ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

ストレッチでおしりを最高の弾力に保つとランニングが楽に!

2017.11.7

おしりのストレッチがどうして大切か知っていますか?

普段から運動をしている方は、間違いなく取り入れていると思いますが、足りていないと怪我や故障の原因となります。
おしりが硬いことによって、膝や足首を痛めたり、腰痛になることもあります。

また運動不足の方、デスクワークの方は要注意です。
おしりは柔らかい脂肪ではありません。
筋肉です。

筋肉は伸び縮みすることが役割ですから、少しでも時間を用意してストレッチしてあげてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ひどい肩こりなら注射を打ちますか?それとも何かしますか?

肩こりでお悩みの方に、色々な対処法が世に広まっていると思います。 その中でも肩こりを緩和する為...

腰痛は発展すると足のしびれを引き起こす!?解決法伝授!

腰痛は放っておいても良くなるというものではありません。 なぜなら普段の生活スタイルが関わっていて、...

肘の痛みを我慢すると絶対後悔する!ストレッチで早期対策を

肘の故障は昔と比べて減ってきているのでしょうか。 特に野球のピッチャーには肘の怪我は付き物だと...

手首に柔軟性は必要なのか?左右差や硬さのせいで怪我する?

手首の柔軟性の左右の違いは、両手を使うスポーツにおいて、例えばボールを使う競技だとボールコントロール...

肩こりは整形外科に行けば悩まなくなる?それとも自主解決?

肩こりは国民病と言われるほど、多くの人が悩まされているようですが、病院に行くほどの痛みや不具合が少な...

多くの人が悩む腰痛と精神的ストレスの深い関係性と対処法

腰痛とストレスは関係しています。 ストレスにより自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経のバランス...

足首が固いと全身も固くなる!ストレッチで緩めて引き締める

足首が固いことで良いことはあるでしょうか。 間違いなく無いに等しいでしょう。 足首が固い...

女性特有の腰痛がある!その予防に女性考案体操が効果的!

太ももがとにかく太くてガッチリしている。 学生の時にバレーボールや陸上など、下半身の筋肉を良く使う...

ふくらはぎストレッチをより効果的にする方法!全身連動が鍵

ふくらはぎのストレッチを体重を乗せていけばできますが、上半身何もしないのは勿体無いことです。 ...

最近良く見かける姿勢改善専用クッションは効果があるのか?

多くの方が悪い姿勢で過ごしています。 仕方なしと諦めている方も多くいますが、それを気にしてどうにか...

肩が痛いときは前腕をストレッチする!肩以外が鍵となる!

肩が痛いとどのような症状が起きるでしょうか? 指先の感覚が鈍い、肩がチクチクと痛い、腕がダルくて重...

肩こりの原因となる血行不良。漢方の力で流れを取り戻せるか

漢方は自然界にあるものから作られています。 そのため、安心して服用できる点が嬉しいです。 そ...

肩こりがみるみる解消!効果倍増簡単継続ストレッチ!

肩こりは最近では「日本の国民病」と呼ばれることもあるほど、男女とも悩まされている人がたくさんいます。...

肩こりは治療するもの?それとも運動不足解消すれば解決?

デスクワークが長く、肩がガチガチな感覚がある。 肩甲骨がピタッと背中にくっついている気がする。 ...

腰痛は骨盤の歪みから生じる!あぐらをかけない方は要注意!

すぐぶり返ししまう腰痛はどうしたら良くなるのかな~とお悩みの方が少なくありません。 腰痛になる...

スポンサーリンク

ランニングでおしりのストレッチが必要なわけとは?

ランニングで体の各部分をストレッチする時に、おしりのストレッチを欠かすことはできません。
なぜなら、ランニング中は絶えずおしりの筋肉を使っているからです。

足や太ももを使って走ってはいると思う方も多いでしょうが、その根幹にあるのはおしりです。
つまりおしりをよくストレッチしておくと、足全体の動きがとてもスムーズになるのです。

さらに、おしりの筋肉はランニング時に体のバランスを保つ上で重要な役割を果たしています。
バランスがいいランニングは、ランニング中の疲労度を小さくすることができます。
バランスがいいという事は、体の各部分に対する負担が上手く分散されているという事なので、重大の故障や怪我も避ける事ができるのです。

別の点として、ランニングする時の体の動きは、足で地面を蹴って原動力を生み出すのですが、この動きで必要になる筋肉はおしりを含む体の裏側だと考えられています。
野球でも投手のおしりが大きいのはそのためです。

ランニング前におしりのストレッチをして、怪我なくバランス良く運動を楽しめるといいですね。

ランニング前におしりストレッチ スクワリングサイドムーブの流れ

今回はスクワリングサイドムーブという、ランニング前に行いたいストレッチ、主に足首周りとお尻周りに刺激を入れます。

まず肩幅よりやや広めに足を開いてしゃがみ、身体を前に倒して足首を掴みます。

その状態から、お尻を横に揺らしてみましょう。

右側にずらしたら、今度は左にずらします。

このようにリズム良く右、左に揺らしてください。

少しずつ横に横に可動域を広げていくようにしてください。
左右10回が1セットです。

ランニングをする方、着地の際コンクリートだと衝撃がきやすく足首周りを故障しやすくなります。
股関節周りと足首周りのストレッチをウォーミングアップに入れるだけで、故障が格段に減ってきますので、ぜひこちらのストレッチ試してください。

スクワリングサイドムーブ のポイント/回数・タイミング

スクワリングサイドムーブ を行う上でのポイント

おしりを片方の足首に乗せているようなイメージで行いましょう。
つま先と膝の向きを揃えるようにしてください。
なるべく外向きにすると、効果的です。

回数・タイミング

10回1セット。
ウォーミングアップに最適です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

ランニング前のウォームアップ。
おしりと足首のストレッチ。
下半身の故障予防。

運動強度☆☆☆

運動を定期的に行っている方向け。

このようなお悩みがある方

  • ランニングを趣味としている方
  • 長距離走るのが不安な方
  • 走るフォームを安定させたい方
  • 下半身の疲労を早く取り除きたい方
  • 足首が硬い方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.179】スクワリングサイドムーブでおしりを目覚めさせる

ストレッチでおしりを刺激しランニングを楽しもう!

ランニングではおしりを使い続けるため、結構な疲労が溜まります。

そんなおしりは体の中心に近く、役割も豊富です。
休ませる時間は他の部位より少ないため、積極的にストレッチで疲労を除去したいものです。

おしりが固まってしまうと、ジョギングやランニングも長く走れず、どこかに痛みが現れることさえあります。
そうならないためにも、ストレッチは欠かせません。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ