ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

体幹トレーニングは自重で可!ジム通い不要で自宅でトライ!

2017.12.5

体幹トレーニングはトレーニングジムに行って、専用の器具を使ったり、専門家の補助を受けたりしないとできないものでしょうか。

トレーニングの種類によってはそういったものもたくさんありますが、体幹トレーニングに限ってはそんなこともありません。
自重、つまり自分の体重と動かし方で十分効果を得られます。

今回はそんな体幹トレーニングについてお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

今大人気の体幹トレーニングをやるメリットとは健康の底上げ

体幹トレーニングとは、アスリートがパフォーマンスを高め怪我の予防のためだけにすることではありません。...

体幹トレーニングでチューブを使ったメニューの効果の程は?

体幹トレーニングにはたくさんの種類があります。 自重で行うメニュー、バランスボール又は器具、ゴムチ...

やる場所で効果に違いある?体幹トレーニングを自宅で継続!

体幹トレーニングは特別器具も広いスペースも必要としません。 ですからどこでもできる手軽なトレーニン...

体幹トレーニングは筋肉を痛めるのではなく覚醒させるもの!

体幹トレーニングは筋力トレーニングの一種だから、筋肉痛を伴うものだと考えている方は多いようです。 ...

体幹トレーニングにダイエット効果を求める女性へアピール

体幹トレーニングはアスリートが成績向上、怪我予防のためにするのが一般的ですが、女性が取り組むにはきつ...

踵の骨へのダメージを減らすストレッチ。ランニング前に必須

ランニングはひたすら脚を交互に出す運動です。 そのため、アスファルトやコンクリートなど地面が硬いと...

これだけあれば始められる!体幹トレーニング初心者の準備物

体幹トレーニング初心者がいきなり難しいメニューを選んでしまうと、その辛さだけがイメージとして残ってし...

捻転は体幹がつないで最大化!トレーニングでゴルフ腕前上達

ゴルフは捻転を必要とするスポーツで、直線的な運動だけでは飛距離が得られません。 捻転とは上半身...

毎日?1日おき?体幹トレーニングが最も効果的な頻度とは?

体幹トレーニングをウェイトトレーニングと同じと思っている方が多いようです。 実際2つは体を鍛えると...

体幹トレーニングはやり方次第で様変わり!どう始めるべき?

体幹トレーニングのやり方はたくさんあり、どれが自分に必要で効果的なのか分かりにくいですよね。 ...

体幹トレーニングで野球上達!変化球でも軸がブレずに対応可

野球選手に求められることは何でしょうか。 ピッチャーで言えば、肩の強さやコントロール、バッター...

背中が真っ直ぐになると痩せる!?ストレッチで美背中を実現

あなたは正しい立ち方をご存知ですか? 現在、女性の方の大半が美しく正しい立ち方ができていないと...

一般的体幹トレーニングの種類の名前一挙紹介!こんなに!?

一般的に紹介されるような体幹トレーニングは種類が豊富ですが、どれをやったらいいか迷ってしまいますね。...

激しい接触で負けない!体幹トレーニングでバスケ用の体作り

日本にもプロバスケットボールリーグのBリーグが誕生し、バスケ人気が高まっています。 そんなバスケを...

美しい背中になれる!体幹トレーニングで背筋群を引き締める

体幹トレーニングの主目的はインナーマッスルの強化、呼び覚ましです。 現代社会で普段生活している...

スポンサーリンク

体幹トレーニングはジムでしかできない?

人は幾つになってもキレイな姿勢や体型を維持したいと願います。
しかし、生活の過程でそのバランスが崩れ、「いつかはなんとかしたい!」と考えている人も多いでしょう。

では、どうしたらよいのでしょうか?
それは、”体幹”を整えることです。
「たいかん」を別の言葉に置き換えると「コア」とも呼びます。

人間は二本足で立って歩くことができますが、それはこのコア=体幹の機能に依るところが大きいのです。
身体の幹となりますのでその役割は重要で、例えばスリムな体型を目指したいと思って闇雲に運動をしてもなかなか結果に繋がらないのは、”体幹トレーニング”をすっぽかしているからです。

でも、いきなり体幹トレーニングなんて言われてもピンと来ない方も多いようです。
ではどうすればよいのでしょう?
専門のジムに行かなければならないでしょうか。

そんな必要ありません。
今では体幹をトレーニングにより整えることはかなりメジャーになりました。
ここでもたくさんのトレーニング法を動画で紹介しております。
この動画を自宅で見ながら実践するだけでいいのです。
実際の動きが映像で見られるので、飲み込みが早くなるでしょう。

体幹を整えるということは、スポーツパフォーマンスを引き出す側面だけでなく、キレイな姿勢の維持やシェイプアップという面でも効果があり、気軽に始められるストレッチのようなトレーニング内容もあります。
ちょっとしたことから始めてみるとよいでしょう。

ジムでは教わらないラボ式体幹トレーニング アシンメトリカルヒールの流れ

今回はアシンメトリカルヒールという体幹のストレッチを行います。
骨盤と背骨を繋いでいる大腰筋に刺激の入りやすいストレッチです。


まず仰向けに寝て、両足を開き両手は前習えです。
そして両膝を曲げてつま先を上げます。

そこから両膝を右に倒します。
合わせて身体を捻じって両手は上です。
そこから左の踵で床をしっかり押さえつけて、右足の踵が少し上に上がってくる状態を確認しましょう。

次に逆側にも倒してください。
この左右の入れ替えを10回連続で行ってください。

膝が曲がりすぎたり伸びすぎないように、膝の角度を常に90°くらいのところでキープすることによって大腰筋の連動性が出てきます。
流れを大切にしてやってみてください。

アシンメトリカルヒールのポイント/回数・タイミング

アシンメトリカルヒールを行う上でのポイント

膝が曲がりすぎたり伸びすぎないように、角度を90°くらいのところでキープするのがポイントです。
そうすることで大腰筋の連動性が出てきます。
踵で床を押すことでより遠くまで指先を伸ばすのも大切です。

回数・タイミング

10回1セットを基本として行いましょう。
朝、お昼休み、お風呂上がり、寝る前、どのタイミングでも構いません。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

体幹トレーニング。
大腰筋を使い背骨の位置を整え、運動パフォーマンスを向上させる。

運動強度☆☆☆☆☆

競技者向け。
運動習慣がある方向け。

このようなお悩みがある方

  • 運動パフォーマンスをさらに向上させたい方
  • 腰痛予防をされたい方
  • 体幹が弱い方
  • 動作がぎこちない方
  • ジムに行くのをためらっている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.145】ジムと自宅どっちでトレーニング? アシンメトリカルヒール

ジムに行くこととセルフ体幹トレーニングは目的が少し違う

ジムに行くことは良いことです。
なぜならそこでしかできないこと、またコミュニケーションを図ったり客観的評価も得られやすいことなどあるからです。

ですから、とにかく1人で頑張れる、自宅で済ませたい、いつでも気軽にやりたいと言う方は今回紹介したような体幹トレーニングをやってください。
この他にもたくさん紹介しています。
メニュー選びに困ることもないでしょう。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - 体幹トレーニング