ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

肩こり解消は温める?冷やす?それより引き下げるのが正解!

2017.9.26

肩こりが起きたときに皆さんはどのような対処をされていますか?
肩周りを温めると痛みが楽になると思われがちですが、冷えてしまうとまた元通りです。
もしくはもっと固まってしまうかもしれません。
また安静にしていれば肩こりが楽になるかというとそうでもありません。

肩周りの筋肉が硬くなって動きに制限がかかっているケースが多いので、できれば動かして温め解した方が解消スピードが早められます。

今回は肩こりの原因となる肩甲骨の位置やそこにつながる筋肉についてお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

首が痛いと1日が憂鬱でたまらない!このストレッチで即解消

首の痛みはどうして起きるのだろうと疑問に思ったことはありませんか? 強い衝撃を首に受けた時は想...

ハムストリングスを使えば体は連鎖しあらゆる運動が楽になる

ハムストリングとは太腿の後ろ側の筋肉で、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋を指します。 また大内転筋を...

あなたの肩こり、本当の原因を把握している?人それぞれ違う

肩こりとは肩周りの筋肉がこり固まることを指します。 ただなぜこり固まるのでしょうか。 原因は...

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯を硬くするな!O脚や怪我の原因に

サッカーやバスケットボールのように接触プレーの多いスポーツでぶつかった場合、柔軟性がないと筋肉が伸び...

肩こりと腰痛の原因は同じ可能性大!不良姿勢と運動不足が鍵

肩こりや腰痛の原因を探せばたくさん出てきますが、その中で共通するのが姿勢の崩れがあります。 悪...

ふくらはぎストレッチをより効果的にする方法!全身連動が鍵

ふくらはぎのストレッチを体重を乗せていけばできますが、上半身何もしないのは勿体無いことです。 ...

肩こりで多くの方が悩まれている。まずは肩甲骨に意識を集中

肩甲骨を意識して大きく動かせる人はどれだけいるのでしょうか。 もしかしたら、肩甲骨がどのようなもの...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。 そんなときの腰...

肩こり解消にはツボ押しマッサージよりツボ刺激ストレッチを

空気を胸に吸い込む時にとても必要なのが、肩甲骨を両側から背骨に寄せることです。 そうすることで、よ...

腰痛症を引き起こさない為には?誰でも楽な姿勢があるのか?

腰痛になる人はどのような人か? イメージしたことはありますか? 普段の生活で家事や仕事、また...

1日10回!簡単誰でも効果的なタオルを使った肩こりの治し方

肩こりは急性症状ではなく、重い、だるいといった慢性的な辛さであることがほとんどです。 その治し方も...

肩こりの放置が指先のしびれを生む!?それは首とも関係あり

首の関節が動きにくくなってくると、上半身は動きにくくなります。 1つの原因として考えられるのが...

女性にオススメする理由。股関節ストレッチの生理痛への効果

股関節は下半身との連絡場所。 酸素や栄養はそこを通って運ばれます。 そんな股関節の上には、大...

腰痛でお悩みの方。痛みがなく楽な姿勢こそ正しい姿勢なの?

腰痛の症状でお悩みの方は、普段はどのような姿勢でいますか? そもそも姿勢を意識して生活をされていま...

骨盤矯正にはセルフストレッチ!簡単寝ながら効果を発揮!

骨盤矯正はみなさん一度は聞いたことがあるでしょう。 またやったことがある方も結構いるのではないでし...

スポンサーリンク

温める効果は微小。肩こりは引き下げが重要!

肩を温めると血行促進し肩こりが楽になると思われがちですが、肩を温めるだけでは効果が足りません。
なぜなら肩こりになっている方は肩の引き下げができないことが多いからです。

実際に肩の引き下げができない方というのは具体的にどのようなことなのか紹介します。

肩を引き下げる動きは肩甲骨が下に働くことです。
この動きで大切なことは脊柱を動かさずに肩甲骨だけを動かすこと。
脊柱を傾けて肩を下げると側屈の動きが入ってしまいます。

つまり肩甲骨だけを引き下げるには肩甲骨周りの筋肉の柔軟性が必要となります。
どうでしょう。
皆さんは肩甲骨を引き下げられますか?
肩の引き下げの動きを頭ではイメージできているのに実際に動かしてみるとできなくありませんか?

そのような方は動かしたいのに筋肉の硬さが邪魔をしているでしょうし、肩も上がりっぱなしになっているかもしれません。
要チェックです。

なぜ肩が上がってくると肩こりになるか?

肩が上がってしまうのは腕が軽くなったからではありません。
肩が上がっている状態というのは肩をすくめたような姿勢、首が短くなった姿勢です。
このような肩の上がった状態を続けていると、血流が悪くなり、肩こりや首こり、痛みへとつながっていってしまいます。
そんな肩が上がってしまう原因は、長時間良くない姿勢をしていることがほとんどです。
頭が前に出る姿勢だと、頭の重さで首の筋肉が引っ張られつながっている肩甲骨が引き上げられます。
机やテーブルの上で手や肘で上体を支えてしまうと肩が上がります。
こういった姿勢はテレビやパソコン、スマホなど長時間続けるとなってしまういわば現代習慣です。
この間、ずっと首から腰まで背骨周りの筋肉は固まっているのです。

血行不良になるのも当然ですよね。

また、極度の緊張でも肩が上がることもあります。
面接やプレゼンなどではカチコチに固まった状態になりやすいです。
ストレス・緊張など精神的な理由で肩が上がると余計にリラックスできなくなるという悪循環が生まれます。

固まったものを和らげるには冷やし固めるより温め解すのが理想ですが、効果はたかが知れています。

肩を引き上げる筋肉とは?もし温めるなら覚えよう

肩甲骨の動きが良くなり、肩を引き下げられると自然と姿勢が整い、頭の重さから開放されたり胸が広がって呼吸が楽になります。
すると血流が良くなり身体は温まりやすくなり、そして肩こりが楽な状態へとつながっていきます。

そんな状態への道を妨害するのが、肩甲骨を引き上げる筋肉です。
この引き上げに関係してくる筋肉を紹介します。
肩甲骨を引き上げる筋肉が柔らかくなれば、肩甲骨が下げやすいので肩こりは起きづらくなります。
場所が分かれば温めるポイントも絞りやすいですね。

①肩甲挙筋
肩甲挙筋は文字通り、肩甲骨の内角に付着し上方に引く働きをします。

細長く筋力はそれほど大きくありません。
ただ上位頚椎の横突起に付着している為、筋肉の走行は斜め内方です。
従ってこの筋肉は、肩甲骨を上方に引くことと同時に内方へも引きます。
この動きは、小菱形筋と共に、肩をすくめる動作をした時に緊張します。

②僧帽筋上部
肩甲骨、鎖骨の引き上げをするときに働く大きな筋肉です。
肩の後ろから背骨、後頭部の下まで幅広く覆っていて力強いです。
スポーツでは柔道やレスリングなどで相手を引き寄せるときに僧帽筋上部が働きます。

肩こり解消のため肩甲骨の引き下げ動作を加える

肩甲骨を引き上げるときに働く僧帽筋を柔らかくすれば肩こりは改善されますが、より効果を高める方法があります。
それは引き上げる部分だけではなく、引き下げるときに働く筋肉を使うことでさらに肩こりが楽な状態になります。

そんな肩甲骨の引き下げをするときに働く筋肉の1つは『前鋸筋(ぜんきょきん)』です。
前鋸筋は肩甲骨の下角から肋骨に付着している筋肉で、ボクシング、空手などでパンチ動作をするときに働く筋肉です。
この前鋸筋が硬くなったり弱くなったりすると肩の引き下げの動きができず、肩が引き上がった状態のままになります。
その状態が続いてしまうことでも肩こりが起きてしまいます。

つまり肩を引き上げる僧帽筋、引き下げの動きで関わる前鋸筋を柔らかくすることで肩こり改善スピードは上がってくるのでぜひお試し
ください。

僧帽筋が温めることなく解れる バックエクステンドの流れ

今回はバックエクステンドという肩こり改善に効くストレッチ、主に僧帽筋をエクササイズしていくストレッチを行います。
49a (1)
まず四つん這いになりましょう。
肩の下に手がある状態、そして足の付け根の下に膝がある状態です。
49b
その姿勢から右手を斜め下に伸ばしていきましょう。
肩をしっかり中に入れて、右手の甲が床についている状態を10秒間キープし、右側の僧帽筋をしっかり伸ばしていきます。
戻したら今度は左手を伸ばして、左側の僧帽筋がしっかり伸びているのを確認してください。
左右とも10秒間キープしたら、交互に1伸ばして戻す動作を10回行いましょう。

僧帽筋をしっかり伸ばすことによって、肩甲骨の位置取りも普段から後ろに行きやすくなり、肩甲骨が非常に動きやすくなってくる感じが得られます。
ぜひ、肩こり改善のストレッチとしてご自宅で行ってみてください。

バックエクステンドのポイント/回数・タイミング

バックエクステンドを行う上でのポイント

僧帽筋にストレッチがかかってこないと肩甲骨の位置が下げられません。
肩をしっかり中に入れた状態で、伸ばしている手の甲が床についている状態で伸ばせるとベストです。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

肩こり改善/矯正。
僧帽筋のストレッチ。
肩甲骨の引き下げを楽にできるようにすること。

運動強度☆☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • 肩こり改善、予防をされたい方
  • 猫背を改善されたい方
  • ご自宅でできるストレッチを知りたかった方
  • 酷い肩こりをお持ちの方
  • 肩周りのだるさをとりたい方
  • 肩が上がってしまっている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.66】肩こりは肩甲骨を動かして温めるのが良い!バックエクステンド

肩こりは温めるだけで楽になるのか?

肩こりの原因は無数にあります。
大抵の方は肩が引き上がった状態で長時間過ごしてしまうことが原因です。

今回紹介した筋肉を温めるだけでも血行改善し、多少肩こりは解消するでしょう。

でも肩甲骨の引き上げと引き下げのときに動く筋肉が柔らかくなれば、より早く根本から肩こりがすごく楽になります。
今日から肩こり対策として活用してみてください。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ