足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。

体重全体を細い足首で支えるため、地面が硬ければ硬いほど足首への衝撃が大きいです。

立つ姿勢が崩れていると片方の股関節や足関節への負担が大きくなり、股関節や膝関節、足関節に影響を及ぼします。
足関節で言えば短距離では足の前側の脛辺りが、中長距離はふくらはぎ辺りが痛くなりやすいです。
特にマラソンのような地面の硬いところを走る競技では足首を痛めやすい環境になっています。

今回紹介するアキレス腱と足指のストレッチで、走るのに必要な可動域以上に足の柔軟性を高めていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩こりは治療するもの?それとも運動不足解消すれば解決?

デスクワークが長く、肩がガチガチな感覚がある。肩甲骨がピタッと背中にくっついている気がする。...

腰痛は発展すると足のしびれを引き起こす!?解決法伝授!

腰痛は放っておいても良くなるというものではありません。なぜなら普段の生活スタイルが関わっていて、...

お年寄りはなぜ姿勢保持ができなくなるのか?理由があった!

私達は地球上で生活していく上で高い姿勢を保持しながら手先を自由に使っていく必要があります。そして...

肩こりと腰痛の原因は同じ可能性大!不良姿勢と運動不足が鍵

肩こりや腰痛の原因を探せばたくさん出てきますが、その中で共通するのが姿勢の崩れがあります。悪...

あなたの印象が変わる!姿勢の良さは背筋の引き締め方次第!

あなたは姿勢を正せていますか?背筋は役目を全うしていますか?姿勢が悪いことは体にとって、...

腰痛の原因は腎臓にあり!?腎臓と骨盤に密接な関係性が!

腰痛は筋肉疲労から起こるものと思われがちですが、それだけではないのはご存知ですか。筋肉疲労の他に...

太股(太腿)の筋肉痛は動的ストレッチで早期回復!引きずるな

太股の筋肉痛を感じるのは、激しい運動直後ではなく、翌日以降が多いはずです。そんな筋肉痛はただ...

肩こり解消は温める?冷やす?それより引き下げるのが正解!

肩こりが起きたときに皆さんはどのような対処をされていますか?肩周りを温めると痛みが楽になると思わ...

猫背を治す方法は整体・ヨガ・ストレッチなど選択肢が多い!

猫背を治す方法、それはやっぱりストレッチでしょう。でも背中を伸ばすストレッチ、骨盤を整えるス...

肩こりを治す鍵は上腕三頭筋にあり!皆さん使えていますか?

肩こりになってしまう方で多いのが、上腕三頭筋が硬くなることです。そこで、どのようにしたら柔ら...

股関節と体幹を連動させるストレッチで柔軟性とバランス獲得

二足で歩く、走るという動きは人間が生活する上で基礎となる動きの1つです。その中で歩く、走る動...

腰痛は内臓と密接関係あり!そして股関節や足首にもつながる

最近お店に腰痛の患者様がよくご来店されます。カウンセリングをして腰の状態をヒヤリングをし、施術を...

「腰痛が悪化し過ぎて動けない」なんてことにならないために

腰痛で苦しんでいる方。突然の腰痛で動けないなんて経験ありますか。その時、腰に痛みが起きて...

太腿とお尻の柔軟性バランスは崩れやすい!ストレッチで調節

ウォーキングやジョギング、ランニングをする上で歩幅を広げるためには、股関節から繋がる太腿とお尻周りの...

猫背矯正にはこのストレッチをすべし!見違える変化が!

肩こりや腰痛など不調が現れたときや姿勢を矯正したいときに、私たちは身体の歪みを気にしますよね。し...

スポンサーリンク

足首をストレッチしてアキレス腱の柔軟性があるか確かめてみよう

チェック方法
長座で座ってください。
手を床について、上半身はリラックスした状態で行います。
両足のつま先を上に上げてみましょう。
この時両方のつま先はやや外に向くようにしてください。

  1. 両足のつま先が上を向いて、垂直状態から20度以上手前に曲げることができ、さらに外側に20度以上動くことができる
  2. 両足のつま先が上を向いて、垂直状態から45度以上足の裏がつくように動かすことができ、さらに30度以上内側へ動くことができる

判定

  1. 1と2が両方行く場合はスポーツに必要な足首の柔軟性があります。
  2. 1が関節の可動域未満で、2が可動域以上の場合は、片方に可動域以上あってもこけやすく怪我をしやすい状態にあります。
  3. 判定2の逆の場合は、怪我はしにくい状態にはありますが、パフォーマンスアップにはなりません。

関節の可動域が、両足とも平均以下、片方だけ平均以下あるいは平均以上、両足とも平均以上と様々な組み合わせの場合がありますが、両足首の柔軟性とともにバランスが整っていることが重要です。
その柔軟性にはアキレス腱が大いに関わってきますし、足指の柔軟性と連動していることがほとんどです。
ストレッチで柔軟性を高めつつ、両足のバランスを高めていきましょう。

ストレッチしなければならないアキレス腱は体全体の生命線

足首においてはアキレス腱と言われる大切な腱があります。
ここの柔軟性があればあるほど足首の柔軟性が上がり、様々な足周りの筋肉や足関節に影響を及ぼします。
体全体から考えても、アキレス腱が切れるという言葉があるように、とても大切な腱なのです。

体の構造から考えると、過度の負担の掛かる足首においては、姿勢を保持する上でも大切な腱と言えます。
硬くなってしまうと、立つだけで不安定な状態になってしまいます。
さらにしゃがむと後ろに倒れやすく、歩いている時にはこけやすくなります。

立ったり、歩いたり、しゃがんだり、走ったりと体重を支えながらするため一番疲労の多い腱ですから硬くなりやすいのです。
スポーツにおいてはさらに負荷が掛かりますので怪我が多くなります。

そのため今回紹介する足首のストレッチで、アキレス腱を伸ばしたり縮めたりしながらしっかり足首の柔軟性を鍛えて行く必要があるのです。
もちろん足指も忘れてはいけません。

アキレス腱と共にストレッチで足指を動かそう

足指の関節は少なくとも4つあります。
運動パフォーマンスを上げるには、さらにその関節をも意識してストレッチを行わなければなりません。
そうすることでさらに足首の柔軟性がアップしていきます。

特に関節を伸ばす方向は足首同様行きにくく柔軟性が奪われやすいとも言えます。
歳を重ねると瞬発系の動きはだんだんとしなくなりますと、ますます行きにくくなり、つま先が歩く時などに下を向くようになります。
そしてアキレス腱と同じようにこけやすくなり、怪我を起こしやすくなっていくのです。

そうならないためにも足指を伸ばす方向へ足の指と指の間を空けてさらにストレッチをかけて、平均の関節可動域以上にしておくことで、怪我の予防とパフォーマンスアップに繋がります。

アキレス腱と足指の複合ストレッチ フットサークルの流れ

今回はフットサークルという足首のストレッチを行います。
特に陸上を行っている方、アスファルトの上を走っていると足首や足の裏に負担が掛かってきますので、運動後のアフターケアとして行ってみてください。

まず長座姿勢で座り、手を床について、上半身はリラックスした状態になります。

両足のつま先を上に上げます。
この時、両方のつま先はやや外に向くようにしてください。
踵はできるだけ遠くに伸ばすと膝が曲がりにくくなります。

そこから、つま先を伸ばしながら、足首も伸ばして、今度は内側に伸ばしてください。
この曲げ伸ばし動作を10回反復して行います。
膝が曲がってしまうと、アキレス腱に刺激が入ってこなくなります。
膝が曲がらないようにしてください。

フットサークルのポイント/回数・タイミング

フットサークルを行う上でのポイント

行きにくい方向のつま先を外側、そして上側に上げる方を特に意識してやることが、柔軟性を高めやすくなり足首の柔軟性のバランスを整えます。
さらに両方の足の動きの柔軟性の範囲が同じくらいにしておくことも重要です。
片方だけ柔軟性を上げてしまうとバランスを失う原因になります。
またパフォーマンスアップには、怪我の予防の他、足首の関節可動域を平均以上動かせるよう行う必要があります。

回数・タイミング

予防改善クールダウンには1セット交互に10回を3セット。
パフォーマンスアップにはそれ以上行ってください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

アキレス腱・足指ストレッチ。
足首の関節可動域拡大。
足首の負担軽減。

運動強度☆☆

誰でもできます。

このようなお悩みがある方

  • 捻挫を良くする方
  • シンスプリントになったことがある方
  • 瞬発力を高めたい方
  • アキレス腱炎など足首周りの様々な怪我を予防したい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.108】アキレス腱だけでなくフットサークルで足指まで集中

アキレス腱も足指も柔軟に使い、マラソンを快適に怪我なく走ろう

日本にとどまらず海外のフルマラソンやハーフマラソンなどアスファルトで走る方が急増しています。
そんな地面の硬いところを走るため、足関節周りの故障を抱えている方が多いです。
長時間走るため、さらに負荷を掛け足首のみならず膝や股関節、そして心臓にも負担を掛けています。

そのような人間の限界に挑戦するようなものには、天候など様々な環境が大きく影響します。
そのような影響を大きく受けて一番怪我をしやすいのが、足指やアキレス腱などです。
ですから今回紹介したストレッチで柔らかくして、故障の少ないようにランニングしてください。