あなたの印象が変わる!姿勢の良さは背筋の引き締め方次第!

あなたは姿勢を正せていますか?
背筋は役目を全うしていますか?

姿勢が悪いことは体にとって、健康にとってデメリットだらけです。

そんな姿勢が悪くなる要素の1つに背筋が使えていないことがあります。
まずは弱った背筋のためにストレッチで刺激を与えましょう。
刺激されたことで、本来の役目を思い出すはずです。

普段から使っていないと鈍感で外部刺激を受け付けなくなります。
今回はそんな背中に刺激を伝えるストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

誰でもできる肩こり改善のためのツボ刺激と簡単ストレッチ法

肩こりでお悩みの方は普段どのようなメンテナンスをされていますか?患部をマッサージで揉み解した...

どんな姿勢で腰痛を感じる?うつ伏せで感じていたら至急対処

普段の寝相は仰向けですか?うつ伏せですか?それとも横向けですか?このうち、うつ伏せは...

冬に腰が痛いときストレッチの効果は!冬こそ体を動かそう!

冬になると神経痛・関節痛・腰痛の症状が悪化する人は少なくありません。冬の寒さにより血行が悪くなり...

姿勢が良い=好印象。これ間違い無し!それではどうする?

良い姿勢はどうやって作るか、なかなか分かりにくいですよね?他の人の綺麗な姿勢はよく分かります...

カラダラボでは身体の声を聞き腰痛を和らげる方法を最適選択

腰痛を和らげる色々な方法が世に広まっています。カラダラボではそのうち施術、ストレッチ、食事療法で...

腰痛症を引き起こさない為には?誰でも楽な姿勢があるのか?

腰痛になる人はどのような人か?イメージしたことはありますか?普段の生活で家事や仕事、また...

多くの人が悩む腰痛と精神的ストレスの深い関係性と対処法

腰痛とストレスは関係しています。ストレスにより自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経のバランス...

水泳でタイムを伸ばす肩甲骨の正しい使い方と可動域拡大方法

手を動かす上でスピードアップやパワーアップをしたい場合、体幹の側面か内側に沿って体幹の近くで動かしま...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。また気の流れも滞っている...

肩こりを治す鍵は上腕三頭筋にあり!皆さん使えていますか?

肩こりになってしまう方で多いのが、上腕三頭筋が硬くなることです。そこで、どのようにしたら柔ら...

脚やせの法則。それは足指足首の末端ストレッチが鍵となる!

脚やせを成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。軽い運動をする、食事制限をする、マッサージをす...

姿勢矯正には足底クッションが鍵!足の裏使えてますか?

私達の体は様々な衝撃から身を守るため、生まれながらに備わっている機能があります。それがクッシ...

足首が固いと全身も固くなる!ストレッチで緩めて引き締める

足首が固いことで良いことはあるでしょうか。間違いなく無いに等しいでしょう。足首が固い...

X脚を治したい!すぐにできる方法はお尻と脚複合ストレッチ

O脚やX脚で悩まれている方は多いです。特に女性の割合が多く占めます。ではどうしてそのよう...

ストレッチでおしりを最高の弾力に保つとランニングが楽に!

おしりのストレッチがどうして大切か知っていますか?普段から運動をしている方は、間違いなく取り...

スポンサーリンク

 背筋と姿勢の関係

姿勢を正して背筋を伸ばすだけでいい事がたくさんあります。

まず猫背の改善です。
猫背を改善するだけでたくさんのメリットがあります。
1つ目は明るく元気に見えること。
背中が丸まっていると顔が下を向いてしまうので、どうしても顔が見えづらく暗い印象に見えがちになってしまいます。
しかし背を伸ばすだけで顔が真っ直ぐ向き顔の表情が分かりやすくなり、それだけで明るい印象になるのです。

2つ目はバストアップに効果的です。
背が丸まってしまうと肩が胸より前に出てしまうことになるので胸が小さく見えます。
しかし背を伸ばすと胸が前に出るのでそれだけでバストが大きく見え、そしてバストアップへと繋がるのです。

背筋を伸ばすだけの効果はこれだけではありません。
3つ目に便秘解消があります。
背筋が丸まっていると腸が上手く働かなくなります。
それを伸ばすだけで腸の働きが活発になり快便になるわけです。

姿勢を正し、背筋を伸ばすだけでこれだけのメリットがあるので、この後紹介するストレッチを是非オススメします。

背筋を伸ばし理想の姿勢をキープ バックエルボベンド

今回はバックエルボベンドという、肩甲骨のストレッチを行います。

ペアになって行います。
まず椅子に座ってください。
少し浅めに座って、サポーターは椅子に足を乗せます。

ペアの方が両肘を後ろに持っていきます。
サポーターはこのとき膝を軽く背中に当ててください。
ストレッチをされる方はできるだけ背筋を伸ばしていきましょう。

ストレッチをされる方は、肘を上げることはなかなかできませんので、サポーターが両肘を上に上げてあげましょう。
この上げて緩めるを10回連続で行います。

伸ばしたたときに、肘と肘をできるだけ後ろで近づける動作を入れると、さらに肩甲骨がストレッチされ引き寄せやすくなってきます。

バックエルボベンドのポイント/回数・タイミング

バックエルボベンドを行う上でのポイント

胸の開き、肩甲骨の寄せ、背すじの伸びを感じてください。
自分はとにかく脱力に努め、パートナーに持ち上げてもらいましょう。

回数・タイミング

10回1セット。
だんだん可動域を広げながら3セット行ってください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

姿勢矯正/改善。
肩甲骨可動域拡大。
背筋ストレッチ。

運動強度☆☆

脱力できる人。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 頭が前に出ている方
  • 便秘がちな方
  • 印象良くしたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.191】バックエルボベンドで背筋を伸ばし美姿勢を覚える

背筋を使って頭が前に出ないよう姿勢キープ

背筋は背骨を正しく並べておく役目があります。
つまり背骨が曲がって、姿勢が崩れるのは役目を果たしていないからです。

スマホの普及、パソコンを使った業務の多様化によって、腕や頭が前に出るのが当たり前になってきています。

背筋を使いましょう。
決して重いものを持って鍛える必要はありません。
まずはご自身の背骨を支えるだけの力は常に発揮できるようにしてください。