姿勢が良いだけで痩せて見える!さらに痩せる効果も見込める

姿勢が良い人、悪い人。
どこが違うのでしょうか。
同じような身長、体重、体格でも、姿勢の良し悪しで見た目が全然違って見えるはずです。

姿勢が良いと、背が高くスマートで引き締まって見えます。
そして、年齢より若く見られることも多いです。
なぜなら、姿勢が良いと体内循環が良くなり、内側からも体が綺麗になれるからです。

痩せる目的で姿勢を正すのは、直接的影響はないのですが、見た目の変化はすぐ起こり、継続的効果で自然と痩せる体に変わっていくことができます。

今回はそんな体になるためにオススメのストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

腰痛ツボの位置を把握。ストレッチでその経絡の流れを改善!

腰痛のツボはいくつか存在します。ただほとんどが背中側にあるため、自分でツボを押すこともままなりま...

肩甲骨の痛みは全身へと波及する!ストレッチではがし解そう

『肩が痛い』『肩が重たい』『肩が上がらない』『肩甲骨が痛い』といった肩の不調を感じる方が後を絶たない...

腰痛と下痢、実は関係があった!筋肉と神経、内臓の関わり

時に腰痛で下痢になるという人がいます。腰痛になったから下痢になった、下痢になったから腰痛になった...

骨盤矯正にはセルフストレッチ!簡単寝ながら効果を発揮!

骨盤矯正はみなさん一度は聞いたことがあるでしょう。またやったことがある方も結構いるのではないでし...

水泳でタイムを伸ばす肩甲骨の正しい使い方と可動域拡大方法

手を動かす上でスピードアップやパワーアップをしたい場合、体幹の側面か内側に沿って体幹の近くで動かしま...

肩が痛いときは前腕をストレッチする!肩以外が鍵となる!

肩が痛いとどのような症状が起きるでしょうか?指先の感覚が鈍い、肩がチクチクと痛い、腕がダルくて重...

姿勢が良い=好印象。これ間違い無し!それではどうする?

良い姿勢はどうやって作るか、なかなか分かりにくいですよね?他の人の綺麗な姿勢はよく分かります...

股関節の痛みを解消するための正常可動域ストレッチをすべき

股関節に痛みを感じてしまうのは、運動のしすぎでしょうか。それとも運動不足でしょうか。原因...

腰痛は胃の状態を現す写し鏡!?食生活・ストレスが原因に

胃と腰痛の関係性はあまり有名なお話ではありませんが、胃腸が弱くなって腰痛になることは実は良くある話で...

女性特有の腰痛がある!その予防に女性考案体操が効果的!

太ももがとにかく太くてガッチリしている。学生の時にバレーボールや陸上など、下半身の筋肉を良く使う...

肩こりの秋!?季節の変わり目に起きる肩こりの原因とは?

パソコンやスマホの普及によって、肩こりは現代病になったといっても過言ではありません。肩がこると腕...

股関節と体幹を連動させるストレッチで柔軟性とバランス獲得

二足で歩く、走るという動きは人間が生活する上で基礎となる動きの1つです。その中で歩く、走る動...

男性でつらい腰痛者は必見!体には効果的なツボが存在する!

男性は女性に比べて肉体労働を職業としている方が非常に多いです。そのため重たいものを運んだり、持っ...

膝の痛みは脚の連動不足かも!?ストレッチで連動感覚を養う

膝が痛いからストレッチをして和らげるのは問題ありません。しかし膝周りだけ伸ばしても、痛みが和らい...

冬には冬の腰痛がある!起こりやすい腰痛の原因はコレだ!

冬は最も気温が下がりやすく身体が冷えやすい季節です。身体が冷えると骨盤周辺の骨で仙骨という骨の動...

スポンサーリンク

 姿勢を良くしたら痩せるのは本当なの?

結論から言いますと、姿勢を良くしたら確実に痩せることができます。
というのも、姿勢を正すには筋肉は必須だからです。

ある一定量の筋肉がないと、姿勢を維持することはできません。
そして筋肉は新陳代謝を上げ、痩せやすくするのです。

新陳代謝とは極端に言えば、何もしてなくても消費するカロリーのことです。
正確には基礎代謝と言います。

筋肉量がある人と無い人では、同じ生活をしていても消費カロリーが違ってくるので痩せるのは当然です。

また姿勢を正すことにより、必要な筋肉の維持もできます。

普段運動もせず姿勢の美しい人は、毎日筋トレをして鍛えていても普段から姿勢の悪い人よりも効率が良いです。
常に軽い運動をしているようなものですから。

今まで何もやっていなかった人が姿勢を正すようにすると、最初は背中や肩を中心に痛みが出てくるでしょう。
それは今現在、体を支える筋肉すらないという証拠です。

周りの人をよく観察してみてください。
姿勢の良い人に、太っている人はほとんどいません。
対して姿勢の悪い人は一見痩せて見えてもお腹や腰回り、二の腕などを中心に肉付きが良い人が多いはずです。

痩せる姿勢への過程 ダイアゴナルソラシックスパイン

今回はダイヤゴナルソラシックスパインという、背骨のストレッチです。
主に脊柱起立筋のストレッチを行います。

椅子に座り、両足を閉じ、膝と膝の間にタオルを挟んでください。
こうすることによって両足の内転筋が使います。

そこから、両手を真横に伸ばします。
そして右手を親指側、左手を小指側に捻ってください。

さらに両足を上げていきます。

そこから右手側に手を伸ばしていきます。

元に戻り、腕の捻りを入れ替えて、今度は左側へ伸ばしてください。

注意点として、伸ばしたときに反対側のお尻が浮かないようにすることです。
この左右の動きを交互に10回行ってください。

タオルを1枚挟むことによって、内転筋がエクササイズされるので、体幹トレーニングの1種としても使えます。
両手を伸ばして遠くへ持っていくことによって、肩甲骨のストレッチも入ってきます。
是非お試しください。

ダイアゴナルソラシックスパインのポイント/回数・タイミング

ダイアゴナルソラシックスパインを行う上でのポイント

腕が回内したほうに伸ばすようにすること。
回外の腕の方を伸ばすと別のストレッチになってしまいます。

回数・タイミング

左右10回1セット。
休憩を挟みながら3セットを目標にしてください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

脊柱起立筋ストレッチ。
姿勢矯正/改善。
背骨調整。

運動強度☆☆☆☆☆

全身連鎖をするので、定期的な運動をされている方向け。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 背中に歪みを感じている方
  • 体幹に不安がある方
  • 運動パフォーマンスを高めたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.228】痩せるための姿勢へ向かう ダイアゴナルソラシックスパイン

姿勢を正すこと、それは痩せる目的ではなく健康の底上げが目的

姿勢が良くなると必ず良いことが待っています。
今まで辛かった部分が和らいだり、疲れにくくなったり。
もちろん痩せることもあるはずです。

でもすべては、体の循環が良くなり、効率の良い体になったからこそです。
無駄が省かれ、すべてが活躍し出すのです。

そして、自分で感じるだけでなく、周りからの評価も変わってくるのが姿勢の良し悪しです。

良い姿勢は人生を豊かにします。
是非このストレッチで正しい姿勢作り目指してください。