猫背を治す方法は整体・ヨガ・ストレッチなど選択肢が多い!

猫背を治す方法、それはやっぱりストレッチでしょう。

でも背中を伸ばすストレッチ、骨盤を整えるストレッチも猫背改善には効果がありそうですし、どこから手を出すべきか分かりにくいです。

もちろんこれらも必要な方法ですが、今回は肩甲骨を大きく動かすストレッチをオススメします。
肩甲骨の位置取りだけで、自然と猫背にならない場所があるのです。

そんな位置に自然と収まるように導くのが、今回紹介するストレッチです。
肩こり解消にも効果的なので、もし両方お悩みなら是非やってみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高齢者でも簡単に即実践できる腰痛体操!高いストレッチ効果

高齢者は特に注意してほしいです。ぎっくり腰とは重たいものを急に持ち上げようとしたりした時や、...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。そんなときの腰...

股関節と体幹を連動させるストレッチで柔軟性とバランス獲得

二足で歩く、走るという動きは人間が生活する上で基礎となる動きの1つです。その中で歩く、走る動...

肩こり解消は温める?冷やす?それより引き下げるのが正解!

肩こりが起きたときに皆さんはどのような対処をされていますか?肩周りを温めると痛みが楽になると思わ...

足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。...

姿勢改善のため骨盤と背骨を連動?バラバラに使っては駄目!

老若男女問わず、姿勢を気にする方がとても増えました。それだけ現代人の姿勢は崩れてしまっていて改善...

続けるだけで美姿勢が手に入る簡単背骨矯正ストレッチ!

姿勢矯正するにあたり、そもそも背骨がどう作られているか知らなければいけません。背骨がどう動く...

若いうちから習慣に!腰痛予防ストレッチは寝る前ルーティン

女性は太ももの太さを気にされている方が多いですね。最近は男性の方でも太ももを細くしたいという方が...

肩こりの原因となる血行不良。漢方の力で流れを取り戻せるか

漢方は自然界にあるものから作られています。そのため、安心して服用できる点が嬉しいです。そ...

脚やせの法則。それは足指足首の末端ストレッチが鍵となる!

脚やせを成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。軽い運動をする、食事制限をする、マッサージをす...

腰痛は骨盤の歪みから生じる!あぐらをかけない方は要注意!

すぐぶり返ししまう腰痛はどうしたら良くなるのかな~とお悩みの方が少なくありません。腰痛になる...

肩こりと腰痛の原因は同じ可能性大!不良姿勢と運動不足が鍵

肩こりや腰痛の原因を探せばたくさん出てきますが、その中で共通するのが姿勢の崩れがあります。悪...

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。ですが決して病気ではありません。筋肉...

肩こりがみるみる解消!効果倍増簡単継続ストレッチ!

肩こりは最近では「日本の国民病」と呼ばれることもあるほど、男女とも悩まされている人がたくさんいます。...

水泳でタイムを伸ばす肩甲骨の正しい使い方と可動域拡大方法

手を動かす上でスピードアップやパワーアップをしたい場合、体幹の側面か内側に沿って体幹の近くで動かしま...

スポンサーリンク

猫背を治す方法はストレッチが最適?

猫背になると見た目にも姿勢が悪い人と見られますし、長年猫背を放置すると戻すのにも時間を要します。
また運動をしない、決まった動作しかしないと四十肩、五十肩に繋がる人もいるので治す事をオススメします。

猫背の改善には整体で施術してもらうこと、セルフメンテナンスとしてヨガやストレッチをすることがあります。
皆さんはどの方法を選びますか?

その中からストレッチが気兼ねなく始めやすいのでオススメします。

整体は他力本願で楽ですが、定期的に通わないと行けませんしお金も掛かります。
またヨガとストレッチは同じようですが、ヨガは様々なポーズが取れないと効果を得にくいです。

つまりヨガよりも気楽に始めやすいのがストレッチだと言えます。

ただストレッチにも種類があり、姿勢をキープして伸ばすのではなく動きながら伸縮させていく動的ストレッチが最適でしょう。

動くことで緩むだけでなく、正しい姿勢を保てるしなやかな筋肉を手に入れることができるからです。

猫背を治すオススメの方法 アームライトアングル

今回はアームライトアングルという肩甲骨のストレッチを、2人1組でストレッチを行います。

まず椅子に少し浅めに座って、両肘を曲げて手のひらを上に向けます。

パートナーは椅子に足を乗せて膝を背中に当て、両手を外に開きましょう。

その状態から相手の手を持ち、外に軽く開きます。
注意点は、脇が開きやすいこと。
しっかり脇を閉じて、肘と手が水平になるように開いてください。

ゆっくり閉じていきます。
この開閉を10回行ってください。

アームライトアングルのポイント/回数・タイミング

アームライトアングルを行う上でのポイント

とにかく肘が体から離れないようにすることが大切です。

回数・タイミング

10回1セットを交代しながら3セット行ってください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

猫背改善/矯正。
肩こり解消。
肩甲骨ストレッチ。

運動強度☆☆

肩甲骨の可動域が狭い方向け。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を治す方法を知りたい方
  • 肩こりや四十肩、五十肩でお悩みの方
  • 背中に疲労を感じている方
  • 肩甲骨の可動域が狭い方
  • 1人でストレッチが続けられない方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.192】猫背を治す方法、それはアームライトアングル

猫背を治すには肩甲骨を何度も寄せる方法が一番

猫背を治すためには、背骨の並びを直接整えるより、左右の肩甲骨を寄せては緩めを繰り返す方法が一番オススメです。

なぜなら肩甲骨が背中に寄ることで腕も一緒に後ろに下がります。
すると体は連鎖して動き、勝手に背中が伸びるのです。

背骨は意識しにくくても、肩甲骨は意識すれば動かしやすいです。
毎日、少しずつでも寄せてください。
そうすれば、いつのまにか猫背になる癖は治まってくるでしょう。