ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

足首が固いと全身も固くなる!ストレッチで緩めて引き締める

2017.11.5

足首が固いことで良いことはあるでしょうか。

間違いなく無いに等しいでしょう。

足首が固いとランニングで怪我しやすく、また疲労が溜まりやすくなります。
そして運動をしないような方だと、足先の冷えやむくみで悩まされるでしょう。

足首は歩く、走るために必要不可欠な役割があり、また経絡が密集している部位でもあるため女性は特に大切にしたいところです。

足首を普段あまり意識して使っていない方は、最後まで読んで足首について考え直してください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩こりの秋!?季節の変わり目に起きる肩こりの原因とは?

パソコンやスマホの普及によって、肩こりは現代病になったといっても過言ではありません。 肩がこると腕...

姿勢美人。たったコレだけでなれる?なりたい方必見です!

皆さんは姿勢美人ですか? それとも姿勢ブサイクですか? そもそもこんな言葉はありませんが、姿勢美...

腰痛でお悩みの方。痛みがなく楽な姿勢こそ正しい姿勢なの?

腰痛の症状でお悩みの方は、普段はどのような姿勢でいますか? そもそも姿勢を意識して生活をされていま...

若いうちから習慣に!腰痛予防ストレッチは寝る前ルーティン

女性は太ももの太さを気にされている方が多いですね。 最近は男性の方でも太ももを細くしたいという方が...

腰痛と吐き気。春に起こる理由があった!精神的に変化あり。

春は一年の季節の始まりです。 季節の変わり目で、イライラしたり、体調を崩したりしやすい時期でもあり...

肩こりで多くの方が悩まれている。まずは肩甲骨に意識を集中

肩甲骨を意識して大きく動かせる人はどれだけいるのでしょうか。 もしかしたら、肩甲骨がどのようなもの...

肩こりが治らない理由。それは腰痛との相互作用のせいかも?

肩こりを感じている方は、肩周りだけ動かしていないといったことは少なく、他の部位もあまり動かしていない...

腰痛ツボの位置を把握。ストレッチでその経絡の流れを改善!

腰痛のツボはいくつか存在します。 ただほとんどが背中側にあるため、自分でツボを押すこともままなりま...

肘の痛みを我慢すると絶対後悔する!ストレッチで早期対策を

肘の故障は昔と比べて減ってきているのでしょうか。 特に野球のピッチャーには肘の怪我は付き物だと...

バランス感覚は不安定姿勢でトレーニングして獲得。道具不要

人は立っているだけでバランスを取っています。 足の開きが広がれば安定しますが、自分の股の開きの限界...

腰痛は胃の状態を現す写し鏡!?食生活・ストレスが原因に

胃と腰痛の関係性はあまり有名なお話ではありませんが、胃腸が弱くなって腰痛になることは実は良くある話で...

膝裏の痛みの原因は何?ストレッチで解消できることなのか?

普段からしっかり膝を伸ばして、立ったり歩いたりしていますか? 膝は曲げ伸ばしをするのが役割です...

股関節と体幹を連動させるストレッチで柔軟性とバランス獲得

二足で歩く、走るという動きは人間が生活する上で基礎となる動きの1つです。 その中で歩く、走る動...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。 そんなときの腰...

ふくらはぎストレッチをより効果的にする方法!全身連動が鍵

ふくらはぎのストレッチを体重を乗せていけばできますが、上半身何もしないのは勿体無いことです。 ...

スポンサーリンク

固い足首を柔らかくするにはどの筋肉をストレッチ?

足首が固くても普段は気になりませんが、しゃがんだ時や座ろうとする時に思うように足が動かず困ったことはありませんか。

実は足首が固いと身体に不調が起きやすいのです。
イメージしやすいのは建物の免震機能です。
強い体幹でブレを抑えるのが耐震のイメージで、柔軟な足首で揺れを受け流すのが免震のイメージです。
そんな機能を活かすためにも、ストレッチで足首を柔らかくすることが大事です。

まずは足首の前側の筋肉である前脛骨筋のストレッチをしましょう。
正座をし両手を後ろについて膝を浮かし、体重を後ろにかけます。

次に足首の外側の筋肉のストレッチをしましょう。
ここは腓骨筋といいストレッチによって扁平足の矯正も行うことができます。

まずは手すりなどがあればそれを片手で持ち真っ直ぐに立ちます。
そして片足の踵の外側を床につけ、そのまま体重を乗せてください。

次にふくらはぎのストレッチをします。
ふくらはぎのストレッチを行うことにより腓腹筋が伸びます。

壁に両手をつけ真っ直ぐに立ちます。
そして立った状態から片足だけ後ろに引きます。
足は真っ直ぐ後ろに引くようにしてください。
その後ろに引いた足の踵が浮かないように気をつけながら両手に力を入れ、身体を前に踏み込んでいきましょう。

最後にヒラメ筋のストレッチです。
正座をし片膝を立てます。
そして踵が浮かないように気をつけながら体重を前にかけていきましょう。

こうして足首周りを柔らかくすると、足が疲れにくくなる、全身の脱力につながるという利点があります。
身体のためにもしっかりとストレッチをし、足首を柔らかく保つことが大切です。

固い足首はストレッチでさようなら アンクルムーブの流れ

今回はアンクルムーブという、ランニング前にオススメの、主に足首周りのストレッチを行います。

まず足幅を肩幅に開いて、身体を前に倒します。
倒したら足首を掴みましょう。

その状態から、リラックスしたまま、膝を伸ばしていきお尻を上げていきます。
上げられるところまで上げていきましょう。

上げきったら、一度軽く膝を曲げて緩めます。
この曲げ伸ばしを少しリズム良く早めにやってください。

この動作を繰り返し10回リズムよくやってみましょう。

ランニングをしていると、着地の度に足首にかなり負担が掛かってきます。
そのせいで、足首の故障が多くなってしまいますので、このような形で足首ストレッチを行っておくと故障が減らせます。
是非このストレッチを行うようにしてください。

アンクルムーブのポイント/回数・タイミング

アンクルムーブを行う上でのポイント

膝を伸ばすことで、腓腹筋、ヒラメ筋とともにアキレス腱のストレッチが掛かります。
背中が丸々と骨盤が後傾し、ハムストリングスが伸ばされません。
しっかりとお尻を上に向けていきましょう。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

足首ストレッチ。
アキレス腱、腓腹筋、ヒラメ筋が対象。
ランニング前のウォーミングアップ。
ふくらはぎ、足指のむくみや冷えの改善。

運動強度☆☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • 足首が固く可動域が狭い方
  • 足首を怪我した経験がある方
  • 脱力が苦手な方
  • ランニング、ジョギングで疲労が溜まりやすい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.176】アンクルムーブで足首の状態を高めよう

足首は体の中心から遠い関節だがランナーは最重要と認識すべき

ランニングは長時間、足首に負担をかけ続けます。
そのため、足首が固いと足首周りを痛めることはもちろん、膝や股関節まで衝撃が伝わりダメージを負う可能性があります。

一度足首を痛めると癖になりやすいですし、痛めている間は走ることができなくなります。
そうなると、今まで走り込んできた距離が無駄になるかもしれません。
無駄にしないためにも足首ストレッチはとにかく念入りにしてください。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ