ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

姿勢が良いだけで痩せて見える!さらに痩せる効果も見込める

2017.11.27

姿勢が良い人、悪い人。
どこが違うのでしょうか。
同じような身長、体重、体格でも、姿勢の良し悪しで見た目が全然違って見えるはずです。

姿勢が良いと、背が高くスマートで引き締まって見えます。
そして、年齢より若く見られることも多いです。
なぜなら、姿勢が良いと体内循環が良くなり、内側からも体が綺麗になれるからです。

痩せる目的で姿勢を正すのは、直接的影響はないのですが、見た目の変化はすぐ起こり、継続的効果で自然と痩せる体に変わっていくことができます。

今回はそんな体になるためにオススメのストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

股関節を柔らかくするなら振り子運動ストレッチがオススメ!

最近は技術の進歩により動かずに何でもできるようになってきました。 スピーカーに話しかけるだけで、何...

膝の内側の痛みは鵞足炎?女性特有症状?ストレッチでケア

膝の内側に痛みが出るのは、正しい曲げ伸ばしや体重の掛け方ができていないことが原因だと考えられます。 ...

膝の痛みは脚の連動不足かも!?ストレッチで連動感覚を養う

膝が痛いからストレッチをして和らげるのは問題ありません。 しかし膝周りだけ伸ばしても、痛みが和らい...

僧帽筋・広背筋を積極的に使って肩こり腰痛改善ストレッチ!

ある日、腰に違和感が・・・。 最初は一時的な痛みで放って置いたら腰の痛みが治ったが、またある日腰に...

内転筋を鍛える方法。マットの上にうつ伏せに寝ながらできる

運動においてトレーニングをするということは、そこに負荷をかけて刺激を受けて動くことです。 重たいも...

下半身連動ストレッチで股関節を大きく動かし膝の負担を軽減

膝だけを曲げ伸ばしする機会はあまりないはずです。 対して膝と同時に股関節や足関節を曲げ伸ばすことは...

女性のための腰痛改善方法 それは運動療法がポイント!

女性特有の腰痛があるのはご存知でしたか? 構造的に苦手な動きが実は女性の方にはあります。 そ...

足首を硬くしておくな!足関節を正しくストレッチして柔軟に

人間は他の動物と違い二本足で立ったり歩いたり、走ったりします。 四つ足の動物と違い、全ての体重が二...

ハムストリングスを使えば体は連鎖しあらゆる運動が楽になる

ハムストリングとは太腿の後ろ側の筋肉で、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋を指します。 また大内転筋を...

腰痛で歩けない!?そんなときどうする?原因と対処法まとめ

腰が痛い!という患者様は無数にいらっしゃいます。 そして腰が痛くて歩けない状態の方を何人も診てきま...

誰でも簡単にできる!腰痛が慢性化しない為にする事とは?

普段から下を向くことが多い方、背中を丸めてしまっている方は腰痛が慢性化していませんか? 間違っ...

眠いと体が動かない!すると肩こりやさらなる眠気に襲われる

眠気があるのは、睡眠時間が足りていない、睡眠の質が悪いのが原因です。 そんな生活を続けては、体...

姿勢矯正インナーのメリットとデメリットを知り上手に活用!

姿勢矯正インナーは様々な種類が出ていて、どれを選んで良いか迷ってしまいますね。 ただ1つ言える...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。 また気の流れも滞っている...

太腿とお尻の柔軟性バランスは崩れやすい!ストレッチで調節

ウォーキングやジョギング、ランニングをする上で歩幅を広げるためには、股関節から繋がる太腿とお尻周りの...

スポンサーリンク

 姿勢を良くしたら痩せるのは本当なの?

結論から言いますと、姿勢を良くしたら確実に痩せることができます。
というのも、姿勢を正すには筋肉は必須だからです。

ある一定量の筋肉がないと、姿勢を維持することはできません。
そして筋肉は新陳代謝を上げ、痩せやすくするのです。

新陳代謝とは極端に言えば、何もしてなくても消費するカロリーのことです。
正確には基礎代謝と言います。

筋肉量がある人と無い人では、同じ生活をしていても消費カロリーが違ってくるので痩せるのは当然です。

また姿勢を正すことにより、必要な筋肉の維持もできます。

普段運動もせず姿勢の美しい人は、毎日筋トレをして鍛えていても普段から姿勢の悪い人よりも効率が良いです。
常に軽い運動をしているようなものですから。

今まで何もやっていなかった人が姿勢を正すようにすると、最初は背中や肩を中心に痛みが出てくるでしょう。
それは今現在、体を支える筋肉すらないという証拠です。

周りの人をよく観察してみてください。
姿勢の良い人に、太っている人はほとんどいません。
対して姿勢の悪い人は一見痩せて見えてもお腹や腰回り、二の腕などを中心に肉付きが良い人が多いはずです。

痩せる姿勢への過程 ダイアゴナルソラシックスパイン

今回はダイヤゴナルソラシックスパインという、背骨のストレッチです。
主に脊柱起立筋のストレッチを行います。

椅子に座り、両足を閉じ、膝と膝の間にタオルを挟んでください。
こうすることによって両足の内転筋が使います。

そこから、両手を真横に伸ばします。
そして右手を親指側、左手を小指側に捻ってください。

さらに両足を上げていきます。

そこから右手側に手を伸ばしていきます。

元に戻り、腕の捻りを入れ替えて、今度は左側へ伸ばしてください。

注意点として、伸ばしたときに反対側のお尻が浮かないようにすることです。
この左右の動きを交互に10回行ってください。

タオルを1枚挟むことによって、内転筋がエクササイズされるので、体幹トレーニングの1種としても使えます。
両手を伸ばして遠くへ持っていくことによって、肩甲骨のストレッチも入ってきます。
是非お試しください。

ダイアゴナルソラシックスパインのポイント/回数・タイミング

ダイアゴナルソラシックスパインを行う上でのポイント

腕が回内したほうに伸ばすようにすること。
回外の腕の方を伸ばすと別のストレッチになってしまいます。

回数・タイミング

左右10回1セット。
休憩を挟みながら3セットを目標にしてください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

脊柱起立筋ストレッチ。
姿勢矯正/改善。
背骨調整。

運動強度☆☆☆☆☆

全身連鎖をするので、定期的な運動をされている方向け。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 背中に歪みを感じている方
  • 体幹に不安がある方
  • 運動パフォーマンスを高めたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.228】痩せるための姿勢へ向かう ダイアゴナルソラシックスパイン

姿勢を正すこと、それは痩せる目的ではなく健康の底上げが目的

姿勢が良くなると必ず良いことが待っています。
今まで辛かった部分が和らいだり、疲れにくくなったり。
もちろん痩せることもあるはずです。

でもすべては、体の循環が良くなり、効率の良い体になったからこそです。
無駄が省かれ、すべてが活躍し出すのです。

そして、自分で感じるだけでなく、周りからの評価も変わってくるのが姿勢の良し悪しです。

良い姿勢は人生を豊かにします。
是非このストレッチで正しい姿勢作り目指してください。

 - ストレッチ