ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

腰痛予防に取り組むならついでにダイエット効果も期待しよう

2017.10.20

腰痛で悩む方は多いですが、解消するため予防のために何かやっていますか?

ただ単にマッサージしたり、ストレッチしたりするのもいいですが、どうせなら副次効果を狙いませんか?

やり方をプラスするだけでダイエット効果も得られるとしたら、女性の方は特に嬉しいのではないでしょうか。

そんな方法を今回は紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

毎日ストレッチできる?足痩せを願うならやらない理由なし!

足を綺麗に見せたい。 そのために足痩せストレッチ、エクササイズをしているという方は多いでしょう。 ...

姿勢を良くするため整体へ行くのも良いがセルフメンテもあり

皆さんは整体へ出向いて姿勢矯正をしたことありますか。 体が硬い人程、痛みを伴うことが多いですよ...

肩が痛いときは前腕をストレッチする!肩以外が鍵となる!

肩が痛いとどのような症状が起きるでしょうか? 指先の感覚が鈍い、肩がチクチクと痛い、腕がダルくて重...

足首を硬くしておくな!足関節を正しくストレッチして柔軟に

人間は他の動物と違い二本足で立ったり歩いたり、走ったりします。 四つ足の動物と違い、全ての体重が二...

足痩せのためには大きい筋肉も小さい筋肉もストレッチすべし

足痩せしたいと望む方は多いでしょう。 女性だけでなく、美意識高い男性もいるはずです。 皆さん...

治療法で迷っている方向け。腰痛にブロック注射は効果ある?

腰痛でお悩みの方が良くご来店されます。 そこで腰痛になってからの対処法を聞くと湿布を貼る、患部...

肩こりは単なる運動不足。まずは動的ストレッチでサビ落とし

何か定期的に運動をしている方はどれくらいいるのでしょうか。 月に数回、週に1回、週に3~4回。 ...

腰痛の原因は股関節周りの筋肉群にアリ!弾力を取り戻せ!

腰痛は筋肉、神経の異常から発症しやすい症状になります。 そんな腰痛は痛みが続く期間によって『急性腰...

姿勢を正す鍵は2つの肩甲骨にあり!どれだけ動かせますか?

人間の美しさは姿勢から始まります。 そして正しい姿勢で生活を送ることによって健康や美容、さらにはダ...

肩こりがひどいとさらなる悲劇が!その前に食い止めるべき

肩が凝ってしまうと身体に色々な異常が起こります。 肩こりが酷くなると肩のだるさ、気分が悪くなったり...

腰痛に効くストレッチをやる前に。現状把握が必要です!

いい状態をキープするにはまず自分を知ることからです。 自分の身体能力を客観的に測って弱い部分を...

男性でつらい腰痛者は必見!体には効果的なツボが存在する!

男性は女性に比べて肉体労働を職業としている方が非常に多いです。 そのため重たいものを運んだり、持っ...

肩こりや頭痛のときはツボ刺激が気持ち良い!場所と押し方

肩こりも頭痛も血行不良、栄養・酸素不足で起きているのは間違いありません。 また気の流れも滞っている...

肩こりで多くの方が悩まれている。まずは肩甲骨に意識を集中

肩甲骨を意識して大きく動かせる人はどれだけいるのでしょうか。 もしかしたら、肩甲骨がどのようなもの...

肩こりに効くストレッチ。普段やらない動作にこそ効果を期待

肩こりに効くと言われるのは、マッサージでしょうか。 肩たたきでしょうか。 それとも温浴でしょうか...

スポンサーリンク

腰痛予防でダイエットができるの?

腰痛になる原因には、肥満や筋力の低下、運動不足、椎間板の異常など色々あります。
そのうち筋力をつけることで予防できる腰痛の場合、腰痛予防に取り組むとダイエットまでできてしまうかもしれません。

筋力の低下は、運動不足によるものがほとんどで、肥満と隣合わせであることがほとんどです。
つまり筋力をつけることは、継続的なトレーニングが必要となり、その結果筋力アップ、運動不足解消、そして腰痛予防とダイエットのすべてが期待できるのです。
筋力をつけるトレーニングと言えばスクワットや腹筋などが連想されますが、腰になるべく負担をかけないで行う方法としては体幹を鍛えるトレーニングです。
そして腰痛予防につながる体幹トレーニングにはドローイングがあり、鍛える場所は腹横筋です。
この筋肉は、お腹周りにあり鍛えることで代謝が上がり、筋肉をつけるだけではなくダイエットにもなります。

体幹に筋肉をつけることで、腰への負担が軽減され腰痛の予防に期待できるやり方は、腹式呼吸を取り入れたストレッチであり、エクササイズ、体幹トレーニングです。

基本は3秒間お腹を膨らませながら鼻で息を吸い込み、3秒間でお腹をへこませるように息を吐き出します。
これを10回1セットとして、1日3回を目標に毎日行うことで、体幹が鍛えられ腰痛予防やダイエット効果が現れます。
そして応用として、様々なストレッチやエクササイズに腹式呼吸を合わせることをオススメします。

腹式呼吸と合わせた腰痛予防 ニークルックダウンの流れ

今回はニークルックダウンという腰痛改善のストレッチ、主に大腿四頭筋と腸腰筋を伸ばしていきます。
136a
立膝の状態から右足から前に出してください。
136b
その状態で膝に両手を添え右足に体重を乗せていき、左側の骨盤を少しだけ前方下の方に入れていくと、左側の腸腰筋と大腿四頭筋がしっかり伸びてくる感覚が出てくるでしょう。
136c
そのまま10秒間ストレッチを掛けたら少しお尻を戻します。
136d
そうしたら、繰り返して10回エクササイズして伸ばしていきましょう。
この時、前に体重を乗せるタイミングに合わせて、しっかり腹式呼吸で息を吐き、腹圧を高めていくとより効果的です。
136e
足を入れ替えて同じことを繰り返します。

女性の方は特に腸腰筋が非常に硬くなる傾向があります。
腰痛で悩むダイエットもしたい女性の方に、このストレッチをオススメします
自宅でも簡単にできるストレッチですのでぜひお試しください。

ニークルックダウンのポイント/回数・タイミング

ニークルックダウンを行う上でのポイント

前後に大きく股関節を開くのが大切です。
骨盤がなるべくねじれないよう、おへそを正面に向けたままにしましょう。
できる限りお尻を低く落としてください。
腹式呼吸で腹圧を高めて伸ばすと効果抜群です。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛予防/解消。
骨盤矯正。
下腹部ダイエット。
体幹強化。
腸腰筋ストレッチ&エクササイズ。

運動強度☆☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • 慢性的な腰痛がある方
  • ぽっこりお腹が気になる方
  • 太ももを細くしたい方
  • 冷えやすい方
  • 運動不足解消したい方
  • 前後開脚が苦手な方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.137】腰痛予防とダイエット効果を一挙両得 ニークルックダウン

色々な効果を期待できる腰痛予防ストレッチ

腰痛もあり、肥満傾向にあるような方は、運動不足で腹圧を高めるのも苦手な傾向にあるでしょう。

そんな方にこのストレッチはオススメです。
目的が腰痛解消や予防であっても、やり方やポイントを変えてやってみるとダイエット効果を追加することができるからです。

決して難しくありませんから試しにやってみてください。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ