ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

足の指を自由に動かせますか?ダメなら簡単ストレッチを実践

2017.11.23

スポーツの場面だけでなく、つまずいて足首を捻挫することがあります。
足首は捻挫の度合いにもよりますが、軽い捻挫なら湿布を貼って安静にし、痛みが治まれば大丈夫と思っている人も多いようです。

捻挫をした場合、度合いの大小関わらず確実に可動域が狂います。
そのまま放置し、痛みをやり過ごしてしまうと、後々後悔するかもしれません。
足首が硬くなると、運動パフォーマンスが下がったり、冷えやむくみを感じやすくなるからです。

そうならないためにも、痛みが引いたら積極的にストレッチで動かすことが大切です。
さらに同時に足指を動かすと回復も早まります。

是非今回紹介するストレッチ、簡単ですのでお試しください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩こりが痛いのは即解消!ラボ式のD1ストレッチが効果的!

肩関節を上から覆うようについている三角筋。 前部は、肩関節を屈曲したり肩関節を内旋します。 中部...

太腿とお尻の柔軟性バランスは崩れやすい!ストレッチで調節

ウォーキングやジョギング、ランニングをする上で歩幅を広げるためには、股関節から繋がる太腿とお尻周りの...

腰痛は骨盤の歪みから生じる!あぐらをかけない方は要注意!

すぐぶり返ししまう腰痛はどうしたら良くなるのかな~とお悩みの方が少なくありません。 腰痛になる...

悩める腰痛が左側に現れる女性の身体構造と東洋医学的見地

身体は背骨を軸として筋肉や骨格が大体左右対称の構造を成しています。 しかし人それぞれ得意な動作...

腰痛の原因は股関節周りの筋肉群にアリ!弾力を取り戻せ!

腰痛は筋肉、神経の異常から発症しやすい症状になります。 そんな腰痛は痛みが続く期間によって『急性腰...

腰痛は筋トレによってもたらされる!体の使い方間違えるな!

筋トレをやり過ぎたり、腰に負担のかかる筋トレは腰痛の原因になります。 腰に異変を少しでも感じたらす...

姿勢改善のため骨盤と背骨を連動?バラバラに使っては駄目!

老若男女問わず、姿勢を気にする方がとても増えました。 それだけ現代人の姿勢は崩れてしまっていて改善...

姿勢改善したいならストレッチで動物になりきってみよう!

皆さんはご自身の姿勢について考えたことはありますか? 姿勢が良い人、悪い人で何が違うのでしょう...

誰でも簡単にできる!腰痛が慢性化しない為にする事とは?

普段から下を向くことが多い方、背中を丸めてしまっている方は腰痛が慢性化していませんか? 間違っ...

肩こり症状は気づかぬうちに進行。気づいたらすぐこれを読む

肩こりは頭の後頭部から肩にかけて異常な緊張状態で起こる痛みや違和感の症状です。 私たちは一日中...

お年寄りはなぜ姿勢保持ができなくなるのか?理由があった!

私達は地球上で生活していく上で高い姿勢を保持しながら手先を自由に使っていく必要があります。 そして...

治療法で迷っている方向け。腰痛にブロック注射は効果ある?

腰痛でお悩みの方が良くご来店されます。 そこで腰痛になってからの対処法を聞くと湿布を貼る、患部...

姿勢を良くする筋肉は大腰筋!この筋肉の使い方が鍵を握る!

私たちの身体は姿勢良く過ごすことで快適に動け、そして疲れにくくもなります。 そんな姿勢を保って...

肩こりで多くの方が悩まれている。まずは肩甲骨に意識を集中

肩甲骨を意識して大きく動かせる人はどれだけいるのでしょうか。 もしかしたら、肩甲骨がどのようなもの...

手首に柔軟性は必要なのか?左右差や硬さのせいで怪我する?

手首の柔軟性の左右の違いは、両手を使うスポーツにおいて、例えばボールを使う競技だとボールコントロール...

スポンサーリンク

 足の指が痛くなる原因とは?

足の指が痛くなる原因とは何でしょうか?

様々な原因が考えられますが、主に「外反母趾」、「痛風」、「種子骨炎」などの病気が挙げられます。

①外反母趾
足の親指が小指側に曲がって、くの字のように変形する症状を言います。
痛みのある親指はあなたの目で見てどうでしょうか。
15度以上小指側に変形してはいませんか?
痛みの度合いはまったくない場合もありますが、歩くと痛んだりする鈍痛の場合がほとんどです。

②痛風
痛風の原因は、ご存知の方も多いでしょうが、血液中の尿酸値が通常より高まり、その状態が続いてしまうことによります。
生活習慣やストレスなどに起因していると言われています。
痛みの度合いは外反母趾とは違い、かなりの激痛を伴います。
親指の他に踵や膝裏などにも症状が出ることがありますので、ご自分の症状と照らし合わせてみてください。

③種子骨炎
足の親指につながる部分にある骨が炎症を起こすことで痛みが出ます。
立ち仕事の多い方や、ランニングなど足裏に負荷の掛かる生活習慣がある方に見られる症状の1つです。
痛みの度合いは様々ですが、普段からできる対処策としては、靴の中に足裏パッドなどを入れると良いでしょう。

いかがでしょうか。
今回紹介した主な原因の他にも、様々な種類の病気があることを忘れないでください。
早期に治療を施せば痛みが軽減される可能性が高いので、なるべく早めに医療機関へ受診しましょう。

足指の状態を高めるストレッチ アンクルサイドオープン

今回はアンクルサイドオープンという、捻挫改善のストレッチを行います。

椅子に腰掛け、両足を外に開いて、つま先を外に開きます。

開いたら、つま先を持ち上げてください。

上に上げたら、今度はつま先を下ろして踵を上に上げていきます。

この上げ下げの動作を10回行ってください。

足首を捻挫すると背屈の動作、もしくは底屈の動作の可動域が非常に下がってしまいます。
ぜひこのストレッチで、底屈、背屈の動作をして両方の可動域を上げることによって症状の改善を図ってください。

アンクルサイドオープンのポイント/回数・タイミング

アンクルサイドオープンを行う上でのポイント

足首の動きと合わせて、足指も動かしましょう。
背屈でパー、底屈でグーにするイメージです。

回数・タイミング

10回1セット。
朝昼晩の3セット。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

捻挫の早期回復/予防。
足首の可動域拡大。
足指の可動域拡大。
足の冷え、浮腫解消。

運動強度☆☆

誰でもできるメニューです。

このようなお悩みがある方

  • 捻挫を治したい方
  • 足裏が硬い方
  • 足首が硬い方
  • 足指でジャンケンができない方
  • 足が疲れやすい方
  • 普段あまり歩かない方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.220】アンクルサイドオープンで足指と足首の機能向上

足首の捻挫は足指ストレッチと合わせると早期回復が可能

足首を捻挫してしまうと、治るまで固定されること、動かさないことで硬くなり可動域を失います。
そのまま痛みが出なくなったら完治というワケにはいきません。
元通り動くようにならないと意味がないはずです。

そのためには、痛みが治まったら、足首と足指を積極的に動かしてください。
その方法の1つとして、今回紹介したストレッチをオススメします。
目指すは元通り以上です。

 - ストレッチ