慢性腰痛解消は血行促進目的で温める。ストレッチで後押し!

腰痛は温めると和らぎます。
ただ温めるのを止めたら、冷えると同時にまた現れるのが腰痛です。

つまり冷えと腰痛はセットだと考えましょう。

冷えないためには温めるだけでなく、自力で代謝を促す必要があるはずです。
その方法が入浴後のストレッチだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

腹斜筋と股関節の連動強化でスピードアップするストレッチ

陸上競技において体幹を捻る動きは様々な種目で使います。背骨は頚椎から始まり腰椎まで繋がってい...

股関節ストレッチで歩幅を広げて身体パフォーマンスアップ!

スポーツをする上で股関節の柔軟性が運動パフォーマンスを左右すると行っても過言ではありません。あれ...

続けるだけで美姿勢が手に入る簡単背骨矯正ストレッチ!

姿勢矯正するにあたり、そもそも背骨がどう作られているか知らなければいけません。背骨がどう動く...

水泳でタイムを伸ばす肩甲骨の正しい使い方と可動域拡大方法

手を動かす上でスピードアップやパワーアップをしたい場合、体幹の側面か内側に沿って体幹の近くで動かしま...

姿勢を保持するための筋肉は地球で生きる限りケア不可欠!

私たちは生きていく上で、姿勢保持をしています。生まれながらずっとし続けていることです。た...

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。ですが決して病気ではありません。筋肉...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。また気の流れも滞っている...

姿勢を良くする。それは健康への階段。昇ってみませんか?

「痩せたい」が口癖になっている方や、流行りのダイエットを次から次へ試しているあなたの姿勢はどうですか...

肩甲骨の痛みは全身へと波及する!ストレッチではがし解そう

『肩が痛い』『肩が重たい』『肩が上がらない』『肩甲骨が痛い』といった肩の不調を感じる方が後を絶たない...

ハムストリングスを使えば体は連鎖しあらゆる運動が楽になる

ハムストリングとは太腿の後ろ側の筋肉で、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋を指します。また大内転筋を...

股関節と体幹を連動させるストレッチで柔軟性とバランス獲得

二足で歩く、走るという動きは人間が生活する上で基礎となる動きの1つです。その中で歩く、走る動...

腰痛防止の為の体の使い方があるのを知っている!?プロ直伝

朝起きたときに腰が痛い!寝返りをうつと腰が痛い!立ち上がるときに腰が痛い!このように...

1日10回!簡単誰でも効果的なタオルを使った肩こりの治し方

肩こりは急性症状ではなく、重い、だるいといった慢性的な辛さであることがほとんどです。その治し方も...

肩こりは治療するもの?それとも運動不足解消すれば解決?

デスクワークが長く、肩がガチガチな感覚がある。肩甲骨がピタッと背中にくっついている気がする。...

膝の痛みは脚の連動不足かも!?ストレッチで連動感覚を養う

膝が痛いからストレッチをして和らげるのは問題ありません。しかし膝周りだけ伸ばしても、痛みが和らい...

スポンサーリンク

慢性腰痛は温め血行促進し、疲労解消と代謝促進

腰痛を1日の中で一番感じる時は負担を溜め込んだ寝る前が多いのではないでしょうか。

立位で感じる方。
座位で感じる方。
さらには寝転んでも腰痛を感じるかもしれません。

そんな痛みを和らげようと湿布を貼ってみたり、足を枕で高くしたり、ベットと腰の隙間を埋めたりだとか、横向きで寝てみることでしょう。
色々試しその日は腰痛が和らいでも、翌日同じように寝る前に現れるのが慢性腰痛です。

腰痛のせいで睡眠の質が悪くなると、悪循環としか言えません。

まずは冷えないように温めること。
湯たんぽや温めたタオルでもいいですが、やはり入浴がいいでしょう。
そうして入浴で全身を温めたら、その後はストレッチです。
狙いは裏腿のハムストリングスとお尻の臀筋群。
これらが原因で腰痛になっていることがほとんどです。
そしてこの2箇所を伸ばしたら、捻転して腰から上をつなぐ腹斜筋や腰方形筋を伸ばしましょう。

これで翌日の筋肉の状態は変わります。
後は定期的に続けることで慢性腰痛はなくなっていくことでしょう。

温めた後はストレッチで腰痛予防 プローンツイストの流れ

今回はプローンツイストという、腰痛改善のストレッチ、主に腹斜筋、腰方形筋をツイストしてストレッチをかけます。
131a
まずうつ伏せになります。
両手は顎の下に置いて両足は揃えてください。
131b
その状態から両膝を90度曲げましょう
131c
このとき膝が曲がり過ぎると足の方の捻りになってしまいます。
上半身を捻っていきたいので曲げる角度は90度にしてください。
131d
その姿勢から、両膝を右側に脚を揃えたまま倒してください。
131e
その姿勢を10秒間キープしましょう。
131g
その後、左側に足を倒して同じく10秒間姿勢をキープします。

これは初心者の方でも簡単にできるストレッチです。
是非ご自宅で試してください。

プローンツイストのポイント/回数・タイミング

プローンツイストを行う上でのポイント

脚を揃えて骨盤ごと転がすようなイメージです。
上半身が気持ちよく捻転されるようにしてください。

回数・タイミング

左右10秒キープを1セットとして1日3セット行いましょう。
お風呂上がりが効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛改善/予防。
腹斜筋や腰方形筋のストレッチ。
血行改善。

運動強度☆

ストレッチが得意ではない、運動不足な方向け。

このようなお悩みがある方

  • 慢性腰痛で悩んでいる方
  • 運動不足が続いている方
  • 冷えを感じやすい方
  • 猫背になりやすい方
  • デスクワークや運転中心の方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.175】腰痛解消のために温めたあとはプローンツイスト

温めることは腰痛解消、予防には大切。でもそれでは足りない。

腰痛は同じ姿勢を続け緊張を持続させたことが原因であることがほとんどです。
同じ姿勢を続けるのは仕事であれば仕方ないかもしれません。

しかし動かないことで血行が滞り、代謝が停滞します。
すると筋肉は熱を発生せず、冷え固まるのです。
そうなるともう腰痛になって当たり前の体になっています。

大切なことは温めることと動かすこと。

仕事の合間にできればいいですが、それが難しければ自宅でリセット作業を行ってください。
それは入浴とストレッチです。
決して難しいことではないはずです。
腰痛で悩まないためには行動あるのみです。