脚やせの法則。それは足指足首の末端ストレッチが鍵となる!

脚やせを成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。
軽い運動をする、食事制限をする、マッサージをするなど色々考えられます。
どれも継続できればそれなりの効果を得られるでしょうが、人によっては効果が出てこないこともあります。

その理由として、体の隅々まで意識できていないことが考えられます。
足裏が硬い、足首が硬いままやっている可能性はありませんか。
それでは、太ももは痩せたとしても足首は太いままかもしれません。

そんな脚目指していますか。
太ももより足首が細いほうが、美脚に見えるものです。

今回は末端にポイントを置いたストレッチを紹介します。
是非脚やせのためにもお試しください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

水泳でタイムを伸ばす肩甲骨の正しい使い方と可動域拡大方法

手を動かす上でスピードアップやパワーアップをしたい場合、体幹の側面か内側に沿って体幹の近くで動かしま...

肩こりと腰痛の原因は同じ可能性大!不良姿勢と運動不足が鍵

肩こりや腰痛の原因を探せばたくさん出てきますが、その中で共通するのが姿勢の崩れがあります。悪...

肩関節の故障を防ぎ柔軟性を高めるには肩甲骨の動きがカギに

手でボールを投げる、ボールを当てる場合、ほとんどの人が意識できるのは運動したい方向への動作です。...

肩こりを引き起こす筋肉を理解する。知ると解消もスムーズに

肩こりで悩まれている方はどのようにして過ごしているのでしょうか。肩を回したり、叩いたり、揉み...

女性にオススメする理由。股関節ストレッチの生理痛への効果

股関節は下半身との連絡場所。酸素や栄養はそこを通って運ばれます。そんな股関節の上には、大...

美脚を目指せ!下肢の中でも硬くなりやすい内転筋ストレッチ

筋肉は大まかに言えば遅筋群、速筋群に分かれています。持久系の赤色の筋肉が遅筋であり、瞬発系の白色...

ランニングを重ねても腰を痛めない!腰痛改善トレーニング法

腰の状態が良くないと感じるときの基準、皆さんにはありますか?朝起きたときに腰が痛い、腰が重た...

腰痛は病院で改善?それとも自力?もう選択で迷うことなし!

「腰が痛い!」と言って病院に駆け込んでくる患者さんに毎日のように出会います。腰痛と言ってもその病...

いくつもある肩こりや頭痛を解消する5つの方法!簡単気軽に

頭痛や肩こりのように肩から上の症状だから、原因はその範囲にあると思っていませんか?間違いはな...

O脚やX脚を改善しよう!姿勢を良くする内転筋群の役目とは?

姿勢の良い人は腹筋と背筋がしっかりしている。というのは良く聞くと思います。しかし、やみくもに腹筋...

足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。...

腰痛と腹痛の関係性。腰痛になるような姿勢はお腹を圧迫する

腰が痛いし、お腹も痛くて辛い!こんな時、どんな対処をするべきなのでしょう。皆さん最近の行...

開脚ストレッチでハムストリングスを常にベストな状態に保つ

ハムストリングスは力強い筋肉です。ハムストリングスのおかげで立つ、歩く、走るといった当たり前の動...

男性でつらい腰痛者は必見!体には効果的なツボが存在する!

男性は女性に比べて肉体労働を職業としている方が非常に多いです。そのため重たいものを運んだり、持っ...

ウエストが気になる方向け。痩せたいならこの捻転ストレッチ

くびれがない、いわゆる寸胴体型で悩まれている方は多いです。しかしそんな体型なのは、生まれつき...

スポンサーリンク

 脚がなかなかやせない方にやって欲しい事

脚やせ目指す方にしてほしいことがあります。
デスクワークや学生の授業中でもできる簡単な方法ですので、是非試してみてください。

まず1つ目は、ふくらはぎのストレッチです。
座った状態で足裏が床に着くようにしてください。
そしてかかとをつけたまま、つま先を上に向けて持ち上げます。
そのまま10秒キープです。
つま先を下ろしたら、次は踵を上げてください。
そしてまた10秒待って、踵を床につけます。
これを繰り返すだけです。

座っていると脚の筋肉を使わないので浮腫やすくなってしまいますが、これをすることによって、ふくらはぎの筋肉が使われるので浮腫防止になります。

2つ目は太もものストレッチです。
座った状態で両膝を揃えてください。
そして、右膝で左膝を押して寄せていきます。
この時、くっつけた膝と膝が押していくことでズレていくはずです。
元に戻して、左側でも同じようにします。
これを繰り返すだけです。

たったこれだけですが、内ももが伸びるのを感じられることでしょう。
女性で内ももを気にする人は多いので、とてもオススメです。

この2つのストレッチ座りながら続けて、脚やせを目指してください。

脚やせの下地作りにもなるストレッチ アンクルインクリース

今回はアンクルインクリースという、足首の痛みを取るストレッチで、捻挫などをしている方向けのメニューです。
足指と足首を動かします。

まず足を肩幅より少し開いて、右足を斜め前に伸ばしてください。

両手で右足のつま先を掴みましょう。
その状態で足首を伸ばします。

足の裏が床に着くくらいまで伸ばせるとベストです。

そこからつま先を上げ戻します。
この底屈・背屈をする足首の曲げ伸ばし運動を10回行ってください。

注意ポイントは膝が曲がりやすいこと。
右膝が曲がらないように伸ばした状態で、足首の曲げ伸ばし運動を行ってください。

逆足も行ってください。
左足を伸ばし、両手で左足のつま先を掴みます。

その状態でつま先を伸ばし、曲げ戻す、この運動を10回行ってください。

捻挫などをした方、足首周り、特にアキレス腱、ふくらはぎが非常に硬くなってしまうと治りが遅くなります。
このストレッチで、足首の動きを良くして早期改善を図ってください。

アンクルインクリースのポイント/回数・タイミング

アンクルインクリースを行う上でのポイント

手でつま先を掴むことで足首、足指を動かす際の抵抗になります。
手で押し伸ばす、引き戻すようなサポートをするのではなく、あくまで軽く抵抗を加えるつもりで掴んでください。

回数・タイミング

10回1セット。
左右入れ替えながら各3セット。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

捻挫の早期回復/予防。
下腿三頭筋ストレッチ。
ふくらはぎや足のむくみ解消。
足先の冷え予防。

運動強度☆☆

つま先を掴めるだけの柔軟性が必要。

このようなお悩みがある方

  • 捻挫を改善したい方
  • 足首が硬い方
  • 脚が冷えやすい、浮腫やすい方
  • デスクワークや勉強ばかりしている方
  • 女性で生理痛がひどい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.218】アンクルインクリースで脚やせの準備を

脚やせの効果を引き出すためにも足先までしっかり動かそう

心臓から最も遠い足指は足首の曲げ伸ばしと連動して行われやすいです。

今回紹介したストレッチで軽い抵抗運動をするだけでかなりの効果が見込めます。

ただ、足先、足首が動かせるようになっても、股関節の動きが悪いと流れを遮ってしまいます。
このストレッチと合わせて、股関節ストレッチもすると脚やせしやすいベースが作れます。

今まで色々やって効果を感じられなかった方は、末端まで意識が行っていなかったのかもしれません。
是非とも、イメージを変えて再チャレンジしてみてください。