ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

女性のための腰痛改善方法 それは運動療法がポイント!

2017.9.10

女性特有の腰痛があるのはご存知でしたか?

構造的に苦手な動きが実は女性の方にはあります。
その動きとは何か・・・。

スポーツジムに行くとある部分が気になってその部分を重点的に鍛えすぎてしまい、腰痛を引き起こしている女性は少なくありません。
実際女性ホルモンの関係で腰痛の出方が男性とは違うのです。

今回紹介するのは、股関節周りに刺激を与えられるエアフロントキックという、主に太ももの裏側の筋肉を伸ばし骨盤周りの筋肉を使うエクササイズです。
この女性特有の腰痛改善効果を見込めるストレッチで悩み解消の手助けになるといいですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

足首を硬くしておくな!足関節を正しくストレッチして柔軟に

人間は他の動物と違い二本足で立ったり歩いたり、走ったりします。 四つ足の動物と違い、全ての体重が二...

正しい姿勢とは一体?部位別に分析するために理想を知る。

姿勢は人生を左右します! ・ご自分の姿勢を見た事はありますか? ・写真を見ると顔が斜めになっ...

ランニングを重ねても腰を痛めない!腰痛改善トレーニング法

腰の状態が良くないと感じるときの基準、皆さんにはありますか? 朝起きたときに腰が痛い、腰が重た...

腰痛症を引き起こさない為には?誰でも楽な姿勢があるのか?

腰痛になる人はどのような人か? イメージしたことはありますか? 普段の生活で家事や仕事、また...

肩こりは治療するもの?それとも運動不足解消すれば解決?

デスクワークが長く、肩がガチガチな感覚がある。 肩甲骨がピタッと背中にくっついている気がする。 ...

ストレッチでおしりを最高の弾力に保つとランニングが楽に!

おしりのストレッチがどうして大切か知っていますか? 普段から運動をしている方は、間違いなく取り...

腰痛は座り方を変えるだけで治まる可能性あり!その方法とは

座り仕事が増えた現代では、中臀筋というお尻の筋肉に負担がかかることで腰痛やむくみを発症してしまう方が...

肩こり解消に胸の筋肉をストレッチ!?そこには確かな理由が

肩甲骨が動かないと肩こりになりやすいです。 そしてその肩甲骨が動かなくするのが、スマホいじりや、腕...

肩こりを楽にする整体の特徴。整体には正しい理論がある。

最近、町中でよく見かけるようになってきた整体。 『整体』と言っても、色々なやり方や考え方、流派があ...

腰痛の原因は腎臓にあり!?腎臓と骨盤に密接な関係性が!

腰痛は筋肉疲労から起こるものと思われがちですが、それだけではないのはご存知ですか。 筋肉疲労の他に...

下半身ストレッチを効果的にするため柔軟性をチェックが大切

ストレッチをする際、自然の負荷を掛けてさらにストレッチやトレーニング効果を乗せていく場合は色々な姿勢...

なる前に防ぐ!腰痛が激痛で動けないと生活も仕事もストップ

急性腰痛は突然やってきて、激痛で動けなくなる、立てなくなることもしばしばあります。 しかし突然...

肩こり症状は気づかぬうちに進行。気づいたらすぐこれを読む

肩こりは頭の後頭部から肩にかけて異常な緊張状態で起こる痛みや違和感の症状です。 私たちは一日中...

肩こりがひどいとさらなる悲劇が!その前に食い止めるべき

肩が凝ってしまうと身体に色々な異常が起こります。 肩こりが酷くなると肩のだるさ、気分が悪くなったり...

腰痛と吐き気。春に起こる理由があった!精神的に変化あり。

春は一年の季節の始まりです。 季節の変わり目で、イライラしたり、体調を崩したりしやすい時期でもあり...

スポンサーリンク

女性は運動中に股関節が内旋ができず腰痛になる

運動をされている女性が腰痛になる理由として、股関節を内旋できないことが非常に多いです。
なぜかというとお尻周りの筋肉・臀筋群を鍛えすぎている方が多いからです。

例えば、スポーツジムに行くと、ヒップアップ強化をする為にマシーンでお尻周りの筋肉を重点的に鍛えている方が多く見受けられます。
しかし臀筋群だけを鍛えすぎてしまうとお尻が硬くなってしまい、股関節の内旋する動きがとりづらくなってしまいます。
特に女性は小臀筋、中臀筋といったお尻の筋肉が硬くなりやすい為、股関節を内側に捻る動作が苦手になってきます。

ですのでスポーツジムでお尻周りを鍛えすぎている方は要注意です。
腰痛を発症する恐れがありますので、鍛えるのは程々にして全身バランス良く鍛えるようにしましょう。

女性が運動で腰痛になる要因とは

先程はお尻周りの筋肉を鍛えすぎて股関節が内旋できない人が腰痛を引き起こすと話しました。

実際股関節を内旋できない人は、股関節を内旋したまま体幹を捻る動作をするのが困難になっていまいます。
つまり股関節の内旋ができず体幹を捻ることができないと、腰椎で捻ってしまうことにつながり腰を痛めてしまうという結果になります。

そうならない為に股関節を内旋する動きに関係する筋肉、体幹を捻るときに必要な筋肉の柔軟性を上げることが重要です。

例えばゴルフスイングをするときをイメージしてください。

クラブを振り上げるときに股関節が内旋して体幹が捻れてきます。
振り上げたクラブを振り下ろしてボールを打つときに、反対の股関節が内旋して体幹が捻れてきます。

女性ホルモンと腰痛の関係

女性には子宮があり、子宮が収縮するときに骨盤周りの筋肉が関係してきます。

特に収縮するときに中臀筋・腸骨筋が収縮運動に連動します。

そのため中臀筋・腸骨筋が硬くなると子宮も硬くなり収縮運動がしづらくなります。
そうして収縮運動ができなくなると、体幹がさらに捻りづらくなり腰痛が悪化してしまうのです。

女性は中臀筋・腸骨筋が硬くなって子宮が硬くなると、生理痛がひどくなり体調を崩しやすく辛い思いをすることになります。

お尻周りの筋肉が硬くなると、股関節が内旋したまま体幹が捻れなくなり腰に負担がかかります。

さらに骨盤周りの筋肉が連鎖して硬くなると、子宮はますます硬くなり、腰痛の悪化だけでなく生理痛の悪化に繋がってしまうので、股関節周りの柔軟性を高めていきましょう。

股関節運動で腰痛を改善!

女性の腰痛改善をする為の運動方法を紹介します。

腰痛改善をする為には股関節の内旋、外旋の動きを良くして腰に負担をかけないようにすることが大事になってきます。
股関節を内旋するときに作用する筋肉は臀筋群、半腱様筋、半膜様筋、中臀筋などの筋肉が作用します。
これらの筋肉が硬くなってしまうと股関節の内旋の動きがしづらくなります。

股関節を内旋する動きをしながら太もも裏側、ふくらはぎの筋肉を使ってストレッチをすることで、股関節内旋の柔軟性がアップして臀筋群が硬くなることを防いでくれます。
さらに太もも裏側とふくらはぎの柔軟性を上げることで、腰の痛みが起きづらくなります。

腰痛予防改善ストレッチ エアフロントキックの流れ

今回はエアフロントキックという、腰痛改善のストレッチ。
主にハムストリングを伸ばし骨盤をエクササイズするストレッチを行います。
118a
体育座りになります。
両かかとの位置を左にずらします。
両手で足の指先をつかみます。
118b
右足を斜め前方に上げ、左膝を内側に倒します。
姿勢を10秒間キープし右足のハムストリングとふくらはぎを伸ばします。
足を元の位置に戻し10回繰り返し動きます。
118c
両かかとの位置を右にずらします。
両手で足の指先をつかみます。
118d
左足を斜め前方に上げ、右膝を内側に倒します。
姿勢を10秒間キープし左足のハムストリングとふくらはぎを伸ばします。
足を元の位置に戻し10回繰り返し動きます。

エアフロントキックのポイント/回数・タイミング

エアフロントキックを行う上でのポイント

両かかとの位置を身体の正中線から外し、左右均等に運動を行うことが大切です。
そうすることで骨盤の位置取りが安定し歪みを解消します。

回数・タイミング

10回1セットを1日1セット行いましょう。
朝、お風呂上がり、寝る前、どのタイミングに行っても構いません。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛改善のストレッチ。
ハムストリングの柔軟性向上。

運動強度☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

裏ももが非常に硬い方
ふくらはぎが非常に硬い方
腰痛改善/予防されたい方
ご自宅でストレッチをしたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.11】女性のための腰痛改善運動 エアフロントキック

女性特有の腰痛改善は正しい運動で

男性、女性で腰痛の原因の特徴が違ってくることが分かりましたか。

股関節の柔軟性を向上することで腰の負担が軽減します。
先程紹介したエアフロントキックの軽い運動にもなるストレッチを行うことで、ハムストリングの柔軟性を向上させて腰痛の改善を目指していきましょう。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ