ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

股関節と足関節を正しくストレッチすれば速筋が使えるように

2017.12.15

運動パフォーマンスを上げる上で、股関節の柔軟性は非常に重要な部分です。

筋肉の緩む方向性としては、首から始まり上から下、中心から外側へという流れがあります。
この方向性に沿ってストレッチを行うと、股関節の柔軟性アップは足関節の柔軟性のアップにもつながります。
また、足を真っ直ぐ伸ばしてつま先を立てて外側に動かすことで、股関節、膝関節、足関節、足の指の関節やそれに付随する筋肉や腱に刺激が入り足全体の柔軟性の向上になります。
さらに同時に股を左右に開くということでさらに効果を高めます。

今回紹介するストレッチはこれらを網羅しています。
是非お試しください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

しんどい腰痛は早急に緩和させるのみ。その方法はこうだ!

冬は最も腰痛が起きやすい季節です。 主な原因は、気温が低いことによる筋肉の冷えや緊張から筋肉の硬化...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。 そんなときの腰...

お年寄りはなぜ姿勢保持ができなくなるのか?理由があった!

私達は地球上で生活していく上で高い姿勢を保持しながら手先を自由に使っていく必要があります。 そして...

多くの人が悩む腰痛と精神的ストレスの深い関係性と対処法

腰痛とストレスは関係しています。 ストレスにより自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経のバランス...

足のむくみ解消にいつでもどこでもできる簡単ストレッチ伝授

足のむくみ解消のために、何かしていることありますか。 足湯で温める、着圧ソックスでむくみにくく...

足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。 ...

男性は腰痛が右側に出やすいのには身体的理由があった!

スポーツをしていて利き腕、利き足を使いすぎることで身体に左右差が生まれてしまうのはご存知でしたか? ...

腰痛は内臓と密接関係あり!そして股関節や足首にもつながる

最近お店に腰痛の患者様がよくご来店されます。 カウンセリングをして腰の状態をヒヤリングをし、施術を...

肩こりは治療するもの?それとも運動不足解消すれば解決?

デスクワークが長く、肩がガチガチな感覚がある。 肩甲骨がピタッと背中にくっついている気がする。 ...

数多ある腰痛の対処法。どれがベストな選択か知ってる?

腰痛が起きた時に皆さんはどのような対処をしますか? 今回はその対処方法についていくつか説明していき...

美脚を目指せ!下肢の中でも硬くなりやすい内転筋ストレッチ

筋肉は大まかに言えば遅筋群、速筋群に分かれています。 持久系の赤色の筋肉が遅筋であり、瞬発系の白色...

肩こりは整形外科に行けば悩まなくなる?それとも自主解決?

肩こりは国民病と言われるほど、多くの人が悩まされているようですが、病院に行くほどの痛みや不具合が少な...

肩こり解消に胸の筋肉をストレッチ!?そこには確かな理由が

肩甲骨が動かないと肩こりになりやすいです。 そしてその肩甲骨が動かなくするのが、スマホいじりや、腕...

腰痛に効く簡単体操がここにある!低難易度で試す価値あり!

どんなに運動やダイエットに精を出しても、太もも横の骨が張り出していることによる“太もも張り”の解消は...

肩こり解消のポイント!脇や鎖骨のリンパをしっかり流すこと

私たちの体、細胞が元気になるのは代謝がスムーズにされることが必要です。 そのために必要なものは酸素...

スポンサーリンク

股関節や足関節の柔軟性をチェックしストレッチの必要性を考えよう

チェック方法
床に座り左の膝を外に開いて、右足を斜め前に伸ばしてください。
そして右のつま先を垂直の状態にして右手で掴みに行きます。

  1. 右のつま先が持てない。
  2. 右の股関節が外側へ45度より開けない。
  3. 右の股関節が45度以上開ける。
  4. 1の逆で左の姿勢では右のつま先が持てない。
  5. 2の逆で左の姿勢で45度より開けない。
  6. 3の逆で左の股関節が45度以上開ける。

判定

  1. 背中や肩関節も少ない上に右股関節、足関節の柔軟性が少ないです。
  2. 右股関節、足関節の柔軟性が少ないです。
  3. 股関節や足関節を含め体全体の柔軟性が平均的にあります。
  4. 背中や肩関節も少ない上に左股関節、足関節の柔軟性が少ないです。
  5. 左股関節、足関節の柔軟性が少ないです。
  6. 左股関節や足関節を含め体全体の柔軟性が平均的にあります。

片方だけの場合、全体の柔軟性のバランスが偏っています。
ストレッチで両方同じくらいできるようにすれば、柔軟性のアップが加速していきます。

股関節は運動パフォーマンスを上げるベースの関節だから柔軟性は必須

仰向けになって寝てつま先を立てて足を伸ばしてください。
その状態から上体を起こし、股関節の柔軟性が外側へ45度以上、上側へ90度以上、さらに小指側から外側へ45度以上捻る状態で骨盤を立ててストレッチしないと正しい姿勢ではありません。
バランスを崩し怪我の原因を作ります。

お相撲さんの股割りを見てください。
骨盤を立てているのが分かります。

このように正しい姿勢で行い、手でつま先を掴むことで、さらなるストレッチに負荷を掛けられ股関節や足関節の柔軟性もアップします。
できればつま先の足をさらに足首の関節を外返し背屈で開けばさらにアップできます。
と同時に肩関節の柔軟性も上がります。

今回紹介するトイツイストという股関節、足関節、足首周りのストレッチは、片足づつ柔軟性を上げていくので体の硬い人にはオススメのストレッチです。

股関節の柔軟性アップだけでなく、ストレッチで足の速筋を鍛えよう!

瞬発力に欠かせないのが速筋と呼ばれている筋肉です。
脛側の筋肉や太ももの後ろ側の筋肉がそれに当たります。
反対にふくらはぎや太ももの前は遅筋と呼ばれる筋肉であり、持久系の筋肉で普段の生活の中で養われています。

しかし速筋は走ったり、つま先を立てて足を伸ばしたり曲げたりするような動きをしないとなかなか養われていきません。
ストレッチやトレーニングもメニューに偏りがあると、一方だけが鍛えられてバランスを崩し怪我もしやすくなります。

このトイツイストは足の速筋を鍛えることで、股関節や足関節の柔軟性をアップすることができます。
是非お試しください。

股関節の柔軟性がみるみる良くなるストレッチ トイツイストの流れ

今回はトイツイストという股関節、足関節のストレッチを行います。

まず床に座ります。
左の膝を外に開いて、右足を斜め前に伸ばしてください。

その状態で、右手で右足のつま先を上に上げた状態で掴みます。

そこから右手で右足を外に開いていきましょう。

この姿勢を10秒間キープします。
10秒でゆっくり戻したら、10回連続で外に開いていきましょう。
10回で足を入れ替え、同じように10秒キープ10回反復してください。
注意点としては伸ばした足が曲がらないように伸ばした状態でつま先を外に、行くところまで開いてみましょう。

トイツイストのポイント/回数・タイミング

トイツイストを行う上でのポイント

伸ばしている方ばかりに目が行きがちですが、外側に曲げた膝をなるべき下げてストレッチを掛けしっかり骨盤を固定することが大切です。
そうすることで効果がさらにパワーアップします。

回数・タイミング

予防改善やウォーミングアップのストレッチとして、1セット左右静止状態が10秒、繰り返し運動10回。
予防や改善には3セットが理想的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

股関節、足関節の柔軟性アップ。
速筋刺激。

運動強度☆☆

運動が苦手な方。

このようなお悩みのある方

  • 股関節の痛み、膝痛を感じている方
  • 捻挫などの改善予防をしたい方
  • シンスプリントで悩まれている方
  • 瞬発力の向上を目指している方
  • 下半身に冷えやむくみを感じている方
  • 体のバランスが崩れている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.103】トイツイストで股関節の柔軟性を引き出す

股関節足関節の柔軟性は速筋ストレッチが最適

今回紹介したように、股関節の柔軟性と足関節、足首周りの柔軟性アップのストレッチはフットワークの激しいスポーツ、例えば卓球やバトミントンといった捻挫しやすいスポーツを行っている方にオススメです。

アキレス腱やふくらはぎを伸ばした状態でつま先を外に動かすことによって、足首の柔軟性がでてきて捻挫の防止に繋がってきます。

是非スポーツ前のウォーミングアップで取り入れてみてください。
さらなるパフォーマンスを見せられるようになるでしょう。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ