ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

腰痛予防に取り組むならついでにダイエット効果も期待しよう

2017.10.20

腰痛で悩む方は多いですが、解消するため予防のために何かやっていますか?

ただ単にマッサージしたり、ストレッチしたりするのもいいですが、どうせなら副次効果を狙いませんか?

やり方をプラスするだけでダイエット効果も得られるとしたら、女性の方は特に嬉しいのではないでしょうか。

そんな方法を今回は紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

腰痛を和らげようとマッサージだけしていない?それでは不足

腰痛を和らげよう、解消しようとマッサージをする、してもらうことがあるでしょう。 しかし、マッサ...

お尻は筋肉でできている!硬くなる前にストレッチで解そう!

お尻の筋肉は私たちが歩く、走る際に大きく働く部位です。 お尻は座る際のクッションの役目であるの...

肩関節の故障を防ぎ柔軟性を高めるには肩甲骨の動きがカギに

手でボールを投げる、ボールを当てる場合、ほとんどの人が意識できるのは運動したい方向への動作です。 ...

腰痛に効く簡単体操がここにある!低難易度で試す価値あり!

どんなに運動やダイエットに精を出しても、太もも横の骨が張り出していることによる“太もも張り”の解消は...

腰痛は内臓の病気が引き金になることがある!自己判断は危険

腰痛予防のためにやっているストレッチなのに、効果をあまり感じられないという方いませんか? 腰痛...

腰痛と吐き気。春に起こる理由があった!精神的に変化あり。

春は一年の季節の始まりです。 季節の変わり目で、イライラしたり、体調を崩したりしやすい時期でもあり...

肩こりと頭痛は赤ちゃんに無関係?大人だから仕方ない?

肩こりでお悩みの方は大勢いらっしゃいます。 でも唯一赤ちゃんは肩こりにならないのはご存知でしたか?...

股関節を柔らかくするなら振り子運動ストレッチがオススメ!

最近は技術の進歩により動かずに何でもできるようになってきました。 スピーカーに話しかけるだけで、何...

肩こりが引き起こす頭痛は薬で応急処置。その後の対処が大事

肩こりがひどい、さらに頭痛を伴うと、家事や勉強、仕事に集中できなくなりますよね。 そうなっては、何...

あなたの腰痛の症状はどれ?見合った最善策を施し早期解消!

多くの方が腰痛で悩まれますが、その腰痛の原因を把握していますか? 腰が痛いと言っても、場所によ...

肩こりを放っておくと吐き気を引き起こす!そうなる前に

人により肩こりの感じ方は色々あると思います。 私の場合慣れないデスクワークをする際に無意識に肩に力...

姿勢を良くする。それは健康への階段。昇ってみませんか?

「痩せたい」が口癖になっている方や、流行りのダイエットを次から次へ試しているあなたの姿勢はどうですか...

肩こり解消は温める?冷やす?それより引き下げるのが正解!

肩こりが起きたときに皆さんはどのような対処をされていますか? 肩周りを温めると痛みが楽になると思わ...

不調の原因は膝下O脚にあるかも!?ストレッチで不調脱却!

股下、膝下のO脚が中々改善されないという方をよく耳にします。 O脚を改善したいけど、どうすれば...

美脚を目指せ!下肢の中でも硬くなりやすい内転筋ストレッチ

筋肉は大まかに言えば遅筋群、速筋群に分かれています。 持久系の赤色の筋肉が遅筋であり、瞬発系の白色...

スポンサーリンク

腰痛予防でダイエットができるの?

腰痛になる原因には、肥満や筋力の低下、運動不足、椎間板の異常など色々あります。
そのうち筋力をつけることで予防できる腰痛の場合、腰痛予防に取り組むとダイエットまでできてしまうかもしれません。

筋力の低下は、運動不足によるものがほとんどで、肥満と隣合わせであることがほとんどです。
つまり筋力をつけることは、継続的なトレーニングが必要となり、その結果筋力アップ、運動不足解消、そして腰痛予防とダイエットのすべてが期待できるのです。
筋力をつけるトレーニングと言えばスクワットや腹筋などが連想されますが、腰になるべく負担をかけないで行う方法としては体幹を鍛えるトレーニングです。
そして腰痛予防につながる体幹トレーニングにはドローイングがあり、鍛える場所は腹横筋です。
この筋肉は、お腹周りにあり鍛えることで代謝が上がり、筋肉をつけるだけではなくダイエットにもなります。

体幹に筋肉をつけることで、腰への負担が軽減され腰痛の予防に期待できるやり方は、腹式呼吸を取り入れたストレッチであり、エクササイズ、体幹トレーニングです。

基本は3秒間お腹を膨らませながら鼻で息を吸い込み、3秒間でお腹をへこませるように息を吐き出します。
これを10回1セットとして、1日3回を目標に毎日行うことで、体幹が鍛えられ腰痛予防やダイエット効果が現れます。
そして応用として、様々なストレッチやエクササイズに腹式呼吸を合わせることをオススメします。

腹式呼吸と合わせた腰痛予防 ニークルックダウンの流れ

今回はニークルックダウンという腰痛改善のストレッチ、主に大腿四頭筋と腸腰筋を伸ばしていきます。
136a
立膝の状態から右足から前に出してください。
136b
その状態で膝に両手を添え右足に体重を乗せていき、左側の骨盤を少しだけ前方下の方に入れていくと、左側の腸腰筋と大腿四頭筋がしっかり伸びてくる感覚が出てくるでしょう。
136c
そのまま10秒間ストレッチを掛けたら少しお尻を戻します。
136d
そうしたら、繰り返して10回エクササイズして伸ばしていきましょう。
この時、前に体重を乗せるタイミングに合わせて、しっかり腹式呼吸で息を吐き、腹圧を高めていくとより効果的です。
136e
足を入れ替えて同じことを繰り返します。

女性の方は特に腸腰筋が非常に硬くなる傾向があります。
腰痛で悩むダイエットもしたい女性の方に、このストレッチをオススメします
自宅でも簡単にできるストレッチですのでぜひお試しください。

ニークルックダウンのポイント/回数・タイミング

ニークルックダウンを行う上でのポイント

前後に大きく股関節を開くのが大切です。
骨盤がなるべくねじれないよう、おへそを正面に向けたままにしましょう。
できる限りお尻を低く落としてください。
腹式呼吸で腹圧を高めて伸ばすと効果抜群です。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛予防/解消。
骨盤矯正。
下腹部ダイエット。
体幹強化。
腸腰筋ストレッチ&エクササイズ。

運動強度☆☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • 慢性的な腰痛がある方
  • ぽっこりお腹が気になる方
  • 太ももを細くしたい方
  • 冷えやすい方
  • 運動不足解消したい方
  • 前後開脚が苦手な方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.137】腰痛予防とダイエット効果を一挙両得 ニークルックダウン

色々な効果を期待できる腰痛予防ストレッチ

腰痛もあり、肥満傾向にあるような方は、運動不足で腹圧を高めるのも苦手な傾向にあるでしょう。

そんな方にこのストレッチはオススメです。
目的が腰痛解消や予防であっても、やり方やポイントを変えてやってみるとダイエット効果を追加することができるからです。

決して難しくありませんから試しにやってみてください。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ