ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

1日10回!簡単誰でも効果的なタオルを使った肩こりの治し方

2017.10.19

肩こりは急性症状ではなく、重い、だるいといった慢性的な辛さであることがほとんどです。
その治し方も基本的には血行を良くすることが目的になります。
マッサージやストレッチがそうです。

でもただ肩周りを解そうとしても、正しく理解せずに行うといつまでたっても良くなりません。
筋肉は伸張と収縮によって弾力を保てることを知って、慣れない動作を普段の生活に取り入れていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

下半身ストレッチを効果的にするため柔軟性をチェックが大切

ストレッチをする際、自然の負荷を掛けてさらにストレッチやトレーニング効果を乗せていく場合は色々な姿勢...

突然外出先で腰痛になり動けなくなったときの応急処置方法

突然激しい腰痛で身動きできなくなることがあります。 いわゆるぎっくり腰です。 そんな時は痛み...

肩こりの秋!?季節の変わり目に起きる肩こりの原因とは?

パソコンやスマホの普及によって、肩こりは現代病になったといっても過言ではありません。 肩がこると腕...

女性のための腰痛対策。冷えも合わせて解消!もう悩まない!

物を拾おうとした時、突然腰に激痛が走ったことはありませんか? 特に女性の方、急な腰痛を経験した人は...

お尻は筋肉でできている!硬くなる前にストレッチで解そう!

お尻の筋肉は私たちが歩く、走る際に大きく働く部位です。 お尻は座る際のクッションの役目であるの...

デスクワークで起きる背中の痛みは1時間に1回のストレッチ!

デスクワークがメインの職種だと、午後には肩から腰まで背中全体に疲労やコリを感じることでしょう。 ...

足首が固いと全身も固くなる!ストレッチで緩めて引き締める

足首が固いことで良いことはあるでしょうか。 間違いなく無いに等しいでしょう。 足首が固い...

数多ある腰痛の対処法。どれがベストな選択か知ってる?

腰痛が起きた時に皆さんはどのような対処をしますか? 今回はその対処方法についていくつか説明していき...

姿勢を直すのは他力本願!?それは楽だが最後は自力が必要!

姿勢を直すには、正しい姿勢を知る必要があります。 それを教わるために整体やカイロプラクティック...

お年寄りはなぜ姿勢保持ができなくなるのか?理由があった!

私達は地球上で生活していく上で高い姿勢を保持しながら手先を自由に使っていく必要があります。 そして...

姿勢を正す鍵は2つの肩甲骨にあり!どれだけ動かせますか?

人間の美しさは姿勢から始まります。 そして正しい姿勢で生活を送ることによって健康や美容、さらにはダ...

腰痛は内臓の病気が引き金になることがある!自己判断は危険

腰痛予防のためにやっているストレッチなのに、効果をあまり感じられないという方いませんか? 腰痛...

肩こりからくる頭痛知ってる?そこには密接な関係があった!

座りっぱなしが続く受験勉強中の学生や事務職、パソコン作業をする社会人は肩こりになっても仕方ありません...

腰痛の原因は股関節周りの筋肉群にアリ!弾力を取り戻せ!

腰痛は筋肉、神経の異常から発症しやすい症状になります。 そんな腰痛は痛みが続く期間によって『急性腰...

眠いと体が動かない!すると肩こりやさらなる眠気に襲われる

眠気があるのは、睡眠時間が足りていない、睡眠の質が悪いのが原因です。 そんな生活を続けては、体...

スポンサーリンク

どれが一番?肩こりの効果的な治し方

肩こりの一番の要因は、肩の筋肉が疲れる、血行が悪くなる、筋肉が硬くなるの悪循環による筋肉疲労です。
これに姿勢、ストレス、合わないメガネなども要因になります。
これを治すには、筋肉、骨格、姿勢などバランスよく改善することが大切です。

では、肩こりの実際の治し方はどうしたらよいでしょう。
(1)マッサージ
硬くなった筋肉をマッサージして柔らかくし、血行を良くします。
一時的には効果がありますが、原因そのものの解決にはなりません。

(2)首の筋力を強化
簡単にできる体操を習慣として、首の筋肉を強化していきます。

(3)肩を冷・温
急性の肩こりには、冷たいタオル、慢性の肩こりには、蒸しタオルで温めることにより血行をよくします。

(4)市販の薬を活用
急性で痛みの強い肩こりには冷感タイプの湿布薬を、慢性の肩こりには、温めることで血行をよくする温感タイプの湿布薬を使用します。

(5)日常生活の改善
PCなど同じ姿勢を長時間とらない、ストレスを溜めない、入浴で血行をよくする、枕の高さを工夫するなどします。

(6)市販商品を活用
肩を温める商品の活用、姿勢を治したりこりを防ぐ商品を活用します。

(7)専門の治療
はり、マッサージ、ストレッチ、筋トレ、投薬など専門院や病院で治療すること。

普段やらない動きをすることが肩こりの治し方 プルエルボー

今回はプルエルボーという、肩こり改善のストレッチ、主に僧帽筋と広背筋のエクササイズするストレッチです。

足を肩幅くらいに開いて、タオルを肩幅と同じくらいの幅に広げて、後ろで持ちます。

そこで一度両肘を伸ばして、肩甲骨を後ろに寄せてください。

そこから膝を曲げずに、前屈みにした状態で、両肘を曲げていきましょう。
その時肩甲骨がしっかり寄って、ストレッチが肩甲骨周りにかかっている状態を確認してください。
この状態で10秒間、肩甲骨をしっかり寄せた状態をキープできたら戻します。

戻して立った状態でも、肩甲骨がしっかり寄った状態をキープしましょう。
この曲げ伸ばしを10回行ってください。
股関節の曲がる角度、肘の曲がる角度はご自身で曲げられる範囲内を目安に行ってください。

肩甲骨が寄っている状態が非常に長く続きますので、それだけで肩こりの改善に効果的です。

プルエルボーのポイント/回数・タイミング

プルエルボーを行う上でのポイント

タオルが緩まないように適度なテンションを保ってください。
なるべく視線は遠くに置いて背骨の軸を保ちましょう。
肩甲骨を寄せ続けることが最も大切です。

回数・タイミング

1日10秒キープと10回反復を朝・昼・晩と3セットすると肩甲骨周りがほぐれやすいです。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

肩こり解消・予防。
肩甲骨可動域拡大。

運動強度☆☆

慣れない動きのため、やり慣れないと難しいです。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • お腹ぽっこりでお悩みの方
  • 二の腕のたるみが気になる方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.131】肩こりの治し方で迷ったらこれをやってみよう プルエルボー

肩こり解消策は毎日いろいろな方向へ肩肘を動かすこと

どうしても日常動作は同じことを繰り返すため、やらない方向が出てきます。
すると使われない筋肉は弱く固まり、使いっぱなしの筋肉は疲弊します。
その結果が肩こりになるというわけです。

普段やらないような動作を1日たった10回やるだけでも違います。
それこそがストレッチの目的だと言えるでしょう。

 - ストレッチ