ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

慢性腰痛解消は血行促進目的で温める。ストレッチで後押し!

2017.11.4

腰痛は温めると和らぎます。
ただ温めるのを止めたら、冷えると同時にまた現れるのが腰痛です。

つまり冷えと腰痛はセットだと考えましょう。

冷えないためには温めるだけでなく、自力で代謝を促す必要があるはずです。
その方法が入浴後のストレッチだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

女性のための腰痛改善方法 それは運動療法がポイント!

女性特有の腰痛があるのはご存知でしたか? 構造的に苦手な動きが実は女性の方にはあります。 そ...

肩こりも腰痛も短期間で起きない。長期間何していましたか?

肩こりも腰痛も病気ではありません。 慢性的にだるい、重いと感じる症状は血行不良による筋疲労、硬直が...

肩甲骨が柔軟に動かないと呼吸が苦しいことで酸素不足に陥る

呼吸をする上で大切なことは、肺臓の周りの内外の筋肉を柔軟にすることです。 すると一度にたくさんの空...

姿勢美人。たったコレだけでなれる?なりたい方必見です!

皆さんは姿勢美人ですか? それとも姿勢ブサイクですか? そもそもこんな言葉はありませんが、姿勢美...

美脚を目指せ!下肢の中でも硬くなりやすい内転筋ストレッチ

筋肉は大まかに言えば遅筋群、速筋群に分かれています。 持久系の赤色の筋肉が遅筋であり、瞬発系の白色...

女性の腰痛と股関節の関係。男性には分からないつらい症状。

腰痛の原因は体重が重くなったから、筋量がないから、、、。 そんなことを一度は考えてみたことはありま...

毎日ストレッチできる?足痩せを願うならやらない理由なし!

足を綺麗に見せたい。 そのために足痩せストレッチ、エクササイズをしているという方は多いでしょう。 ...

肩こりは単なる運動不足。まずは動的ストレッチでサビ落とし

何か定期的に運動をしている方はどれくらいいるのでしょうか。 月に数回、週に1回、週に3~4回。 ...

あなたの印象が変わる!姿勢の良さは背筋の引き締め方次第!

あなたは姿勢を正せていますか? 背筋は役目を全うしていますか? 姿勢が悪いことは体にとって、...

肩こりがみるみる解消!効果倍増簡単継続ストレッチ!

肩こりは最近では「日本の国民病」と呼ばれることもあるほど、男女とも悩まされている人がたくさんいます。...

立ち姿勢がよくなる秘訣とは?重心と体の各パーツの位置関係

姿勢が悪いと身体にさまざまな不調を来たし、見た目にも関係してきます。 その矯正ポイントとして今...

腰痛に効くストレッチをやる前に。現状把握が必要です!

いい状態をキープするにはまず自分を知ることからです。 自分の身体能力を客観的に測って弱い部分を...

いますぐチェックしよう!本当に姿勢がいい人とはこんな人!

姿勢がいい、悪いはもしかしたら人種によって違いがあるかもしれません。 農作業と狩猟、明らかに姿...

腰痛になる方の共通点。それは不良姿勢での座り方にあり!

皆さん、私たち人間にとって正しい姿勢とはどんなものかご存知ですか? 正しい姿勢と言っても、動作...

どんな姿勢で腰痛を感じる?うつ伏せで感じていたら至急対処

普段の寝相は仰向けですか? うつ伏せですか? それとも横向けですか? このうち、うつ伏せは...

スポンサーリンク

慢性腰痛は温め血行促進し、疲労解消と代謝促進

腰痛を1日の中で一番感じる時は負担を溜め込んだ寝る前が多いのではないでしょうか。

立位で感じる方。
座位で感じる方。
さらには寝転んでも腰痛を感じるかもしれません。

そんな痛みを和らげようと湿布を貼ってみたり、足を枕で高くしたり、ベットと腰の隙間を埋めたりだとか、横向きで寝てみることでしょう。
色々試しその日は腰痛が和らいでも、翌日同じように寝る前に現れるのが慢性腰痛です。

腰痛のせいで睡眠の質が悪くなると、悪循環としか言えません。

まずは冷えないように温めること。
湯たんぽや温めたタオルでもいいですが、やはり入浴がいいでしょう。
そうして入浴で全身を温めたら、その後はストレッチです。
狙いは裏腿のハムストリングスとお尻の臀筋群。
これらが原因で腰痛になっていることがほとんどです。
そしてこの2箇所を伸ばしたら、捻転して腰から上をつなぐ腹斜筋や腰方形筋を伸ばしましょう。

これで翌日の筋肉の状態は変わります。
後は定期的に続けることで慢性腰痛はなくなっていくことでしょう。

温めた後はストレッチで腰痛予防 プローンツイストの流れ

今回はプローンツイストという、腰痛改善のストレッチ、主に腹斜筋、腰方形筋をツイストしてストレッチをかけます。
131a
まずうつ伏せになります。
両手は顎の下に置いて両足は揃えてください。
131b
その状態から両膝を90度曲げましょう
131c
このとき膝が曲がり過ぎると足の方の捻りになってしまいます。
上半身を捻っていきたいので曲げる角度は90度にしてください。
131d
その姿勢から、両膝を右側に脚を揃えたまま倒してください。
131e
その姿勢を10秒間キープしましょう。
131g
その後、左側に足を倒して同じく10秒間姿勢をキープします。

これは初心者の方でも簡単にできるストレッチです。
是非ご自宅で試してください。

プローンツイストのポイント/回数・タイミング

プローンツイストを行う上でのポイント

脚を揃えて骨盤ごと転がすようなイメージです。
上半身が気持ちよく捻転されるようにしてください。

回数・タイミング

左右10秒キープを1セットとして1日3セット行いましょう。
お風呂上がりが効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛改善/予防。
腹斜筋や腰方形筋のストレッチ。
血行改善。

運動強度☆

ストレッチが得意ではない、運動不足な方向け。

このようなお悩みがある方

  • 慢性腰痛で悩んでいる方
  • 運動不足が続いている方
  • 冷えを感じやすい方
  • 猫背になりやすい方
  • デスクワークや運転中心の方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.175】腰痛解消のために温めたあとはプローンツイスト

温めることは腰痛解消、予防には大切。でもそれでは足りない。

腰痛は同じ姿勢を続け緊張を持続させたことが原因であることがほとんどです。
同じ姿勢を続けるのは仕事であれば仕方ないかもしれません。

しかし動かないことで血行が滞り、代謝が停滞します。
すると筋肉は熱を発生せず、冷え固まるのです。
そうなるともう腰痛になって当たり前の体になっています。

大切なことは温めることと動かすこと。

仕事の合間にできればいいですが、それが難しければ自宅でリセット作業を行ってください。
それは入浴とストレッチです。
決して難しいことではないはずです。
腰痛で悩まないためには行動あるのみです。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ