ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

内転筋を鍛える方法。マットの上にうつ伏せに寝ながらできる

2017.12.23

運動においてトレーニングをするということは、そこに負荷をかけて刺激を受けて動くことです。
重たいものを持ったり、身につけたりして動くこともありますし、自分の体重で負荷を掛けるなど様々な方法で負荷を掛けていきます。

内側の筋肉や骨や腱まで、あるいは神経や血液まで刺激を及ぼす目的なら、ねじりながらのストレッチやトレーニングを自重ですれば十分な負荷になります。
そしてそれはそのスポーツに必要な分の筋肉をつけられます。
なぜならそのスポーツの体の動きの中にトレーニングを入れるからです。

今回紹介する股関節の柔軟性アップと内転筋を鍛えるストレッチ&トレーニングは、内転筋を意識し、うつ伏せに寝ながら重力の重みを感じながら行います。
試して効果の程を体感してください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩こりの原因となる血行不良。漢方の力で流れを取り戻せるか

漢方は自然界にあるものから作られています。 そのため、安心して服用できる点が嬉しいです。 そ...

肩こりがみるみる解消!効果倍増簡単継続ストレッチ!

肩こりは最近では「日本の国民病」と呼ばれることもあるほど、男女とも悩まされている人がたくさんいます。...

足のむくみ解消には指先までしっかりストレッチを欠かさない

足のむくみに悩まされる方多いでしょう。 特に寒くなってくる、秋から冬にかけてのシーズンはさらに増え...

腰痛は発展すると足のしびれを引き起こす!?解決法伝授!

腰痛は放っておいても良くなるというものではありません。 なぜなら普段の生活スタイルが関わっていて、...

肩こりが酷くてさらに息苦しい!そんな症状でお悩みの方へ。

肩こりとは肩周りの筋肉が凝り固まることで、重だるく感じることが多いです。 そんな肩こりも酷くなって...

姿勢悪いと能率ダウン。能率も見た目も良くなる座り方キープ

座り姿勢を良くするには、正しい座り方を知る必要があります。 重い頭、重い腕をなるべく重心の上に...

長距離ランナーは膝が命!ストレッチは正確且つ定期的に

ランナーは膝へ常に負担をかけ続けてしまいます。 膝に疲労を溜めず、負担なく走る術はありません。 ...

肩こり解消に胸の筋肉をストレッチ!?そこには確かな理由が

肩甲骨が動かないと肩こりになりやすいです。 そしてその肩甲骨が動かなくするのが、スマホいじりや、腕...

冬には冬の腰痛がある!起こりやすい腰痛の原因はコレだ!

冬は最も気温が下がりやすく身体が冷えやすい季節です。 身体が冷えると骨盤周辺の骨で仙骨という骨の動...

肩こりを放っておくと吐き気を引き起こす!そうなる前に

人により肩こりの感じ方は色々あると思います。 私の場合慣れないデスクワークをする際に無意識に肩に力...

バランス感覚は不安定姿勢でトレーニングして獲得。道具不要

人は立っているだけでバランスを取っています。 足の開きが広がれば安定しますが、自分の股の開きの限界...

姿勢改善したいならストレッチで動物になりきってみよう!

皆さんはご自身の姿勢について考えたことはありますか? 姿勢が良い人、悪い人で何が違うのでしょう...

水泳のストロークを伸ばす肩甲骨ストレッチで胸周りを柔軟に

肺臓の周りの筋肉を硬くすることは、呼吸をする上で心肺能力を下げてしまう原因と1つとなります。 呼吸...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。 また気の流れも滞っている...

女性のための腰痛対策。冷えも合わせて解消!もう悩まない!

物を拾おうとした時、突然腰に激痛が走ったことはありませんか? 特に女性の方、急な腰痛を経験した人は...

スポンサーリンク

股関節の柔軟性がなければ内転筋を鍛える必要あり

マットに寝ながら行います。
手は顎の下に置き、足は閉じて気をつけの姿勢になってください。

チェック方法

  1. その状態を0度として、右足が外側へ45度広がり内側へは−15度、さらに上側(背中側)に5度の関節可動域は確保できている。
  2. 1の関節可動域の1つが平均以下である。
  3. 1の関節可動域が2つ以上平均以下である。
  4. その状態を0度としてで左足が外側へ45度広がり内側へは−15度、さらに上側(背中側)に5度の関節可動域は確保できている。
  5. 4の関節可動域の1つが平均以下である。
  6. 4の関節可動域が2つ以上平均以下である。

判定

  1. 1と4が平均可動域以上の場合トレーニングをしても怪我は少ない。
  2. それ以外の組み合わせはバランスも崩しているので、柔軟性が悪く怪我をしやすい状態と言えます。

内転筋を鍛える場合は、可動域を徐々に広げながら左右のバランスを考えて、回数も考慮して行ってください。

内転筋を使った股関節のねじりは体幹部も捻る

股関節の骨の構造は、骨盤側が丸まった凹になって大腿骨側が凸が丸まって筋肉や腱、関節のクッション材の役割を果たす関節胞との繋がりでできています。
大腰筋のように背骨の真ん中辺りから、太ももの前についているような筋肉もあって、様々な骨格からの繋がりを持っています。

そのため体幹下部の筋肉群と連動しやすい状態になっていて、股関節を捻ればその辺りの筋肉群と連動します。
特に背中に反る動きは股関節の可動域を超えると体幹部と一緒に上がってきます。

今回紹介する股関節の柔軟性と内転筋を鍛える寝ながらできるストレッチ&トレーニングは、ねじりながら可動域を超えるとさらに体幹部も一緒に捻る動きになります。
その動作で内臓にも刺激が入るので内臓のストレッチにもなります。

うつ伏せに寝ながら鍛えるトレーニングは負荷が強い

うつ伏せ状態のトレーニングは、体幹部に繋がる関節の後ろへの関節可動域は他の方向に比べて極端に少ないです。
それ以上可動域を上げるために重力に逆らいながらするというのは、立ったまま、仰向けや横向きに寝ながらと比べて、かなり関節や筋肉、腱への刺激がきつく負荷が大きくなります。
となると良くやる腹筋と背筋を鍛えるトレーニングは、背筋のトレーニングの方が負荷が強いということです。

またやってみると分かりますが、うつ伏せで肩関節を上げるのは、仰向けや横向きに比べて明らかに上げにくいですね。
つまり関節は曲げやすくはできていますが、反対に伸ばす方は行きにくくできているのです。

それは四つ足でお腹を守っていて歩いていた動物が、二本足になってもお腹を守りやすい状態になっているからです。
その名残が私たち人間の体の関節の動きにそのまま残っています。

二本で立っている以上は、姿勢を調節する機能がバランスを取るために背中側の可動域を少し作ることによって支えているのです。

体幹部にしろ肩関節や股関節にしろ、体の内側にねじるというのはバランスの不安定さが増します。
その中の1つの筋肉が内転筋ということになります。
この筋肉が強いことでバランスは保たれるのです。

うつ伏せに寝ながら内転筋を鍛える方法 サイドワードレッグの流れ

今回はサイドワードレッグという、股関節の柔軟性と内転筋を鍛えるストレッチを行います。

まずうつ伏せになり、両手を顎の下に置いて、両足は肩幅よりもやや広めに開いてください。

ポイントは両方のつま先はしっかり上に上げた状態、背屈の形にすることです。


その状態から右足を上に上げ、そして半円を描きながら、左足の踵と右足の踵がつくようにします。

踵をくっつけたら右足を外に戻します。
今度は左足でも、円を描きながら右足の踵と左足の踵がつけてください。
左右交互に10回繰り返します。
股関節だけに限らず、体幹部もかなり動いてきますので、体を締める強化にも効果的です。

サイドワードレッグのポイント/回数・タイミング

サイドワードレッグを行う上でのポイント

股関節が硬く膝や足で動かしてしまう人もいますが、動く範囲で構いませんので股関節と太ももの内側の内転筋を意識できるといいです。
そのためにはつま先を上げること。
そうしないと内転筋、裏腿ではなく前腿を使いやすくなってしまいます。

回数・タイミング

ウォーミングアップやトレーニングとして1セット左右10回を毎日3セット。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

股関節の柔軟性アップ。
内転筋強化ストレッチ。

運動強度☆☆☆

運動不足解消から運動パフォーマンスアップにまで役立ちます。

このようなお悩みがある方

  • O脚でお悩みの方
  • 下半身の筋力不足で悩まれている方
  • 股関節の可動域が少ない方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.117】サイドワードレッグで寝ながら内転筋を鍛える

下半身のシェイプアップでくびれと足を細く締めていこう

股関節だけに限らず、体幹部もかなり動いてきますので、体を締める効果も得られます。

このストレッチ&トレーニングを同時に行う動作は、体のくびれを作ったり、お尻をキュッと上げたり、足をキュッと引き締めるのにとても効果的な運動です。
さらに体幹部まで捻れますので、腸の動きやなどにも刺激が入り、あるいは神経や血液の流れをスムーズにして運動のパフォーマンスも上がっていく可能性を秘めています。
もっと意識できれば肩甲骨などと連動していくことでトレーニング効果もさらに上がってきます。
ですからここからの応用はたくさんありますね。

また負荷がきついので重たいものを持たなくても十分効果があります。
速く動かすよりゆっくり刺激を入れながらしていくほうが筋肉トレーニングとしては良いでしょう。

 - ストレッチ