ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

女性にオススメする理由。股関節ストレッチの生理痛への効果

2017.11.15

股関節は下半身との連絡場所。
酸素や栄養はそこを通って運ばれます。

そんな股関節の上には、大切な臓器が骨盤で守られています。
しかし股関節が不安定になると、その上に収まっているものにも波及するのです。

女性は特に悩ましい問題です。
毎月ひどい生理痛で悩んでいる方はもしかしたら股関節の状態が良くないのかもしれません。
現在の状態を把握するためにも、今回紹介するストレッチをやってみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

腰痛は骨盤の歪みから生じる!あぐらをかけない方は要注意!

すぐぶり返ししまう腰痛はどうしたら良くなるのかな~とお悩みの方が少なくありません。 腰痛になる...

美脚を目指せ!下肢の中でも硬くなりやすい内転筋ストレッチ

筋肉は大まかに言えば遅筋群、速筋群に分かれています。 持久系の赤色の筋肉が遅筋であり、瞬発系の白色...

ストレッチでおしりを最高の弾力に保つとランニングが楽に!

おしりのストレッチがどうして大切か知っていますか? 普段から運動をしている方は、間違いなく取り...

肩関節の故障を防ぎ柔軟性を高めるには肩甲骨の動きがカギに

手でボールを投げる、ボールを当てる場合、ほとんどの人が意識できるのは運動したい方向への動作です。 ...

腰痛に効くストレッチをやる前に。現状把握が必要です!

いい状態をキープするにはまず自分を知ることからです。 自分の身体能力を客観的に測って弱い部分を...

腰痛はいつから?病気のせい?腰を捻って内臓ストレッチ!

腰痛と内臓疾患はつながりがあります。 最近胃に不調を感じた方、もしかしたら胃の病気なのではない...

姿勢矯正インナーのメリットとデメリットを知り上手に活用!

姿勢矯正インナーは様々な種類が出ていて、どれを選んで良いか迷ってしまいますね。 ただ1つ言える...

ハムストリングスを使えば体は連鎖しあらゆる運動が楽になる

ハムストリングとは太腿の後ろ側の筋肉で、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋を指します。 また大内転筋を...

肩こり解消に胸の筋肉をストレッチ!?そこには確かな理由が

肩甲骨が動かないと肩こりになりやすいです。 そしてその肩甲骨が動かなくするのが、スマホいじりや、腕...

いますぐチェックしよう!本当に姿勢がいい人とはこんな人!

姿勢がいい、悪いはもしかしたら人種によって違いがあるかもしれません。 農作業と狩猟、明らかに姿...

数多ある腰痛の対処法。どれがベストな選択か知ってる?

腰痛が起きた時に皆さんはどのような対処をしますか? 今回はその対処方法についていくつか説明していき...

不調の原因は膝下O脚にあるかも!?ストレッチで不調脱却!

股下、膝下のO脚が中々改善されないという方をよく耳にします。 O脚を改善したいけど、どうすれば...

下半身連動ストレッチで股関節を大きく動かし膝の負担を軽減

膝だけを曲げ伸ばしする機会はあまりないはずです。 対して膝と同時に股関節や足関節を曲げ伸ばすことは...

ふくらはぎを細くするには。美脚を望む女性向けストレッチ!

足首の細い女性に憧れますよね。 でもそんな方でも生まれつき細いのではありません。 正しく足、...

腰痛は胃の状態を現す写し鏡!?食生活・ストレスが原因に

胃と腰痛の関係性はあまり有名なお話ではありませんが、胃腸が弱くなって腰痛になることは実は良くある話で...

スポンサーリンク

 股関節をストレッチするとどんな効果がある?

股関節のストレッチには生理痛改善の効果があります。

股関節が硬くなっていたり、股関節に歪みがあると体に様々な不調が生じます。
その中の1つが生理痛です。
股関節周りの血行が悪くなることで、生理痛が強まり腰痛や腹痛の原因になってしまうのです。

生理痛を少しでも改善させるために股関節のストレッチを毎日行いましょう。

簡単なやり方は寝る前にベッドや布団でリラックスした状態で行います。
座った状態で足の裏と裏を合わせて、ぐっと膝を床側へ押します。
そうして足の裏はできるだけ体に引き寄せて、股関節が広がるイメージで行います。

その他には、仰向けになり同じように足の裏と足の裏を合わせて体に引き寄せます。
そのときに膝を床へ近づけて股関節を広げます。

お風呂上がりの体が温まっている状態で行うと効果的です。
また、寝る前に行うことで体がほぐれて睡眠の質も良くなります。

生理痛にはストレスも影響してくるので、ストレッチをすることは体も心にも良いのです。

女性は積極的に股関節ストレッチを クロスグルーティアス

今回はクロスグルーティアスという2人ペアで行っていく股関節のストレッチ、主に臀筋群のうち中臀筋、小臀筋のストレッチを行います。

床に座り左足と右足をクロスさせましょう。
なるべく膝と膝が重なるようにすると効果がより強まります。

そのまま体を前に倒します。
パートナーは後ろから押してあげましょう。
この時に両方のお尻へ刺激が入ります。
10秒間姿勢をキープしてください。

同じように足を入れ替えて前に倒し、10秒間姿勢をキープしましょう。

股関節を内側にする動作は股関節が外れやすい動作の1つです。
股関節が緩い方や過去に外れたことがあるという方はあまり長い秒数はオススメしません。
10秒ぐらいキープして股関節の柔軟性を上げていきましょう。

クロスグルーティアスのポイント/回数・タイミング

クロスグルーティアスを行う上でのポイント

なるべく膝同士が近づくように重ねるのがポイントです。
背中を丸めながら倒すと効果が薄れますので、しっかり背すじを伸ばして骨盤ごと前に倒すようにしてください。

回数・タイミング

左右共に10秒キープが基本です。
骨盤が歪んでいると左右差を感じますので、きついほうは少し長めにしてもOKです。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

股関節ストレッチ。
臀筋群ストレッチ。
骨盤矯正。
姿勢改善。

運動強度☆

運動不足の方でもできます。

このようなお悩みがある方

  • 股関節の可動域を広げたい方
  • 腰痛でお悩みの方
  • 生理痛で悩まれている方
  • 下半身の冷えやむくみを感じている方
  • お尻に違和感がある方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.196】クロスグルーティアスで効果的に股関節を緩める

男性も女性も股関節ストレッチの大切さを知っておこう

股関節は私たちの下半身すべての動きに連動する場所です。
ここが悪くなると、その先にある膝や足首、指先までに悪影響が出てしまいます。
また下半身が動かないと、日常生活をまともに送ることもできなくなります。

そうならないためにも、日々のケアは大切です。
座りながら簡単にできるので、是非やってみてください。

 - ストレッチ