ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

足痩せのためには大きい筋肉も小さい筋肉もストレッチすべし

2017.11.23

足痩せしたいと望む方は多いでしょう。
女性だけでなく、美意識高い男性もいるはずです。

皆さんは足痩せのために何をしますか。
すでに取り組んでいる方は、満遍なく足を使えているのでしょうか。

効率よく足痩せをするには、大きい筋肉の代謝を上げることだけではなく、小さな筋肉まで気を配らなければなりません。
小さい筋肉まで総動員して、代謝促進すれば、効果が早く現れることは想像できるでしょう。

今回紹介するストレッチは、足首のケアが目的のメニューですが、足痩せの補強メニューにもなります。
簡単にできますから、是非お試しください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

男性でつらい腰痛者は必見!体には効果的なツボが存在する!

男性は女性に比べて肉体労働を職業としている方が非常に多いです。 そのため重たいものを運んだり、持っ...

毎日ストレッチできる?足痩せを願うならやらない理由なし!

足を綺麗に見せたい。 そのために足痩せストレッチ、エクササイズをしているという方は多いでしょう。 ...

O脚やX脚を改善しよう!姿勢を良くする内転筋群の役目とは?

姿勢の良い人は腹筋と背筋がしっかりしている。というのは良く聞くと思います。 しかし、やみくもに腹筋...

なる前に防ぐ!腰痛が激痛で動けないと生活も仕事もストップ

急性腰痛は突然やってきて、激痛で動けなくなる、立てなくなることもしばしばあります。 しかし突然...

慢性腰痛解消は血行促進目的で温める。ストレッチで後押し!

腰痛は温めると和らぎます。 ただ温めるのを止めたら、冷えると同時にまた現れるのが腰痛です。 ...

肩こりが痛いのは即解消!ラボ式のD1ストレッチが効果的!

肩関節を上から覆うようについている三角筋。 前部は、肩関節を屈曲したり肩関節を内旋します。 中部...

高齢者でも簡単に即実践できる腰痛体操!高いストレッチ効果

高齢者は特に注意してほしいです。 ぎっくり腰とは重たいものを急に持ち上げようとしたりした時や、...

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。 ですが決して病気ではありません。 筋肉...

腰痛になる方の共通点。それは不良姿勢での座り方にあり!

皆さん、私たち人間にとって正しい姿勢とはどんなものかご存知ですか? 正しい姿勢と言っても、動作...

膝の痛みは脚の連動不足かも!?ストレッチで連動感覚を養う

膝が痛いからストレッチをして和らげるのは問題ありません。 しかし膝周りだけ伸ばしても、痛みが和らい...

肩こりは単なる運動不足。まずは動的ストレッチでサビ落とし

何か定期的に運動をしている方はどれくらいいるのでしょうか。 月に数回、週に1回、週に3~4回。 ...

ふくらはぎを細くするには。美脚を望む女性向けストレッチ!

足首の細い女性に憧れますよね。 でもそんな方でも生まれつき細いのではありません。 正しく足、...

肩こりは薬に頼らずに解消すべし!ストレッチが薬になる!

肩が凝ったときにどのような対処をされていますか? 運動やマッサージをする時間がない方は薬で改善され...

腰痛予防に取り組むならついでにダイエット効果も期待しよう

腰痛で悩む方は多いですが、解消するため予防のために何かやっていますか? ただ単にマッサージした...

肩甲骨の痛みは全身へと波及する!ストレッチではがし解そう

『肩が痛い』『肩が重たい』『肩が上がらない』『肩甲骨が痛い』といった肩の不調を感じる方が後を絶たない...

スポンサーリンク

 中々足痩せができない人はどんな人?

人間の体の中で、太腿の筋肉が一番大きいと言われています。
その筋肉をしっかり動かしてあげることで、体の代謝を上がり、足痩せに繋がっていきます。

ですが、その太腿の筋肉を動かしてあげることが簡単そうで意外と難しいのです。
仕事をしながら、家事育児をしながらと全てながら作業になってしまうでしょう。

そこで簡単にできるのがストレッチです。
特に、お風呂上りなどの体が温まって、筋肉が解れているときが一番最適ですが、仕事や家事育児をしながらでもストレッチや筋トレはできます。
太腿の前や後ろをしっかり伸ばす、その他にもスクワットなどで負荷をかけて筋肉をつけることで脂肪を燃焼させる効果があります。

ですが、中々足痩せできない悩みを抱えている人がいるのが現状です。

簡潔に言えば、何もせず筋肉がついて代謝が上がり、足が痩せていくのは不可能ということは認識すべきです。
摂取カロリーより消費カロリーが多くならなければ足痩せにつながりませんし、筋肉がなければ脂肪を燃焼する力すらないからです。

毎日少しずつでもいいので、ストレッチを行い、筋力をつけ足痩せを実現しましょう。

足痩せのためには小さな動きも重要 アンクルヒールインクリース

今回はアンクルヒールインクリースという、足首の痛みを改善するストレッチを行います。

椅子に座り、足を肩幅よりやや広めに開いてつま先を外に開きます。

その状態からつま先を上に上げてください。

上げたら戻すのですが、両足の足のひらが床につかないところで止めて、また上に上げてください。
この上げ下げを10回連続で行います。

前脛骨筋という筋肉がかなりパンパンに張ってきます。
足首を捻挫すると、中々つま先を上にあげる背屈動作が難しくなります。
このような形で前脛骨筋を鍛えて、つま先が上がるようにしていきましょう。

アンクルヒールインクリースのポイント/回数・タイミング

アンクルヒールインクリースを行う上でのポイント

つま先と膝の向きが揃うようにしてください。
脛が攣りそうになったら、少し間をおいてください。

回数・タイミング

10回1セット。
慣れたら3セットは行いたいです。
朝昼晩と分けても構いません。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

捻挫の早期回復。
足首の可動域拡大。
前脛骨筋(脛の筋肉)のストレッチ。
下腿(膝下)のリンパの促進。

運動強度☆☆☆

地味な動きですが、ある程度動かせる方向け。

このようなお悩みがある方

  • 膝下が硬い方
  • 足に冷えや浮腫を感じている方
  • 足痩せが上手くいかない方
  • 一度でも捻挫したことがある方
  • 股関節の柔軟性がある方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.219】アンクルヒールインクリースで足痩せの効果を加算

足痩せはストレッチ1種目では叶わない

足痩せをしようと開脚ストレッチをしたり、スクワットをしたりするのは大切です。
続ければ必ず効果が現れてくるでしょう。

でも、それだけではイメージしている美脚にはなれない可能性もあります。
なぜなら、ふくらはぎから下が疎かになっていることがあるからです。

太ももが痩せても、ふくらはぎが硬く足首が太く見えるのは理想とはしませんよね。
そうならないためにも、足首を動かすことはとても大切になってきます。

是非今回紹介したストレッチはだれでも簡単にできますから、ちょっとした隙間時間に続けてみてください。
理想の足への近道となるはずです。

 - ストレッチ