腰痛と下痢、実は関係があった!筋肉と神経、内臓の関わり

時に腰痛で下痢になるという人がいます。
腰痛になったから下痢になった、下痢になったから腰痛になった、下痢と腰痛が同時に起きたなどさまざまなケースがあります。

では、どうやったらこれらを改善できるのでしょうか?

腰痛になると、筋肉が弱り、筋肉や骨のバランスが崩れ、腰の血行が悪くなり冷え性になります。
体が冷えると下痢になりやすくなるので、腰痛と下痢が同時に起こることがあります。

また下痢の原因として挙げられるものとして長い間の横座り、足組の癖などを指摘する方もいます。

今回、腰痛と下痢について色々な角度からお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

あなたの肩こり、本当の原因を把握している?人それぞれ違う

肩こりとは肩周りの筋肉がこり固まることを指します。ただなぜこり固まるのでしょうか。原因は...

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。ですが決して病気ではありません。筋肉...

姿勢を良くする筋肉は大腰筋!この筋肉の使い方が鍵を握る!

私たちの身体は姿勢良く過ごすことで快適に動け、そして疲れにくくもなります。そんな姿勢を保って...

肩こりも腰痛も短期間で起きない。長期間何していましたか?

肩こりも腰痛も病気ではありません。慢性的にだるい、重いと感じる症状は血行不良による筋疲労、硬直が...

つらい肩こりに効く体操!だれでも簡単と思える1つの方法

肩こりは今では国民病と言われています。肩こりは肩だけではなくそれ以外の筋肉にも深い関係性があ...

腰痛はいつから?病気のせい?腰を捻って内臓ストレッチ!

腰痛と内臓疾患はつながりがあります。最近胃に不調を感じた方、もしかしたら胃の病気なのではない...

僧帽筋・広背筋を積極的に使って肩こり腰痛改善ストレッチ!

ある日、腰に違和感が・・・。最初は一時的な痛みで放って置いたら腰の痛みが治ったが、またある日腰に...

股関節を柔らかくするなら振り子運動ストレッチがオススメ!

最近は技術の進歩により動かずに何でもできるようになってきました。スピーカーに話しかけるだけで、何...

あなたの印象が変わる!姿勢の良さは背筋の引き締め方次第!

あなたは姿勢を正せていますか?背筋は役目を全うしていますか?姿勢が悪いことは体にとって、...

最もメジャーな体幹トレーニング!プランクにも弱点がある!

「体幹トレーニングの『プランク』をするとどんな効果があるのですか?」と良く聞かれる事があります。...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。そんなときの腰...

腰痛は骨盤の歪みから生じる!あぐらをかけない方は要注意!

すぐぶり返ししまう腰痛はどうしたら良くなるのかな~とお悩みの方が少なくありません。腰痛になる...

姿勢を正すこと!それだけで理想の美背中が誰でも手に入る!

肩こりや腰痛で悩まされている方、姿勢が崩れていませんか?姿勢が悪いとさまざまな不調に見舞われてし...

肩こりの原因となる血行不良。漢方の力で流れを取り戻せるか

漢方は自然界にあるものから作られています。そのため、安心して服用できる点が嬉しいです。そ...

毎日ストレッチできる?足痩せを願うならやらない理由なし!

足を綺麗に見せたい。そのために足痩せストレッチ、エクササイズをしているという方は多いでしょう。...

スポンサーリンク

腰痛と下痢になりやすい人

まず腰痛、下痢になりやすい方をピックアップしました。

『腰が痛くなりやすい人』

・デスクワーク、店頭販売員など
座りっぱなし、立ちっぱなしなど、同じ姿勢の継続により腰が痛くなりやすいとされます。

・運送業者、引っ越し業者など
重いものを上げ下げすることが多いため、腰へ負担がかかりやすいことから腰が痛くなりやすいとされます。

『下痢になりやすい人』

・お酒を飲む
お酒を飲むと、アルコールで腸が刺激され蠕動運動が活性化されます。
そのため、まだ完全に消化されていないものまで排出しようとしてしまうため、消化不良を起こし下痢になります。

・水分の大量摂取
胃腸が弱い人は、冷たい水を一気に飲むとお腹を下すのはもちろん、腸が吸収できる水分量以上を摂取しても下痢になります。
また、食後にお茶やコーヒーを飲み過ぎると、過剰な水分が原因で食べ物を消化・吸収する消化液が薄くなり、消化不良を起こして下痢になります。

中臀筋と腰痛と下痢の関係

いつも腰が痛い、重いといったような慢性的な腰痛というのは軽視されがちですね。
実際には多くの人を悩ませている慢性的な腰痛と言うのは、常に身体の中心部に痛みがあるという非常に辛い症状です。

ここでは腰痛と下痢にはある筋肉の硬さが関係しますので紹介します。

★中臀筋
中臀筋というのはおしりの外側の上部の手のひらぐらいの大きさの筋肉です。
いわゆるおしりと表現される大臀筋と比べると知らない方もいるかもしれません。
しかし解剖図を見れば分かる通り、骨盤からおしりのお肉を吊っているとても大切な筋肉です。
骨盤を支える重要な役割を担っているために疲労も溜まりやすく、また腰痛への影響も大きい筋肉であるといえます。
又、中臀筋が硬い方が下痢の症状を引き起こすケースもあります。

腰痛と下痢に効くツボ

腰痛と下痢を緩和するツボについて紹介します。

★次髎(じりょう)
・場所
臀部の平らな骨(仙骨)にある上から2番目の凹没部分にあるツボになります。
お尻の中央に逆三角形の骨があり、その骨の中央から左右に2センチくらい離れたところのくぼみにあります。

・効能
腰痛などの腰の症状を和らげてくれます。
また、腰の血行を促進して、冷えを和らげる効果があります。

★大腸兪(だいちょうゆ)
・大腸兪の効能
下痢や便秘、腹痛など、大腸に関連した症状に効果を発揮します。
腰痛や痔、背中のこり、痛みにも効きます。
また、肥満防止にも効果があるといれています。

・大腸兪の位置
腰部、背骨の第四腰椎きょく突起(椎骨の後端が突出している部分)下縁を挟んだ両側にあり、真ん中から親指の幅1本半分外側にあります。

腰痛と下痢が起こりやすい季節とは?

『季節の変わり目は、腰痛が3倍に増える』と言われます。

春に起こる体の変化といえば腰痛です。
1年の中でも3〜6月にかけてのこのシーズンに、腰痛やぎっくり腰になる人が他の季節の3倍!ということです。

この春に起きる腰痛の原因はなんでしょうか。

  1. 寒暖差による血流の悪さ
  2. 冬の運動不足による筋力低下
  3. 環境の変化による、緊張とストレス

また春は環境の変化の影響で下痢になりやすいです。

会社での異動の時期であったり、自分が異動でなくても人間関係が難しくなったりとストレスを感じる機会が多くなる時期です。

そのため自律神経の切り替えが上手くいっていない上にこのようなストレスを感じると、下痢になる可能性は高くなってきます。
また花粉症の時期でもありますが、花粉でも下痢につながることがあります。

閉じていた冬の体から、春の体に開いてゆく『準備』をすることが大切です。

下痢も腰痛もこの中臀筋ストレッチで解消 フロッグスウェイの流れ

今回はフロッグスウェイという、腰痛改善のストレッチ。
主に内転筋と中臀筋両方に効くストレッチです。

38a
体育座りの状態から踵をつけたまま膝を開いてスタートします。
つま先をしっかりと開いた状態で両手で両足首を持ってください。
38b
肘で膝を押さえつけます。
この姿勢を10秒間維持することによって、内転筋と外側の臀筋群にストレッチがかかってきます。
38c
ここから姿勢を楽にして、10回外に膝を開いていきます。

では10秒キープからやってみてください。
両肘で両膝を外に開き、姿勢を10秒間キープします。
10秒で両膝を少し緩めてから、ゆっくり10回外に開いていきましょう。

内転筋と中臀筋が固くなってしまうと、股関節が外に内に両方回りづらくなってきます。
そこから、腰をねじるときに腰椎に負担がかかりやすくなりますので、ぜひ柔らかい状態を保ってください。

フロッグスウェイのポイント/回数・タイミング

フロッグスウェイを行う上でのポイント

中にはあぐらをかけない方もいます。
その場合はお尻の下にストレッチマット、座布団を敷いて行うとやりやすくなります。
動かせる範囲で行ってみましょう。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛改善/矯正。
特に下肢を積極的に使うことで、内転筋と中臀筋に刺激が入り腰痛緩和、内蔵機能増進が期待できます。

運動強度☆☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • 裏ももが非常に固い方
  • お尻のたるみが気になる方
  • 腰痛改善/予防されたい方
  • ご自宅ストレッチをしたい方
  • 下痢になりやすい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.59】腰痛と下痢は季節のせい? フロッグスウェイ

腰痛と下痢の関係とは?

腰痛と下痢が併発するとかなり辛いですよね?
そんな辛い状態が続かない為にも、早急な対処が必要になります。

腰痛と下痢でお悩みの方はまずは生活習慣を見直してみましょう。
この記事が少しでも皆様のお役に立ちますように!