ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

下半身痩せのため内転筋や膝裏をストレッチしてリンパを流す

2017.11.22

下半身痩せをしようと、いきなり運動を始めても効果は現れにくいものです。
なぜなら下半身太りになるような方は、溜め込み体質になっているはずだからです。

まずは、体内を入れ替えましょう。
悪いものをすべて外に出すのです。
そのためには通り道を確保する必要があります。

筋肉が張っていると血管やリンパ管を圧迫して、通りを悪くしている状態です。
まずはストレッチをして、圧迫から開放し、通りを良くするのが先決です。
その後、食事と呼吸で必要な物を取り込み、軽い運動で末端まで送り届けるのです。

それが、下半身痩せへの一番の近道になります。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

美脚を目指せ!下肢の中でも硬くなりやすい内転筋ストレッチ

筋肉は大まかに言えば遅筋群、速筋群に分かれています。 持久系の赤色の筋肉が遅筋であり、瞬発系の白色...

腰痛は骨盤の歪みから生じる!あぐらをかけない方は要注意!

すぐぶり返ししまう腰痛はどうしたら良くなるのかな~とお悩みの方が少なくありません。 腰痛になる...

カラダラボでは身体の声を聞き腰痛を和らげる方法を最適選択

腰痛を和らげる色々な方法が世に広まっています。 カラダラボではそのうち施術、ストレッチ、食事療法で...

間違えると危ない!腰痛改善に腹筋を鍛えても駄目な理由

昔から腹筋や背筋が弱っているから腰痛になると言われています。 ですから腰痛解消のために長らく腹...

ハムストリングスストレッチで腰痛解消!効果はいかほどか?

ハムストリングスがどこの筋肉だか知っていますか。 それは裏ももの筋肉群です。 大腿二頭筋、半...

股関節の痛みを解消するための正常可動域ストレッチをすべき

股関節に痛みを感じてしまうのは、運動のしすぎでしょうか。 それとも運動不足でしょうか。 原因...

足の指を自由に動かせますか?ダメなら簡単ストレッチを実践

スポーツの場面だけでなく、つまずいて足首を捻挫することがあります。 足首は捻挫の度合いにもよります...

股関節と体幹を連動させるストレッチで柔軟性とバランス獲得

二足で歩く、走るという動きは人間が生活する上で基礎となる動きの1つです。 その中で歩く、走る動...

ふくらはぎは第二の心臓!ストレッチでしっかり働く状態へ。

ふくらはぎのストレッチはアキレス腱伸ばしといった方法で昔からやったことある方が多いでしょう。 しか...

若いうちから習慣に!腰痛予防ストレッチは寝る前ルーティン

女性は太ももの太さを気にされている方が多いですね。 最近は男性の方でも太ももを細くしたいという方が...

腰痛と吐き気。春に起こる理由があった!精神的に変化あり。

春は一年の季節の始まりです。 季節の変わり目で、イライラしたり、体調を崩したりしやすい時期でもあり...

肩こりが酷くてさらに息苦しい!そんな症状でお悩みの方へ。

肩こりとは肩周りの筋肉が凝り固まることで、重だるく感じることが多いです。 そんな肩こりも酷くなって...

腰痛予防に取り組むならついでにダイエット効果も期待しよう

腰痛で悩む方は多いですが、解消するため予防のために何かやっていますか? ただ単にマッサージした...

あなたの腰痛の症状はどれ?見合った最善策を施し早期解消!

多くの方が腰痛で悩まれますが、その腰痛の原因を把握していますか? 腰が痛いと言っても、場所によ...

太股(太腿)の外側が張るのはガニ股?ストレッチで修正しよう

太股の外側が張るような方の特徴は何でしょうか。 太股の外側を使う動作が日常に溢れているのでしょ...

スポンサーリンク

 下半身痩せをするのに効果的な事は?

下半身だけが太りやすいという人も多いのではないのでしょうか?

ですが実際下半身というのは、普段の生活の中でも良く使っている部分です。
使っているのに、太ってしまうのは困りものです。

そこで下半身痩せに取り組みたい人は、運動やエクササイズを始める前にまず十分ストレッチをするのが効果的だと言えます。
ストレッチによって、効率よく脂肪を燃焼させる体作りを目指すのです。
体をしっかり作った後なら、普段の生活の動きの中でも十分に下半身痩せを成功させる事は可能です。
今までは使いっぱなしだったのではないでしょうか。

ストレッチで特に意識したいのが、股関節です。
下半身が太り気味の人は、股関節が硬い人が多いです。
まず1つ目の股関節に効くストレッチの方法は、あぐらをかいて両肘で膝を上から押さえ込む方法です。
学生の時にも何度かしたことがあると思いますが、15~20秒ほど押さえるのを毎日3セット行います。

2つ目は、足を自分の腰より高い位置に上げる方法です。
踵を窓枠や机に置いて10秒ほどキープします。
片足2セットずつ行い、高さをだんだん上げていきます。

このように、股関節のストレッチを行なってまず最初に感じられるのが、血流が良くなりむくみがなくなる事です。
そして、血流促進により新陳代謝が良くなります。

この状態でもすでに効果が出てきますが、これに加えて運動やエクササイズを加えると効果は抜群です。

下半身の肥満でお悩みなら、まず股関節のストレッチによって脂肪燃焼率の高い体作りをすることをオススメします。

下半身痩せに取り組むためのストレッチ ワンサイドハムエクステンション

今回はワンサイドハムエクステンションという、膝改善のストレッチ。
主に内転筋を伸ばして膝の症状の改善を図ります。

椅子に腰掛け、右足を左足に掛けます。

このとき注意したいのが、足首を曲げつま先を上げること。

その状態から両手で右足の足首を包み、右の肘で右膝を外に開いてください。

身体は前に倒しても結構ですので、肘で膝を思いっきり外に開きます。
そうすると右足の内側の内転筋にストレッチが掛かってきます。
この方法で、10回外に開いてください。

足を入れ替え、左足を掛け、つま先を上げます。
そこから左の肘で膝を外に開いてください。
こちらも10回伸ばしましょう。

膝の内側の靭帯が縮こまっている方、そこで内側に痛みのある方は、内転筋が非常に硬くなって痛んでいる場合が多いです。
そのような膝の症状を抱えている方は、是非このストレッチをお試しください。

ワンサイドハムエクステンションのポイント/回数・タイミング

ワンサイドハムエクステンションを行う上でのポイント

下で支える足が傾かないように気をつけてください。
しっかり膝下を床と垂直にしましょう。
前屈は必ず股関節から倒し、背中が丸まらないように気をつけてください。

回数・タイミング

10回1セット。
朝昼晩、定期的に行うと良いです。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

膝痛予防/解消。
内転筋ストレッチ。

運動強度☆☆

誰でもできます。

このようなお悩みがある方

  • 膝痛でお悩みの方
  • 腰痛でお悩みの方
  • 下半身太りで悩んでいる方
  • 股関節が硬い方
  • 下半身に冷えやむくみを感じている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.217】ワンサイドハムエクステンションで下半身痩せの下地作り

下半身痩せのためには余計なものを溜め込まないこと

下半身太りが気になって痩せようと努力をしても、溜め込む体質では意味がありません。
特に下半身は心臓から遠く、重力の影響で老廃物が溜まりやすい部位です。

痩せるためには代謝を促進する必要がありますが、そのためには酸素と栄養が必要です。
しかし体の循環が悪いとそれも届きません。
いうなれば、常に渋滞している状態です。

そんな渋滞を緩和するには、まず道路を綺麗にすること、老廃物を回収することが大切になります。
そのために、ストレッチが重要になってくるのです。
ストレッチで循環促進できると、あとは深呼吸して酸素を取り込み、バランスの良い食事で栄養を確保し、運動でさらなる循環を促すことができます。

この仕組みを知れば、痩せる道筋が見えるでしょう。
今回紹介するストレッチはその1つの方法です。

 - ストレッチ