ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

ランニング前は下半身ではなく全身ストレッチで体と心を準備

2017.11.10

昨今の健康ブームにあやかり、ジョギングやランニングを趣味にしている方も多いのではないでしょうか。

ただ、毎日走れば健康になれるわけではありません。
走る準備をして、また終わった後ケアもして健康の上乗せができていくのです。

着替えて、シューズを履いて、ろくにウォームアップもせず走っていませんか?
それでは、ランニングの良い点だけでなく悪い点も重ねていることになります。
怪我や故障をしたら、今までの積み重ねがすべて台無しになるでしょう。
そうならないためにも、ランニング前後のストレッチは必須です。

そこで今回は、時間がないときでも効率よく全身を温める動的ストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩こりを放っておくと吐き気を引き起こす!そうなる前に

人により肩こりの感じ方は色々あると思います。 私の場合慣れないデスクワークをする際に無意識に肩に力...

足のむくみ解消には指先までしっかりストレッチを欠かさない

足のむくみに悩まされる方多いでしょう。 特に寒くなってくる、秋から冬にかけてのシーズンはさらに増え...

姿勢を良くする筋肉は大腰筋!この筋肉の使い方が鍵を握る!

私たちの身体は姿勢良く過ごすことで快適に動け、そして疲れにくくもなります。 そんな姿勢を保って...

姿勢が良いだけで痩せて見える!さらに痩せる効果も見込める

姿勢が良い人、悪い人。 どこが違うのでしょうか。 同じような身長、体重、体格でも、姿勢の良し悪し...

肩こりで多くの方が悩まれている。まずは肩甲骨に意識を集中

肩甲骨を意識して大きく動かせる人はどれだけいるのでしょうか。 もしかしたら、肩甲骨がどのようなもの...

ストレッチでおしりを最高の弾力に保つとランニングが楽に!

おしりのストレッチがどうして大切か知っていますか? 普段から運動をしている方は、間違いなく取り...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。 そんなときの腰...

不調の原因は膝下O脚にあるかも!?ストレッチで不調脱却!

股下、膝下のO脚が中々改善されないという方をよく耳にします。 O脚を改善したいけど、どうすれば...

背中の筋肉をストレッチするなら肩甲骨を満遍なく動かそう!

背中の筋肉が硬く重だるいからとマッサージをしてもらってもあまり効果を感じない、という方が最近多いよう...

女性のための腰痛改善方法 それは運動療法がポイント!

女性特有の腰痛があるのはご存知でしたか? 構造的に苦手な動きが実は女性の方にはあります。 そ...

肩が痛いときは前腕をストレッチする!肩以外が鍵となる!

肩が痛いとどのような症状が起きるでしょうか? 指先の感覚が鈍い、肩がチクチクと痛い、腕がダルくて重...

股関節と体幹を連動させるストレッチで柔軟性とバランス獲得

二足で歩く、走るという動きは人間が生活する上で基礎となる動きの1つです。 その中で歩く、走る動...

いますぐチェックしよう!本当に姿勢がいい人とはこんな人!

姿勢がいい、悪いはもしかしたら人種によって違いがあるかもしれません。 農作業と狩猟、明らかに姿...

肩こりが痛いのは即解消!ラボ式のD1ストレッチが効果的!

肩関節を上から覆うようについている三角筋。 前部は、肩関節を屈曲したり肩関節を内旋します。 中部...

肩こりを放っておくと頭痛や吐き気に見舞われる!そんな時は

肩こりというのは厄介なもので、頭に近いところで痛みが起こるためにイライラが積もります。 下に頭...

スポンサーリンク

ランニング前の全身ストレッチ

健康のためにランニングをしている人も多いと思いますが、ランニング前のストレッチしていますか?

身一つで始められる簡単な運動なので、ついそのまま走りに行ってしまいそうですが、ちょっと待ってください。
スポーツ全般、始める間に身体の筋肉をしっかり解すことが大切です。
筋肉が硬いままランニングを始めると、咄嗟のアクシデントに身体がついて行けず怪我や骨折の原因になってしまうからです。

そんな目に遭わないためにもランニングの前には、下半身だけでなく全身の筋肉を解すためにストレッチを行いましょう。

【ストレッチの目的と効果】
・筋肉が解れる
筋肉は意識的にストレッチしてあげないと、直ぐに固まってしまいます。
ストレッチすることで、筋肉が目覚めますのでしっかりランニング前に起こしてあげましょう。

・体温が上がる
軽くストレッチするだけで、筋肉がしっかり動くので体温が上昇します。

・運動パフォーマンスを上げる
ランニング前に全身をストレッチすることで、身体の可動域が広がりパフォーマンスが上がります。

・代謝がアップ
運動の可動域が広がると言うことは、それだけ大きく身体を動かすことができるので脂肪燃焼効果が高まり代謝がアップします。

・心と身体、両方の準備が整う
全身をストレッチすることは、身体だけでなく心の準備も整うので気持ちが軽くなってランニング効果を高めてくれます。

このような効果がありますので、ランニング前にはしっかり全身のストレッチを行ってからスタートしましょう。

全身が温まるストレッチ スケアクローver2の流れ

今回はスケアクローバージョン2という、ランニング前に行いたいストレッチです。
主にハムストリングス、ふくらはぎをストレッチしていきます。
リズムよく行うことで心拍数も上がりますので、ウォーミングアップとしてぜひ活用してください。
229a
まず足を肩幅に広げて、手を真横に広げてください。
229b
そこから、左足を右手の指先に届くように振り上げます。
229c
次は反対に右足を左手の指先につけていきます。
この運動を左右交互に10回行ってください。
足を上げたときに踵を突き出し、つま先を天井に向けることによって、ふくらはぎのストレッチが入りやすくなってきます。
また足をつけて戻すときに、元の位置に戻すように注意してください。

このストレッチはランニング前に行うことで心拍数が上がりますので、ウォーミングアップの効果が高いです。
ぜひ走り出す前にお試しください。

スケアクローver2のポイント/回数・タイミング

スケアクローver2を行う上でのポイント

姿勢を意識して行いましょう。
猫背にならないように、膝はなるべく伸ばすようにすると効果的です。
リズム感が大切です。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

ランニング前のウォーミングアップ。
関節可動域拡大。
全身連鎖向上。

運動強度☆☆☆☆

運動習慣がある方向け。

このようなお悩みがある方

  • ジョギング、ランニング前に静的ストレッチしかしていない方
  • 最初から速いペースで走りたい方
  • 疲労が溜まりやすい方
  • 走行フォームが不安定な方
  • 体温が低めの方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.186】スケアクローver2で全身を一気に覚醒させる!

 全身満遍なくやるより1種目でたくさん連動させたほうが時間短縮

念入りにウォーミングアップする時間が取れれば、全身くまなくストレッチしてランニングに臨みたいものですが、時間が少ない場合もあるでしょう。

そのためすぐ走り始めるには、ストレッチ種目を絞り込まなければなりません。

そんな時は、なるべく全身連鎖の動的ストレッチがオススメです。
体の隅々まで血液が循環させることができます。

走るための準備とは、冷えて固まっている筋肉を目覚めさせること。
全身を大きく使うとすぐに体は温まります。
是非お試しください。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ