ランニング前は下半身ではなく全身ストレッチで体と心を準備

昨今の健康ブームにあやかり、ジョギングやランニングを趣味にしている方も多いのではないでしょうか。

ただ、毎日走れば健康になれるわけではありません。
走る準備をして、また終わった後ケアもして健康の上乗せができていくのです。

着替えて、シューズを履いて、ろくにウォームアップもせず走っていませんか?
それでは、ランニングの良い点だけでなく悪い点も重ねていることになります。
怪我や故障をしたら、今までの積み重ねがすべて台無しになるでしょう。
そうならないためにも、ランニング前後のストレッチは必須です。

そこで今回は、時間がないときでも効率よく全身を温める動的ストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

太腿とお尻の柔軟性バランスは崩れやすい!ストレッチで調節

ウォーキングやジョギング、ランニングをする上で歩幅を広げるためには、股関節から繋がる太腿とお尻周りの...

毎日ストレッチできる?足痩せを願うならやらない理由なし!

足を綺麗に見せたい。そのために足痩せストレッチ、エクササイズをしているという方は多いでしょう。...

腰痛症を引き起こさない為には?誰でも楽な姿勢があるのか?

腰痛になる人はどのような人か?イメージしたことはありますか?普段の生活で家事や仕事、また...

腰痛を改善させる極意とは!それは股関節の使い方にあり!

ご自身の体は思い通りに動かせていますか?仕事やプライベートで階段の上り下りをする機会は普通に...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。また気の流れも滞っている...

肩こりは整形外科に行けば悩まなくなる?それとも自主解決?

肩こりは国民病と言われるほど、多くの人が悩まされているようですが、病院に行くほどの痛みや不具合が少な...

腹斜筋と股関節の連動強化でスピードアップするストレッチ

陸上競技において体幹を捻る動きは様々な種目で使います。背骨は頚椎から始まり腰椎まで繋がってい...

冬に腰が痛いときストレッチの効果は!冬こそ体を動かそう!

冬になると神経痛・関節痛・腰痛の症状が悪化する人は少なくありません。冬の寒さにより血行が悪くなり...

水泳でタイムを伸ばす肩甲骨の正しい使い方と可動域拡大方法

手を動かす上でスピードアップやパワーアップをしたい場合、体幹の側面か内側に沿って体幹の近くで動かしま...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。そんなときの腰...

肩こりは薬に頼らずに解消すべし!ストレッチが薬になる!

肩が凝ったときにどのような対処をされていますか?運動やマッサージをする時間がない方は薬で改善され...

肩こりは単なる運動不足。まずは動的ストレッチでサビ落とし

何か定期的に運動をしている方はどれくらいいるのでしょうか。月に数回、週に1回、週に3~4回。...

デスクワークで起きる背中の痛みは1時間に1回のストレッチ!

デスクワークがメインの職種だと、午後には肩から腰まで背中全体に疲労やコリを感じることでしょう。...

肩こり解消のポイント!脇や鎖骨のリンパをしっかり流すこと

私たちの体、細胞が元気になるのは代謝がスムーズにされることが必要です。そのために必要なものは酸素...

女性のための腰痛対策。冷えも合わせて解消!もう悩まない!

物を拾おうとした時、突然腰に激痛が走ったことはありませんか?特に女性の方、急な腰痛を経験した人は...

スポンサーリンク

ランニング前の全身ストレッチ

健康のためにランニングをしている人も多いと思いますが、ランニング前のストレッチしていますか?

身一つで始められる簡単な運動なので、ついそのまま走りに行ってしまいそうですが、ちょっと待ってください。
スポーツ全般、始める間に身体の筋肉をしっかり解すことが大切です。
筋肉が硬いままランニングを始めると、咄嗟のアクシデントに身体がついて行けず怪我や骨折の原因になってしまうからです。

そんな目に遭わないためにもランニングの前には、下半身だけでなく全身の筋肉を解すためにストレッチを行いましょう。

【ストレッチの目的と効果】
・筋肉が解れる
筋肉は意識的にストレッチしてあげないと、直ぐに固まってしまいます。
ストレッチすることで、筋肉が目覚めますのでしっかりランニング前に起こしてあげましょう。

・体温が上がる
軽くストレッチするだけで、筋肉がしっかり動くので体温が上昇します。

・運動パフォーマンスを上げる
ランニング前に全身をストレッチすることで、身体の可動域が広がりパフォーマンスが上がります。

・代謝がアップ
運動の可動域が広がると言うことは、それだけ大きく身体を動かすことができるので脂肪燃焼効果が高まり代謝がアップします。

・心と身体、両方の準備が整う
全身をストレッチすることは、身体だけでなく心の準備も整うので気持ちが軽くなってランニング効果を高めてくれます。

このような効果がありますので、ランニング前にはしっかり全身のストレッチを行ってからスタートしましょう。

全身が温まるストレッチ スケアクローver2の流れ

今回はスケアクローバージョン2という、ランニング前に行いたいストレッチです。
主にハムストリングス、ふくらはぎをストレッチしていきます。
リズムよく行うことで心拍数も上がりますので、ウォーミングアップとしてぜひ活用してください。
229a
まず足を肩幅に広げて、手を真横に広げてください。
229b
そこから、左足を右手の指先に届くように振り上げます。
229c
次は反対に右足を左手の指先につけていきます。
この運動を左右交互に10回行ってください。
足を上げたときに踵を突き出し、つま先を天井に向けることによって、ふくらはぎのストレッチが入りやすくなってきます。
また足をつけて戻すときに、元の位置に戻すように注意してください。

このストレッチはランニング前に行うことで心拍数が上がりますので、ウォーミングアップの効果が高いです。
ぜひ走り出す前にお試しください。

スケアクローver2のポイント/回数・タイミング

スケアクローver2を行う上でのポイント

姿勢を意識して行いましょう。
猫背にならないように、膝はなるべく伸ばすようにすると効果的です。
リズム感が大切です。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

ランニング前のウォーミングアップ。
関節可動域拡大。
全身連鎖向上。

運動強度☆☆☆☆

運動習慣がある方向け。

このようなお悩みがある方

  • ジョギング、ランニング前に静的ストレッチしかしていない方
  • 最初から速いペースで走りたい方
  • 疲労が溜まりやすい方
  • 走行フォームが不安定な方
  • 体温が低めの方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.186】スケアクローver2で全身を一気に覚醒させる!

 全身満遍なくやるより1種目でたくさん連動させたほうが時間短縮

念入りにウォーミングアップする時間が取れれば、全身くまなくストレッチしてランニングに臨みたいものですが、時間が少ない場合もあるでしょう。

そのためすぐ走り始めるには、ストレッチ種目を絞り込まなければなりません。

そんな時は、なるべく全身連鎖の動的ストレッチがオススメです。
体の隅々まで血液が循環させることができます。

走るための準備とは、冷えて固まっている筋肉を目覚めさせること。
全身を大きく使うとすぐに体は温まります。
是非お試しください。