肩こり解消のポイント!脇や鎖骨のリンパをしっかり流すこと

私たちの体、細胞が元気になるのは代謝がスムーズにされることが必要です。
そのために必要なものは酸素ですね。

肩こりになると、血流が悪くなるだけでなく、合わせて胸が狭まって肺の機能が失われ呼吸が浅くなります。
そうなると益々肩こりになっていくという悪循環に陥ります。

そんな悪い方向へ行かないためにも、今回紹介するストレッチを日課にしてみてください。
体が元気になっていくのが良く分かるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ランニングを重ねても腰を痛めない!腰痛改善トレーニング法

腰の状態が良くないと感じるときの基準、皆さんにはありますか?朝起きたときに腰が痛い、腰が重た...

姿勢が悪いと何が悪いの!?身体に及ぼす数々の悪影響とは?

今までにご自身の姿勢をチェックしたことはありますか?鏡の前で立っている状態、座っている状態で自分...

肘の痛みを我慢すると絶対後悔する!ストレッチで早期対策を

肘の故障は昔と比べて減ってきているのでしょうか。特に野球のピッチャーには肘の怪我は付き物だと...

なる前に防ぐ!腰痛が激痛で動けないと生活も仕事もストップ

急性腰痛は突然やってきて、激痛で動けなくなる、立てなくなることもしばしばあります。しかし突然...

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。ですが決して病気ではありません。筋肉...

肩こりが痛いのは即解消!ラボ式のD1ストレッチが効果的!

肩関節を上から覆うようについている三角筋。前部は、肩関節を屈曲したり肩関節を内旋します。中部...

いくつもある肩こりや頭痛を解消する5つの方法!簡単気軽に

頭痛や肩こりのように肩から上の症状だから、原因はその範囲にあると思っていませんか?間違いはな...

姿勢が良い=好印象。これ間違い無し!それではどうする?

良い姿勢はどうやって作るか、なかなか分かりにくいですよね?他の人の綺麗な姿勢はよく分かります...

ふくらはぎストレッチをより効果的にする方法!全身連動が鍵

ふくらはぎのストレッチを体重を乗せていけばできますが、上半身何もしないのは勿体無いことです。...

猫背で悩んでいる方、治すためにストレッチ何種類やってる?

猫背を治すためにストレッチをしていますか。そのストレッチもたくさんの種類があります。どれ...

悩める腰痛が左側に現れる女性の身体構造と東洋医学的見地

身体は背骨を軸として筋肉や骨格が大体左右対称の構造を成しています。しかし人それぞれ得意な動作...

肩こり解消は温める?冷やす?それより引き下げるのが正解!

肩こりが起きたときに皆さんはどのような対処をされていますか?肩周りを温めると痛みが楽になると思わ...

姿勢改善したいならストレッチで動物になりきってみよう!

皆さんはご自身の姿勢について考えたことはありますか?姿勢が良い人、悪い人で何が違うのでしょう...

歯痛を放っておくと知らず知らずに肩こりになる可能性大!

歯痛と肩こりには意外な関係性があります。どうしてなのか想像つかない方もいるかもしれません。...

腰痛を改善させる極意とは!それは股関節の使い方にあり!

ご自身の体は思い通りに動かせていますか?仕事やプライベートで階段の上り下りをする機会は普通に...

スポンサーリンク

 肩こり改善にリンパの流れを良くする理由

肩こりは肩や肩甲骨付近の筋肉がこり固まってしまったことを言います。
そんな肩こりを治すには、血流を良くし筋肉を解すことです。

そのためには運動やストレッチももちろん効果的ですが、リンパマッサージでリンパの流れを良くすることも肩こり改善に効果があります。

リンパには老廃物の回収や細菌の退治などの役割があるのはご存知ですか。
リンパを流すリンパ管は血管と同じように体中に張り巡らされていますが、血管と違い心臓のポンプ作用が働かず筋肉の動きだけで流れています。
つまり肩こりで筋肉の動きが悪くなると、リンパの流れも悪くなり、老廃物が体に溜まってしまい、さらに肩こりがひどくなるという悪循環です。
反対に、リンパの流れを良くすることで肩こりも改善されると言えるのです。

肩こりに関係するリンパ節は、耳の後ろ、首の付け根、顎、鎖骨、脇の下などです。

お風呂に入る、蒸しタオルを当てるなどして体を温めてから、そっと撫でおろしたり指圧したりします。
リンパマッサージはあまり強く刺激しないように注意して行なってください。

リンパの流れが良くなる肩こり解消運動 アームバックアラウンド

今回はアームバックアラウンドという、肩に症状を抱えている方のストレッチです。
肩甲骨を大きく回して、肩周辺の痛みをとっていきましょう。

肩幅に足を広げて、両手のひらを外に開いてください。

そのままできるだけ高く上げていきましょう。

一番高い位置で手のひらが後ろに向くように回したら、さらに両手を回して下ろしていきましょう。
10回連続で大きく肩を回してください。
注意してほしい点として、手のひらを先行させることです。
手の甲が先行してはいけません。

肩甲骨が大きく回りやすくなることによって、腕が上がりやすくもなりますので、腕がなかなか上がらないという方はこのストレッチで少しずつ腕を上げられるようにしていきましょう。
是非こちらのストレッチをお試しください。

アームバックアラウンドのポイント/回数・タイミング

アームバックアラウンドを行う上でのポイント

手のひらの向きに注意してください。
常に手のひらが先行する形が正解です。
肩甲骨、鎖骨が大きく動いていることを確認してください。

回数・タイミング

10回1セット。
朝昼晩と1日3セット行うことをオススメします。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

肩こり解消。
肩甲骨可動域拡大。
リンパの流れ促進。
姿勢改善。

運動強度☆☆

運動不足の方向け。

このようなお悩みがある方

  • 肩こりや四十肩、五十肩でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 肘や手首に痛みを感じている方
  • 二の腕のたるみが気になる方
  • リンパをしっかり流したい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.204】リンパを流す肩こり解消アームバックアラウンド

肩こり解消ストレッチの目的はリンパを流すこと

筋肉が元気を取り戻すには、酸素と栄養を届けることと合わせて老廃物を回収することの両方が必要です。

そのためには、しっかり筋肉を動かして解すことと、大きく呼吸をして酸素をいっぱい取り込むことが大切です。

今回紹介したストレッチは深呼吸の動きと合わせて行うと効果を最大限引き出せます。
毎日元気に過ごすため、日課として取り入れてください。