あなたの印象が変わる!姿勢の良さは背筋の引き締め方次第!

あなたは姿勢を正せていますか?
背筋は役目を全うしていますか?

姿勢が悪いことは体にとって、健康にとってデメリットだらけです。

そんな姿勢が悪くなる要素の1つに背筋が使えていないことがあります。
まずは弱った背筋のためにストレッチで刺激を与えましょう。
刺激されたことで、本来の役目を思い出すはずです。

普段から使っていないと鈍感で外部刺激を受け付けなくなります。
今回はそんな背中に刺激を伝えるストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

腰痛でお悩みの方。痛みがなく楽な姿勢こそ正しい姿勢なの?

腰痛の症状でお悩みの方は、普段はどのような姿勢でいますか?そもそも姿勢を意識して生活をされていま...

最もメジャーな体幹トレーニング!プランクにも弱点がある!

「体幹トレーニングの『プランク』をするとどんな効果があるのですか?」と良く聞かれる事があります。...

不調の原因は膝下O脚にあるかも!?ストレッチで不調脱却!

股下、膝下のO脚が中々改善されないという方をよく耳にします。O脚を改善したいけど、どうすれば...

背中のこりには手が届かない!ストレッチするのが最善策だ!

背中にこりを感じた時、皆さんはどうしていますか?姿勢を変えてみたり、お風呂に浸かって温めてみ...

肩こりの原因にもなる首の痛みを和らげる首振りストレッチ

多くの方が首が痛い、動かしづらい、違和感があるようです。現代社会、スマホの普及でうつむく時間が長...

デスクワークで起きる背中の痛みは1時間に1回のストレッチ!

デスクワークがメインの職種だと、午後には肩から腰まで背中全体に疲労やコリを感じることでしょう。...

肩こりが引き起こす頭痛は薬で応急処置。その後の対処が大事

肩こりがひどい、さらに頭痛を伴うと、家事や勉強、仕事に集中できなくなりますよね。そうなっては、何...

カラダラボでは身体の声を聞き腰痛を和らげる方法を最適選択

腰痛を和らげる色々な方法が世に広まっています。カラダラボではそのうち施術、ストレッチ、食事療法で...

腰痛が治らないなら股関節を広げてガニ股で腰を落とそう!

腰痛が治らないのは、筋肉のバランスが崩れたままだからかもしれません。痛みの発する部分の筋肉を...

腰痛は発展すると足のしびれを引き起こす!?解決法伝授!

腰痛は放っておいても良くなるというものではありません。なぜなら普段の生活スタイルが関わっていて、...

肩こりが治らない理由。それは腰痛との相互作用のせいかも?

肩こりを感じている方は、肩周りだけ動かしていないといったことは少なく、他の部位もあまり動かしていない...

姿勢を保持するための筋肉は地球で生きる限りケア不可欠!

私たちは生きていく上で、姿勢保持をしています。生まれながらずっとし続けていることです。た...

腰痛と腹痛の関係性。腰痛になるような姿勢はお腹を圧迫する

腰が痛いし、お腹も痛くて辛い!こんな時、どんな対処をするべきなのでしょう。皆さん最近の行...

膝裏の痛みの原因は何?ストレッチで解消できることなのか?

普段からしっかり膝を伸ばして、立ったり歩いたりしていますか?膝は曲げ伸ばしをするのが役割です...

高齢者でも簡単に即実践できる腰痛体操!高いストレッチ効果

高齢者は特に注意してほしいです。ぎっくり腰とは重たいものを急に持ち上げようとしたりした時や、...

スポンサーリンク

 背筋と姿勢の関係

姿勢を正して背筋を伸ばすだけでいい事がたくさんあります。

まず猫背の改善です。
猫背を改善するだけでたくさんのメリットがあります。
1つ目は明るく元気に見えること。
背中が丸まっていると顔が下を向いてしまうので、どうしても顔が見えづらく暗い印象に見えがちになってしまいます。
しかし背を伸ばすだけで顔が真っ直ぐ向き顔の表情が分かりやすくなり、それだけで明るい印象になるのです。

2つ目はバストアップに効果的です。
背が丸まってしまうと肩が胸より前に出てしまうことになるので胸が小さく見えます。
しかし背を伸ばすと胸が前に出るのでそれだけでバストが大きく見え、そしてバストアップへと繋がるのです。

背筋を伸ばすだけの効果はこれだけではありません。
3つ目に便秘解消があります。
背筋が丸まっていると腸が上手く働かなくなります。
それを伸ばすだけで腸の働きが活発になり快便になるわけです。

姿勢を正し、背筋を伸ばすだけでこれだけのメリットがあるので、この後紹介するストレッチを是非オススメします。

背筋を伸ばし理想の姿勢をキープ バックエルボベンド

今回はバックエルボベンドという、肩甲骨のストレッチを行います。

ペアになって行います。
まず椅子に座ってください。
少し浅めに座って、サポーターは椅子に足を乗せます。

ペアの方が両肘を後ろに持っていきます。
サポーターはこのとき膝を軽く背中に当ててください。
ストレッチをされる方はできるだけ背筋を伸ばしていきましょう。

ストレッチをされる方は、肘を上げることはなかなかできませんので、サポーターが両肘を上に上げてあげましょう。
この上げて緩めるを10回連続で行います。

伸ばしたたときに、肘と肘をできるだけ後ろで近づける動作を入れると、さらに肩甲骨がストレッチされ引き寄せやすくなってきます。

バックエルボベンドのポイント/回数・タイミング

バックエルボベンドを行う上でのポイント

胸の開き、肩甲骨の寄せ、背すじの伸びを感じてください。
自分はとにかく脱力に努め、パートナーに持ち上げてもらいましょう。

回数・タイミング

10回1セット。
だんだん可動域を広げながら3セット行ってください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

姿勢矯正/改善。
肩甲骨可動域拡大。
背筋ストレッチ。

運動強度☆☆

脱力できる人。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 頭が前に出ている方
  • 便秘がちな方
  • 印象良くしたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.191】バックエルボベンドで背筋を伸ばし美姿勢を覚える

背筋を使って頭が前に出ないよう姿勢キープ

背筋は背骨を正しく並べておく役目があります。
つまり背骨が曲がって、姿勢が崩れるのは役目を果たしていないからです。

スマホの普及、パソコンを使った業務の多様化によって、腕や頭が前に出るのが当たり前になってきています。

背筋を使いましょう。
決して重いものを持って鍛える必要はありません。
まずはご自身の背骨を支えるだけの力は常に発揮できるようにしてください。