体幹トレーニングは本になるほど大人気!試しにやりたい方へ

今や本やテレビで当たり前に取り上げられる体幹トレーニング。
これはプロアスリートや何か競技を本気でやっている方だけのものではなく、ダイエットや姿勢改善といった目的にも役立ちます。

正しいやり方と回数さえ間違えなければ必ず効果を見込めるのが人気の理由でしょう。
身体が変わると心も変わり、人生も変わります。

ぜひ今回紹介するストレッチ、お試しください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

捻転は体幹がつないで最大化!トレーニングでゴルフ腕前上達

ゴルフは捻転を必要とするスポーツで、直線的な運動だけでは飛距離が得られません。捻転とは上半身...

肥満解消したい方!体幹トレーニングしただけで見事に痩せる

一度肥満傾向になると、それ相応の努力をしないと痩せることはできませんよね。少しでも楽に痩せよ...

やる場所で効果に違いある?体幹トレーニングを自宅で継続!

体幹トレーニングは特別器具も広いスペースも必要としません。ですからどこでもできる手軽なトレーニン...

姿勢が悪いとダイエット失敗?でも姿勢を良くするだけで変化

私たち人間には様々な体型の人がいます。細い人、太っている人、細マッチョ、筋骨隆々、ぽっちゃり、姿...

体幹トレーニングは自重で可!ジム通い不要で自宅でトライ!

体幹トレーニングはトレーニングジムに行って、専用の器具を使ったり、専門家の補助を受けたりしないとでき...

どんな運動にも姿勢チェックは欠かせない。不調の原因も確認

ご自身の姿勢のチェックをしたことありますか。また正しい姿勢とはどんな状態かご存じですか。...

筋肉を伸ばせば骨も元通り。ストレッチのやり方を間違えるな

猫背、O脚、側弯症。どれも骨の位置が正常でないことで起こります。そのため、骨を矯正して治そう...

体幹トレーニングにはダイエット効果がある!?見込めない?

ダイエットしようと心に決めて、体幹トレーニングを始めてみたものの効果をはっきり感じられず諦めてしまう...

体幹トレーニングはメニュー次第で姿勢矯正やダイエットに

姿勢を整えたい、左右のバランスを整え不調を無くしたいといった目的にも体幹トレーニングは取り入れたいも...

いいことだらけ!?体幹トレーニングをするメリットを考察

体幹トレーニングは現在の競技スポーツにおいて必要不可欠となってきましたが、デメリットはないのでしょう...

体幹トレーニングの効果は最低2週間で感じ1か月で周囲も評価

体幹トレーニングは効果が現れるのが遅いです。なぜなら体の奥底にある深層筋に働きかけるからです。...

体幹トレーニングでチューブを使ったメニューの効果の程は?

体幹トレーニングにはたくさんの種類があります。自重で行うメニュー、バランスボール又は器具、ゴムチ...

激しい接触で負けない!体幹トレーニングでバスケ用の体作り

日本にもプロバスケットボールリーグのBリーグが誕生し、バスケ人気が高まっています。そんなバスケを...

肩こりが辛いのはどこの筋肉に原因があるのか。知れば変わる

体幹トレーニングには色々な種類があります。自重でやる場合、バランスボールでやる場合、又はゴムチュ...

ブレないことがすべて!体幹トレーニングで陸上競技の高みへ

陸上競技でタイムを縮める、フィールド競技では記録を伸ばすことがすべてです。それを実現するには...

スポンサーリンク

 本で良く見かける体幹トレーニング法

最近は健康ブームの波が来ており、書店にもエクササイズやヨガ、ストレッチなど身体にまつわる本が多く見られるようになってきました。

その中でも注目されているのが体幹トレーニングの本です。
各スポーツ界の著名人が監修して出版したり、ゴムチューブが付録で付いてるものまでも販売されるようになってきました。

よく見るものとしてはピラーブリッジと言われるものが王道ですかね。
腕立てのような姿勢で手のひらではなく膝とつま先だけで全身を支える姿勢をキープするものです。

簡単そうに見えますが結構キツイです。

ポイントとしては、頭からつま先までが一直線になること、すなわち猫背になったり、逆に腰・背中が反り過ぎてもいけません。

また、しっかりお尻を引き締めるように力を入れ、膝裏を天井に突き出すイメージを持つと、お尻が下がったり膝が少し曲がってしまったりということがなくなるのでキレイな直線になれます。
そして当然お腹にもしっかり力を入れます。
そうしないと効果が減ってしまうどころか腰が反りやすくなり怪我にもつながってしまいます。

体幹トレーニングもリスク管理をした上で安全が第一です。

本当の体幹トレーニング ダイアゴナルフォーリングフラットの流れ

今回はダイアゴナルフォーリングフラットという体幹トレーニング。
主に右の肩甲骨と左の股関節を繋げていく体幹トレーニングを行ってみたいと思います。


まずは四つん這いの姿勢から右手と左足を斜め前と斜め後ろに伸ばしていきましょう。


そこから肘と膝をくっつけて、もう一度伸ばしてから手足を戻します。




今度は左手と右の股関節を伸ばしていきましょう。
一旦肘と膝をくっつけて伸ばして戻します。

ではこの動きを左右10回繰り返してみてください。
是非ご自宅でお試しください。

ダイアゴナルフォーリングフラットのポイント/回数・タイミング

ダイアゴナルフォーリングフラットを行う上でのポイント

気をつけて頂きたいのが、伸ばした足が内側に入りやすくなることです。
内側に入ると効果が半減してしまいます。
伸ばしている腕と対角の位置に足を伸ばせるように気をつけてください。

回数・タイミング

10回3セット。
かなりの運動量ですので、入浴前に行うと良いでしょう。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

右の肩甲骨と左の股関節、左の肩甲骨と右の股関節を対角線でしっかり身体を動かすことによって様々な運動の競技能力を向上させること。

運動強度☆☆☆☆☆

パフォーマンス向上を目的としたアスリート向け

このようなお悩みがある方

  • 姿勢が悪く成績が伸びない方
  • 疲労が溜まりやすい方
  • 対角らせん運動が苦手な方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。
ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.250】本でも定番の体幹トレーニング ダイアゴナルフォーリングフラット

ダイアゴナルフォーリングフラットで活躍を

このストレッチを当たり前のようにできるようになると、あらゆる動きで今まで以上にスピードやパワーが高まります。

すると今までできなかったことができるようになり、さらなる活躍が見込めるでしょう。

しっかりと対角線を意識することを忘れないでください。
これ大事です。