ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

デスクワークで起きる背中の痛みは1時間に1回のストレッチ!

2017.11.14

デスクワークがメインの職種だと、午後には肩から腰まで背中全体に疲労やコリを感じることでしょう。

そんな違和感は定期的なストレッチで、溜めることなく解消できます。
それが背中捻りストレッチです。

自分一人でもできますが、パートナーの力を借りるとより効果的。
リズム良く、そして楽しく背中を緩められます。

痛みとなって現れると、かなり疲労が溜まってしまった証拠です。
そうなる前に休憩時間を使ってスッキリさせてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩こりを治す鍵は上腕三頭筋にあり!皆さん使えていますか?

肩こりになってしまう方で多いのが、上腕三頭筋が硬くなることです。 そこで、どのようにしたら柔ら...

X脚で膝が痛いことがある。ストレッチで負担軽減が一番肝心

X脚のように脚が真っ直ぐでないと、骨格が歪み、筋肉のバランスも崩れているため、節々に痛みが出ることが...

股関節の痛みを解消するための正常可動域ストレッチをすべき

股関節に痛みを感じてしまうのは、運動のしすぎでしょうか。 それとも運動不足でしょうか。 原因...

内転筋を鍛える方法。マットの上にうつ伏せに寝ながらできる

運動においてトレーニングをするということは、そこに負荷をかけて刺激を受けて動くことです。 重たいも...

肩こりの放置が指先のしびれを生む!?それは首とも関係あり

首の関節が動きにくくなってくると、上半身は動きにくくなります。 1つの原因として考えられるのが...

足首が固いと全身も固くなる!ストレッチで緩めて引き締める

足首が固いことで良いことはあるでしょうか。 間違いなく無いに等しいでしょう。 足首が固い...

開脚ストレッチでハムストリングスを常にベストな状態に保つ

ハムストリングスは力強い筋肉です。 ハムストリングスのおかげで立つ、歩く、走るといった当たり前の動...

腰痛はいつから?病気のせい?腰を捻って内臓ストレッチ!

腰痛と内臓疾患はつながりがあります。 最近胃に不調を感じた方、もしかしたら胃の病気なのではない...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。 また気の流れも滞っている...

腰痛は胃の状態を現す写し鏡!?食生活・ストレスが原因に

胃と腰痛の関係性はあまり有名なお話ではありませんが、胃腸が弱くなって腰痛になることは実は良くある話で...

肩こりが酷くてさらに息苦しい!そんな症状でお悩みの方へ。

肩こりとは肩周りの筋肉が凝り固まることで、重だるく感じることが多いです。 そんな肩こりも酷くなって...

ふくらはぎに起こるランニング後の張り。緩みストレッチが◯

ふくらはぎは張りやすく硬くなりやすい筋肉の1つです。 例えば長時間立っていたり長時間椅子に座っ...

腰痛に効く簡単体操がここにある!低難易度で試す価値あり!

どんなに運動やダイエットに精を出しても、太もも横の骨が張り出していることによる“太もも張り”の解消は...

長距離ランナーは膝が命!ストレッチは正確且つ定期的に

ランナーは膝へ常に負担をかけ続けてしまいます。 膝に疲労を溜めず、負担なく走る術はありません。 ...

骨盤矯正にはセルフストレッチ!簡単寝ながら効果を発揮!

骨盤矯正はみなさん一度は聞いたことがあるでしょう。 またやったことがある方も結構いるのではないでし...

スポンサーリンク

 背中の痛みにはストレッチとマッサージどっちがいい?

年齢を重ねてくると体のあちこちに痛みやコリが発症してしまいがちです。
その中でも背中の痛みにはストレッチとマッサージどっちがいいのか迷いますね。

ただ背中のマッサージは自分ではできないので、自分でできる簡単なストレッチが最適です。
特に慢性的な痛みには、つい痛み止めで対処してしまう人もいますが、根本的な治療には繋がらないので、できれば運動やストレッチでコリをほぐすことが大切です。
背中に痛みがある場合のストレッチ法として挙げられるのは、背筋を伸ばすことです。
猫背の姿勢になると、脊椎が曲ってしまうので背筋をピーンと伸ばす運動は、脊椎の矯正にも繋がります。

両腕を上に真っ直ぐに挙げて伸ばすだけでも背筋が伸び、軽いストレッチ運動にもなります。

長時間のデスクワークで同じ姿勢のままでいると、背中が凝って痛みを発生してしまいがちですが、1時間に1度ストレッチを行うと痛みが軽減します。

ストレッチは日頃使わない筋肉を使うので、できるだけ体全体を伸ばす気持ちで行うと血流が促されて痛みの軽減に繋がります。

1人では難しい背中の痛み解消ストレッチ ペアバックスイング

今回はペアバックスイングという、、2人一組行うストレッチです。

両手を前に伸ばして、パートナーの方の手に両手を置きましょう。

そのまま身体を前に倒してください。
目線は前に向けましょう。

その状態でパートナーが、左手を上に右手を下に動かします。

ストレッチをする方は身体を左側に捻って戻ろうとしてください。

今度は逆に右手を上げて左手を下げていきます。
ストレッチをする方は戻そうとしてください。
これを左右10回繰り返していきましょう。

肘が曲がった状態で、身体を捻っていくと胸の筋肉に刺激が全く入っていきません。
しっかり肘を伸ばした状態で身体を捻っていきましょう

このストレッチは1人で行うことが難しいストレッチになっています。
パートナーがいるときにぜひ活用ください。

ペアバックスイングのポイント/回数・タイミング

ペアバックスイングを行う上でのポイント

膝を伸ばし腰を高く保ち、股関節からしっかり体を折りたたむことで、脊柱がきれいに並びます。
みぞおちの向きを意識しながら捻りましょう。

回数・タイミング

仕事の休憩時間や学校の休み時間などに、仲間と一緒に行うと楽しく効果を得られます。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

脊柱周りのバランスリセット。
リラックス効果。
疲労軽減。

運動強度☆☆

座っている時間が長い方。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • デスクワークが続く方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.195】ペアバックスイングで背中の痛みをリセット

痛みを残さない背中ストレッチを仲間と共に

背中は手の届かない場所のため、状態チェックもママなりません。
そのため、痛みが出てもどこをどうして良いのか判断が難しいのです。

でもそういった場合は大きく捻りましょう。
背中の筋肉は左右対称に縦に連なっているものがほとんどですから、捻れば左右交互にストレッチが掛かるのです。

捻るだけなら自分でできますが、抵抗運動をしながら捻るとさらに効果的です。
仲間の力を借りて、捻ってみませんか。

 - ストレッチ