手首に柔軟性は必要なのか?左右差や硬さのせいで怪我する?

手首の柔軟性の左右の違いは、両手を使うスポーツにおいて、例えばボールを使う競技だとボールコントロールを失うことになります。

しかし左右を同じ可動域にしておくことでそれを防ぐことができます。

肘や指に比べ手首は様々な動きをしてくれます。
だからこそ利用頻度が高い関節の1つとなります。
そして左右の関節可動域の違いから怪我を引き起こしやすくなります。
結局ボールを両手で受け取る場合は、手首の硬い方の衝撃が大きくなるということです。

今回紹介するストレッチは、手首の様々な動きを両手を使って交互に行う事で、柔軟性アップと左右のの可動域のバランスを整えます。
両手のバランスが悪い競技者には強くオススメします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。ですが決して病気ではありません。筋肉...

腰痛と腹痛の関係性。腰痛になるような姿勢はお腹を圧迫する

腰が痛いし、お腹も痛くて辛い!こんな時、どんな対処をするべきなのでしょう。皆さん最近の行...

ふくらはぎは第二の心臓!ストレッチでしっかり働く状態へ。

ふくらはぎのストレッチはアキレス腱伸ばしといった方法で昔からやったことある方が多いでしょう。しか...

冬には冬の腰痛がある!起こりやすい腰痛の原因はコレだ!

冬は最も気温が下がりやすく身体が冷えやすい季節です。身体が冷えると骨盤周辺の骨で仙骨という骨の動...

下半身連動ストレッチで股関節を大きく動かし膝の負担を軽減

膝だけを曲げ伸ばしする機会はあまりないはずです。対して膝と同時に股関節や足関節を曲げ伸ばすことは...

つらい肩こりに効く体操!だれでも簡単と思える1つの方法

肩こりは今では国民病と言われています。肩こりは肩だけではなくそれ以外の筋肉にも深い関係性があ...

足の指を自由に動かせますか?ダメなら簡単ストレッチを実践

スポーツの場面だけでなく、つまずいて足首を捻挫することがあります。足首は捻挫の度合いにもよります...

姿勢を正す鍵は2つの肩甲骨にあり!どれだけ動かせますか?

人間の美しさは姿勢から始まります。そして正しい姿勢で生活を送ることによって健康や美容、さらにはダ...

腰痛を改善させる極意とは!それは股関節の使い方にあり!

ご自身の体は思い通りに動かせていますか?仕事やプライベートで階段の上り下りをする機会は普通に...

肩こりも腰痛も短期間で起きない。長期間何していましたか?

肩こりも腰痛も病気ではありません。慢性的にだるい、重いと感じる症状は血行不良による筋疲労、硬直が...

内転筋を鍛える方法。マットの上にうつ伏せに寝ながらできる

運動においてトレーニングをするということは、そこに負荷をかけて刺激を受けて動くことです。重たいも...

O脚やX脚を改善しよう!姿勢を良くする内転筋群の役目とは?

姿勢の良い人は腹筋と背筋がしっかりしている。というのは良く聞くと思います。しかし、やみくもに腹筋...

肩が痛いときは前腕をストレッチする!肩以外が鍵となる!

肩が痛いとどのような症状が起きるでしょうか?指先の感覚が鈍い、肩がチクチクと痛い、腕がダルくて重...

背中の筋肉をストレッチするなら肩甲骨を満遍なく動かそう!

背中の筋肉が硬く重だるいからとマッサージをしてもらってもあまり効果を感じない、という方が最近多いよう...

股関節の痛みを解消するための正常可動域ストレッチをすべき

股関節に痛みを感じてしまうのは、運動のしすぎでしょうか。それとも運動不足でしょうか。原因...

スポンサーリンク

手首の柔軟性を左右で確かめよう

チェック方法

  1. 四つ足の状態になります。
  2. 手のひらを下にして指先を前にして置きます。
  3. 左右それぞれ同時に外側へ向かって手首を回す様に90度、180度置き直します。

判定
左右の柔軟性に違いを感じ、動きにくく手首に刺激がより入っている方が硬くなっていて怪我を起こしやすくなっています。
手首は力を抜くと手の甲が下に親指が内側へ回りながら下がっていくようになっています。
そのためその反対の動きは元々行きにくい方向なのです。

手首の柔軟性には硬くなりやすい方向がある

先程お話したように、手首は脱力状態では手の甲が下に親指が内側へ回ります。
つまりその反対の手のひらを下に親指を外側に向ける動きは、構造上元々やりにくい方向なのです。

だからこそバランスをとる必要があります。
左右バランスが悪く柔軟性の違いが腱鞘炎のような手首の怪我や、突き指などを引き起こしやすい原因の1つとなります。
特に左右別々の動きをする動作で、利き腕を多用する場合は起きる可能性が大きいですね。

また手首が硬くなるとその上下の肘や指にも影響が出てきます。
特に突き指をしやすい状態になるということです。

両手の柔軟性は体幹のバランスも左右する

両手首の柔軟性が上がりバランスが整うということは、一番動く末端の関節ですから血液や神経の流れも安定しやすい環境になるということです。

そのことは肩関節にも影響を及ぼし、さらには体幹部の左右のバランスにも影響します。
その体幹のバランスは結果的に、内臓にも影響を伝えるのです。

反対に考えれば手首の柔軟性バランスの乱れは、内臓の動きを知る上で大切なバロメータともなりうるわけです。

だからこそまずは手首の柔軟性とバランスを整えることは大切だと言えます。

ではその手首の柔軟性とバランスを整えるストレッチのやり方を紹介します。

手首の柔軟性を整える リストターンの流れ

今回はリストターンというバスケットボールやバレーボールなど、両手を使って何かをするような動作のある競技の方向けの手首のストレッチを行います。

立位で肘を曲げて胸の位置で手のひらとひらを合わせて両手を組みます。

その状態から手首をゆっくり右手を伸ばす様(左手は曲げる動作)に大きく動かし、次に同様に左へと回し右左とぐるぐる横八の字(∞)の様に回してください。

右を1回左を1回と合わせて1周として、20周行います。

ずっと同じリズムではなく、少しずつ可動域を広げるように意識するのが大切です。

リストターンのポイント/回数・タイミング

リストターンを行う上でのポイント

捻って伸ばす足は、膝だけでなく足首も伸ばしてください。
90度のままだと、体幹部より大腿四頭筋側にストレッチが掛かってしまいます。
手の指先と足の指先を遠ざけるイメージです。

回数・タイミング

左右10回1セットを基本として1日3セット行ってください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

手首の柔軟性向上。

運動強度☆

いつでもだれでもできます。

このようなお悩みがある方

  • 突き指や腱鞘炎になったことがある方
  • 手首の柔軟性不足を感じている方
  • 体の左右のバランスが崩れていると思う方
  • スナップを使う競技をしている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.101】手首の柔軟性アップのためリストターンでぐるぐる回す

リストターンで柔軟性を高めて手首や指の関節の怪我を改善予防

このストレッチは手をしっかり組み、手首の様々な動きを組み合わせることで可動域がアップし、その結果として手の指の関節まで緩める効果があります。

手首を使わない日頃の生活やスポーツの場面はほとんどありません。
特に両手を同時に使うスポーツのストレッチには向いていますので、試合や練習前の準備運動の1つに取り入れ怪我予防をしながら関節可動域が上がれば、パフォーマンスアップも期待できる様になります。

是非欠かさず続けてください。