ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

背中のこりには手が届かない!ストレッチするのが最善策だ!

2017.11.10

背中にこりを感じた時、皆さんはどうしていますか?

姿勢を変えてみたり、お風呂に浸かって温めてみたりすることでしょう。
もちろん伸びをしたり、腕を大きく回したりするのも効果的です。

ただ、どうしても効果が長続きせずまた元に戻ってしまうと思いませんか。

それは筋肉の弾力が戻りきっていないからです。
一時的に解れても、また元通りになるだけです。

自分1人ではやりにくい動作、ストレッチ方法はたくさんあります。
あともう少し伸ばせたら気持ち良いのにといったことがあるはずです。

そのあと一歩が筋肉のほぐしの効果に多大に影響します。

自分でできなければ、誰かに助けてもらいましょう。
同じ悩みの方とは痛みや時間を共有しやすいでしょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

悩める腰痛が左側に現れる女性の身体構造と東洋医学的見地

身体は背骨を軸として筋肉や骨格が大体左右対称の構造を成しています。 しかし人それぞれ得意な動作...

肩こりと頭痛は赤ちゃんに無関係?大人だから仕方ない?

肩こりでお悩みの方は大勢いらっしゃいます。 でも唯一赤ちゃんは肩こりにならないのはご存知でしたか?...

腰痛は病院で改善?それとも自力?もう選択で迷うことなし!

「腰が痛い!」と言って病院に駆け込んでくる患者さんに毎日のように出会います。 腰痛と言ってもその病...

下半身痩せのため内転筋や膝裏をストレッチしてリンパを流す

下半身痩せをしようと、いきなり運動を始めても効果は現れにくいものです。 なぜなら下半身太りになるよ...

お年寄りはなぜ姿勢保持ができなくなるのか?理由があった!

私達は地球上で生活していく上で高い姿勢を保持しながら手先を自由に使っていく必要があります。 そして...

下半身ストレッチを効果的にするため柔軟性をチェックが大切

ストレッチをする際、自然の負荷を掛けてさらにストレッチやトレーニング効果を乗せていく場合は色々な姿勢...

水泳でタイムを伸ばす肩甲骨の正しい使い方と可動域拡大方法

手を動かす上でスピードアップやパワーアップをしたい場合、体幹の側面か内側に沿って体幹の近くで動かしま...

バランス感覚は不安定姿勢でトレーニングして獲得。道具不要

人は立っているだけでバランスを取っています。 足の開きが広がれば安定しますが、自分の股の開きの限界...

肩こりが治らない理由。それは腰痛との相互作用のせいかも?

肩こりを感じている方は、肩周りだけ動かしていないといったことは少なく、他の部位もあまり動かしていない...

「腰痛が悪化し過ぎて動けない」なんてことにならないために

腰痛で苦しんでいる方。 突然の腰痛で動けないなんて経験ありますか。 その時、腰に痛みが起きて...

誰でもできる肩こり改善のためのツボ刺激と簡単ストレッチ法

肩こりでお悩みの方は普段どのようなメンテナンスをされていますか? 患部をマッサージで揉み解した...

ランニングが趣味なら走る前に腰痛に効く即効ストレッチ!

『ランニングをしていて腰を痛めてしまった』というご経験はありますか? まだ体力的には走れるのに...

ふくらはぎは第二の心臓!ストレッチでしっかり働く状態へ。

ふくらはぎのストレッチはアキレス腱伸ばしといった方法で昔からやったことある方が多いでしょう。 しか...

正しい姿勢とは一体?部位別に分析するために理想を知る。

姿勢は人生を左右します! ・ご自分の姿勢を見た事はありますか? ・写真を見ると顔が斜めになっ...

あなたの肩こり、本当の原因を把握している?人それぞれ違う

肩こりとは肩周りの筋肉がこり固まることを指します。 ただなぜこり固まるのでしょうか。 原因は...

スポンサーリンク

 ストレッチだけで背中のこりは解消できる?

背中のこりにはストレッチするという方法が実に効果的です。

背中のこりが起こる原因は、姿勢の悪さと運動不足です。
猫背で立っていることが癖になっていたり、仕事がデスクワークなどの場合は同じ姿勢で居続けるので血流が悪くなり筋肉がこるので、背中がこってしまいます。

肩甲骨の周りにある筋肉が張ることが、背中のこりに繋がってしまいます。

そこでストレッチが有効なのです。
毎日空いている時間を活用し、ストレッチをしてみると良いでしょう。

ストレッチの方法ですが、特に肩甲骨をしっかりとほぐせるようにすることが重要なので、肩甲骨を動かすことを意識してみてください。
肩を回したり、上げたり下げたり、背伸びをすることも簡単にできるのでオススメです。

背中がこってきたなと思ったら、是非肩甲骨を重点的にストレッチを行いましょう。
慣れてきたら、ラボ式のストレッチ方法を取り入れてみるとさらに効果的です。

日頃からしっかりと運動することを意識し、ストレッチで肩や背中の筋肉をほぐすことで背中がこりにくくなります。

背中のこりは自分で解すよりストレッチをサポートしてもらおう サイドエルボスライド

今回はサイドエルボスライドという、肩甲骨のストレッチです。
ペアでのストレッチです。

まず椅子に少し浅めに座ってください。
ペアの方は椅子の後ろに足を置いてください。

頭の後ろで手を組みます。
指先をしっかり組んで、手と頭はくっつけず少し隙間を空けます。

そのまま、両手を右側にスライドさせます。
ペアの方は左肘を左手で持って、右手で左肩を持ちます。
この状態で右側にストレッチを加えていきましょう。

今度は逆側でも同様にストレッチをかけていきます。
このストレッチを左右交互に10回動かしてください。

これは肩甲骨を動かすストレッチですが、もちろん1人で行っても効果はあります。
ペアで行うことで更に効果が高まりますので、ぜひペアで行ってみてください。

サイドエルボスライドのポイント/回数・タイミング

サイドエルボスライドを行う上でのポイント

椅子は背もたれが無いものがベストです。
邪魔な場合は背もたれを右か左に向けて、ペアの方の足を乗せやすい向きで使ってください。
ペアの方の膝を背中の中心に軽く当てながら行うと軸を保ちやすいです。

回数・タイミング

10回1セット。
3セットを交代しながら行うと、お互い気持ちよく楽しく伸ばせます。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

背中、肩甲骨のストレッチ。
肩甲骨可動域の確保、拡大。
姿勢改善/矯正。

運動強度☆☆

ペアでストレッチできる方向け。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 肩甲骨の可動域が狭い方
  • 運動不足の方
  • 1人では何事も続かない方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.187】ペアで一緒に背中のこりをスッキリ! サイドエルボスライド

背中のこりを解すのは自分では難解!誰かに助けてもらおう!

背中は自分の手で圧を掛けることができません。
そのため、辛くなってきても放ったらかしにしてしまう人が多いのです。

手が届かなくてもストレッチなら背中を解せます。
そんなストレッチも長続きしない、効果を感じられないのなら、家族やパートナーにサポートしてもらいましょう。
自分では伸ばしきれない位置まで動かしてもらえると、とても気持ち良いものです。
自分が良かったストレッチは是非相手にも同じようにやってあげてください。

 - ストレッチ