ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

足の裏が硬いと怪我や故障の原因に!足裏ストレッチの重要性

2017.11.7

あなたの足裏はどうなっていますか?

足裏は平らな面で、私たちの体重を分散して支えているのではなく、3点のアーチで支えています。

そんなアーチは正常な足には存在するのですが、運動不足になるとアーチがなくなってしまうこともあります。
そしてアーチのない状態で、歩く、走るといった行為をしたらどうなるでしょうか。

足裏には自分から積極的にアプローチしなければなりません。
法っておいて良くなる箇所ではないからです。

今回は足裏を使うストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

冬には冬の腰痛がある!起こりやすい腰痛の原因はコレだ!

冬は最も気温が下がりやすく身体が冷えやすい季節です。 身体が冷えると骨盤周辺の骨で仙骨という骨の動...

腰痛と下痢、実は関係があった!筋肉と神経、内臓の関わり

時に腰痛で下痢になるという人がいます。 腰痛になったから下痢になった、下痢になったから腰痛になった...

ハムストリングスを使えば体は連鎖しあらゆる運動が楽になる

ハムストリングとは太腿の後ろ側の筋肉で、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋を指します。 また大内転筋を...

お尻は筋肉でできている!硬くなる前にストレッチで解そう!

お尻の筋肉は私たちが歩く、走る際に大きく働く部位です。 お尻は座る際のクッションの役目であるの...

水泳でタイムを伸ばす肩甲骨の正しい使い方と可動域拡大方法

手を動かす上でスピードアップやパワーアップをしたい場合、体幹の側面か内側に沿って体幹の近くで動かしま...

腰痛でお悩みの方。痛みがなく楽な姿勢こそ正しい姿勢なの?

腰痛の症状でお悩みの方は、普段はどのような姿勢でいますか? そもそも姿勢を意識して生活をされていま...

股関節痛改善ストレッチは腰痛にも効果が!運動不足解消にも

股関節痛と腰痛のどちらも感じている方は思いのほか多いようです。 それは、この2つが関連している...

腰痛防止の為の体の使い方があるのを知っている!?プロ直伝

朝起きたときに腰が痛い! 寝返りをうつと腰が痛い! 立ち上がるときに腰が痛い! このように...

XO脚でお悩みの方向けにオススメストレッチ方法を教えます!

XO脚でお悩みの方はどれほどいるのでしょうか。 XO脚で良かったという方はいないはずです。 ...

慢性腰痛で背中を反れないなら簡単反り拝み体操でストレッチ

皆さんは背中を大きく反れますか? 背中を反れない多くの人は何かしら不調を抱えています。 肩こ...

肩こりが治らない理由。それは腰痛との相互作用のせいかも?

肩こりを感じている方は、肩周りだけ動かしていないといったことは少なく、他の部位もあまり動かしていない...

水泳のストロークを伸ばす肩甲骨ストレッチで胸周りを柔軟に

肺臓の周りの筋肉を硬くすることは、呼吸をする上で心肺能力を下げてしまう原因と1つとなります。 呼吸...

いますぐチェックしよう!本当に姿勢がいい人とはこんな人!

姿勢がいい、悪いはもしかしたら人種によって違いがあるかもしれません。 農作業と狩猟、明らかに姿...

姿勢が良い=好印象。これ間違い無し!それではどうする?

良い姿勢はどうやって作るか、なかなか分かりにくいですよね? 他の人の綺麗な姿勢はよく分かります...

姿勢が良いだけで痩せて見える!さらに痩せる効果も見込める

姿勢が良い人、悪い人。 どこが違うのでしょうか。 同じような身長、体重、体格でも、姿勢の良し悪し...

スポンサーリンク

ランニングで足裏のストレッチが必要なわけとは?

ランニングで足裏のストレッチが必要な理由は、足裏のアーチを使うことで正しい足運びができるからです。

足裏のアーチとは、分かりやすいものは土踏まずです。
土踏まずは歩いたり走ったりするときにクッションの役割を果たしてくれます。

この土踏まずのアーチの高さは、低すぎても高すぎても足に負担が掛かります。

このアーチの高さを正常に保つと、踵から着地し小指から親指へと蹴り出す力を使うことができます。
そうすると体への余計な負担が掛からず、体の歪みや痛みを防ぐことができます。

この点からも足裏ストレッチの重要性が分かるはずです。

また土踏まずだけでなく足の指の付け根にもアーチがあります。
土踏まずを縦アーチと言い、足の指の付け根は横アーチと言います。
この横アーチも土踏まずと同じ役割を果たします。

これら縦アーチと横アーチがバランス良く使えていることが大切です。
それによりランニングのフォームも整えられます。
フォームが安定すれば、疲労が溜まりにくく長距離走ることができ、また怪我や故障のリスクも減らせるのです。
つまりランニングには足裏のストレッチが不可欠だということなのです。

ストレッチで足裏を使う ローワーボディーエクステンションの流れ

今回はローワーボディーエクステンションというランニング前に行いたいストレッチで、主に指先をしっかり動かしてそこに足首のストレッチを加えます。

まず肩幅ぐらいに足を開いて身体を前に倒します。

手で足首を掴み、足の指先をグーにしていきます。

この形で姿勢を10秒間キープしましょう。

指先をパーにして緩めます。

このグー、パーを10回繰り返してください。

足の指先の動きは足首の動きの強さと関連してきます。
捻挫の防止などに非常に効果がありますので、是非ランニングを行う前にストレッチとして行ってください。

ローワーボディーエクステンションのポイント/回数・タイミング

ローワーボディーエクステンションを行う上でのポイント

お尻は膝より高い位置でキープしましょう。
足裏を積極的に動かすことで連動して足首や脛も使われます。
指1本1本までしっかり意識して動かしましょう。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

足裏ストレッチ。
ランニング前のウォーミングアップ。
足首や膝の故障予防。
足裏アーチの形成。

運動強度☆☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • 走るとすぐ足首や膝に違和感が出てくる方
  • 長時間走るのが辛い方
  • ランニングフォームを整えたい方
  • 下肢のむくみを解消したい方
  • 過去に捻挫をして治るのが遅かった方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.180】足裏を積極的に動かすと良いこと尽くめ ローワーボディーエクステンション

足裏使えていますか?

足裏は常に私たちの体重を支えてくれています。
支えるだけでなく、歩く、走るといったときはさらなる負荷に耐えています。

そんな足裏が使えなくなると、生活が普通に送れなくなるのは想像できますよね。

心臓からもっとも遠い位置にある足裏は、東洋医学では体の写し鏡でもあると考えられています。
しっかりと足裏をケアして、体の状態を高めていくべきでしょう。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ