肩こりが治らない理由。それは腰痛との相互作用のせいかも?

肩こりを感じている方は、肩周りだけ動かしていないといったことは少なく、他の部位もあまり動かしていないことが多いです。

そのため、肩こりと合わせて頭痛や腰痛を感じたり、その他にも疲労が抜けにくい、体が重いといった症状も出やすいのです。

肩こりが一番辛いと肩周りだけケアしても、連動して動くはずの股関節や私たちの体の土台でもある骨盤周りのバランスが崩れると肩もバランス良く動かせません。
全身の状態を高めることが、肩こり解消の基本的な考え方になります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

水泳のストロークを伸ばす肩甲骨ストレッチで胸周りを柔軟に

肺臓の周りの筋肉を硬くすることは、呼吸をする上で心肺能力を下げてしまう原因と1つとなります。呼吸...

肩こりは薬に頼らずに解消すべし!ストレッチが薬になる!

肩が凝ったときにどのような対処をされていますか?運動やマッサージをする時間がない方は薬で改善され...

腰痛は筋トレによってもたらされる!体の使い方間違えるな!

筋トレをやり過ぎたり、腰に負担のかかる筋トレは腰痛の原因になります。腰に異変を少しでも感じたらす...

誰でもできる肩こり改善のためのツボ刺激と簡単ストレッチ法

肩こりでお悩みの方は普段どのようなメンテナンスをされていますか?患部をマッサージで揉み解した...

女性特有の腰痛がある!その予防に女性考案体操が効果的!

太ももがとにかく太くてガッチリしている。学生の時にバレーボールや陸上など、下半身の筋肉を良く使う...

腰痛を治す心得。それは太ももが張るのを見逃さないこと。

筋トレをして腰痛になるというのは良くあることです。正しい姿勢でできていないことが原因の一つです。...

腰痛になる方の共通点。それは不良姿勢での座り方にあり!

皆さん、私たち人間にとって正しい姿勢とはどんなものかご存知ですか?正しい姿勢と言っても、動作...

肩こりは治療するもの?それとも運動不足解消すれば解決?

デスクワークが長く、肩がガチガチな感覚がある。肩甲骨がピタッと背中にくっついている気がする。...

猫背を治す方法は整体・ヨガ・ストレッチなど選択肢が多い!

猫背を治す方法、それはやっぱりストレッチでしょう。でも背中を伸ばすストレッチ、骨盤を整えるス...

間違えると危ない!腰痛改善に腹筋を鍛えても駄目な理由

昔から腹筋や背筋が弱っているから腰痛になると言われています。ですから腰痛解消のために長らく腹...

腰痛と腹痛の関係性。腰痛になるような姿勢はお腹を圧迫する

腰が痛いし、お腹も痛くて辛い!こんな時、どんな対処をするべきなのでしょう。皆さん最近の行...

僧帽筋・広背筋を積極的に使って肩こり腰痛改善ストレッチ!

ある日、腰に違和感が・・・。最初は一時的な痛みで放って置いたら腰の痛みが治ったが、またある日腰に...

つらい肩こりに効く体操!だれでも簡単と思える1つの方法

肩こりは今では国民病と言われています。肩こりは肩だけではなくそれ以外の筋肉にも深い関係性があ...

下半身痩せのため内転筋や膝裏をストレッチしてリンパを流す

下半身痩せをしようと、いきなり運動を始めても効果は現れにくいものです。なぜなら下半身太りになるよ...

肩こり症状は気づかぬうちに進行。気づいたらすぐこれを読む

肩こりは頭の後頭部から肩にかけて異常な緊張状態で起こる痛みや違和感の症状です。私たちは一日中...

スポンサーリンク

 肩こりが治らないのなぜ?その原因とは?

子育て中のママのほとんどが悩まされている肩こり。
いくらマッサージに通っても、またすぐに元通り、いつも上半身が重くなっていませんか?

肩こりの原因は様々ですが、意外にも腰痛が関係していることがあるのです。
ですから肩こりだけに特化してケアしても、腰痛があるといつまでたっても治らないということがあります。

まずは全身チェックをすることをオススメします。
体の歪みはもちろん、腰痛の程度がどのぐらいかによって、これまで肩こりに隠れて気づいていなかった体の不調や内臓、子宮の状態まで明らかになり、肩こり緩和に向けて対策が練られることでしょう。

腰痛があるかどうかは、自己判断できます。
肩こりがあまりに辛過ぎて腰痛の痛みを感じておらず、自覚症状がないままになっていても、お尻の真ん中付近にある腰痛のツボをグーッと、人差し指を鍵のように曲げた指で押してみてください。
きっとものすごく痛いはずです。

さらに、押しながら足を外側に回すと、股関節の動きの良し悪しがすぐに分かるはずです。
痛いツボを押しながら、足を回して股関節を柔らかくしていくと、腰痛が少し緩和されていきます。
すると、その影響で背骨が正しい位置に移動し、それによって肩こりの痛みも和らぐはことが多いのです。

治らない肩こりにこのストレッチ ボースハンドネロー

今回はボースハンドネローという肩に障害がある方のストレッチ、主に上腕三頭筋と肩甲骨周辺を動かしていきます。

肩幅に足を広げて、肘と肘を肩の高さでくっつけていきます。

肘をつけたまま、両肘を上に上げてください。
このように上げていくと、両肘が離れやすくなってきます。
両肘が開かないところままで良いので、上に上げてください。
腕を上げていくと、上腕三頭筋に刺激がかなり入ってくるのが感じられるはずです。
この上下動を10回繰り返してください。

四十肩、五十肩で腕が上がらない方、この辺りから上下に動かしているだけで、少しずつ腕が上に上がりやすくなってきます。
肩甲骨の可動域が広がって、腕が少しずつ上がっていきますので、腕が上がらないという症状を抱えている方、是非行ってみてください。

ボースハンドネローのポイント/回数・タイミング

ボースハンドネローを行う上でのポイント

肘が離れないようにすることで、肩甲骨がかなり引き出されます。
そこから1センチでも2センチでも高く上げるように意識するだけで十分効果的です。

回数・タイミング

10回1セット。
肩周りにこりや違和感が生じたら、都度行ってください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

肩こり解消。
四十肩、五十肩改善。
肩甲骨可動域拡大。

運動強度☆☆

両肘を前でつけられる方向け。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 肩甲骨を動かすとゴリゴリする方
  • 二の腕のたるみが気になる方
  • どこでも簡単にストレッチをやりたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.203】ボースハンドネローで治らない肩こりにアプローチ

肩こりが治らないと思ったら肩甲骨可動域チェック

今回紹介したストレッチは肩甲骨の状態チェックで良く行われます。

顔の前で肘がつかない方は大分肩甲骨周りがこり固まっているはずです。
まずは肘同士をくっつけること。
そしてくっついたら、少しずつ高く上げられるようにすることが目標になっていきます。

少しでも高く上げられると、背中がスッと軽くなるのが分かるでしょう。
是非お試しください。