姿勢が悪いと何が悪いの!?身体に及ぼす数々の悪影響とは?

今までにご自身の姿勢をチェックしたことはありますか?
鏡の前で立っている状態、座っている状態で自分の姿勢を見たときにどう映ってますか?

姿勢は人の第一印象を決める要素の大事な1つです。
常に背筋がピンと伸びた姿勢が理想です。

しかし、姿勢が悪くなってしまうと見た目がカッコ悪いだけではなく、身体にとってマイナスな要素しか生じません。

今回は姿勢が悪くなってしまうとどのような影響を及ぼすかお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

腰痛の治療に終焉なし!その後の過ごし方で雲泥の差が出る!

腰痛は治療すれば治るとお考えの方はどれだけいるのでしょう。実際一時的に痛みがなくなることはあ...

冬には冬の腰痛がある!起こりやすい腰痛の原因はコレだ!

冬は最も気温が下がりやすく身体が冷えやすい季節です。身体が冷えると骨盤周辺の骨で仙骨という骨の動...

あなたの腰痛の症状はどれ?見合った最善策を施し早期解消!

多くの方が腰痛で悩まれますが、その腰痛の原因を把握していますか?腰が痛いと言っても、場所によ...

ランニングが趣味なら走る前に腰痛に効く即効ストレッチ!

『ランニングをしていて腰を痛めてしまった』というご経験はありますか?まだ体力的には走れるのに...

立ち姿勢がよくなる秘訣とは?重心と体の各パーツの位置関係

姿勢が悪いと身体にさまざまな不調を来たし、見た目にも関係してきます。その矯正ポイントとして今...

誰でもできる肩こり改善のためのツボ刺激と簡単ストレッチ法

肩こりでお悩みの方は普段どのようなメンテナンスをされていますか?患部をマッサージで揉み解した...

ランニング前は下半身ではなく全身ストレッチで体と心を準備

昨今の健康ブームにあやかり、ジョギングやランニングを趣味にしている方も多いのではないでしょうか。...

開脚ストレッチでハムストリングスを常にベストな状態に保つ

ハムストリングスは力強い筋肉です。ハムストリングスのおかげで立つ、歩く、走るといった当たり前の動...

肩こりが治らない理由。それは腰痛との相互作用のせいかも?

肩こりを感じている方は、肩周りだけ動かしていないといったことは少なく、他の部位もあまり動かしていない...

プロが教える腰痛と頭痛でお悩みの方の簡単な対処法とは?

春の時期は色々な症状が起きやすい時期と言われています。春は何かと変化の多い時期で、学生であれ...

腰痛と下痢、実は関係があった!筋肉と神経、内臓の関わり

時に腰痛で下痢になるという人がいます。腰痛になったから下痢になった、下痢になったから腰痛になった...

肩こり解消に胸の筋肉をストレッチ!?そこには確かな理由が

肩甲骨が動かないと肩こりになりやすいです。そしてその肩甲骨が動かなくするのが、スマホいじりや、腕...

肩こりに湿布は必要なのか?それとも他に選択肢がある?

肩こりを緩和したいときに湿布を貼る人は多いですが、湿布で肩こりを改善したという方は実際どれくらいいる...

腰痛を和らげようとマッサージだけしていない?それでは不足

腰痛を和らげよう、解消しようとマッサージをする、してもらうことがあるでしょう。しかし、マッサ...

「腰痛が悪化し過ぎて動けない」なんてことにならないために

腰痛で苦しんでいる方。突然の腰痛で動けないなんて経験ありますか。その時、腰に痛みが起きて...

スポンサーリンク

姿勢が悪い人とはどんな人?

・猫背姿勢
悪い姿勢と言えば、真っ先に思い浮かぶのが猫背姿勢です。
さらに細かく分けると猫背姿勢はさらに2つに分類できます。
それは『猫背姿勢』と『首猫背姿勢』です。

見た目はあまり変わりませんが、背中の丸みの頂点位置(一番丸まっている位置)が違うのです。
胸辺りに頂点があるのが『猫背姿勢』、肩寄りに頂点があるのが『首猫背姿勢』です。

・胸つき出し姿勢
胸つき出し姿勢は本当に悪い姿勢なのかと思う方もいるかと思います。

確かに見た目には悪い姿勢に見えません。
しかし、正しい姿勢の条件は”健康”である、と考えれば、胸つき出し姿勢は明確に悪い姿勢だと言えます。
何故なら、体にかかるストレスの一番強い悪い姿勢こそ、この胸つき出し姿勢だからです。

姿勢が悪い人のデメリット

悪い姿勢のデメリット、猫背と胸突き出し猫背を例にお伝えします。

・猫背姿勢の場合
首猫背姿勢になる主要な原因は日常の生活習慣です。
例えば肩を丸めて座る習慣などが原因となります。
しかし典型的な猫背姿勢は、生活習慣だけの原因でなるものではありません。
私たちの先祖が農耕民族だったという生まれつき背中の丸まりやすい性質を持っている事も原因に含まれています。

・胸つき出し姿勢の場合
胸つき出し姿勢は見た目に問題のない一方、体への負荷は強い姿勢で多様な症状の原因になります。
特に首から肩にかけてのコリの症状は強く、それ以外にも腰痛、冷え、浮腫み、頭痛、息苦しさなどの症状が見られます。
ちなみに胸つき出し姿勢は特に女性に多い姿勢です。
そうなる理由は、女性の方が姿勢の見た目をより気にしやすい傾向があるからだと言えます。
日常から姿勢を気にしすぎて、胸を常に張り続ける習慣が自然に身についてしまい、その結果胸つき出し姿勢になってしまうのです。

姿勢がいい人のメリット

・痛みが出にくい身体になる
姿勢が悪くなってしまうと肩、腰周りの筋肉が硬くなります。
そうすると動きの可動域に制限がかかります。
その状態で動いてしまうと筋肉、関節に負担がかかり痛みとして表れます。
つまり筋肉や関節に負担がかからないように、肩の高さなどの左右が均等になるように姿勢を正すことが大事になります。

・動きやすい身体になる
例えば、猫背と姿勢を正した状態でバンザイをして比べてみてください。
後者の方が誰でもバンザイがしやすいはずです。
つまり猫背のような悪い状態より正しい姿勢の状態の方が身体は動かしやすいのです。
姿勢を正すことはスポーツをやっているならもちろん、日常生活の家事などの動きでも疲れにくくなるメリットがあります。

姿勢が悪くならない為にする事とは

悪い姿勢にならない為にはまずは姿勢を正すことが大事になってきますが、具体的にどのような事をすればいいか紹介します。

今回は座っているときの正しい姿勢についてです。
まずは座るときですが、多くの方はお尻のお肉の部分で座ることが多いです。
しかしお尻で座ってしまうと、坐骨の後ろに重心が乗ることで骨盤が後傾してしまい、すると腰椎が後ろに倒れ背中が丸くなってしまいます。
ですので座るときはお尻ではなく、太ももの裏側の部分で座る意識で座ってみてください。
それだけで骨盤が前傾になり背筋がしっかり伸び、身体が丸まりにくくなります。

次に肩の位置ですが水平になるよう肩甲骨を背骨側に寄せるようにしてください。
そうすると背中がさらに伸び、肩が平行になり姿勢がさらに良くなります。
今すぐ意識してやってみてください。

悪い姿勢からいい姿勢へ サルーテイションの流れ

今回はサルーテイションという姿勢改善のストレッチ、主に脊柱起立筋の背中を意識していくエクササイズしていくストレッチです。
80a
まず立膝で座って、右膝を一歩前に出します。
80b
そして右手を左肩に、左手をその上からクロスします。
80c
そこから身体を前に倒しながら捻じりを入れていきます。
80d
肩を前足の内側に下ろしていき、顎を引いて、脊柱起立筋がしっかりストレッチがかかっているのを確認してください。
この状態で顎が上がってしまうと、背中の筋肉にストレッチがかかりにくくなってしまいます。
80e
顎をしっかり引いて、だらーんとリラックスした状態のまま10秒間姿勢をキープしましょう。
その後少し身体を戻したら、10回身体を前に倒すことを繰り返しストレッチをかけていきます。
80f
足を入れ替えて同じく10秒キープし、10回前に倒しましょう。

両足に重心が非常に乗りやすく、難易度としては重心を支えるのにかなりきつく難しいストレッチとなってきます。
ご自身で無理がない程度に行ってみてください。

サルーテイションのポイント/回数・タイミング

サルーテイションを行う上でのポイント

顎が上がるとストレッチ効果が薄いため、顎はしっかり引いた状態でストレッチを行いましょう。
立膝が痛い場合はタオルを敷くといいでしょう。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

姿勢矯正。
脊柱起立筋に刺激を入れ背中のポジションを整えること。

運動強度☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 背中に疲労を感じている方
  • お腹ぽっこりでお悩みの方
  • 首の後ろが痛い方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.71】姿勢が悪いと言われる前に サルーテイション

姿勢が悪いと身体に及ぼす影響とは?

気分が優れないとき、落ち込んでいるとき、ストレスを感じているときなどは大抵姿勢が悪い姿勢になっています。
そして姿勢が悪いと肉体的にも精神的にも様々な障害を引き起こす原因に繋がります。

もし姿勢が悪くなっていると感じたときは今回の記事の内容を思い出してください。
そして悪い姿勢が癖にならない為にも常に姿勢を正せるようにしていきましょう!