ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

手首に柔軟性は必要なのか?左右差や硬さのせいで怪我する?

2017.12.10

手首の柔軟性の左右の違いは、両手を使うスポーツにおいて、例えばボールを使う競技だとボールコントロールを失うことになります。

しかし左右を同じ可動域にしておくことでそれを防ぐことができます。

肘や指に比べ手首は様々な動きをしてくれます。
だからこそ利用頻度が高い関節の1つとなります。
そして左右の関節可動域の違いから怪我を引き起こしやすくなります。
結局ボールを両手で受け取る場合は、手首の硬い方の衝撃が大きくなるということです。

今回紹介するストレッチは、手首の様々な動きを両手を使って交互に行う事で、柔軟性アップと左右のの可動域のバランスを整えます。
両手のバランスが悪い競技者には強くオススメします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

デスクワークで起きる背中の痛みは1時間に1回のストレッチ!

デスクワークがメインの職種だと、午後には肩から腰まで背中全体に疲労やコリを感じることでしょう。 ...

足首が固いと全身も固くなる!ストレッチで緩めて引き締める

足首が固いことで良いことはあるでしょうか。 間違いなく無いに等しいでしょう。 足首が固い...

足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。 ...

足のむくみ解消には指先までしっかりストレッチを欠かさない

足のむくみに悩まされる方多いでしょう。 特に寒くなってくる、秋から冬にかけてのシーズンはさらに増え...

なる前に防ぐ!腰痛が激痛で動けないと生活も仕事もストップ

急性腰痛は突然やってきて、激痛で動けなくなる、立てなくなることもしばしばあります。 しかし突然...

正しい姿勢とは一体?部位別に分析するために理想を知る。

姿勢は人生を左右します! ・ご自分の姿勢を見た事はありますか? ・写真を見ると顔が斜めになっ...

腰痛になる方の共通点。それは不良姿勢での座り方にあり!

皆さん、私たち人間にとって正しい姿勢とはどんなものかご存知ですか? 正しい姿勢と言っても、動作...

姿勢矯正には足底クッションが鍵!足の裏使えてますか?

私達の体は様々な衝撃から身を守るため、生まれながらに備わっている機能があります。 それがクッシ...

バランス感覚は不安定姿勢でトレーニングして獲得。道具不要

人は立っているだけでバランスを取っています。 足の開きが広がれば安定しますが、自分の股の開きの限界...

腰痛が治らないなら股関節を広げてガニ股で腰を落とそう!

腰痛が治らないのは、筋肉のバランスが崩れたままだからかもしれません。 痛みの発する部分の筋肉を...

下半身ストレッチを効果的にするため柔軟性をチェックが大切

ストレッチをする際、自然の負荷を掛けてさらにストレッチやトレーニング効果を乗せていく場合は色々な姿勢...

高齢者でも簡単に即実践できる腰痛体操!高いストレッチ効果

高齢者は特に注意してほしいです。 ぎっくり腰とは重たいものを急に持ち上げようとしたりした時や、...

皆悩む腰痛は運動不足による背中の広背筋のサビつきが原因

腰痛になりやすい人はどんな人でしょうか? 腰痛の原因は1つではなく、普段何気なく行っている癖や...

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。 ですが決して病気ではありません。 筋肉...

お尻は筋肉でできている!硬くなる前にストレッチで解そう!

お尻の筋肉は私たちが歩く、走る際に大きく働く部位です。 お尻は座る際のクッションの役目であるの...

スポンサーリンク

手首の柔軟性を左右で確かめよう

チェック方法

  1. 四つ足の状態になります。
  2. 手のひらを下にして指先を前にして置きます。
  3. 左右それぞれ同時に外側へ向かって手首を回す様に90度、180度置き直します。

判定
左右の柔軟性に違いを感じ、動きにくく手首に刺激がより入っている方が硬くなっていて怪我を起こしやすくなっています。
手首は力を抜くと手の甲が下に親指が内側へ回りながら下がっていくようになっています。
そのためその反対の動きは元々行きにくい方向なのです。

手首の柔軟性には硬くなりやすい方向がある

先程お話したように、手首は脱力状態では手の甲が下に親指が内側へ回ります。
つまりその反対の手のひらを下に親指を外側に向ける動きは、構造上元々やりにくい方向なのです。

だからこそバランスをとる必要があります。
左右バランスが悪く柔軟性の違いが腱鞘炎のような手首の怪我や、突き指などを引き起こしやすい原因の1つとなります。
特に左右別々の動きをする動作で、利き腕を多用する場合は起きる可能性が大きいですね。

また手首が硬くなるとその上下の肘や指にも影響が出てきます。
特に突き指をしやすい状態になるということです。

両手の柔軟性は体幹のバランスも左右する

両手首の柔軟性が上がりバランスが整うということは、一番動く末端の関節ですから血液や神経の流れも安定しやすい環境になるということです。

そのことは肩関節にも影響を及ぼし、さらには体幹部の左右のバランスにも影響します。
その体幹のバランスは結果的に、内臓にも影響を伝えるのです。

反対に考えれば手首の柔軟性バランスの乱れは、内臓の動きを知る上で大切なバロメータともなりうるわけです。

だからこそまずは手首の柔軟性とバランスを整えることは大切だと言えます。

ではその手首の柔軟性とバランスを整えるストレッチのやり方を紹介します。

手首の柔軟性を整える リストターンの流れ

今回はリストターンというバスケットボールやバレーボールなど、両手を使って何かをするような動作のある競技の方向けの手首のストレッチを行います。

立位で肘を曲げて胸の位置で手のひらとひらを合わせて両手を組みます。

その状態から手首をゆっくり右手を伸ばす様(左手は曲げる動作)に大きく動かし、次に同様に左へと回し右左とぐるぐる横八の字(∞)の様に回してください。

右を1回左を1回と合わせて1周として、20周行います。

ずっと同じリズムではなく、少しずつ可動域を広げるように意識するのが大切です。

リストターンのポイント/回数・タイミング

リストターンを行う上でのポイント

捻って伸ばす足は、膝だけでなく足首も伸ばしてください。
90度のままだと、体幹部より大腿四頭筋側にストレッチが掛かってしまいます。
手の指先と足の指先を遠ざけるイメージです。

回数・タイミング

左右10回1セットを基本として1日3セット行ってください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

手首の柔軟性向上。

運動強度☆

いつでもだれでもできます。

このようなお悩みがある方

  • 突き指や腱鞘炎になったことがある方
  • 手首の柔軟性不足を感じている方
  • 体の左右のバランスが崩れていると思う方
  • スナップを使う競技をしている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.101】手首の柔軟性アップのためリストターンでぐるぐる回す

リストターンで柔軟性を高めて手首や指の関節の怪我を改善予防

このストレッチは手をしっかり組み、手首の様々な動きを組み合わせることで可動域がアップし、その結果として手の指の関節まで緩める効果があります。

手首を使わない日頃の生活やスポーツの場面はほとんどありません。
特に両手を同時に使うスポーツのストレッチには向いていますので、試合や練習前の準備運動の1つに取り入れ怪我予防をしながら関節可動域が上がれば、パフォーマンスアップも期待できる様になります。

是非欠かさず続けてください。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ