慢性腰痛解消は血行促進目的で温める。ストレッチで後押し!

腰痛は温めると和らぎます。
ただ温めるのを止めたら、冷えると同時にまた現れるのが腰痛です。

つまり冷えと腰痛はセットだと考えましょう。

冷えないためには温めるだけでなく、自力で代謝を促す必要があるはずです。
その方法が入浴後のストレッチだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩こり解消は温める?冷やす?それより引き下げるのが正解!

肩こりが起きたときに皆さんはどのような対処をされていますか?肩周りを温めると痛みが楽になると思わ...

姿勢悪いと能率ダウン。能率も見た目も良くなる座り方キープ

座り姿勢を良くするには、正しい座り方を知る必要があります。重い頭、重い腕をなるべく重心の上に...

肩こりを放っておくと吐き気を引き起こす!そうなる前に

人により肩こりの感じ方は色々あると思います。私の場合慣れないデスクワークをする際に無意識に肩に力...

間違えると危ない!腰痛改善に腹筋を鍛えても駄目な理由

昔から腹筋や背筋が弱っているから腰痛になると言われています。ですから腰痛解消のために長らく腹...

男性でつらい腰痛者は必見!体には効果的なツボが存在する!

男性は女性に比べて肉体労働を職業としている方が非常に多いです。そのため重たいものを運んだり、持っ...

肩こりは単なる運動不足。まずは動的ストレッチでサビ落とし

何か定期的に運動をしている方はどれくらいいるのでしょうか。月に数回、週に1回、週に3~4回。...

ハムストリングスを使えば体は連鎖しあらゆる運動が楽になる

ハムストリングとは太腿の後ろ側の筋肉で、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋を指します。また大内転筋を...

腰痛と下痢、実は関係があった!筋肉と神経、内臓の関わり

時に腰痛で下痢になるという人がいます。腰痛になったから下痢になった、下痢になったから腰痛になった...

肩こりがひどいとさらなる悲劇が!その前に食い止めるべき

肩が凝ってしまうと身体に色々な異常が起こります。肩こりが酷くなると肩のだるさ、気分が悪くなったり...

姿勢を正すこと!それだけで理想の美背中が誰でも手に入る!

肩こりや腰痛で悩まされている方、姿勢が崩れていませんか?姿勢が悪いとさまざまな不調に見舞われてし...

水泳でタイムを伸ばす肩甲骨の正しい使い方と可動域拡大方法

手を動かす上でスピードアップやパワーアップをしたい場合、体幹の側面か内側に沿って体幹の近くで動かしま...

足の指を自由に動かせますか?ダメなら簡単ストレッチを実践

スポーツの場面だけでなく、つまずいて足首を捻挫することがあります。足首は捻挫の度合いにもよります...

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯を硬くするな!O脚や怪我の原因に

サッカーやバスケットボールのように接触プレーの多いスポーツでぶつかった場合、柔軟性がないと筋肉が伸び...

肩こりに効くストレッチ。普段やらない動作にこそ効果を期待

肩こりに効くと言われるのは、マッサージでしょうか。肩たたきでしょうか。それとも温浴でしょうか...

カラダラボでは身体の声を聞き腰痛を和らげる方法を最適選択

腰痛を和らげる色々な方法が世に広まっています。カラダラボではそのうち施術、ストレッチ、食事療法で...

スポンサーリンク

慢性腰痛は温め血行促進し、疲労解消と代謝促進

腰痛を1日の中で一番感じる時は負担を溜め込んだ寝る前が多いのではないでしょうか。

立位で感じる方。
座位で感じる方。
さらには寝転んでも腰痛を感じるかもしれません。

そんな痛みを和らげようと湿布を貼ってみたり、足を枕で高くしたり、ベットと腰の隙間を埋めたりだとか、横向きで寝てみることでしょう。
色々試しその日は腰痛が和らいでも、翌日同じように寝る前に現れるのが慢性腰痛です。

腰痛のせいで睡眠の質が悪くなると、悪循環としか言えません。

まずは冷えないように温めること。
湯たんぽや温めたタオルでもいいですが、やはり入浴がいいでしょう。
そうして入浴で全身を温めたら、その後はストレッチです。
狙いは裏腿のハムストリングスとお尻の臀筋群。
これらが原因で腰痛になっていることがほとんどです。
そしてこの2箇所を伸ばしたら、捻転して腰から上をつなぐ腹斜筋や腰方形筋を伸ばしましょう。

これで翌日の筋肉の状態は変わります。
後は定期的に続けることで慢性腰痛はなくなっていくことでしょう。

温めた後はストレッチで腰痛予防 プローンツイストの流れ

今回はプローンツイストという、腰痛改善のストレッチ、主に腹斜筋、腰方形筋をツイストしてストレッチをかけます。
131a
まずうつ伏せになります。
両手は顎の下に置いて両足は揃えてください。
131b
その状態から両膝を90度曲げましょう
131c
このとき膝が曲がり過ぎると足の方の捻りになってしまいます。
上半身を捻っていきたいので曲げる角度は90度にしてください。
131d
その姿勢から、両膝を右側に脚を揃えたまま倒してください。
131e
その姿勢を10秒間キープしましょう。
131g
その後、左側に足を倒して同じく10秒間姿勢をキープします。

これは初心者の方でも簡単にできるストレッチです。
是非ご自宅で試してください。

プローンツイストのポイント/回数・タイミング

プローンツイストを行う上でのポイント

脚を揃えて骨盤ごと転がすようなイメージです。
上半身が気持ちよく捻転されるようにしてください。

回数・タイミング

左右10秒キープを1セットとして1日3セット行いましょう。
お風呂上がりが効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛改善/予防。
腹斜筋や腰方形筋のストレッチ。
血行改善。

運動強度☆

ストレッチが得意ではない、運動不足な方向け。

このようなお悩みがある方

  • 慢性腰痛で悩んでいる方
  • 運動不足が続いている方
  • 冷えを感じやすい方
  • 猫背になりやすい方
  • デスクワークや運転中心の方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.175】腰痛解消のために温めたあとはプローンツイスト

温めることは腰痛解消、予防には大切。でもそれでは足りない。

腰痛は同じ姿勢を続け緊張を持続させたことが原因であることがほとんどです。
同じ姿勢を続けるのは仕事であれば仕方ないかもしれません。

しかし動かないことで血行が滞り、代謝が停滞します。
すると筋肉は熱を発生せず、冷え固まるのです。
そうなるともう腰痛になって当たり前の体になっています。

大切なことは温めることと動かすこと。

仕事の合間にできればいいですが、それが難しければ自宅でリセット作業を行ってください。
それは入浴とストレッチです。
決して難しいことではないはずです。
腰痛で悩まないためには行動あるのみです。