肩こりは整形外科に行けば悩まなくなる?それとも自主解決?

肩こりは国民病と言われるほど、多くの人が悩まされているようですが、病院に行くほどの痛みや不具合が少ないので詳しいことは把握されてません。

長時間のデスクワークやスポーツ、車の運転などで首や肩、足腰や背中の筋肉に張りや痛みを感じた経験は誰しもあると思います。
その中には肩こりの症状がつらくて、仕事に支障が出てお困りの方が多くいらっしゃいます。
仕事がデスクワークの方は長時間座った状態が続くため、肩に負担がかかり続けるからです。
中には作業を中断しなければいけないという方もいるようです。

そのような状態が続くと、精神的にも疲れてしまいますよね?
そうなってから肩こりで整形外科にいって治療をすると、肩こりが改善される方もいれば中々改善されない方もいます。

今回肩こりの原因や対処法について話していきますので、なるべく早い段階で手を打つように役立てて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

姿勢を正すこと!それだけで理想の美背中が誰でも手に入る!

肩こりや腰痛で悩まされている方、姿勢が崩れていませんか?姿勢が悪いとさまざまな不調に見舞われてし...

腰痛と吐き気。春に起こる理由があった!精神的に変化あり。

春は一年の季節の始まりです。季節の変わり目で、イライラしたり、体調を崩したりしやすい時期でもあり...

姿勢が良い人、悪い人の身体の差。どこにあるか知ってる?

姿勢の崩れから身体に起こる不調は無限にあると言われています。最近では小学生でも姿勢の崩れから身体...

僧帽筋・広背筋を積極的に使って肩こり腰痛改善ストレッチ!

ある日、腰に違和感が・・・。最初は一時的な痛みで放って置いたら腰の痛みが治ったが、またある日腰に...

肩こりを放っておくと吐き気を引き起こす!そうなる前に

人により肩こりの感じ方は色々あると思います。私の場合慣れないデスクワークをする際に無意識に肩に力...

足のむくみ解消には指先までしっかりストレッチを欠かさない

足のむくみに悩まされる方多いでしょう。特に寒くなってくる、秋から冬にかけてのシーズンはさらに増え...

肩関節の故障を防ぎ柔軟性を高めるには肩甲骨の動きがカギに

手でボールを投げる、ボールを当てる場合、ほとんどの人が意識できるのは運動したい方向への動作です。...

肩こりがみるみる解消!効果倍増簡単継続ストレッチ!

肩こりは最近では「日本の国民病」と呼ばれることもあるほど、男女とも悩まされている人がたくさんいます。...

膝の痛みは脚の連動不足かも!?ストレッチで連動感覚を養う

膝が痛いからストレッチをして和らげるのは問題ありません。しかし膝周りだけ伸ばしても、痛みが和らい...

プロが教える腰痛と頭痛でお悩みの方の簡単な対処法とは?

春の時期は色々な症状が起きやすい時期と言われています。春は何かと変化の多い時期で、学生であれ...

ハムストリングスを使えば体は連鎖しあらゆる運動が楽になる

ハムストリングとは太腿の後ろ側の筋肉で、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋を指します。また大内転筋を...

ストレッチでおしりを最高の弾力に保つとランニングが楽に!

おしりのストレッチがどうして大切か知っていますか?普段から運動をしている方は、間違いなく取り...

肩こりを楽にする整体の特徴。整体には正しい理論がある。

最近、町中でよく見かけるようになってきた整体。『整体』と言っても、色々なやり方や考え方、流派があ...

肩こりも腰痛も短期間で起きない。長期間何していましたか?

肩こりも腰痛も病気ではありません。慢性的にだるい、重いと感じる症状は血行不良による筋疲労、硬直が...

ずっと腰痛で悩むな!コレだけで?日常生活でできる予防法!

腰痛が起きないように色々な予防方法がありますが、その中でも今回は食事についてお話しします。腰...

スポンサーリンク

肩こりも夏の症状のひとつ

海水浴やキャンプなど、夏は楽しいレジャーが盛りだくさんです。
ギラギラと照らす太陽の下で思いっきり楽しみたいところですが、夏の時期になると夏に起こりやすい症状が現れてきます。

夏には症状として手足の冷え、足のむくみ、体のだるさ、皮膚の乾燥、発汗がうまくいかない、肩こりなどの症状が目立ちます。
その症状はよく見受けられるため軽くみられがちですが、そのまま放っておくと重症化し整形外科での外科治療が必要となることもあります。
予防法や適切な応急処置を身につけることも大切ですが、症状を軽視した自己判断は禁物です。

今回は夏に起こりやすい肩こりについてピックアップしたいと思います。
気になる症状がみられる場合には速やかに医療機関を受診しましょう。

夏に起きやすい肩こりで整形外科に行く前にすべきこと

肩こりがお悩みで整形外科で受診しようと思っている方、そもそも肩こりがなぜ起きてしまうのか調べたことはありますか?

まず夏に肩こりが強まる原因として、夏の気温上昇があります。
肩こりになりやすいのは、血液の流れる力が弱く、血行が悪くなる傾向があるときです。
血流が滞ると、疲労物質が流されにくく、栄養と酸素が体の必要なところへ運ばれ難い状態になります。
そのため、肩こりも治りにくく、疲労感が抜けないと感じます。

まずはバランスの良い食事を心がけましょう。
栄養が偏ってしまうと血流も悪くなります。
又、食欲不振などから食事をきちんと撮らないことが多く、栄養バランスが悪くなりがちです。
そのだるさの原因はビタミン類の不足が考えられ、正常な血流を保つことはできていないからです。
さらに良質な塩分を摂取することも大事です。

整形外科に行く前に夏の肩こりに効くツボ刺激

デスクワークを長時間続けるような働き方をしている方は、肩こりに悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

ここでは、手のツボを刺激することで肩こりを解消できるマッサージの方法を紹介します。
仕事中でもできるため、ぜひ試してみてくださいね。

・天柱(てんちゅう)
首の後ろ、髪の生えぎわにある、2本の太い筋肉の外側のくぼみにあります。

両手で、頭を後ろから抱え込むようにし、親指でツボを刺激してください。
肩こりからくる頭痛や目の疲れにもよく効きます。

・肩井(けんせい)
後ろ首の根元と肩先の中間のところにあります。
自分で押すのは少し難しいかもしれませんね。
家族や仕事仲間にやってもらうときは、後ろに立って肩をつかむようにして、親指で強めにもみ押してもらうのもいいでしょう。
これは肩こりの特効ツボです。
整形外科では中々教えてくれない内容です。
ぜひお試しください。

整形外科で肩こりが改善されない方へ

肩こりが酷くて、整形外科でレントゲンを撮って、処方箋を出され様子をみてくださいと言われたということはありませんか?

それだと効果を感じるのも難しいですよね。

これからお伝えする肩こり改善ストレッチですが、肩甲骨を積極的に動かして肩周りの凝り、張りをとる効果があります。

肩甲骨と腕の捻る動作が入ることで筋肉の深層の部分にまでストレッチがしっかりかかるので、最初は結構きつく感じると思います。

肩こりの方は腕の捻る動きをすると肩が上がってしまったり、肘が曲がってしまうでしょう。

又、腕を捻ることで肩井のツボにも刺激が入るので筋肉の硬さを和らげ、肩こりの緩和に繋がります。
デスクワークをしている方、肉体労働で腕を酷使されている方はぜひ取り入れていただきたいと思います。

肩こりで整形外科へ行く前に ポールストレッチの流れ

今回はポールストレッチという、肩こり改善の右の肩甲骨と左の肩甲骨を同時に動かしていくストレッチを行っていきましょう。
68a
肩幅で足を開いて両手は肩と水平に伸ばします。
右手を小指側に回してできるだけ遠くに伸ばします。
68b
左手は親指側に回してできるだけ遠くに伸ばします。
背筋をしっかり伸ばし目線を遠くに保ってください。
この状態を10秒間キープし、肩甲骨周辺の深層の筋肉にしっかり刺激を入れていきます。

68c
10秒キープしたら、今度は右手を内側に左手を小指側に回してこちらも10秒間キープしていきます。
しっかりストレッチがかかったところで、左右を交互に10回入れ替えていきましょう。

肩こりの改善だけでなく、野球の動作にも肩甲骨を回旋する動作というのはたくさんあります。
ぜひ、スポーツをやっている方にもオススメしたいので試してみてください。

ポールストレッチのポイント/回数・タイミング

ポールストレッチを行う上でのポイント

左右の腕の水平を崩さないように意識しましょう。
ひねりを入れ替えると高さが変わりやすいです。
またしっかりと背筋を伸ばし顎を軽く引き、目線はなるべく遠くに置いてください。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

肩こり改善/矯正。
特に上肢を積極的に使うことで、肩甲骨に刺激が入り肩甲骨のポジションを正します。

運動強度☆☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • 肩こり改善、予防をされたい方
  • 猫背を改善されたい方
  • ご自宅でできるストレッチを知りたかった方
  • 酷い肩こりをお持ちの方
  • 肩周りのだるさをとりたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.56】肩こりは整形外科に行く前が大切!ポールストレッチ

肩こりは整形外科で治るのか?

肩こりの症状によっては整形外科でないと治らない肩こりももちろんあります。
肩にするどい痛みがある、肩~腕~手がしびれる、腕が上げられないほどの痛みなどは肩こりとは別と考えてください。
このような場合は、整形外科に飛んで行きましょう!
それ以外の肩こりはまずは自分でストレッチをすることで症状が和らぐが試してみてください。