ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

腰痛予防に取り組むならついでにダイエット効果も期待しよう

2017.10.20

腰痛で悩む方は多いですが、解消するため予防のために何かやっていますか?

ただ単にマッサージしたり、ストレッチしたりするのもいいですが、どうせなら副次効果を狙いませんか?

やり方をプラスするだけでダイエット効果も得られるとしたら、女性の方は特に嬉しいのではないでしょうか。

そんな方法を今回は紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

開脚ストレッチでハムストリングスを常にベストな状態に保つ

ハムストリングスは力強い筋肉です。 ハムストリングスのおかげで立つ、歩く、走るといった当たり前の動...

姿勢が良い人、悪い人の身体の差。どこにあるか知ってる?

姿勢の崩れから身体に起こる不調は無限にあると言われています。 最近では小学生でも姿勢の崩れから身体...

腰痛で歩けない!?そんなときどうする?原因と対処法まとめ

腰が痛い!という患者様は無数にいらっしゃいます。 そして腰が痛くて歩けない状態の方を何人も診てきま...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。 そんなときの腰...

最近良く見かける姿勢改善専用クッションは効果があるのか?

多くの方が悪い姿勢で過ごしています。 仕方なしと諦めている方も多くいますが、それを気にしてどうにか...

X脚を治したい!すぐにできる方法はお尻と脚複合ストレッチ

O脚やX脚で悩まれている方は多いです。 特に女性の割合が多く占めます。 ではどうしてそのよう...

肩こりがひどいとさらなる悲劇が!その前に食い止めるべき

肩が凝ってしまうと身体に色々な異常が起こります。 肩こりが酷くなると肩のだるさ、気分が悪くなったり...

肩こりが痛いのは即解消!ラボ式のD1ストレッチが効果的!

肩関節を上から覆うようについている三角筋。 前部は、肩関節を屈曲したり肩関節を内旋します。 中部...

腰痛防止の為の体の使い方があるのを知っている!?プロ直伝

朝起きたときに腰が痛い! 寝返りをうつと腰が痛い! 立ち上がるときに腰が痛い! このように...

肩が痛いときは前腕をストレッチする!肩以外が鍵となる!

肩が痛いとどのような症状が起きるでしょうか? 指先の感覚が鈍い、肩がチクチクと痛い、腕がダルくて重...

腰痛は座り方を変えるだけで治まる可能性あり!その方法とは

座り仕事が増えた現代では、中臀筋というお尻の筋肉に負担がかかることで腰痛やむくみを発症してしまう方が...

肩こりの原因となる血行不良。漢方の力で流れを取り戻せるか

漢方は自然界にあるものから作られています。 そのため、安心して服用できる点が嬉しいです。 そ...

肩こりの放置が指先のしびれを生む!?それは首とも関係あり

首の関節が動きにくくなってくると、上半身は動きにくくなります。 1つの原因として考えられるのが...

猫背を治す方法は整体・ヨガ・ストレッチなど選択肢が多い!

猫背を治す方法、それはやっぱりストレッチでしょう。 でも背中を伸ばすストレッチ、骨盤を整えるス...

下半身連動ストレッチで股関節を大きく動かし膝の負担を軽減

膝だけを曲げ伸ばしする機会はあまりないはずです。 対して膝と同時に股関節や足関節を曲げ伸ばすことは...

スポンサーリンク

腰痛予防でダイエットができるの?

腰痛になる原因には、肥満や筋力の低下、運動不足、椎間板の異常など色々あります。
そのうち筋力をつけることで予防できる腰痛の場合、腰痛予防に取り組むとダイエットまでできてしまうかもしれません。

筋力の低下は、運動不足によるものがほとんどで、肥満と隣合わせであることがほとんどです。
つまり筋力をつけることは、継続的なトレーニングが必要となり、その結果筋力アップ、運動不足解消、そして腰痛予防とダイエットのすべてが期待できるのです。
筋力をつけるトレーニングと言えばスクワットや腹筋などが連想されますが、腰になるべく負担をかけないで行う方法としては体幹を鍛えるトレーニングです。
そして腰痛予防につながる体幹トレーニングにはドローイングがあり、鍛える場所は腹横筋です。
この筋肉は、お腹周りにあり鍛えることで代謝が上がり、筋肉をつけるだけではなくダイエットにもなります。

体幹に筋肉をつけることで、腰への負担が軽減され腰痛の予防に期待できるやり方は、腹式呼吸を取り入れたストレッチであり、エクササイズ、体幹トレーニングです。

基本は3秒間お腹を膨らませながら鼻で息を吸い込み、3秒間でお腹をへこませるように息を吐き出します。
これを10回1セットとして、1日3回を目標に毎日行うことで、体幹が鍛えられ腰痛予防やダイエット効果が現れます。
そして応用として、様々なストレッチやエクササイズに腹式呼吸を合わせることをオススメします。

腹式呼吸と合わせた腰痛予防 ニークルックダウンの流れ

今回はニークルックダウンという腰痛改善のストレッチ、主に大腿四頭筋と腸腰筋を伸ばしていきます。
136a
立膝の状態から右足から前に出してください。
136b
その状態で膝に両手を添え右足に体重を乗せていき、左側の骨盤を少しだけ前方下の方に入れていくと、左側の腸腰筋と大腿四頭筋がしっかり伸びてくる感覚が出てくるでしょう。
136c
そのまま10秒間ストレッチを掛けたら少しお尻を戻します。
136d
そうしたら、繰り返して10回エクササイズして伸ばしていきましょう。
この時、前に体重を乗せるタイミングに合わせて、しっかり腹式呼吸で息を吐き、腹圧を高めていくとより効果的です。
136e
足を入れ替えて同じことを繰り返します。

女性の方は特に腸腰筋が非常に硬くなる傾向があります。
腰痛で悩むダイエットもしたい女性の方に、このストレッチをオススメします
自宅でも簡単にできるストレッチですのでぜひお試しください。

ニークルックダウンのポイント/回数・タイミング

ニークルックダウンを行う上でのポイント

前後に大きく股関節を開くのが大切です。
骨盤がなるべくねじれないよう、おへそを正面に向けたままにしましょう。
できる限りお尻を低く落としてください。
腹式呼吸で腹圧を高めて伸ばすと効果抜群です。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛予防/解消。
骨盤矯正。
下腹部ダイエット。
体幹強化。
腸腰筋ストレッチ&エクササイズ。

運動強度☆☆

ストレッチがあまり得意ではない、運動を定期的に行っていない方向け。

このようなお悩みがある方

  • 慢性的な腰痛がある方
  • ぽっこりお腹が気になる方
  • 太ももを細くしたい方
  • 冷えやすい方
  • 運動不足解消したい方
  • 前後開脚が苦手な方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.137】腰痛予防とダイエット効果を一挙両得 ニークルックダウン

色々な効果を期待できる腰痛予防ストレッチ

腰痛もあり、肥満傾向にあるような方は、運動不足で腹圧を高めるのも苦手な傾向にあるでしょう。

そんな方にこのストレッチはオススメです。
目的が腰痛解消や予防であっても、やり方やポイントを変えてやってみるとダイエット効果を追加することができるからです。

決して難しくありませんから試しにやってみてください。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ