腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。

そんなときの腰痛には市販で手に入るロキソニンというイメージを持たれている方が強いと思いますが、腰痛の症状によってはロキソニンの効果が発揮されないケースもあります。

また腰痛予防にコルセット、これは正しいのでしょうか?

今回はそんなロキソニンとコルセットについて。
それからフロッグステップという腰痛改善に効くストレッチを説明します。

今のお悩みがこれで解消できるといいですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手首に柔軟性は必要なのか?左右差や硬さのせいで怪我する?

手首の柔軟性の左右の違いは、両手を使うスポーツにおいて、例えばボールを使う競技だとボールコントロール...

立ち姿勢がよくなる秘訣とは?重心と体の各パーツの位置関係

姿勢が悪いと身体にさまざまな不調を来たし、見た目にも関係してきます。その矯正ポイントとして今...

姿勢悪いと能率ダウン。能率も見た目も良くなる座り方キープ

座り姿勢を良くするには、正しい座り方を知る必要があります。重い頭、重い腕をなるべく重心の上に...

肩こりに効くストレッチ。普段やらない動作にこそ効果を期待

肩こりに効くと言われるのは、マッサージでしょうか。肩たたきでしょうか。それとも温浴でしょうか...

肩こりを放っておくと頭痛や吐き気に見舞われる!そんな時は

肩こりというのは厄介なもので、頭に近いところで痛みが起こるためにイライラが積もります。下に頭...

背中の筋肉をストレッチするなら肩甲骨を満遍なく動かそう!

背中の筋肉が硬く重だるいからとマッサージをしてもらってもあまり効果を感じない、という方が最近多いよう...

間違えると危ない!腰痛改善に腹筋を鍛えても駄目な理由

昔から腹筋や背筋が弱っているから腰痛になると言われています。ですから腰痛解消のために長らく腹...

股関節の痛みを解消するための正常可動域ストレッチをすべき

股関節に痛みを感じてしまうのは、運動のしすぎでしょうか。それとも運動不足でしょうか。原因...

肩こりと腰痛の原因は同じ可能性大!不良姿勢と運動不足が鍵

肩こりや腰痛の原因を探せばたくさん出てきますが、その中で共通するのが姿勢の崩れがあります。悪...

毎日やりたい頭痛や肩こりに効く誰でも簡単な首ストレッチ

首は重い頭を支える、動かすだけでなく、様々な通り道でもあります。そんな首はいくつもの筋肉で構...

ふくらはぎは第二の心臓!ストレッチでしっかり働く状態へ。

ふくらはぎのストレッチはアキレス腱伸ばしといった方法で昔からやったことある方が多いでしょう。しか...

肩こりが引き起こす頭痛は薬で応急処置。その後の対処が大事

肩こりがひどい、さらに頭痛を伴うと、家事や勉強、仕事に集中できなくなりますよね。そうなっては、何...

続けるだけで美姿勢が手に入る簡単背骨矯正ストレッチ!

姿勢矯正するにあたり、そもそも背骨がどう作られているか知らなければいけません。背骨がどう動く...

毎日ストレッチできる?足痩せを願うならやらない理由なし!

足を綺麗に見せたい。そのために足痩せストレッチ、エクササイズをしているという方は多いでしょう。...

足首を硬くしておくな!足関節を正しくストレッチして柔軟に

人間は他の動物と違い二本足で立ったり歩いたり、走ったりします。四つ足の動物と違い、全ての体重が二...

スポンサーリンク

ロキソニン豆知識

『仕事も忙しいし、病院に治療に行く時間がない!自分で何とか治したい・・・。』

そんな時に役立つのが ロキソニン。
みなさんも、一度は使ったことがあるのではないでしょうか?
痛い時にはロキソニン!というくらい有名なお薬ですね。

効能:ロキソニンは生理痛や頭痛、また歯医者などでも処方される飲む薬として有名です。

そんなロキソニンですが、腰痛の時にも効果を発揮します。
ぎっくり腰の救世主とでも言えるでしょう。
この薬は炎症や痛みを緩和するため、急性期の激しい痛みにも効果的な薬です。

注意点:痛み止めとしての効果がすぐに現れる分、強い薬なので空腹時に飲むと胃が荒れしまいます。
出来る限り空腹時を避けて服用しましょう。

ただし100%効くとは限りません。
効果が出ない場合はストレッチのほうが有効になります。

このあと詳しく説明していきます。

腰痛の場合にロキソニンを使う場合と使わない場合

先ほど、ロキソニンについて説明しました。
腰痛にはロキソニン!というイメージを持たれている方が多数いますが、腰痛の症状によってはロキソニンの効果が発揮されないケースもあります。

・急性腰痛の場合
激痛が走った場合、腰部の筋肉が炎症していることがあります。
突然腰部にぎっくり腰のような激痛を伴った場合、痛くて動くのも困難なときがあるはずです。
しかしそんな痛みがある中でも、どうしても仕事に行かなくてはいけないときがあります。
そのような痛みがある場合にはロキソニンを使用するのはOKです。

・慢性腰痛の場合
慢性腰痛は、筋肉の硬化で起きている為、ロキソニンを使用しても意味がありません。
ロキソニンはあくまで炎症、痛みを緩和するときに利用する薬です。
慢性腰痛の場合は、筋肉の硬い部分をストレッチで動かし、柔軟性を向上させた方が改善が促進します。

腰痛の場合にロキソニンを使う頻度

①頻度
利用できるのが1日2回までで、ロキソニンが効くまでにかかる時間は15分〜60分くらいです。
持続時間は平均7時間と言われています。
仕事の時間帯などを計算しながら服用すると、仕事中に痛みを気にすることがなくなります。

もし、痛みが引かない場合は2回以上服用する場合もあります。
そのときは4〜6時間は空け、服用しましょう。

②炎症はそもそもどのくらいで消えるのか
炎症には『急性炎症』『慢性炎症』の2種類あります。

・急性炎症
急性炎症は7日以内で完治される炎症のことを言います。
動かすと痛い、筋肉の使い過ぎによる筋肉痛のような痛みが急性炎症に該当します。

・慢性炎症
急性炎症は7日以上続く炎症のことを言います。
患部に熱を持っていないので筋肉の炎症を冷やしても改善しません。
筋肉の緊張、血行不良が起きている為、ストレッチなどで動かすのが望ましいです。

コルセットとロキソニンの併用

コルセットとロキソニンを併用して利用する場合、ただ単純に併用すればいいとは限りません。

コルセットを利用する場合は痛みが酷くて、どうしても仕事に行かなくてはならない場合。
しかし、長期間装着してしまうと、腰回りの筋力が硬化してしまい、腰痛を再発する原因となります。
そのため就寝時にコルセットの装着はNGです。

ロキソニンを利用する場合、1日2錠まで服用できますが、飲みすぎると内蔵疲労に繋がり、腰痛につながることがあります。
併用して利用する場合は急性腰痛のときだけが適しています。

慢性腰痛の場合は筋肉疲労で腰痛を引き起こしているケースが多いので、コルセットとロキソニンの併用はほとんど効果が現れないことでしょう。
その場合は次で紹介するストレッチを行っていきましょう。

ロキソニン効果がないならコレをやろう!フロッグステップの流れ

今回はフロッグステップという、腰痛改善のストレッチ。
主に内転筋をエクササイズするストレッチを行います。

115a
足のスタンスは肩幅より広く、つま先を開く角度は45度で立ちます。
膝を曲げながら両手を膝の上に置き、お尻と膝の位置が水平になるようにセッティングします。

115b (1)
お尻を右に移動し、重心を右足に乗せます。

115c
お尻を左に移動し、重心を左足に乗せます。

115d
お尻を移動させていくと、少しずつお尻の位置取りが高くなります。
胸が前に落ちて背筋が伸びなくなります。
お尻と膝の位置は水平を保ちましょう。
左右に10回重心を移動します。

腰痛改善だけではなく、下半身全般の筋肉をエクササイズする効果があります。
是非お試しください。

フロッグストレッチのポイント/回数・タイミング

フロッグストレッチを行う上でのポイント

お尻の移動時に少しずつお尻の位置取りが高くなりやすいので、高さキープを心がけてください。
胸が前に落ちて背筋が伸びなくなるので、お尻と膝は水平キープです。

回数・タイミング

10回1セットを行いましょう。
朝、お風呂上がり、寝る前のどのタイミングで構いませんので1セット行いましょう。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

ロキソニンが効かない腰痛改善のストレッチ。
主に内転筋をエクササイズするストレッチ。

運動強度☆☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • 腰痛改善されたい方
  • 腰痛予防されたい方
  • 下半身の筋力アップをされたい方
  • 股関節の柔軟性を上げたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画7】これで腰痛とはおさらば!ロキソニン要らず!フロッグステップ

痛み止めに頼らない日もそう遠くはない!

痛み止め、ロキソニンはあくまでそのときの応急処置に過ぎません。
腰痛を発症して最初は効果が表れますが、腰痛が慢性化すると痛め止めの効果が薄れてしまいます。
ですので、適度な運動、ストレッチ、食事などで腰痛改善をしてみましょう。

フロッグストレッチで腰痛にならない身体を作ることで、痛み止めに頼らない日が訪れますよ。