デスクワークで起きる背中の痛みは1時間に1回のストレッチ!

デスクワークがメインの職種だと、午後には肩から腰まで背中全体に疲労やコリを感じることでしょう。

そんな違和感は定期的なストレッチで、溜めることなく解消できます。
それが背中捻りストレッチです。

自分一人でもできますが、パートナーの力を借りるとより効果的。
リズム良く、そして楽しく背中を緩められます。

痛みとなって現れると、かなり疲労が溜まってしまった証拠です。
そうなる前に休憩時間を使ってスッキリさせてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

若いうちから習慣に!腰痛予防ストレッチは寝る前ルーティン

女性は太ももの太さを気にされている方が多いですね。最近は男性の方でも太ももを細くしたいという方が...

膝の痛みは脚の連動不足かも!?ストレッチで連動感覚を養う

膝が痛いからストレッチをして和らげるのは問題ありません。しかし膝周りだけ伸ばしても、痛みが和らい...

プロが教える腰痛と頭痛でお悩みの方の簡単な対処法とは?

春の時期は色々な症状が起きやすい時期と言われています。春は何かと変化の多い時期で、学生であれ...

腰痛、ひどいとそれヘルニアかも?自然治癒することはない?

腰痛で日本人の10人に1人が悩んでいます。その中でも痛みやしびれを伴う「腰椎椎間板ヘルニア」があ...

下半身ストレッチを効果的にするため柔軟性をチェックが大切

ストレッチをする際、自然の負荷を掛けてさらにストレッチやトレーニング効果を乗せていく場合は色々な姿勢...

肩こりが治らない理由。それは腰痛との相互作用のせいかも?

肩こりを感じている方は、肩周りだけ動かしていないといったことは少なく、他の部位もあまり動かしていない...

膝の内側の痛みは鵞足炎?女性特有症状?ストレッチでケア

膝の内側に痛みが出るのは、正しい曲げ伸ばしや体重の掛け方ができていないことが原因だと考えられます。...

肩こりがみるみる解消!効果倍増簡単継続ストレッチ!

肩こりは最近では「日本の国民病」と呼ばれることもあるほど、男女とも悩まされている人がたくさんいます。...

脚やせの法則。それは足指足首の末端ストレッチが鍵となる!

脚やせを成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。軽い運動をする、食事制限をする、マッサージをす...

姿勢を良くするため整体へ行くのも良いがセルフメンテもあり

皆さんは整体へ出向いて姿勢矯正をしたことありますか。体が硬い人程、痛みを伴うことが多いですよ...

肩こりも腰痛も短期間で起きない。長期間何していましたか?

肩こりも腰痛も病気ではありません。慢性的にだるい、重いと感じる症状は血行不良による筋疲労、硬直が...

いますぐチェックしよう!本当に姿勢がいい人とはこんな人!

姿勢がいい、悪いはもしかしたら人種によって違いがあるかもしれません。農作業と狩猟、明らかに姿...

お年寄りはなぜ姿勢保持ができなくなるのか?理由があった!

私達は地球上で生活していく上で高い姿勢を保持しながら手先を自由に使っていく必要があります。そして...

姿勢悪いと能率ダウン。能率も見た目も良くなる座り方キープ

座り姿勢を良くするには、正しい座り方を知る必要があります。重い頭、重い腕をなるべく重心の上に...

腰痛は発展すると足のしびれを引き起こす!?解決法伝授!

腰痛は放っておいても良くなるというものではありません。なぜなら普段の生活スタイルが関わっていて、...

スポンサーリンク

 背中の痛みにはストレッチとマッサージどっちがいい?

年齢を重ねてくると体のあちこちに痛みやコリが発症してしまいがちです。
その中でも背中の痛みにはストレッチとマッサージどっちがいいのか迷いますね。

ただ背中のマッサージは自分ではできないので、自分でできる簡単なストレッチが最適です。
特に慢性的な痛みには、つい痛み止めで対処してしまう人もいますが、根本的な治療には繋がらないので、できれば運動やストレッチでコリをほぐすことが大切です。
背中に痛みがある場合のストレッチ法として挙げられるのは、背筋を伸ばすことです。
猫背の姿勢になると、脊椎が曲ってしまうので背筋をピーンと伸ばす運動は、脊椎の矯正にも繋がります。

両腕を上に真っ直ぐに挙げて伸ばすだけでも背筋が伸び、軽いストレッチ運動にもなります。

長時間のデスクワークで同じ姿勢のままでいると、背中が凝って痛みを発生してしまいがちですが、1時間に1度ストレッチを行うと痛みが軽減します。

ストレッチは日頃使わない筋肉を使うので、できるだけ体全体を伸ばす気持ちで行うと血流が促されて痛みの軽減に繋がります。

1人では難しい背中の痛み解消ストレッチ ペアバックスイング

今回はペアバックスイングという、、2人一組行うストレッチです。

両手を前に伸ばして、パートナーの方の手に両手を置きましょう。

そのまま身体を前に倒してください。
目線は前に向けましょう。

その状態でパートナーが、左手を上に右手を下に動かします。

ストレッチをする方は身体を左側に捻って戻ろうとしてください。

今度は逆に右手を上げて左手を下げていきます。
ストレッチをする方は戻そうとしてください。
これを左右10回繰り返していきましょう。

肘が曲がった状態で、身体を捻っていくと胸の筋肉に刺激が全く入っていきません。
しっかり肘を伸ばした状態で身体を捻っていきましょう

このストレッチは1人で行うことが難しいストレッチになっています。
パートナーがいるときにぜひ活用ください。

ペアバックスイングのポイント/回数・タイミング

ペアバックスイングを行う上でのポイント

膝を伸ばし腰を高く保ち、股関節からしっかり体を折りたたむことで、脊柱がきれいに並びます。
みぞおちの向きを意識しながら捻りましょう。

回数・タイミング

仕事の休憩時間や学校の休み時間などに、仲間と一緒に行うと楽しく効果を得られます。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

脊柱周りのバランスリセット。
リラックス効果。
疲労軽減。

運動強度☆☆

座っている時間が長い方。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • デスクワークが続く方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.195】ペアバックスイングで背中の痛みをリセット

痛みを残さない背中ストレッチを仲間と共に

背中は手の届かない場所のため、状態チェックもママなりません。
そのため、痛みが出てもどこをどうして良いのか判断が難しいのです。

でもそういった場合は大きく捻りましょう。
背中の筋肉は左右対称に縦に連なっているものがほとんどですから、捻れば左右交互にストレッチが掛かるのです。

捻るだけなら自分でできますが、抵抗運動をしながら捻るとさらに効果的です。
仲間の力を借りて、捻ってみませんか。