股関節の痛みを解消するための正常可動域ストレッチをすべき

股関節に痛みを感じてしまうのは、運動のしすぎでしょうか。
それとも運動不足でしょうか。

原因はどちらにもあります。
その大きな要素として、股関節の可動域を正しく使えていないことが考えられます。

そこで今回は股関節の可動域を正しく理解すること、そして正しい状態に導くためのストレッチの方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

股関節痛改善ストレッチは腰痛にも効果が!運動不足解消にも

股関節痛と腰痛のどちらも感じている方は思いのほか多いようです。それは、この2つが関連している...

猫背を治す方法は整体・ヨガ・ストレッチなど選択肢が多い!

猫背を治す方法、それはやっぱりストレッチでしょう。でも背中を伸ばすストレッチ、骨盤を整えるス...

足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。...

肩こり解消法。それは背骨のラインを整えるだけで完了!

朝起きるとなんだか体がスッキリしない。肩こりが中々とれない。こんな生活もう嫌だ!という方...

眠いと体が動かない!すると肩こりやさらなる眠気に襲われる

眠気があるのは、睡眠時間が足りていない、睡眠の質が悪いのが原因です。そんな生活を続けては、体...

肩こり解消にはツボ押しマッサージよりツボ刺激ストレッチを

空気を胸に吸い込む時にとても必要なのが、肩甲骨を両側から背骨に寄せることです。そうすることで、よ...

姿勢を正すこと!それだけで理想の美背中が誰でも手に入る!

肩こりや腰痛で悩まされている方、姿勢が崩れていませんか?姿勢が悪いとさまざまな不調に見舞われてし...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。そんなときの腰...

肩こりは治療するもの?それとも運動不足解消すれば解決?

デスクワークが長く、肩がガチガチな感覚がある。肩甲骨がピタッと背中にくっついている気がする。...

ふくらはぎの外側が硬いとO脚に!?ストレッチで弾力を戻す

ふくらはぎの外側が硬い、発達していてO脚に見えると悩んでいる方はどれだけ多くいるのでしょうか。ま...

肩こりが酷くてさらに息苦しい!そんな症状でお悩みの方へ。

肩こりとは肩周りの筋肉が凝り固まることで、重だるく感じることが多いです。そんな肩こりも酷くなって...

誰でもできる肩こり改善のためのツボ刺激と簡単ストレッチ法

肩こりでお悩みの方は普段どのようなメンテナンスをされていますか?患部をマッサージで揉み解した...

肩こりの秋!?季節の変わり目に起きる肩こりの原因とは?

パソコンやスマホの普及によって、肩こりは現代病になったといっても過言ではありません。肩がこると腕...

姿勢が良い人、悪い人の身体の差。どこにあるか知ってる?

姿勢の崩れから身体に起こる不調は無限にあると言われています。最近では小学生でも姿勢の崩れから身体...

しんどい腰痛は早急に緩和させるのみ。その方法はこうだ!

冬は最も腰痛が起きやすい季節です。主な原因は、気温が低いことによる筋肉の冷えや緊張から筋肉の硬化...

スポンサーリンク

股関節の痛みがあるときの対処法とは?

股関節は体にある関節の中でも、球関節といって、とても不安定な作りの関節です。
そのために、関節の周囲は強靭な靭帯や筋肉で覆われています。

しかしそんな筋肉や靭帯で覆われていても、痛みは様々な要因で簡単に引き起こされてしまうものです。

ですが、周囲の筋肉や靭帯を正しくストレッチする事で改善する事も多々見受けられます。

股関節は、人体の中で一番大きな筋肉とされている腸腰筋やお尻の筋肉で姿勢保持に重要な大臀筋、中臀筋が主動作筋です。
この筋肉たちをストレッチする事で、筋の柔軟性が改善し血液の流れも良くなる事で、痛みが改善し結果姿勢の改善に繋がります。

股関節は球関節であるために、運動方向も幅広い可動域を持ち合わせていますが、筋肉たちの走行や状態に応じストレッチを掛けるのが痛みを無くす手段です。

姿勢改善のためには、お尻の筋肉である大臀筋や中臀筋、また体幹を支えるのに重要な背中やお腹の筋肉も合わせてストレッチする事も、股関節の痛み改善や姿勢改善に重要や方法だと言えます。

このストレッチで股関節の痛みを解消 ダイヤゴナルカウンターの流れ

今回はダイヤゴナルカウンターという、ランニング前に行いたいストレッチです。
主に体幹をエクササイズしていくストレッチを行います。

まず両足を肩幅よりやや広めにして立ち、頭の後ろで手を組みます。

そこから右肘と左膝をお腹の前でくっつけていきましょう。
対角線上に真っ直ぐ並べるイメージです。

くっつけたら、手足は元の位置に戻しましょう。

今度は左肘と右膝をお腹の前でくっつけます。
このときに肘は反対側の手の脇の下に近づけるイメージで行ってください。

膝は肘の外側に持っていくように意識してください。
リズム良く10回行うことによって体が捻りやすくなってきます。
足を上げて戻す際、真下に下ろしてしまいがちです。
元の足幅に戻すように注意してください。

ランニングの前に行うと、体が捻りやすくなって腕を前後に振りやすくなります。
是非お試しください。

ダイヤゴナルカウンターのポイント/回数・タイミング

ダイヤゴナルカウンターを行う上でのポイント

肘と膝をくっつけることに集中しがちですが、それよりも前腕(肘から先)と下腿(膝から下)が一直線に並ぶことを優先してください。
その上でくっつけられるようになると可動域が正しく整っていきます。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

姿勢改善/矯正。
ランニング前のウォーミングアップ。
ランニングフォームの安定感アップ。
股関節可動域の正常化。

運動強度☆☆☆☆

運動を定期的に行っている方向け。

このようなお悩みがある方

  • 股関節に痛みを感じている方
  • ジョギングやランニングを定期的に行っている方
  • 下半身太り、冷えやむくみを感じている方
  • ランニング後に下半身に不安を感じる方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.185】ダイアゴナルカウンターで股関節の痛みを和らげる

 股関節の痛みはストレッチで股関節を正常化すればまず安心

股関節は本来かなり自由な可動域を持っています。

しかし日常の動作では、その可動域を100%使い切ることは難しく苦手な方向が誰にでもできていきます。
その苦手を苦手のまま放っておくと次第に痛みとなって表れてくるのです。

そうならないためにも、毎日あらゆる方向へと動かし刺激を加えていきましょう。
そのための方法が今回紹介した対角線上を動かすストレッチです。
是非お試しください。