肩こりに効くストレッチ。普段やらない動作にこそ効果を期待

肩こりに効くと言われるのは、マッサージでしょうか。
肩たたきでしょうか。
それとも温浴でしょうか。

どれも間違いではありません。
ただ効果も限られてしまい、長続きもしないのが残念です。

そこでオススメなのが、やはりストレッチ。
数あるストレッチから、サポーターにより解してもらえるメニューを紹介します。
もちろん1人でも効果抜群です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

太股(太腿)の筋肉痛は動的ストレッチで早期回復!引きずるな

太股の筋肉痛を感じるのは、激しい運動直後ではなく、翌日以降が多いはずです。そんな筋肉痛はただ...

「腰痛が悪化し過ぎて動けない」なんてことにならないために

腰痛で苦しんでいる方。突然の腰痛で動けないなんて経験ありますか。その時、腰に痛みが起きて...

腰痛に効く簡単体操がここにある!低難易度で試す価値あり!

どんなに運動やダイエットに精を出しても、太もも横の骨が張り出していることによる“太もも張り”の解消は...

肩こりを放っておくと吐き気を引き起こす!そうなる前に

人により肩こりの感じ方は色々あると思います。私の場合慣れないデスクワークをする際に無意識に肩に力...

肩こりも腰痛も短期間で起きない。長期間何していましたか?

肩こりも腰痛も病気ではありません。慢性的にだるい、重いと感じる症状は血行不良による筋疲労、硬直が...

内転筋を鍛える方法。マットの上にうつ伏せに寝ながらできる

運動においてトレーニングをするということは、そこに負荷をかけて刺激を受けて動くことです。重たいも...

姿勢が悪いと何が悪いの!?身体に及ぼす数々の悪影響とは?

今までにご自身の姿勢をチェックしたことはありますか?鏡の前で立っている状態、座っている状態で自分...

悩める腰痛が左側に現れる女性の身体構造と東洋医学的見地

身体は背骨を軸として筋肉や骨格が大体左右対称の構造を成しています。しかし人それぞれ得意な動作...

肩こり解消に胸の筋肉をストレッチ!?そこには確かな理由が

肩甲骨が動かないと肩こりになりやすいです。そしてその肩甲骨が動かなくするのが、スマホいじりや、腕...

女性のための腰痛対策。冷えも合わせて解消!もう悩まない!

物を拾おうとした時、突然腰に激痛が走ったことはありませんか?特に女性の方、急な腰痛を経験した人は...

肩こりを治す簡単方法の1つ。呼吸を意識的に深く行うだけ!

肩こりを治すときにどのような方法を使って対処されていますか?肩こりになりやすい方とはどんな人...

下半身連動ストレッチで股関節を大きく動かし膝の負担を軽減

膝だけを曲げ伸ばしする機会はあまりないはずです。対して膝と同時に股関節や足関節を曲げ伸ばすことは...

肩こりは単なる運動不足。まずは動的ストレッチでサビ落とし

何か定期的に運動をしている方はどれくらいいるのでしょうか。月に数回、週に1回、週に3~4回。...

肩こりを楽にする整体の特徴。整体には正しい理論がある。

最近、町中でよく見かけるようになってきた整体。『整体』と言っても、色々なやり方や考え方、流派があ...

背中が痛いのは大問題!ストレッチですぐにでも緩和しよう!

背中が痛いとき、どうしますか?安静にして痛みがなくなるのを待つ、薬に頼る、マッサージに行って...

スポンサーリンク

 肩こりに効く最適なケアの方法

肩こりが慢性化すると、頭痛がしたり、さらにひどくなると嘔吐をしてしまう場合もあります。

そんな肩こりに悩まされる人は非常に多いのですが、自宅でもできる肩こりに効く解消法というのはいくつかあります。

そこで簡単にできる肩こりの解消法についてお話します。

肩こりは、肩の周りの血液の流れが悪くなってしまう事で起こります。
ですから、肩の周りの血流を良くして老廃物を流すことで肩こりを解消することができます。

肩の血行を良くする為には、肩を温めることが大切です。
お風呂に入る際に、シャワーで済ませたりしていることはありませんか?
湯船にお湯を入れてしっかり体を温めるということは、肩の血行も良くなるので肩こり解消に繋がります。

温かい湯船に浸かるだけでも効果は大きいですが、浸かっている際に首の後ろにあるくぼみをゆっくりと押してみてください。
5秒間押したらパッと手を離し、また5秒間押し続ける。
これを4、5回繰り返します。
入浴と簡単なマッサージで、肩こりはかなり改善されるのでオススメです。

それでもまだまだ根深い肩こりには次で紹介するストレッチが最適です。

肩こりに効く肩甲骨はがし バックアームエクステンド

今回はバックアームエクステンドという、主に三角筋、肩甲骨回りの筋肉にストレッチです。

まず椅子に座ってください。
少し浅めに座って手を後ろで組みます。

そこから手を上げられるところまで上げてください。

上げられる限界から、パートナーがさらに上に上げてあげましょう。
椅子の上に足を乗せ、背中に膝を当てて両手を上に上げます。

ストレッチをする側の人はここで背筋を伸ばし、さらに胸を張りましょう。

限界まで行ったら下ろします。
この上げ下げを10回連続で行ってください。

これは1人でもできるストレッチですが、ペアで行うことでより効果が高まります。
ぜひペアで行ってみてください。

バックアームエクステンドのポイント/回数・タイミング

バックアームエクステンドを行う上でのポイント

背もたれのない椅子がベストです。
無ければ、背もたれの位置をずらして足が乗せやすい向きで浸かってください。
限界からさらに上げようとすると、痛みから力が入ってしまうことが多いです。
ゆっくり息を吐き脱力をし、パートナーに任せましょう。
パートナーも少しずつ可動域を広げる意識で、最初から高く上げないよう注意してください。

回数・タイミング

10回1セット。
インターバルを挟みながら3セットやると、可動域がかなり広がります。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

背中ストレッチ。
背中のだるさや重さを軽減。
姿勢矯正/改善。
肩こり解消。

運動強度☆☆

後ろに手を組んで10センチ以上上げられる方

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 深呼吸しても胸が広がらない方
  • 1人でストレッチができない方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.189】肩こりに効くバックアームエクステンドを効果的に

肩こりに悩まれているなら、この効くストレッチをお試しあれ!

この肩こりに効く動作、日常で行うことはないでしょう。
そのため、ストレッチ効果を非常に感じられます。

もしペアになってやってくれる人がいなくても、テーブルや椅子の背もたれ、手すりなどを使ってもストレッチできます。
その場合は自分で膝を曲げて、強度をコントロールしてください。
解れてスッキリできるはずです。