姿勢が良いだけで痩せて見える!さらに痩せる効果も見込める

姿勢が良い人、悪い人。
どこが違うのでしょうか。
同じような身長、体重、体格でも、姿勢の良し悪しで見た目が全然違って見えるはずです。

姿勢が良いと、背が高くスマートで引き締まって見えます。
そして、年齢より若く見られることも多いです。
なぜなら、姿勢が良いと体内循環が良くなり、内側からも体が綺麗になれるからです。

痩せる目的で姿勢を正すのは、直接的影響はないのですが、見た目の変化はすぐ起こり、継続的効果で自然と痩せる体に変わっていくことができます。

今回はそんな体になるためにオススメのストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

つらい肩こりに効く体操!だれでも簡単と思える1つの方法

肩こりは今では国民病と言われています。肩こりは肩だけではなくそれ以外の筋肉にも深い関係性があ...

ランニングが趣味なら走る前に腰痛に効く即効ストレッチ!

『ランニングをしていて腰を痛めてしまった』というご経験はありますか?まだ体力的には走れるのに...

腰痛が治らないなら股関節を広げてガニ股で腰を落とそう!

腰痛が治らないのは、筋肉のバランスが崩れたままだからかもしれません。痛みの発する部分の筋肉を...

腰痛に効くストレッチをやる前に。現状把握が必要です!

いい状態をキープするにはまず自分を知ることからです。自分の身体能力を客観的に測って弱い部分を...

肩こり解消にはツボ押しマッサージよりツボ刺激ストレッチを

空気を胸に吸い込む時にとても必要なのが、肩甲骨を両側から背骨に寄せることです。そうすることで、よ...

猫背で悩んでいる方、治すためにストレッチ何種類やってる?

猫背を治すためにストレッチをしていますか。そのストレッチもたくさんの種類があります。どれ...

腰痛は病院で改善?それとも自力?もう選択で迷うことなし!

「腰が痛い!」と言って病院に駆け込んでくる患者さんに毎日のように出会います。腰痛と言ってもその病...

姿勢美人。たったコレだけでなれる?なりたい方必見です!

皆さんは姿勢美人ですか?それとも姿勢ブサイクですか?そもそもこんな言葉はありませんが、姿勢美...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。また気の流れも滞っている...

肩関節の故障を防ぎ柔軟性を高めるには肩甲骨の動きがカギに

手でボールを投げる、ボールを当てる場合、ほとんどの人が意識できるのは運動したい方向への動作です。...

肩こりは薬に頼らずに解消すべし!ストレッチが薬になる!

肩が凝ったときにどのような対処をされていますか?運動やマッサージをする時間がない方は薬で改善され...

肩こりは治療するもの?それとも運動不足解消すれば解決?

デスクワークが長く、肩がガチガチな感覚がある。肩甲骨がピタッと背中にくっついている気がする。...

腰痛防止の為の体の使い方があるのを知っている!?プロ直伝

朝起きたときに腰が痛い!寝返りをうつと腰が痛い!立ち上がるときに腰が痛い!このように...

腰痛になる方の共通点。それは不良姿勢での座り方にあり!

皆さん、私たち人間にとって正しい姿勢とはどんなものかご存知ですか?正しい姿勢と言っても、動作...

肩こりに湿布は必要なのか?それとも他に選択肢がある?

肩こりを緩和したいときに湿布を貼る人は多いですが、湿布で肩こりを改善したという方は実際どれくらいいる...

スポンサーリンク

 姿勢を良くしたら痩せるのは本当なの?

結論から言いますと、姿勢を良くしたら確実に痩せることができます。
というのも、姿勢を正すには筋肉は必須だからです。

ある一定量の筋肉がないと、姿勢を維持することはできません。
そして筋肉は新陳代謝を上げ、痩せやすくするのです。

新陳代謝とは極端に言えば、何もしてなくても消費するカロリーのことです。
正確には基礎代謝と言います。

筋肉量がある人と無い人では、同じ生活をしていても消費カロリーが違ってくるので痩せるのは当然です。

また姿勢を正すことにより、必要な筋肉の維持もできます。

普段運動もせず姿勢の美しい人は、毎日筋トレをして鍛えていても普段から姿勢の悪い人よりも効率が良いです。
常に軽い運動をしているようなものですから。

今まで何もやっていなかった人が姿勢を正すようにすると、最初は背中や肩を中心に痛みが出てくるでしょう。
それは今現在、体を支える筋肉すらないという証拠です。

周りの人をよく観察してみてください。
姿勢の良い人に、太っている人はほとんどいません。
対して姿勢の悪い人は一見痩せて見えてもお腹や腰回り、二の腕などを中心に肉付きが良い人が多いはずです。

痩せる姿勢への過程 ダイアゴナルソラシックスパイン

今回はダイヤゴナルソラシックスパインという、背骨のストレッチです。
主に脊柱起立筋のストレッチを行います。

椅子に座り、両足を閉じ、膝と膝の間にタオルを挟んでください。
こうすることによって両足の内転筋が使います。

そこから、両手を真横に伸ばします。
そして右手を親指側、左手を小指側に捻ってください。

さらに両足を上げていきます。

そこから右手側に手を伸ばしていきます。

元に戻り、腕の捻りを入れ替えて、今度は左側へ伸ばしてください。

注意点として、伸ばしたときに反対側のお尻が浮かないようにすることです。
この左右の動きを交互に10回行ってください。

タオルを1枚挟むことによって、内転筋がエクササイズされるので、体幹トレーニングの1種としても使えます。
両手を伸ばして遠くへ持っていくことによって、肩甲骨のストレッチも入ってきます。
是非お試しください。

ダイアゴナルソラシックスパインのポイント/回数・タイミング

ダイアゴナルソラシックスパインを行う上でのポイント

腕が回内したほうに伸ばすようにすること。
回外の腕の方を伸ばすと別のストレッチになってしまいます。

回数・タイミング

左右10回1セット。
休憩を挟みながら3セットを目標にしてください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

脊柱起立筋ストレッチ。
姿勢矯正/改善。
背骨調整。

運動強度☆☆☆☆☆

全身連鎖をするので、定期的な運動をされている方向け。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 背中に歪みを感じている方
  • 体幹に不安がある方
  • 運動パフォーマンスを高めたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.228】痩せるための姿勢へ向かう ダイアゴナルソラシックスパイン

姿勢を正すこと、それは痩せる目的ではなく健康の底上げが目的

姿勢が良くなると必ず良いことが待っています。
今まで辛かった部分が和らいだり、疲れにくくなったり。
もちろん痩せることもあるはずです。

でもすべては、体の循環が良くなり、効率の良い体になったからこそです。
無駄が省かれ、すべてが活躍し出すのです。

そして、自分で感じるだけでなく、周りからの評価も変わってくるのが姿勢の良し悪しです。

良い姿勢は人生を豊かにします。
是非このストレッチで正しい姿勢作り目指してください。