足痩せのためには大きい筋肉も小さい筋肉もストレッチすべし

足痩せしたいと望む方は多いでしょう。
女性だけでなく、美意識高い男性もいるはずです。

皆さんは足痩せのために何をしますか。
すでに取り組んでいる方は、満遍なく足を使えているのでしょうか。

効率よく足痩せをするには、大きい筋肉の代謝を上げることだけではなく、小さな筋肉まで気を配らなければなりません。
小さい筋肉まで総動員して、代謝促進すれば、効果が早く現れることは想像できるでしょう。

今回紹介するストレッチは、足首のケアが目的のメニューですが、足痩せの補強メニューにもなります。
簡単にできますから、是非お試しください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

股関節と足関節を正しくストレッチすれば速筋が使えるように

運動パフォーマンスを上げる上で、股関節の柔軟性は非常に重要な部分です。筋肉の緩む方向性として...

X脚を治したい!すぐにできる方法はお尻と脚複合ストレッチ

O脚やX脚で悩まれている方は多いです。特に女性の割合が多く占めます。ではどうしてそのよう...

腰痛に効く簡単体操がここにある!低難易度で試す価値あり!

どんなに運動やダイエットに精を出しても、太もも横の骨が張り出していることによる“太もも張り”の解消は...

姿勢改善のため骨盤と背骨を連動?バラバラに使っては駄目!

老若男女問わず、姿勢を気にする方がとても増えました。それだけ現代人の姿勢は崩れてしまっていて改善...

腰痛と下痢、実は関係があった!筋肉と神経、内臓の関わり

時に腰痛で下痢になるという人がいます。腰痛になったから下痢になった、下痢になったから腰痛になった...

股関節と体幹を連動させるストレッチで柔軟性とバランス獲得

二足で歩く、走るという動きは人間が生活する上で基礎となる動きの1つです。その中で歩く、走る動...

肘の痛みを我慢すると絶対後悔する!ストレッチで早期対策を

肘の故障は昔と比べて減ってきているのでしょうか。特に野球のピッチャーには肘の怪我は付き物だと...

ふくらはぎは第二の心臓!ストレッチでしっかり働く状態へ。

ふくらはぎのストレッチはアキレス腱伸ばしといった方法で昔からやったことある方が多いでしょう。しか...

いくつもある肩こりや頭痛を解消する5つの方法!簡単気軽に

頭痛や肩こりのように肩から上の症状だから、原因はその範囲にあると思っていませんか?間違いはな...

最もメジャーな体幹トレーニング!プランクにも弱点がある!

「体幹トレーニングの『プランク』をするとどんな効果があるのですか?」と良く聞かれる事があります。...

若いうちから習慣に!腰痛予防ストレッチは寝る前ルーティン

女性は太ももの太さを気にされている方が多いですね。最近は男性の方でも太ももを細くしたいという方が...

女性にオススメする理由。股関節ストレッチの生理痛への効果

股関節は下半身との連絡場所。酸素や栄養はそこを通って運ばれます。そんな股関節の上には、大...

男性は腰痛が右側に出やすいのには身体的理由があった!

スポーツをしていて利き腕、利き足を使いすぎることで身体に左右差が生まれてしまうのはご存知でしたか?...

足の指を自由に動かせますか?ダメなら簡単ストレッチを実践

スポーツの場面だけでなく、つまずいて足首を捻挫することがあります。足首は捻挫の度合いにもよります...

開脚ストレッチでハムストリングスを常にベストな状態に保つ

ハムストリングスは力強い筋肉です。ハムストリングスのおかげで立つ、歩く、走るといった当たり前の動...

スポンサーリンク

 中々足痩せができない人はどんな人?

人間の体の中で、太腿の筋肉が一番大きいと言われています。
その筋肉をしっかり動かしてあげることで、体の代謝を上がり、足痩せに繋がっていきます。

ですが、その太腿の筋肉を動かしてあげることが簡単そうで意外と難しいのです。
仕事をしながら、家事育児をしながらと全てながら作業になってしまうでしょう。

そこで簡単にできるのがストレッチです。
特に、お風呂上りなどの体が温まって、筋肉が解れているときが一番最適ですが、仕事や家事育児をしながらでもストレッチや筋トレはできます。
太腿の前や後ろをしっかり伸ばす、その他にもスクワットなどで負荷をかけて筋肉をつけることで脂肪を燃焼させる効果があります。

ですが、中々足痩せできない悩みを抱えている人がいるのが現状です。

簡潔に言えば、何もせず筋肉がついて代謝が上がり、足が痩せていくのは不可能ということは認識すべきです。
摂取カロリーより消費カロリーが多くならなければ足痩せにつながりませんし、筋肉がなければ脂肪を燃焼する力すらないからです。

毎日少しずつでもいいので、ストレッチを行い、筋力をつけ足痩せを実現しましょう。

足痩せのためには小さな動きも重要 アンクルヒールインクリース

今回はアンクルヒールインクリースという、足首の痛みを改善するストレッチを行います。

椅子に座り、足を肩幅よりやや広めに開いてつま先を外に開きます。

その状態からつま先を上に上げてください。

上げたら戻すのですが、両足の足のひらが床につかないところで止めて、また上に上げてください。
この上げ下げを10回連続で行います。

前脛骨筋という筋肉がかなりパンパンに張ってきます。
足首を捻挫すると、中々つま先を上にあげる背屈動作が難しくなります。
このような形で前脛骨筋を鍛えて、つま先が上がるようにしていきましょう。

アンクルヒールインクリースのポイント/回数・タイミング

アンクルヒールインクリースを行う上でのポイント

つま先と膝の向きが揃うようにしてください。
脛が攣りそうになったら、少し間をおいてください。

回数・タイミング

10回1セット。
慣れたら3セットは行いたいです。
朝昼晩と分けても構いません。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

捻挫の早期回復。
足首の可動域拡大。
前脛骨筋(脛の筋肉)のストレッチ。
下腿(膝下)のリンパの促進。

運動強度☆☆☆

地味な動きですが、ある程度動かせる方向け。

このようなお悩みがある方

  • 膝下が硬い方
  • 足に冷えや浮腫を感じている方
  • 足痩せが上手くいかない方
  • 一度でも捻挫したことがある方
  • 股関節の柔軟性がある方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.219】アンクルヒールインクリースで足痩せの効果を加算

足痩せはストレッチ1種目では叶わない

足痩せをしようと開脚ストレッチをしたり、スクワットをしたりするのは大切です。
続ければ必ず効果が現れてくるでしょう。

でも、それだけではイメージしている美脚にはなれない可能性もあります。
なぜなら、ふくらはぎから下が疎かになっていることがあるからです。

太ももが痩せても、ふくらはぎが硬く足首が太く見えるのは理想とはしませんよね。
そうならないためにも、足首を動かすことはとても大切になってきます。

是非今回紹介したストレッチはだれでも簡単にできますから、ちょっとした隙間時間に続けてみてください。
理想の足への近道となるはずです。