太股(太腿)の筋肉痛は動的ストレッチで早期回復!引きずるな

太股の筋肉痛を感じるのは、激しい運動直後ではなく、翌日以降が多いはずです。

そんな筋肉痛はただ伸ばすだけでは、あまり回復を早める効果は得られません。
運動直後に伸ばしておくことは大切ですが、翌日以降は別の方法をとる必要があるのです。

その方法が今回紹介するような動的ストレッチです。
筋肉の状態をあるべき状態にするには、大きく伸縮させることが大切です。
伸ばすだけでなく、収縮も合わさることで、元通りになろうとするのです。

決して難しいストレッチではありませんので、是非やってみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

太腿とお尻の柔軟性バランスは崩れやすい!ストレッチで調節

ウォーキングやジョギング、ランニングをする上で歩幅を広げるためには、股関節から繋がる太腿とお尻周りの...

肩こりは単なる運動不足。まずは動的ストレッチでサビ落とし

何か定期的に運動をしている方はどれくらいいるのでしょうか。月に数回、週に1回、週に3~4回。...

肩こり解消に胸の筋肉をストレッチ!?そこには確かな理由が

肩甲骨が動かないと肩こりになりやすいです。そしてその肩甲骨が動かなくするのが、スマホいじりや、腕...

ハムストリングスを使えば体は連鎖しあらゆる運動が楽になる

ハムストリングとは太腿の後ろ側の筋肉で、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋を指します。また大内転筋を...

毎日ストレッチできる?足痩せを願うならやらない理由なし!

足を綺麗に見せたい。そのために足痩せストレッチ、エクササイズをしているという方は多いでしょう。...

肩こりが痛いのは即解消!ラボ式のD1ストレッチが効果的!

肩関節を上から覆うようについている三角筋。前部は、肩関節を屈曲したり肩関節を内旋します。中部...

カラダラボでは身体の声を聞き腰痛を和らげる方法を最適選択

腰痛を和らげる色々な方法が世に広まっています。カラダラボではそのうち施術、ストレッチ、食事療法で...

つらい肩こりに効く体操!だれでも簡単と思える1つの方法

肩こりは今では国民病と言われています。肩こりは肩だけではなくそれ以外の筋肉にも深い関係性があ...

腰痛、ひどいとそれヘルニアかも?自然治癒することはない?

腰痛で日本人の10人に1人が悩んでいます。その中でも痛みやしびれを伴う「腰椎椎間板ヘルニア」があ...

腰痛は骨盤の歪みから生じる!あぐらをかけない方は要注意!

すぐぶり返ししまう腰痛はどうしたら良くなるのかな~とお悩みの方が少なくありません。腰痛になる...

女性のための腰痛対策。冷えも合わせて解消!もう悩まない!

物を拾おうとした時、突然腰に激痛が走ったことはありませんか?特に女性の方、急な腰痛を経験した人は...

お年寄りはなぜ姿勢保持ができなくなるのか?理由があった!

私達は地球上で生活していく上で高い姿勢を保持しながら手先を自由に使っていく必要があります。そして...

股関節と足関節を正しくストレッチすれば速筋が使えるように

運動パフォーマンスを上げる上で、股関節の柔軟性は非常に重要な部分です。筋肉の緩む方向性として...

肩こりの原因にもなる首の痛みを和らげる首振りストレッチ

多くの方が首が痛い、動かしづらい、違和感があるようです。現代社会、スマホの普及でうつむく時間が長...

X脚で膝が痛いことがある。ストレッチで負担軽減が一番肝心

X脚のように脚が真っ直ぐでないと、骨格が歪み、筋肉のバランスも崩れているため、節々に痛みが出ることが...

スポンサーリンク

 太股の筋肉痛を予防するのにやるべき事は?

いつも以上に激しい運動をした後に、必ずやってくる『筋肉痛』。
脚を使った強度な運動を行うと太股の筋肉に痛みが現れ、日常生活で動くことすら大変なこと、たまにありますよね。

筋肉痛が起こるメカニズムは、激しい運動によって傷ついた筋肉の線維を修復しようとする身体の働きで起こると考えられています。
だから決して悪いことではないのです。
ですが歓迎する痛みなんてありませんよね。

そこで、筋肉痛を予防するためにも運動後のストレッチが大切です。
筋肉痛になってから行っても痛みがあるので、なかなか思うように動かせないでしょう。
ですから、太股の筋肉に痛みがない運動直後にストレッチで筋肉を伸ばすのがベターです。

筋肉痛になる前触れとして、運動後の筋肉の張りを感じたら特にしっかりストレッチを行う必要があります。

【太股のストレッチ】
壁などがあれば掴まりながらやってみてください。
①片脚で立った状態から、浮いた脚の足首を同じ側の手で掴んで膝を曲げます。
②足の裏をグッとお尻に引き寄せて、大腿四頭筋(太股の前)を伸ばします。
③ハムストリングス(太股の裏)の筋肉は、腰くらいの高さの台に片足を乗せて膝を曲げ、前傾姿勢になってしっかり伸ばします。

このように左右の脚、表裏バランスよく行うようにしましょう。
次の日の筋肉痛が軽くなったり予防に繋がるので、運動後の太股ストレッチは欠かさず行ってください。

筋肉痛を早期回復する太股ストレッチ ヒップエクスターナル

今回はヒップエクスターナルという、膝の症状改善のストレッチを行います。

椅子に腰掛け、頭の後ろに手を組み、両膝の位置はできるだけ外に開いてください。

できる限りつま先も外に開いてください。

この状態から右膝を高く上に上げていき、膝で半円を描くように股関節を回しながら左足にくっつけていきます。

そこから今度は反対回りで外に戻していきましょう。

同じように左足を上に上げて、右足にくっつけにいき、戻していきましょう。

膝の位置があまり上がってこないと、股関節がうまく回りません。

股関節から大きく回すことを意識してください。

これを左右交互に10回股関節を回していきましょう。
膝の痛み、症状を抱えている方、股関節の動きが悪くて痛みを伴っている方が非常に多いです。
股関節を回していくようなストレッチで膝の痛み、症状の改善を図っていきましょう。

ヒップエクスターナルのポイント/回数・タイミング

ヒップエクスターナルを行う上でのポイント

股関節を回すことで、太股の筋肉が収縮、弛緩、伸張されます。
とにかく大きく股関節を回すことがポイントになります。

回数・タイミング

10回1セット。
慣れてきたら、2、3セットと増やしてください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

膝痛軽減/予防。
股関節可動域拡大。
太股の動的ストレッチ。
下半身痩せ。

運動強度☆☆☆☆

定期的に運動をされている方向け。

このようなお悩みがある方

  • 膝痛で悩まれている方
  • 下半身に疲労が溜まりやすい方
  • 股関節の動きが悪い方
  • 足が冷えやすい方
  • 太股に張りを感じやすい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.215】ヒップエクスターナルで太股の筋肉痛を早期回復

太股の筋肉痛は静かに伸ばすだけでなく動的ストレッチで使おう

筋肉は収縮し弛緩するように作られています。
決して伸びるようには働きません。
あくまで他の筋肉、または外圧によって伸ばされるのです。

筋肉の状態が上がっていくのは、収縮しポンプ作用で老廃物を流し、弛緩して新しいものが取り込みます。

ただし、繰り返し収縮ばかりを繰り返すと収縮距離が縮まって、ポンプ作用が弱まっていくのです。
それを防ぐためにも伸ばすストレッチが大切です。

ではなぜ動的ストレッチをオススメするかというと、筋肉の伸張距離を確保しながらポンプ作用も働かせるという一挙両得のためです。
そして、体に正しい動きをするための神経回路を作るためです。

もちろん激しい運動後のダウンとしては静的ストレッチも大切です。
やるタイミング、使い分けが大切です。
太股の筋肉痛早期回復のためには、今回のストレッチがオススメだと言えます。