ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

肩こりがひどいとさらなる悲劇が!その前に食い止めるべき

2017.9.19

肩が凝ってしまうと身体に色々な異常が起こります。
肩こりが酷くなると肩のだるさ、気分が悪くなったりします。

ストレッチ以外にも身体の疲れない対処法はいくつかあります。
ただ、そのときは楽になるけどまたすぐに元に戻ってしまうというケースもあります。

今回は肩こりと非常に深い関係がある筋肉『斜角筋』の役割、ストレッチについて
お伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

カラダラボでは身体の声を聞き腰痛を和らげる方法を最適選択

腰痛を和らげる色々な方法が世に広まっています。 カラダラボではそのうち施術、ストレッチ、食事療法で...

腰痛ツボの位置を把握。ストレッチでその経絡の流れを改善!

腰痛のツボはいくつか存在します。 ただほとんどが背中側にあるため、自分でツボを押すこともままなりま...

肩甲骨の痛みは全身へと波及する!ストレッチではがし解そう

『肩が痛い』『肩が重たい』『肩が上がらない』『肩甲骨が痛い』といった肩の不調を感じる方が後を絶たない...

腰痛は座り方を変えるだけで治まる可能性あり!その方法とは

座り仕事が増えた現代では、中臀筋というお尻の筋肉に負担がかかることで腰痛やむくみを発症してしまう方が...

腰痛の治療に終焉なし!その後の過ごし方で雲泥の差が出る!

腰痛は治療すれば治るとお考えの方はどれだけいるのでしょう。 実際一時的に痛みがなくなることはあ...

足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。 ...

足痩せのためには大きい筋肉も小さい筋肉もストレッチすべし

足痩せしたいと望む方は多いでしょう。 女性だけでなく、美意識高い男性もいるはずです。 皆さん...

立ち姿勢がよくなる秘訣とは?重心と体の各パーツの位置関係

姿勢が悪いと身体にさまざまな不調を来たし、見た目にも関係してきます。 その矯正ポイントとして今...

足の指を自由に動かせますか?ダメなら簡単ストレッチを実践

スポーツの場面だけでなく、つまずいて足首を捻挫することがあります。 足首は捻挫の度合いにもよります...

腰痛を治す心得。それは太ももが張るのを見逃さないこと。

筋トレをして腰痛になるというのは良くあることです。 正しい姿勢でできていないことが原因の一つです。...

脚やせの法則。それは足指足首の末端ストレッチが鍵となる!

脚やせを成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。 軽い運動をする、食事制限をする、マッサージをす...

ふくらはぎの外側が硬いとO脚に!?ストレッチで弾力を戻す

ふくらはぎの外側が硬い、発達していてO脚に見えると悩んでいる方はどれだけ多くいるのでしょうか。 ま...

姿勢を良くする筋肉は大腰筋!この筋肉の使い方が鍵を握る!

私たちの身体は姿勢良く過ごすことで快適に動け、そして疲れにくくもなります。 そんな姿勢を保って...

足のむくみ解消には指先までしっかりストレッチを欠かさない

足のむくみに悩まされる方多いでしょう。 特に寒くなってくる、秋から冬にかけてのシーズンはさらに増え...

ひどい肩こりなら注射を打ちますか?それとも何かしますか?

肩こりでお悩みの方に、色々な対処法が世に広まっていると思います。 その中でも肩こりを緩和する為...

スポンサーリンク

肩こりがひどいとどうなるか?

日常生活を送る中で、いつもと比べて身体に何かしらの異変を感じることがあると思います。
実はそれ肩こりのサインかもしれません。

それではひどい肩こりになるとどうなるか紹介します。

①朝起きたら首が動かない
首周辺の筋肉が無理に引き伸ばされ、過剰な圧力が掛かります。
首や肩に強い痛みが発生します。

②腕を上げたり、後ろに回せない
肩関節とその周辺の組織が慢性的な炎症を起こします。
その影響で腕を上げたり、後ろに回す動作で痛みが出ます。

③首から腕にかけて肩が痛い、しびれる
首の骨と骨の間をつなぐ椎間板の弾力が減少します。
頚椎の間から肩に向かって出る脊髄神経を圧迫してしまいます。
首、肩、腕に痛み・こり・しびれを起こします。

④首や肩が熱を持ったように痛い
デスクワーク、長時間の運転で首や肩の筋肉を酷使すると筋肉に疲労物質が溜まります。
そうして筋肉が疲労し、炎症が起きます。

ひどい痛みの肩こりと斜角筋の関係

肩こりがひどいと、首から肩、背中の筋肉が硬くなることで脳や腕の血流が悪くなり、頭痛や耳鳴り、目の疲れ、肩の痛みなどの症状が出たりします。

また肩こりがひどい人は、姿勢がねこ背になり、首や胸周辺の筋肉も硬くなります。

肩こりが酷くなる原因の1つとして斜角筋が関係しています。
斜角筋は前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋の3つの筋肉を合わせた名称です。
両側の斜角筋が収縮すれば、頚椎は屈曲します。
片側の斜角筋が収縮すれば、収縮側に頚椎が側屈・回旋の動きになります。

斜角筋の日常生活での働きは、深呼吸などで肋骨を持ち上げる、激しく動いた後の呼吸時に肋骨を持ち上げる働きがあります。

その中でも前斜角筋と中斜角筋に注目してもらいたいと思います。
改めてこの2つの筋肉を見ていただくと、2つの筋肉の間に血管と神経が走っています。
つまり斜角筋が硬くなることで、これらの神経や血管を圧迫し、しびれや痛みを引き起こすことになるのです。

斜角筋が硬くなることで起こるひどい肩こり以外の症状とは?

斜角筋が硬くなるのは肩こりの延長です。

例えば、肩こりとは肩の筋肉が硬くなること。
それから斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)は、斜角筋が凝って硬くなったために起きるものです。
前斜角筋か中斜角筋、もしくはその両方が過緊張したことにより、その間を通る神経や血管が圧迫されて起こります。
症状が急激に現れることは少なく、はじめは肩こりや首の痛みくらいですが、 徐々に首を動かせる範囲が減少したり、指先や手のしびれ、だるさ、冷えが出てきたりします。
さらにひどいと、指先や手の感覚異常、力が入りにくいなどの症状も現れます。
特に上を向いたり、後ろを振り向いたり、首を左右に倒すと悪化します。

痛みが起きないための対処が必要になってきますね。

肩こりがひどい時のストレッチ以外のメンテナンス方法とは?

身体の疲れには種類があります。
身体を酷使することで起こる『肉体的疲労』、人間関係の問題や仕事上の問題などで強いストレスを感じ、疲労へとつながる『精神的疲労』、長時間パソコンを使ったりすることで脳の緊張状態が続き、その結果起きる『神経的疲労』に分けられます。

疲れが溜まるとマッサージを受けにいく方が多いと思います。
そのマッサージで疲労回復できるのは、蓄積された老廃物を取り除くことができるからです。

ひどい肩こりもそうですが、疲労の原因となる老廃物は、血液の流れによって体外に排出されます。
マッサージをすることで体の凝りが解消され、その結果、血流が良くなります。

しかし、マッサージで取りきれない事も多々あります。
マッサージをしても表層だけが刺激されて深部の凝りが解消されずに残り、かえって凝りが強く感じられ脱力感などが残ることがあります。
そのような疲れを残さないためにもマッサージだけでなくストレッチをして症状が起こらないようにしましょう。

肩こりがひどいならこのストレッチ ショルダーエクステンドの流れ

では、今回はショルダーエクステンドという肩こり改善のストレッチ。
主に斜角筋、首の横の筋肉をエクササイズしていくストレッチを行ってみたいと思います。
53a
左手はお腹の前に、右手は頭の横に持ってきてください。
53b
左の肩が浮かないように、頭を右側に倒していただきます。
この状態で左側の側部、首が伸びているのを感じてください。
10秒姿勢をキープしていただいたら、戻して手を入れ替えます。
53c
右手をお腹、左手を横に、その状態で顔を左側に倒していきます。
右側左側10秒ずつキープしていただいて、10回繰り返していきます。
斜角筋は胸まで繋がっている筋肉になります。
特に肩甲骨が前に出て肩こりになっている方、両肩をしっかり後ろに広げられるようにこちらのストレッチの活用をしてみてください。

ショルダーエクステンドのポイント/回数・タイミング

ショルダーエクステンドを行う上でのポイント

頭を右側に倒すときに左肩、頭を左側に倒すときは右肩が上がらないようにしましょう。
肩が上がってしまうと斜角筋にストレッチがかかってきません。
肩を下に下げた状態で頭を左右に倒しましょう。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

肩こり改善/予防。

運動強度☆☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • 肩こり改善、予防をされたい方
  • 猫背を改善されたい方
  • ご自宅でできるストレッチを知りたかった方
  • 酷い肩こりをお持ちの方
  • 肩周りのだるさをとりたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.21】肩こりがひどいときはショルダーエクステンド

斜角筋を柔らかくし、肩こり改善!

肩こりがひどい方は斜角筋がガチガチに凝り固まっている状態の方が多いです。
酷くならないように、今回お伝えしたストレッチを継続していただけたら有難いです。
ストレッチを日々の習慣にして健康な身体を手に入れましょう!

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ