あなたの印象が変わる!姿勢の良さは背筋の引き締め方次第!

あなたは姿勢を正せていますか?
背筋は役目を全うしていますか?

姿勢が悪いことは体にとって、健康にとってデメリットだらけです。

そんな姿勢が悪くなる要素の1つに背筋が使えていないことがあります。
まずは弱った背筋のためにストレッチで刺激を与えましょう。
刺激されたことで、本来の役目を思い出すはずです。

普段から使っていないと鈍感で外部刺激を受け付けなくなります。
今回はそんな背中に刺激を伝えるストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お尻は筋肉でできている!硬くなる前にストレッチで解そう!

お尻の筋肉は私たちが歩く、走る際に大きく働く部位です。お尻は座る際のクッションの役目であるの...

肩関節の故障を防ぎ柔軟性を高めるには肩甲骨の動きがカギに

手でボールを投げる、ボールを当てる場合、ほとんどの人が意識できるのは運動したい方向への動作です。...

若いうちから習慣に!腰痛予防ストレッチは寝る前ルーティン

女性は太ももの太さを気にされている方が多いですね。最近は男性の方でも太ももを細くしたいという方が...

腰痛に効く簡単体操がここにある!低難易度で試す価値あり!

どんなに運動やダイエットに精を出しても、太もも横の骨が張り出していることによる“太もも張り”の解消は...

水泳のストロークを伸ばす肩甲骨ストレッチで胸周りを柔軟に

肺臓の周りの筋肉を硬くすることは、呼吸をする上で心肺能力を下げてしまう原因と1つとなります。呼吸...

腰痛予防に取り組むならついでにダイエット効果も期待しよう

腰痛で悩む方は多いですが、解消するため予防のために何かやっていますか?ただ単にマッサージした...

1日10回!簡単誰でも効果的なタオルを使った肩こりの治し方

肩こりは急性症状ではなく、重い、だるいといった慢性的な辛さであることがほとんどです。その治し方も...

慢性腰痛解消は血行促進目的で温める。ストレッチで後押し!

腰痛は温めると和らぎます。ただ温めるのを止めたら、冷えると同時にまた現れるのが腰痛です。...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。そんなときの腰...

肩こりはマッサージだけでは意味なし!原因を特定しよう!

肩こりが起きるとご自身でマッサージする方が多いです。しかしご自身でマッサージをして肩こりが治らな...

肩こりは薬に頼らずに解消すべし!ストレッチが薬になる!

肩が凝ったときにどのような対処をされていますか?運動やマッサージをする時間がない方は薬で改善され...

股関節と足関節を正しくストレッチすれば速筋が使えるように

運動パフォーマンスを上げる上で、股関節の柔軟性は非常に重要な部分です。筋肉の緩む方向性として...

姿勢を正す鍵は2つの肩甲骨にあり!どれだけ動かせますか?

人間の美しさは姿勢から始まります。そして正しい姿勢で生活を送ることによって健康や美容、さらにはダ...

どんな姿勢で腰痛を感じる?うつ伏せで感じていたら至急対処

普段の寝相は仰向けですか?うつ伏せですか?それとも横向けですか?このうち、うつ伏せは...

腰痛の原因は腎臓にあり!?腎臓と骨盤に密接な関係性が!

腰痛は筋肉疲労から起こるものと思われがちですが、それだけではないのはご存知ですか。筋肉疲労の他に...

スポンサーリンク

 背筋と姿勢の関係

姿勢を正して背筋を伸ばすだけでいい事がたくさんあります。

まず猫背の改善です。
猫背を改善するだけでたくさんのメリットがあります。
1つ目は明るく元気に見えること。
背中が丸まっていると顔が下を向いてしまうので、どうしても顔が見えづらく暗い印象に見えがちになってしまいます。
しかし背を伸ばすだけで顔が真っ直ぐ向き顔の表情が分かりやすくなり、それだけで明るい印象になるのです。

2つ目はバストアップに効果的です。
背が丸まってしまうと肩が胸より前に出てしまうことになるので胸が小さく見えます。
しかし背を伸ばすと胸が前に出るのでそれだけでバストが大きく見え、そしてバストアップへと繋がるのです。

背筋を伸ばすだけの効果はこれだけではありません。
3つ目に便秘解消があります。
背筋が丸まっていると腸が上手く働かなくなります。
それを伸ばすだけで腸の働きが活発になり快便になるわけです。

姿勢を正し、背筋を伸ばすだけでこれだけのメリットがあるので、この後紹介するストレッチを是非オススメします。

背筋を伸ばし理想の姿勢をキープ バックエルボベンド

今回はバックエルボベンドという、肩甲骨のストレッチを行います。

ペアになって行います。
まず椅子に座ってください。
少し浅めに座って、サポーターは椅子に足を乗せます。

ペアの方が両肘を後ろに持っていきます。
サポーターはこのとき膝を軽く背中に当ててください。
ストレッチをされる方はできるだけ背筋を伸ばしていきましょう。

ストレッチをされる方は、肘を上げることはなかなかできませんので、サポーターが両肘を上に上げてあげましょう。
この上げて緩めるを10回連続で行います。

伸ばしたたときに、肘と肘をできるだけ後ろで近づける動作を入れると、さらに肩甲骨がストレッチされ引き寄せやすくなってきます。

バックエルボベンドのポイント/回数・タイミング

バックエルボベンドを行う上でのポイント

胸の開き、肩甲骨の寄せ、背すじの伸びを感じてください。
自分はとにかく脱力に努め、パートナーに持ち上げてもらいましょう。

回数・タイミング

10回1セット。
だんだん可動域を広げながら3セット行ってください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

姿勢矯正/改善。
肩甲骨可動域拡大。
背筋ストレッチ。

運動強度☆☆

脱力できる人。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩、腰痛でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 頭が前に出ている方
  • 便秘がちな方
  • 印象良くしたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.191】バックエルボベンドで背筋を伸ばし美姿勢を覚える

背筋を使って頭が前に出ないよう姿勢キープ

背筋は背骨を正しく並べておく役目があります。
つまり背骨が曲がって、姿勢が崩れるのは役目を果たしていないからです。

スマホの普及、パソコンを使った業務の多様化によって、腕や頭が前に出るのが当たり前になってきています。

背筋を使いましょう。
決して重いものを持って鍛える必要はありません。
まずはご自身の背骨を支えるだけの力は常に発揮できるようにしてください。