ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

ストレッチでおしりを最高の弾力に保つとランニングが楽に!

2017.11.7

おしりのストレッチがどうして大切か知っていますか?

普段から運動をしている方は、間違いなく取り入れていると思いますが、足りていないと怪我や故障の原因となります。
おしりが硬いことによって、膝や足首を痛めたり、腰痛になることもあります。

また運動不足の方、デスクワークの方は要注意です。
おしりは柔らかい脂肪ではありません。
筋肉です。

筋肉は伸び縮みすることが役割ですから、少しでも時間を用意してストレッチしてあげてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩関節の故障を防ぎ柔軟性を高めるには肩甲骨の動きがカギに

手でボールを投げる、ボールを当てる場合、ほとんどの人が意識できるのは運動したい方向への動作です。 ...

肩こりを引き起こす筋肉を理解する。知ると解消もスムーズに

肩こりで悩まれている方はどのようにして過ごしているのでしょうか。 肩を回したり、叩いたり、揉み...

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。 ですが決して病気ではありません。 筋肉...

腰痛と腹痛の関係性。腰痛になるような姿勢はお腹を圧迫する

腰が痛いし、お腹も痛くて辛い! こんな時、どんな対処をするべきなのでしょう。 皆さん最近の行...

水泳のストロークを伸ばす肩甲骨ストレッチで胸周りを柔軟に

肺臓の周りの筋肉を硬くすることは、呼吸をする上で心肺能力を下げてしまう原因と1つとなります。 呼吸...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。 また気の流れも滞っている...

肩こりが引き起こす頭痛は薬で応急処置。その後の対処が大事

肩こりがひどい、さらに頭痛を伴うと、家事や勉強、仕事に集中できなくなりますよね。 そうなっては、何...

肩こりで多くの方が悩まれている。まずは肩甲骨に意識を集中

肩甲骨を意識して大きく動かせる人はどれだけいるのでしょうか。 もしかしたら、肩甲骨がどのようなもの...

ふくらはぎの外側が硬いとO脚に!?ストレッチで弾力を戻す

ふくらはぎの外側が硬い、発達していてO脚に見えると悩んでいる方はどれだけ多くいるのでしょうか。 ま...

お尻は筋肉でできている!硬くなる前にストレッチで解そう!

お尻の筋肉は私たちが歩く、走る際に大きく働く部位です。 お尻は座る際のクッションの役目であるの...

腰痛は内臓の病気が引き金になることがある!自己判断は危険

腰痛予防のためにやっているストレッチなのに、効果をあまり感じられないという方いませんか? 腰痛...

僧帽筋・広背筋を積極的に使って肩こり腰痛改善ストレッチ!

ある日、腰に違和感が・・・。 最初は一時的な痛みで放って置いたら腰の痛みが治ったが、またある日腰に...

腰痛は胃の状態を現す写し鏡!?食生活・ストレスが原因に

胃と腰痛の関係性はあまり有名なお話ではありませんが、胃腸が弱くなって腰痛になることは実は良くある話で...

姿勢を良くするため整体へ行くのも良いがセルフメンテもあり

皆さんは整体へ出向いて姿勢矯正をしたことありますか。 体が硬い人程、痛みを伴うことが多いですよ...

脚やせの法則。それは足指足首の末端ストレッチが鍵となる!

脚やせを成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。 軽い運動をする、食事制限をする、マッサージをす...

スポンサーリンク

ランニングでおしりのストレッチが必要なわけとは?

ランニングで体の各部分をストレッチする時に、おしりのストレッチを欠かすことはできません。
なぜなら、ランニング中は絶えずおしりの筋肉を使っているからです。

足や太ももを使って走ってはいると思う方も多いでしょうが、その根幹にあるのはおしりです。
つまりおしりをよくストレッチしておくと、足全体の動きがとてもスムーズになるのです。

さらに、おしりの筋肉はランニング時に体のバランスを保つ上で重要な役割を果たしています。
バランスがいいランニングは、ランニング中の疲労度を小さくすることができます。
バランスがいいという事は、体の各部分に対する負担が上手く分散されているという事なので、重大の故障や怪我も避ける事ができるのです。

別の点として、ランニングする時の体の動きは、足で地面を蹴って原動力を生み出すのですが、この動きで必要になる筋肉はおしりを含む体の裏側だと考えられています。
野球でも投手のおしりが大きいのはそのためです。

ランニング前におしりのストレッチをして、怪我なくバランス良く運動を楽しめるといいですね。

ランニング前におしりストレッチ スクワリングサイドムーブの流れ

今回はスクワリングサイドムーブという、ランニング前に行いたいストレッチ、主に足首周りとお尻周りに刺激を入れます。

まず肩幅よりやや広めに足を開いてしゃがみ、身体を前に倒して足首を掴みます。

その状態から、お尻を横に揺らしてみましょう。

右側にずらしたら、今度は左にずらします。

このようにリズム良く右、左に揺らしてください。

少しずつ横に横に可動域を広げていくようにしてください。
左右10回が1セットです。

ランニングをする方、着地の際コンクリートだと衝撃がきやすく足首周りを故障しやすくなります。
股関節周りと足首周りのストレッチをウォーミングアップに入れるだけで、故障が格段に減ってきますので、ぜひこちらのストレッチ試してください。

スクワリングサイドムーブ のポイント/回数・タイミング

スクワリングサイドムーブ を行う上でのポイント

おしりを片方の足首に乗せているようなイメージで行いましょう。
つま先と膝の向きを揃えるようにしてください。
なるべく外向きにすると、効果的です。

回数・タイミング

10回1セット。
ウォーミングアップに最適です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

ランニング前のウォームアップ。
おしりと足首のストレッチ。
下半身の故障予防。

運動強度☆☆☆

運動を定期的に行っている方向け。

このようなお悩みがある方

  • ランニングを趣味としている方
  • 長距離走るのが不安な方
  • 走るフォームを安定させたい方
  • 下半身の疲労を早く取り除きたい方
  • 足首が硬い方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.179】スクワリングサイドムーブでおしりを目覚めさせる

ストレッチでおしりを刺激しランニングを楽しもう!

ランニングではおしりを使い続けるため、結構な疲労が溜まります。

そんなおしりは体の中心に近く、役割も豊富です。
休ませる時間は他の部位より少ないため、積極的にストレッチで疲労を除去したいものです。

おしりが固まってしまうと、ジョギングやランニングも長く走れず、どこかに痛みが現れることさえあります。
そうならないためにも、ストレッチは欠かせません。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ