ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

デスクワークで起きる背中の痛みは1時間に1回のストレッチ!

2017.11.14

デスクワークがメインの職種だと、午後には肩から腰まで背中全体に疲労やコリを感じることでしょう。

そんな違和感は定期的なストレッチで、溜めることなく解消できます。
それが背中捻りストレッチです。

自分一人でもできますが、パートナーの力を借りるとより効果的。
リズム良く、そして楽しく背中を緩められます。

痛みとなって現れると、かなり疲労が溜まってしまった証拠です。
そうなる前に休憩時間を使ってスッキリさせてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

腰痛は内臓と密接関係あり!そして股関節や足首にもつながる

最近お店に腰痛の患者様がよくご来店されます。 カウンセリングをして腰の状態をヒヤリングをし、施術を...

肩こりは整形外科に行けば悩まなくなる?それとも自主解決?

肩こりは国民病と言われるほど、多くの人が悩まされているようですが、病院に行くほどの痛みや不具合が少な...

プロが教える腰痛と頭痛でお悩みの方の簡単な対処法とは?

春の時期は色々な症状が起きやすい時期と言われています。 春は何かと変化の多い時期で、学生であれ...

肩こりで多くの方が悩まれている。まずは肩甲骨に意識を集中

肩甲骨を意識して大きく動かせる人はどれだけいるのでしょうか。 もしかしたら、肩甲骨がどのようなもの...

膝の内側の痛みは鵞足炎?女性特有症状?ストレッチでケア

膝の内側に痛みが出るのは、正しい曲げ伸ばしや体重の掛け方ができていないことが原因だと考えられます。 ...

数多ある腰痛の対処法。どれがベストな選択か知ってる?

腰痛が起きた時に皆さんはどのような対処をしますか? 今回はその対処方法についていくつか説明していき...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。 そんなときの腰...

つらい肩こりに効く体操!だれでも簡単と思える1つの方法

肩こりは今では国民病と言われています。 肩こりは肩だけではなくそれ以外の筋肉にも深い関係性があ...

肩こりが治らない理由。それは腰痛との相互作用のせいかも?

肩こりを感じている方は、肩周りだけ動かしていないといったことは少なく、他の部位もあまり動かしていない...

膝裏の痛みの原因は何?ストレッチで解消できることなのか?

普段からしっかり膝を伸ばして、立ったり歩いたりしていますか? 膝は曲げ伸ばしをするのが役割です...

太股(太腿)の外側が張るのはガニ股?ストレッチで修正しよう

太股の外側が張るような方の特徴は何でしょうか。 太股の外側を使う動作が日常に溢れているのでしょ...

腰痛で歩けない!?そんなときどうする?原因と対処法まとめ

腰が痛い!という患者様は無数にいらっしゃいます。 そして腰が痛くて歩けない状態の方を何人も診てきま...

足の指を自由に動かせますか?ダメなら簡単ストレッチを実践

スポーツの場面だけでなく、つまずいて足首を捻挫することがあります。 足首は捻挫の度合いにもよります...

足のむくみ解消には指先までしっかりストレッチを欠かさない

足のむくみに悩まされる方多いでしょう。 特に寒くなってくる、秋から冬にかけてのシーズンはさらに増え...

ランニングを重ねても腰を痛めない!腰痛改善トレーニング法

腰の状態が良くないと感じるときの基準、皆さんにはありますか? 朝起きたときに腰が痛い、腰が重た...

スポンサーリンク

 背中の痛みにはストレッチとマッサージどっちがいい?

年齢を重ねてくると体のあちこちに痛みやコリが発症してしまいがちです。
その中でも背中の痛みにはストレッチとマッサージどっちがいいのか迷いますね。

ただ背中のマッサージは自分ではできないので、自分でできる簡単なストレッチが最適です。
特に慢性的な痛みには、つい痛み止めで対処してしまう人もいますが、根本的な治療には繋がらないので、できれば運動やストレッチでコリをほぐすことが大切です。
背中に痛みがある場合のストレッチ法として挙げられるのは、背筋を伸ばすことです。
猫背の姿勢になると、脊椎が曲ってしまうので背筋をピーンと伸ばす運動は、脊椎の矯正にも繋がります。

両腕を上に真っ直ぐに挙げて伸ばすだけでも背筋が伸び、軽いストレッチ運動にもなります。

長時間のデスクワークで同じ姿勢のままでいると、背中が凝って痛みを発生してしまいがちですが、1時間に1度ストレッチを行うと痛みが軽減します。

ストレッチは日頃使わない筋肉を使うので、できるだけ体全体を伸ばす気持ちで行うと血流が促されて痛みの軽減に繋がります。

1人では難しい背中の痛み解消ストレッチ ペアバックスイング

今回はペアバックスイングという、、2人一組行うストレッチです。

両手を前に伸ばして、パートナーの方の手に両手を置きましょう。

そのまま身体を前に倒してください。
目線は前に向けましょう。

その状態でパートナーが、左手を上に右手を下に動かします。

ストレッチをする方は身体を左側に捻って戻ろうとしてください。

今度は逆に右手を上げて左手を下げていきます。
ストレッチをする方は戻そうとしてください。
これを左右10回繰り返していきましょう。

肘が曲がった状態で、身体を捻っていくと胸の筋肉に刺激が全く入っていきません。
しっかり肘を伸ばした状態で身体を捻っていきましょう

このストレッチは1人で行うことが難しいストレッチになっています。
パートナーがいるときにぜひ活用ください。

ペアバックスイングのポイント/回数・タイミング

ペアバックスイングを行う上でのポイント

膝を伸ばし腰を高く保ち、股関節からしっかり体を折りたたむことで、脊柱がきれいに並びます。
みぞおちの向きを意識しながら捻りましょう。

回数・タイミング

仕事の休憩時間や学校の休み時間などに、仲間と一緒に行うと楽しく効果を得られます。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

脊柱周りのバランスリセット。
リラックス効果。
疲労軽減。

運動強度☆☆

座っている時間が長い方。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • デスクワークが続く方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.195】ペアバックスイングで背中の痛みをリセット

痛みを残さない背中ストレッチを仲間と共に

背中は手の届かない場所のため、状態チェックもママなりません。
そのため、痛みが出てもどこをどうして良いのか判断が難しいのです。

でもそういった場合は大きく捻りましょう。
背中の筋肉は左右対称に縦に連なっているものがほとんどですから、捻れば左右交互にストレッチが掛かるのです。

捻るだけなら自分でできますが、抵抗運動をしながら捻るとさらに効果的です。
仲間の力を借りて、捻ってみませんか。

 - ストレッチ