ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

どんな姿勢で腰痛を感じる?うつ伏せで感じていたら至急対処

2017.10.20

普段の寝相は仰向けですか?
うつ伏せですか?
それとも横向けですか?

このうち、うつ伏せは長時間することに適していません。
ましてうつ伏せで本を読むようなことは尚更です。
そのせいでひどい腰痛を発症するかもしれないからです。

今回はそんな腰痛に対しての解消、予防向けの簡単ストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩こりを治す鍵は上腕三頭筋にあり!皆さん使えていますか?

肩こりになってしまう方で多いのが、上腕三頭筋が硬くなることです。 そこで、どのようにしたら柔ら...

猫背で悩んでいる方、治すためにストレッチ何種類やってる?

猫背を治すためにストレッチをしていますか。 そのストレッチもたくさんの種類があります。 どれ...

X脚を治したい!すぐにできる方法はお尻と脚複合ストレッチ

O脚やX脚で悩まれている方は多いです。 特に女性の割合が多く占めます。 ではどうしてそのよう...

膝の内側の痛みは鵞足炎?女性特有症状?ストレッチでケア

膝の内側に痛みが出るのは、正しい曲げ伸ばしや体重の掛け方ができていないことが原因だと考えられます。 ...

ふくらはぎストレッチをより効果的にする方法!全身連動が鍵

ふくらはぎのストレッチを体重を乗せていけばできますが、上半身何もしないのは勿体無いことです。 ...

間違えると危ない!腰痛改善に腹筋を鍛えても駄目な理由

昔から腹筋や背筋が弱っているから腰痛になると言われています。 ですから腰痛解消のために長らく腹...

あなたの印象が変わる!姿勢の良さは背筋の引き締め方次第!

あなたは姿勢を正せていますか? 背筋は役目を全うしていますか? 姿勢が悪いことは体にとって、...

多くの人が悩む腰痛と精神的ストレスの深い関係性と対処法

腰痛とストレスは関係しています。 ストレスにより自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経のバランス...

腰痛ツボの位置を把握。ストレッチでその経絡の流れを改善!

腰痛のツボはいくつか存在します。 ただほとんどが背中側にあるため、自分でツボを押すこともままなりま...

姿勢が良いだけで痩せて見える!さらに痩せる効果も見込める

姿勢が良い人、悪い人。 どこが違うのでしょうか。 同じような身長、体重、体格でも、姿勢の良し悪し...

毎日やりたい頭痛や肩こりに効く誰でも簡単な首ストレッチ

首は重い頭を支える、動かすだけでなく、様々な通り道でもあります。 そんな首はいくつもの筋肉で構...

手首に柔軟性は必要なのか?左右差や硬さのせいで怪我する?

手首の柔軟性の左右の違いは、両手を使うスポーツにおいて、例えばボールを使う競技だとボールコントロール...

ランニングを重ねても腰を痛めない!腰痛改善トレーニング法

腰の状態が良くないと感じるときの基準、皆さんにはありますか? 朝起きたときに腰が痛い、腰が重た...

あなたの腰痛の症状はどれ?見合った最善策を施し早期解消!

多くの方が腰痛で悩まれますが、その腰痛の原因を把握していますか? 腰が痛いと言っても、場所によ...

水泳のストロークを伸ばす肩甲骨ストレッチで胸周りを柔軟に

肺臓の周りの筋肉を硬くすることは、呼吸をする上で心肺能力を下げてしまう原因と1つとなります。 呼吸...

スポンサーリンク

うつ伏せで腰痛を感じるケース

普段はそんなに痛くはないけれど、うつ伏せになると腰痛を感じるという方は少なくありません。

実はうつ伏せは、腰痛にとって良くない姿勢です。
特にうつ伏せに寝転がるとすぐに腰痛を感じる場合、体が相当固くなってしまっていて、ぎっくり腰になる直前ということもありえます。

では、どうしてうつ伏せになるのは良くないのでしょうか。

それはうつ伏せに寝転がると、腰が反った状態になりやすいです。
少しの時間ならまだしも腰を反ったままでいると、周りにたくさんある神経を圧迫し続けてしまい、最終的に腰が痛くなります。

また、うつ伏せ寝は寝返り行われにくく腰の関節に負担が掛かり、骨盤の歪みを招きます。
これも腰痛の原因の1つです。
膝にも負担が掛かりますし、歯並びにも影響してきますから、うつ伏せは腰痛持ちの方でなくてもオススメできない体勢なのです。

それでも中にはいびき予防や睡眠時無呼吸症候群対策にうつ伏せ寝が止められないという方もいるでしょう。
その場合は、お腹の下にクッションを挟む、抱き枕を使って斜めになって寝るなど、工夫をしてみてください。

うつ伏せで腰痛を感じた場合にやろう ニークルックの流れ

今回はニークルックという腰痛改善のストレッチ、主に骨盤周り、仙腸関節を刺激していくストレッチを行います。
仰向けの状態でスタートです。
135a
両膝を曲げて、胸の方に寄せてください。
そのまま両手で膝を抱えて、膝をできるだけ胸に近づけていきます。
135b
そのときつま先が伸びないようにしっかり上げながら、膝を引き寄せていきましょう。
135c
一度リラックスをして、足を戻します。
135d
膝を抱えて引き寄せて、元に戻すという動作を10回繰り返してください。
135e
骨盤と背骨の付け根にしっかりストレッチを掛けていきましょう。

これはヘルニア、分離症など初期の状態のときにぜひ行いたいストレッチです。
症状が軽い方はぜひご自宅でやってみてください。

ニークルックのポイント/回数・タイミング

ニークルックを行う上でのポイント

膝、くるぶしが離れないようにしましょう。
顎を引き、お尻が上がりすぎないように注意してください。
骨盤と背骨のつなぎ目にある仙腸関節がストレッチポイントとなります。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛改善/予防。
姿勢改善/矯正。
股関節を大きく屈曲することで仙腸関節を緩めます。

運動強度☆☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • うつ伏せで嫌な痛みを感じたことがある方
  • うつ伏せで読書やテレビを観る癖がある方
  • 腰痛を仙腸関節辺りにピンポイントに感じている方
  • 猫背の方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.136】うつ伏せになることが多い方向け ニークルック

うつ伏せは長時間することではない

うつ伏せは体への負担が大きいです。
普段から長時間している方は、体のメンテンスを忘れないでください。
仙腸関節はほとんど動かない関節ではありますが、それが詰まる、ロックすると私たち人間の体は自由を失うからです。

この簡単ストレッチはいつでも簡単にできますからオススメします。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ