ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

腰痛は筋トレによってもたらされる!体の使い方間違えるな!

2017.10.4

筋トレをやり過ぎたり、腰に負担のかかる筋トレは腰痛の原因になります。
腰に異変を少しでも感じたらすぐに筋トレを止めてください。

そんな腰痛になりやすい筋トレ動作についてお話したいと思います。
ポイントとしては股関節の屈曲です。

筋肉には主動筋、拮抗筋作用が働きますから、これを理解することが筋トレで腰痛にならずに済む方法と言えるかもしれません。

今回紹介するストレッチは股関節の屈曲伸展を最大化できます。
お試しください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

間違えると危ない!腰痛改善に腹筋を鍛えても駄目な理由

昔から腹筋や背筋が弱っているから腰痛になると言われています。 ですから腰痛解消のために長らく腹...

長距離ランナーは膝が命!ストレッチは正確且つ定期的に

ランナーは膝へ常に負担をかけ続けてしまいます。 膝に疲労を溜めず、負担なく走る術はありません。 ...

歯痛を放っておくと知らず知らずに肩こりになる可能性大!

歯痛と肩こりには意外な関係性があります。 どうしてなのか想像つかない方もいるかもしれません。 ...

肩こり解消に胸の筋肉をストレッチ!?そこには確かな理由が

肩甲骨が動かないと肩こりになりやすいです。 そしてその肩甲骨が動かなくするのが、スマホいじりや、腕...

肩こりで多くの方が悩まれている。まずは肩甲骨に意識を集中

肩甲骨を意識して大きく動かせる人はどれだけいるのでしょうか。 もしかしたら、肩甲骨がどのようなもの...

毎日やりたい頭痛や肩こりに効く誰でも簡単な首ストレッチ

首は重い頭を支える、動かすだけでなく、様々な通り道でもあります。 そんな首はいくつもの筋肉で構...

ふくらはぎに起こるランニング後の張り。緩みストレッチが◯

ふくらはぎは張りやすく硬くなりやすい筋肉の1つです。 例えば長時間立っていたり長時間椅子に座っ...

腰痛の治療に終焉なし!その後の過ごし方で雲泥の差が出る!

腰痛は治療すれば治るとお考えの方はどれだけいるのでしょう。 実際一時的に痛みがなくなることはあ...

姿勢を直すのは他力本願!?それは楽だが最後は自力が必要!

姿勢を直すには、正しい姿勢を知る必要があります。 それを教わるために整体やカイロプラクティック...

ウエストが気になる方向け。痩せたいならこの捻転ストレッチ

くびれがない、いわゆる寸胴体型で悩まれている方は多いです。 しかしそんな体型なのは、生まれつき...

プロが教える腰痛と頭痛でお悩みの方の簡単な対処法とは?

春の時期は色々な症状が起きやすい時期と言われています。 春は何かと変化の多い時期で、学生であれ...

肩こり解消は温める?冷やす?それより引き下げるのが正解!

肩こりが起きたときに皆さんはどのような対処をされていますか? 肩周りを温めると痛みが楽になると思わ...

カラダラボでは身体の声を聞き腰痛を和らげる方法を最適選択

腰痛を和らげる色々な方法が世に広まっています。 カラダラボではそのうち施術、ストレッチ、食事療法で...

姿勢が悪いと何が悪いの!?身体に及ぼす数々の悪影響とは?

今までにご自身の姿勢をチェックしたことはありますか? 鏡の前で立っている状態、座っている状態で自分...

足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。 ...

スポンサーリンク

筋トレをしてなぜ腰痛になるか?

筋トレをやり過ぎたり、腰に負担の掛かる筋トレは腰痛の原因になります。
腰に異変を少しでも感じたらすぐに筋トレを止めて、無理をするのは止めましょう。

腰痛には大腿四頭筋、腸骨筋、ハムストリングスの筋肉が関係してきます。

大腿四頭筋は骨盤に付着している筋肉の為、大腿四頭筋が硬くなることで骨盤周りの筋肉が引っ張られてしまい腰に負担が掛かります。
それから腸骨筋が硬くなってしまうと、骨盤の前傾と反り腰を招く為、腰痛に発展します。
ハムストリングスが硬くなると、骨盤周りの筋肉が引っ張られて腰椎に負担が掛かり腰痛に繋がってしまいます。

つまりこの3つの筋肉が硬くなるということは、股関節を曲げた状態を続けてしまうことになり、その結果として腰痛が起きるので、常にストレッチで柔らかくしておきたいですね。

腰痛になる動作とは?

腰痛になりやすい動作についてお話したいと思います。
ポイントとしては股関節の屈曲です。

股関節の屈曲動作自体は皆さん当たり前にしている動作です。

例としてのスポーツ動作、サッカーボールを蹴るときの動作で説明してみましょう。

まずボールを蹴るときは足の振り子の動作が入ります。
前に蹴り出す振り子動作では股関節の屈曲が入り、後ろに振り出す振り子動作には股関節の伸展が入ります。

ここでポイントになるのが、ボールを蹴るときに振り子の前の動作しか使えていない選手が多いということ。
前側しか使えないと股関節が屈曲したままの為、太もも前側の大腿四頭筋が硬くなり、つられて裏側のハムストリングスが硬くなることで腰に負担が掛かり、腰痛になるサッカー選手が非常に多いのです。
ですから股関節を曲げるだけではなくて、股関節をしっかり伸ばすことが非常に大事になってきます。

筋トレだけやるのは筋肉を硬くしてしまう原因になりかねません。
この後紹介するようなトレーニングをした後は、必ずストレッチで股関節伸展をしましょう。

筋トレで硬くなる動作とは?

今度は筋トレをしていて腰痛になる動作を紹介します。

スクワット、両足の抱え込みジャンプ、もも上げなどが挙げられます。
例えばスクワットをするときに膝を90度に曲げて、お尻を上に戻し上げる動作で、主に太もも前側の大腿四頭筋とお尻周りの大臀筋に刺激が入ります。

人間本来の動きで考えると、股関節の屈曲動作をした後は股関節を伸展させるのが自然の動作です。
しかし、スクワットは股関節の屈曲は入りますが、伸展動作が入りません。

スクワットをすれば下半身全体を鍛えることができると認識して、筋トレをする方が非常に多くいます。
しかしスクワット動作は股関節を屈曲したまま動かす為、前側の筋肉ばかりが硬くなってしまい、その結果腰に負担がかかり腰痛になるというケースが非常に多いのです。

身体の正しい動かし方や可動域は最低限知っておいた方がいいですよね。
そのためには今回紹介するストレッチが重要になってくるでしょう。

ハムストリングスのストレッチも忘れずに!

今度は太もも裏側のハムストリングスについてお話したいと思います。

筋肉には主動筋、拮抗筋作用が働きます。
例えば、膝を曲げる時に大腿四頭筋が主動筋で拮抗筋はハムストリングスになります。
そして膝を伸ばすときはハムストリングスが主動筋になって拮抗筋は大腿四頭筋になります。

ここでいう2つの筋肉は連鎖運動をする関係がある為、前側と裏側をバランスよくストレッチをすることがとても大事になってきます。

スクワットといった筋トレをした後は使った筋肉が硬くなりやすい為、終わった後の入念なストレッチをすることが非常に大事です。
ストレッチを怠ったために、どんどん筋肉が硬くなってしまい、筋トレをして腰痛になりましたという方が非常に多く見受けられるからです。

これから紹介するストレッチでしっかりハムストリングスにもストレッチを掛けて、腰痛対策として行っていただきたいと思います。

筋トレで腰痛にならずに済む ワンニースタンディングの流れ

今回はワンニースタンディングという腰痛改善のストレッチ、主に大腿四頭筋という、前ももの筋肉を伸ばすストレッチを行ってみたいと思います。
33a
まず片膝立ちになってください。
右足を前に出した状態で、できるだけ重心を前に掛けていきましょう。
両手は右膝を掴んでください。
33b
左足の足首は伸ばした状態で、左側のお尻を前に落としていきます。
左側の骨盤を前に出すことによって、前ももが伸びてきます。
33c
つま先が立った状態ですと、左の骨盤が下に下がりづらくなります。
つま先をしっかり伸ばした状態で、出来るだけ左の骨盤を前に出して、前ももを伸ばしていきましょう。
この姿勢を10秒間キープして、前もものストレッチを掛けていきます。
そこから骨盤を戻して、前後に10回ゆっくり動いて前ももを伸ばしていきましょう。
前に行った状態で10秒間姿勢をキープしてください。
少し戻して、ゆっくり前に動きます。
この動作を10回繰り返します。
33d
足を切り替えて、逆も同様に行っていきます。
前ももが硬くなってしまうと、上半身の姿勢も前に落ちやすくなってきます。
そうすることで、腰が伸びづらくなって、腰痛になる方がたくさんいます。
是非このストレッチで改善してみてください。

ワンニースタンディングのポイント/回数・タイミング

ワンニースタンディングを行う上でのポイント

膝を伸ばしたまま自分の方に足を引っ張ります。
このときに足を自分の方に引き過ぎると、膝が曲がってハムストリングスのストレッチ効果が得られません。
膝が伸びたままで、足をいっぱいに引けるところで行いましょう。

回数・タイミング

10回1セットを1日1セット行いましょう。
朝、お風呂上がり、寝る前、どのタイミングに行っても構いません。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

筋トレ後の腰痛予防のストレッチ。
ハムストリングス、ふくらはぎの柔軟性向上。

運動強度☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • もも裏が非常に硬い方
  • ふくらはぎが非常に硬い方
  • 腰痛改善/予防されたい方
  • 下半身の筋トレをされている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画32】腰痛改善には筋トレよりもワンニースタンディング

筋トレの前後のストレッチを入念に!

股関節が屈曲しすぎると、前側の大腿四頭筋と裏側のハムストリングスが硬くなってしまうことで腰痛に繋がってしまいます。

筋トレで腰痛改善しようと考えている方には是非このストレッチを行っていただきたいです。

筋トレだけで腰痛を改善しようとせず、トレーニング前後のストレッチを忘れず行っていただければ有難いです。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ