ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

下半身痩せのため内転筋や膝裏をストレッチしてリンパを流す

2017.11.22

下半身痩せをしようと、いきなり運動を始めても効果は現れにくいものです。
なぜなら下半身太りになるような方は、溜め込み体質になっているはずだからです。

まずは、体内を入れ替えましょう。
悪いものをすべて外に出すのです。
そのためには通り道を確保する必要があります。

筋肉が張っていると血管やリンパ管を圧迫して、通りを悪くしている状態です。
まずはストレッチをして、圧迫から開放し、通りを良くするのが先決です。
その後、食事と呼吸で必要な物を取り込み、軽い運動で末端まで送り届けるのです。

それが、下半身痩せへの一番の近道になります。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

姿勢改善のため骨盤と背骨を連動?バラバラに使っては駄目!

老若男女問わず、姿勢を気にする方がとても増えました。 それだけ現代人の姿勢は崩れてしまっていて改善...

XO脚でお悩みの方向けにオススメストレッチ方法を教えます!

XO脚でお悩みの方はどれほどいるのでしょうか。 XO脚で良かったという方はいないはずです。 ...

肩こりの原因にもなる首の痛みを和らげる首振りストレッチ

多くの方が首が痛い、動かしづらい、違和感があるようです。 現代社会、スマホの普及でうつむく時間が長...

どんな姿勢で腰痛を感じる?うつ伏せで感じていたら至急対処

普段の寝相は仰向けですか? うつ伏せですか? それとも横向けですか? このうち、うつ伏せは...

ストレッチでおしりを最高の弾力に保つとランニングが楽に!

おしりのストレッチがどうして大切か知っていますか? 普段から運動をしている方は、間違いなく取り...

肩こりがみるみる解消!効果倍増簡単継続ストレッチ!

肩こりは最近では「日本の国民病」と呼ばれることもあるほど、男女とも悩まされている人がたくさんいます。...

いますぐチェックしよう!本当に姿勢がいい人とはこんな人!

姿勢がいい、悪いはもしかしたら人種によって違いがあるかもしれません。 農作業と狩猟、明らかに姿...

ふくらはぎストレッチをより効果的にする方法!全身連動が鍵

ふくらはぎのストレッチを体重を乗せていけばできますが、上半身何もしないのは勿体無いことです。 ...

首が痛いと1日が憂鬱でたまらない!このストレッチで即解消

首の痛みはどうして起きるのだろうと疑問に思ったことはありませんか? 強い衝撃を首に受けた時は想...

肩こり解消にはツボ押しマッサージよりツボ刺激ストレッチを

空気を胸に吸い込む時にとても必要なのが、肩甲骨を両側から背骨に寄せることです。 そうすることで、よ...

背中の筋肉をストレッチするなら肩甲骨を満遍なく動かそう!

背中の筋肉が硬く重だるいからとマッサージをしてもらってもあまり効果を感じない、という方が最近多いよう...

誰でも簡単にできる!腰痛が慢性化しない為にする事とは?

普段から下を向くことが多い方、背中を丸めてしまっている方は腰痛が慢性化していませんか? 間違っ...

肩こりが治らない理由。それは腰痛との相互作用のせいかも?

肩こりを感じている方は、肩周りだけ動かしていないといったことは少なく、他の部位もあまり動かしていない...

肩こりを放っておくと吐き気を引き起こす!そうなる前に

人により肩こりの感じ方は色々あると思います。 私の場合慣れないデスクワークをする際に無意識に肩に力...

肩甲骨の痛みは全身へと波及する!ストレッチではがし解そう

『肩が痛い』『肩が重たい』『肩が上がらない』『肩甲骨が痛い』といった肩の不調を感じる方が後を絶たない...

スポンサーリンク

 下半身痩せをするのに効果的な事は?

下半身だけが太りやすいという人も多いのではないのでしょうか?

ですが実際下半身というのは、普段の生活の中でも良く使っている部分です。
使っているのに、太ってしまうのは困りものです。

そこで下半身痩せに取り組みたい人は、運動やエクササイズを始める前にまず十分ストレッチをするのが効果的だと言えます。
ストレッチによって、効率よく脂肪を燃焼させる体作りを目指すのです。
体をしっかり作った後なら、普段の生活の動きの中でも十分に下半身痩せを成功させる事は可能です。
今までは使いっぱなしだったのではないでしょうか。

ストレッチで特に意識したいのが、股関節です。
下半身が太り気味の人は、股関節が硬い人が多いです。
まず1つ目の股関節に効くストレッチの方法は、あぐらをかいて両肘で膝を上から押さえ込む方法です。
学生の時にも何度かしたことがあると思いますが、15~20秒ほど押さえるのを毎日3セット行います。

2つ目は、足を自分の腰より高い位置に上げる方法です。
踵を窓枠や机に置いて10秒ほどキープします。
片足2セットずつ行い、高さをだんだん上げていきます。

このように、股関節のストレッチを行なってまず最初に感じられるのが、血流が良くなりむくみがなくなる事です。
そして、血流促進により新陳代謝が良くなります。

この状態でもすでに効果が出てきますが、これに加えて運動やエクササイズを加えると効果は抜群です。

下半身の肥満でお悩みなら、まず股関節のストレッチによって脂肪燃焼率の高い体作りをすることをオススメします。

下半身痩せに取り組むためのストレッチ ワンサイドハムエクステンション

今回はワンサイドハムエクステンションという、膝改善のストレッチ。
主に内転筋を伸ばして膝の症状の改善を図ります。

椅子に腰掛け、右足を左足に掛けます。

このとき注意したいのが、足首を曲げつま先を上げること。

その状態から両手で右足の足首を包み、右の肘で右膝を外に開いてください。

身体は前に倒しても結構ですので、肘で膝を思いっきり外に開きます。
そうすると右足の内側の内転筋にストレッチが掛かってきます。
この方法で、10回外に開いてください。

足を入れ替え、左足を掛け、つま先を上げます。
そこから左の肘で膝を外に開いてください。
こちらも10回伸ばしましょう。

膝の内側の靭帯が縮こまっている方、そこで内側に痛みのある方は、内転筋が非常に硬くなって痛んでいる場合が多いです。
そのような膝の症状を抱えている方は、是非このストレッチをお試しください。

ワンサイドハムエクステンションのポイント/回数・タイミング

ワンサイドハムエクステンションを行う上でのポイント

下で支える足が傾かないように気をつけてください。
しっかり膝下を床と垂直にしましょう。
前屈は必ず股関節から倒し、背中が丸まらないように気をつけてください。

回数・タイミング

10回1セット。
朝昼晩、定期的に行うと良いです。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

膝痛予防/解消。
内転筋ストレッチ。

運動強度☆☆

誰でもできます。

このようなお悩みがある方

  • 膝痛でお悩みの方
  • 腰痛でお悩みの方
  • 下半身太りで悩んでいる方
  • 股関節が硬い方
  • 下半身に冷えやむくみを感じている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.217】ワンサイドハムエクステンションで下半身痩せの下地作り

下半身痩せのためには余計なものを溜め込まないこと

下半身太りが気になって痩せようと努力をしても、溜め込む体質では意味がありません。
特に下半身は心臓から遠く、重力の影響で老廃物が溜まりやすい部位です。

痩せるためには代謝を促進する必要がありますが、そのためには酸素と栄養が必要です。
しかし体の循環が悪いとそれも届きません。
いうなれば、常に渋滞している状態です。

そんな渋滞を緩和するには、まず道路を綺麗にすること、老廃物を回収することが大切になります。
そのために、ストレッチが重要になってくるのです。
ストレッチで循環促進できると、あとは深呼吸して酸素を取り込み、バランスの良い食事で栄養を確保し、運動でさらなる循環を促すことができます。

この仕組みを知れば、痩せる道筋が見えるでしょう。
今回紹介するストレッチはその1つの方法です。

 - ストレッチ