ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

ふくらはぎに起こるランニング後の張り。緩みストレッチが◯

2017.12.20

ふくらはぎは張りやすく硬くなりやすい筋肉の1つです。

例えば長時間立っていたり長時間椅子に座っていたりと静止状態や、歩きすぎたり、長時間ランニングしたりと体の動きでも硬くなりやすいです。
また水分不足や野菜不足な食生活や不規則な生活をしてしまうとさらに硬くしてしまいます。
腰痛を始め怪我の要因となったり、また血液や神経の流れも阻害してしまいむくみという現象が起こりやすくなります。

今回紹介するストレッチは、誰でも簡単にできるふくらはぎのストレッチとなっています。
毎日行うことで比較的簡単に筋肉をほぐすことが可能です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ハムストリングスストレッチで腰痛解消!効果はいかほどか?

ハムストリングスがどこの筋肉だか知っていますか。 それは裏ももの筋肉群です。 大腿二頭筋、半...

水泳のストロークを伸ばす肩甲骨ストレッチで胸周りを柔軟に

肺臓の周りの筋肉を硬くすることは、呼吸をする上で心肺能力を下げてしまう原因と1つとなります。 呼吸...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。 また気の流れも滞っている...

足の指を自由に動かせますか?ダメなら簡単ストレッチを実践

スポーツの場面だけでなく、つまずいて足首を捻挫することがあります。 足首は捻挫の度合いにもよります...

数多ある腰痛の対処法。どれがベストな選択か知ってる?

腰痛が起きた時に皆さんはどのような対処をしますか? 今回はその対処方法についていくつか説明していき...

肩こりに効くストレッチ。普段やらない動作にこそ効果を期待

肩こりに効くと言われるのは、マッサージでしょうか。 肩たたきでしょうか。 それとも温浴でしょうか...

続けるだけで美姿勢が手に入る簡単背骨矯正ストレッチ!

姿勢矯正するにあたり、そもそも背骨がどう作られているか知らなければいけません。 背骨がどう動く...

肩こりはマッサージだけでは意味なし!原因を特定しよう!

肩こりが起きるとご自身でマッサージする方が多いです。 しかしご自身でマッサージをして肩こりが治らな...

脚やせの法則。それは足指足首の末端ストレッチが鍵となる!

脚やせを成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。 軽い運動をする、食事制限をする、マッサージをす...

肩こりで多くの方が悩まれている。まずは肩甲骨に意識を集中

肩甲骨を意識して大きく動かせる人はどれだけいるのでしょうか。 もしかしたら、肩甲骨がどのようなもの...

誰でもできる肩こり改善のためのツボ刺激と簡単ストレッチ法

肩こりでお悩みの方は普段どのようなメンテナンスをされていますか? 患部をマッサージで揉み解した...

誰でも簡単にできる!腰痛が慢性化しない為にする事とは?

普段から下を向くことが多い方、背中を丸めてしまっている方は腰痛が慢性化していませんか? 間違っ...

腰痛症を引き起こさない為には?誰でも楽な姿勢があるのか?

腰痛になる人はどのような人か? イメージしたことはありますか? 普段の生活で家事や仕事、また...

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。 ですが決して病気ではありません。 筋肉...

女性のための腰痛改善方法 それは運動療法がポイント!

女性特有の腰痛があるのはご存知でしたか? 構造的に苦手な動きが実は女性の方にはあります。 そ...

スポンサーリンク

ランニング前にふくらはぎの柔軟性をチェック

チェック方法
両膝を曲げて座り、手を後ろについて、左足を右足の上に乗せてください。
左足のふくらはぎを右膝のお皿に乗せたら、左足を前後に動かします。

  1. 膝に乗せるだけで右のふくらはぎが痛い
  2. 膝に乗せて右のふくらはぎをアキレス腱まで動かしていると痛い
  3. 膝に乗せて右のふくらはぎを動かしても気持ち良い
  4. 膝に乗せるだけで左のふくらはぎが痛い
  5. 膝に乗せて左のふくらはぎをアキレス腱まで動かしていると痛い
  6. 膝に乗せて左のふくらはぎを動かしても気持ち良い。

判定

  1. 右のふくらはぎが怪我がしやすい状態です。
  2. 右のふくらはぎが硬くなって柔軟性が少なくなっています。
  3. 右のふくらはぎはしっかり柔軟ができているので、維持が大切です。
  4. 左のふくらはぎが怪我がしやすい状態です。
  5. 左のふくらはぎが硬くなって柔軟性が少なくなっています。
  6. 左のふくらはぎはしっかり柔軟ができているので、維持が大切です。
  7. 3と6の状態で柔軟性のバランスが取れている場合は、今の柔軟性を維持していきましょう。
  8. 後の組み合わせはバランスが悪く、いくら片方が良くても柔軟性が失われていたり怪我をしやすい状態にあります。

ランニングをしていく上で、ふくらはぎが硬いのはもちろん駄目ですが、左右で張りに違いがあるのもバランスが悪いため怪我に繋がるのです。
ストレッチでバランスを整えることを意識しながら、解していきましょう。

ランニング後の腰痛の原因の1つはふくらはぎの張りにある

人は二本足で立つために重力に逆らいながら、背骨がSの字になったりして筋肉の前後左右のバランスで維持しています。
そして足の関節もそれぞれの周りの筋肉が前後左右でバランスをとって均等を保っています。

そこから考えますと、ふくらはぎが張り硬くなっているということは、バランスを保とうと太腿の前も硬くなり、さらに腰回りも硬くなっていきます。
その結果、連鎖して硬くなっている筋肉の反対側とのバランスが崩れ、腰痛を引き起こしやすくなるということです。

反対に言えば、この連鎖運動の法則を使えば、ふくらはぎの筋肉が緩むだけで腰痛が軽減するとも言えます。

今回紹介するストレッチをするだけで腰痛を軽減できます。
硬くなりすぎる前にゆっくり時間を掛けてランニング後のクールダウンに利用すると良いでしょう。

実は腰痛のツボがふくらはぎにはたくさんあります。
昔の人はどうやって知ったのでしょうね。

ふくらはぎは第2の心臓と言われ血液の流れを左右する

人は二足歩行のため動物には見られない、ふくらはぎが発達しています。
そして一番使う筋肉になったため、硬くなりやすい場所にもなりました。

心臓から一番遠い場所は足ですが、二足で立っているためふくらはぎの筋肉は血液が一番溜まりやすい場所とも言えます。

しかしふくらはぎが硬くなってしまうと、血液が心臓に戻り辛くなり、むくみという現象を起こしがちです。
ふくらはぎやアキレス腱の筋肉の伸縮がポンプの役割を果たし、遠い足から心臓へと送り返されます。
そのためふくらはぎを第2の心臓と呼ぶのです。

血液のみならず神経の流れやリンパの流れなども、硬くすればふくらはぎで止まってしまうことになります。
つまりふくらはぎを硬くするということは、冷えの原因を作ってしまっているということになります。

この後紹介するストレッチは、簡単にそのふくらはぎの張りを軽減できるメニューで誰にでもできます。

ランニングやその他運動後のクールダウンに向いたストレッチです。
また風呂上がりで血行をある程度良くして行うとさらに効果的です。

ランニング後にやるべきふくらはぎ張り解消ストレッチ リリーブマッスルの流れ

今回はリリーブマッスルという、ふくらはぎの柔軟性を向上させるストレッチを行います。
特にランニングされている方、ふくらはぎが張り、硬さが目立つ方が多いです。
このようなストレッチを取り入れてください。

床に座って両膝を曲げます。
手を後ろにつき、支えた状態で左足を右足の上に乗せてみましょう。
ふくらはぎを膝蓋骨に乗せたら、足を前後に動かしていきます。

この時の注意点としては、ふくらはぎの上の方だけではなく、しっかりアキレス腱の方まで動かすことです。
そうすることで、ふくらはぎの上のほうがさらに柔らかくなるからです。


この前後の動きを10回行ってください。
10回で足を入れ替えて、今度は右足を上にして、右足を前に押し出すことを10回繰り返します。

リリーブマッスルのポイント/回数・タイミング

リリーブマッスルを行う上でのポイント

徐々に負荷を掛けて動かしてください。
ゆっくりすることで熱が生まれてじわっと緩んでいきます。
足首を曲げたり伸ばしたりして行うとさらに効果的です。

回数・タイミング

クールダウンに1セット交互に10回を2~3セット行います。
それでもまだ硬いようでしたら、跡が残らない程度に数セット繰り返すと良いでしょう。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

ふくらはぎの柔軟性アップ。
ランニング後の張り解消クールダウン。
冷えやむくみ予防。

運動強度☆

誰でも簡単にできます。

このようなお悩みがある方

  • ふくらはぎが硬くなりやすい方
  • 足関節に痛みが出やすい方
  • ランニング後に腰痛を感じやすい方
  • 冷えやむくみで困っている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.110】ランニング後のリリーブマッスルでふくらはぎの張りが和らぐ

ふくらはぎの張りを抑え柔らかくして健康維持

ふくらはぎを硬くすることは腰痛などの筋肉の痛みだけではなく血行や神経の流れを阻害します。
ですから健康のバロメータとも言えるわけです。

心臓に送る第2の心臓として伸縮をするよう柔軟性を上げることでポンプの役割を果たし、体全体の血液の流れをスムーズにすることができるとも言えます。
また神経の流れも同じく良くするので、運動パフォーマンスを上げる上でも大事な筋肉となります。

ここを常に柔らかくしておくことは、反対に言えば前側の前脛骨筋を鍛えるということにもなります。

ふくらはぎが硬いと瞬発力は生まれません。
ふくらはぎの柔軟性を高めることによって、足裏の疲労の軽減、腰痛の改善効果も出てきますので、是非ランニング後のアフターケアとしてお使いください。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ