1日10回!簡単誰でも効果的なタオルを使った肩こりの治し方

肩こりは急性症状ではなく、重い、だるいといった慢性的な辛さであることがほとんどです。
その治し方も基本的には血行を良くすることが目的になります。
マッサージやストレッチがそうです。

でもただ肩周りを解そうとしても、正しく理解せずに行うといつまでたっても良くなりません。
筋肉は伸張と収縮によって弾力を保てることを知って、慣れない動作を普段の生活に取り入れていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩こりが引き起こす頭痛は薬で応急処置。その後の対処が大事

肩こりがひどい、さらに頭痛を伴うと、家事や勉強、仕事に集中できなくなりますよね。そうなっては、何...

腰痛の原因は腎臓にあり!?腎臓と骨盤に密接な関係性が!

腰痛は筋肉疲労から起こるものと思われがちですが、それだけではないのはご存知ですか。筋肉疲労の他に...

腰痛は骨盤の歪みから生じる!あぐらをかけない方は要注意!

すぐぶり返ししまう腰痛はどうしたら良くなるのかな~とお悩みの方が少なくありません。腰痛になる...

腰痛に効くストレッチをやる前に。現状把握が必要です!

いい状態をキープするにはまず自分を知ることからです。自分の身体能力を客観的に測って弱い部分を...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。そんなときの腰...

股関節と体幹を連動させるストレッチで柔軟性とバランス獲得

二足で歩く、走るという動きは人間が生活する上で基礎となる動きの1つです。その中で歩く、走る動...

足の指を自由に動かせますか?ダメなら簡単ストレッチを実践

スポーツの場面だけでなく、つまずいて足首を捻挫することがあります。足首は捻挫の度合いにもよります...

肩こり解消は温める?冷やす?それより引き下げるのが正解!

肩こりが起きたときに皆さんはどのような対処をされていますか?肩周りを温めると痛みが楽になると思わ...

肩こりがみるみる解消!効果倍増簡単継続ストレッチ!

肩こりは最近では「日本の国民病」と呼ばれることもあるほど、男女とも悩まされている人がたくさんいます。...

肩甲骨が柔軟に動かないと呼吸が苦しいことで酸素不足に陥る

呼吸をする上で大切なことは、肺臓の周りの内外の筋肉を柔軟にすることです。すると一度にたくさんの空...

肩甲骨の痛みは全身へと波及する!ストレッチではがし解そう

『肩が痛い』『肩が重たい』『肩が上がらない』『肩甲骨が痛い』といった肩の不調を感じる方が後を絶たない...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。また気の流れも滞っている...

足のむくみ解消には指先までしっかりストレッチを欠かさない

足のむくみに悩まされる方多いでしょう。特に寒くなってくる、秋から冬にかけてのシーズンはさらに増え...

足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。...

ひどい肩こりなら注射を打ちますか?それとも何かしますか?

肩こりでお悩みの方に、色々な対処法が世に広まっていると思います。その中でも肩こりを緩和する為...

スポンサーリンク

どれが一番?肩こりの効果的な治し方

肩こりの一番の要因は、肩の筋肉が疲れる、血行が悪くなる、筋肉が硬くなるの悪循環による筋肉疲労です。
これに姿勢、ストレス、合わないメガネなども要因になります。
これを治すには、筋肉、骨格、姿勢などバランスよく改善することが大切です。

では、肩こりの実際の治し方はどうしたらよいでしょう。
(1)マッサージ
硬くなった筋肉をマッサージして柔らかくし、血行を良くします。
一時的には効果がありますが、原因そのものの解決にはなりません。

(2)首の筋力を強化
簡単にできる体操を習慣として、首の筋肉を強化していきます。

(3)肩を冷・温
急性の肩こりには、冷たいタオル、慢性の肩こりには、蒸しタオルで温めることにより血行をよくします。

(4)市販の薬を活用
急性で痛みの強い肩こりには冷感タイプの湿布薬を、慢性の肩こりには、温めることで血行をよくする温感タイプの湿布薬を使用します。

(5)日常生活の改善
PCなど同じ姿勢を長時間とらない、ストレスを溜めない、入浴で血行をよくする、枕の高さを工夫するなどします。

(6)市販商品を活用
肩を温める商品の活用、姿勢を治したりこりを防ぐ商品を活用します。

(7)専門の治療
はり、マッサージ、ストレッチ、筋トレ、投薬など専門院や病院で治療すること。

普段やらない動きをすることが肩こりの治し方 プルエルボー

今回はプルエルボーという、肩こり改善のストレッチ、主に僧帽筋と広背筋のエクササイズするストレッチです。

足を肩幅くらいに開いて、タオルを肩幅と同じくらいの幅に広げて、後ろで持ちます。

そこで一度両肘を伸ばして、肩甲骨を後ろに寄せてください。

そこから膝を曲げずに、前屈みにした状態で、両肘を曲げていきましょう。
その時肩甲骨がしっかり寄って、ストレッチが肩甲骨周りにかかっている状態を確認してください。
この状態で10秒間、肩甲骨をしっかり寄せた状態をキープできたら戻します。

戻して立った状態でも、肩甲骨がしっかり寄った状態をキープしましょう。
この曲げ伸ばしを10回行ってください。
股関節の曲がる角度、肘の曲がる角度はご自身で曲げられる範囲内を目安に行ってください。

肩甲骨が寄っている状態が非常に長く続きますので、それだけで肩こりの改善に効果的です。

プルエルボーのポイント/回数・タイミング

プルエルボーを行う上でのポイント

タオルが緩まないように適度なテンションを保ってください。
なるべく視線は遠くに置いて背骨の軸を保ちましょう。
肩甲骨を寄せ続けることが最も大切です。

回数・タイミング

1日10秒キープと10回反復を朝・昼・晩と3セットすると肩甲骨周りがほぐれやすいです。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

肩こり解消・予防。
肩甲骨可動域拡大。

運動強度☆☆

慣れない動きのため、やり慣れないと難しいです。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • お腹ぽっこりでお悩みの方
  • 二の腕のたるみが気になる方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.131】肩こりの治し方で迷ったらこれをやってみよう プルエルボー

肩こり解消策は毎日いろいろな方向へ肩肘を動かすこと

どうしても日常動作は同じことを繰り返すため、やらない方向が出てきます。
すると使われない筋肉は弱く固まり、使いっぱなしの筋肉は疲弊します。
その結果が肩こりになるというわけです。

普段やらないような動作を1日たった10回やるだけでも違います。
それこそがストレッチの目的だと言えるでしょう。