくするのです。

新陳代謝とは極端に言えば、何もしてなくても消費するカロリーのことです。
正確には基礎代謝と言います。

筋肉量がある人と無い人では、同じ生活をしていても消費カロリーが違ってくるので痩せるのは当然です。

また姿勢を正すことにより、必要な筋肉の維持もできます。

普段運動もせず姿勢の美しい人は、毎日筋トレをして鍛えていても普段から姿勢の悪い人よりも効率が良いです。
常に軽い運動をしているようなものですから。

今まで何もやっていなかった人が姿勢を正すようにすると、最初は背中や肩を中心に痛みが出てくるでしょう。
それは今現在、体を支える筋肉すらないという証拠です。

周りの人をよく観察してみてください。
姿勢の良い人に、太っている人はほとんどいません。
対して姿勢の悪い人は一見痩せて見えてもお腹や腰回り、二の腕などを中心に肉付きが良い人が多いはずです。

痩せる姿勢への過程 ダイアゴナルソラシックスパイン

今回はダイヤゴナルソラシックスパインという、背骨のストレッチです。
主に脊柱起立筋のストレッチを行います。

椅子に座り、両足を閉じ、膝と膝の間にタオルを挟んでください。
こうすることによって両足の内転筋が使います。

そこから、両手を真横に伸ばします。
そして右手を親指側、左手を小指側に捻ってください。

さらに両足を上げていきます。

そこから右手側に手を伸ばしていきます。

元に戻り、腕の捻りを入れ替えて、今度は左側へ伸ばしてください。

注意点として、伸ばしたときに反対側のお尻が浮かないようにすることです。
この左右の動きを交互に10回行ってください。

タオルを1枚挟むことによって、内転筋がエクササイズされるので、体幹トレーニングの1種としても使えます。
両手を伸ばして遠くへ持っていくことによって、肩甲骨のストレッチも入ってきます。
是非お試しください。

ダイアゴナルソラシックスパインのポイント/回数・タイミング

ダイアゴナルソラシックスパインを行う上でのポイント

腕が回内したほうに伸ばすようにすること。
回外の腕の方を伸ばすと別のストレッチになってしまいます。

回数・タイミング

左右10回1セット。
休憩を挟みながら3セットを目標にしてください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

脊柱起立筋ストレッチ。
姿勢矯正/改善。
背骨調整。

運動強度☆☆☆☆☆

全身連鎖をするので、定期的な運動をされている方向け。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 背中に歪みを感じている方
  • 体幹に不安がある方
  • 運動パフォーマンスを高めたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.228】痩せるための姿勢へ向かう ダイアゴナルソラシックスパイン

姿勢を正すこと、それは痩せる目的ではなく健康の底上げが目的

姿勢が良くなると必ず良いことが待っています。
今まで辛かった部分が和らいだり、疲れにくくなったり。
もちろん痩せることもあるはずです。

でもすべては、体の循環が良くなり、効率の良い体になったからこそです。
無駄が省かれ、すべてが活躍し出すのです。

そして、自分で感じるだけでなく、周りからの評価も変わってくるのが姿勢の良し悪しです。

良い姿勢は人生を豊かにします。
是非このストレッチで正しい姿勢作り目指してください。

 - ストレッチ