ハムストリングスストレッチで腰痛解消!効果はいかほどか?

ハムストリングスがどこの筋肉だか知っていますか。

それは裏ももの筋肉群です。
大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋を総称してハムストリングスと呼びます。

この筋肉が硬くなると腰痛が引き起こされると言われます。
腰の筋肉ではなく、裏ももの筋肉が原因となるのです。
どういった理由からでしょうか。

今回はその因果関係と効果的にストレッチするやり方を紹介します。
腰痛で悩まれている方は是非お試しください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩こりが引き起こす頭痛は薬で応急処置。その後の対処が大事

肩こりがひどい、さらに頭痛を伴うと、家事や勉強、仕事に集中できなくなりますよね。そうなっては、何...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。そんなときの腰...

女性のための腰痛対策。冷えも合わせて解消!もう悩まない!

物を拾おうとした時、突然腰に激痛が走ったことはありませんか?特に女性の方、急な腰痛を経験した人は...

姿勢が良い=好印象。これ間違い無し!それではどうする?

良い姿勢はどうやって作るか、なかなか分かりにくいですよね?他の人の綺麗な姿勢はよく分かります...

誰でも簡単にできる!腰痛が慢性化しない為にする事とは?

普段から下を向くことが多い方、背中を丸めてしまっている方は腰痛が慢性化していませんか?間違っ...

肩こりを放っておくと吐き気を引き起こす!そうなる前に

人により肩こりの感じ方は色々あると思います。私の場合慣れないデスクワークをする際に無意識に肩に力...

いくつもある肩こりや頭痛を解消する5つの方法!簡単気軽に

頭痛や肩こりのように肩から上の症状だから、原因はその範囲にあると思っていませんか?間違いはな...

肩こりが治らない理由。それは腰痛との相互作用のせいかも?

肩こりを感じている方は、肩周りだけ動かしていないといったことは少なく、他の部位もあまり動かしていない...

姿勢を良くする筋肉は大腰筋!この筋肉の使い方が鍵を握る!

私たちの身体は姿勢良く過ごすことで快適に動け、そして疲れにくくもなります。そんな姿勢を保って...

冬に腰が痛いときストレッチの効果は!冬こそ体を動かそう!

冬になると神経痛・関節痛・腰痛の症状が悪化する人は少なくありません。冬の寒さにより血行が悪くなり...

水泳でタイムを伸ばす肩甲骨の正しい使い方と可動域拡大方法

手を動かす上でスピードアップやパワーアップをしたい場合、体幹の側面か内側に沿って体幹の近くで動かしま...

股関節ストレッチで歩幅を広げて身体パフォーマンスアップ!

スポーツをする上で股関節の柔軟性が運動パフォーマンスを左右すると行っても過言ではありません。あれ...

水泳のストロークを伸ばす肩甲骨ストレッチで胸周りを柔軟に

肺臓の周りの筋肉を硬くすることは、呼吸をする上で心肺能力を下げてしまう原因と1つとなります。呼吸...

歯痛を放っておくと知らず知らずに肩こりになる可能性大!

歯痛と肩こりには意外な関係性があります。どうしてなのか想像つかない方もいるかもしれません。...

腰痛を和らげようとマッサージだけしていない?それでは不足

腰痛を和らげよう、解消しようとマッサージをする、してもらうことがあるでしょう。しかし、マッサ...

スポンサーリンク

 ハムストリングスをストレッチすると腰痛改善の効果がある

ハムストリングス(太ももの裏)をストレッチすることで、腰痛を改善する効果があると聞くと少し胡散臭く感じる人もいるのではないでしょうか。

そもそも、「腰痛とハムストリングスに関係があるの?」と思われる方も多いでしょう。

それでは腰痛とハムストリングスの関係についてお話します。
私たち人間は、太ももの筋肉が硬くなると股関節が伸びなくなって前かがみの姿勢になります。
姿勢が前かがみになったのに、前を見ようとするとどうしても腰を反ってしまうことになりますよね。
そうすると、腰に負担が掛かって腰痛になってしまうのです。

この腰痛の根本原因はタイトハム、つまり太ももの裏の筋肉が硬くなる状態です。

私たちの身体の柔軟さが最も分かりやすい部位は、脚の大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)とハムストリングスです。
大腿四頭筋が硬くなると腰を伸ばす時に骨盤が後ろに回らないため、腰だけを使って動いてしまい、それが腰に負担となります。
またハムストリングスが硬くなると、骨盤を後ろに引っ張ってしまうことで負担が掛かります。

そこで腰痛改善に効果的なのは、特に硬くなりやすいハムストリングスをストレッチして筋肉を解すことです。
ハムストリングスが緩まないと、対となる大腿四頭筋も緩みません。

ハムストリングスを効果的に伸ばすストレッチ ペアシッティングストレート

今回はペアシッティングストレートという腰痛改善のストレッチです。
主にハムストリングスとふくらはぎを伸ばしていくストレッチメニューです。

まず長座で座ります。
両足を前に伸ばして踵同士をくっつけましょう。
それから両手はお尻の後ろで組んでください。

そこから体を前に倒していきます。

つま先をしっかり上に上げて30°外に開くようにしてください。
パートナーは膝が曲がっていないかチェックしながら、前に押し倒しましょう。
そのまま姿勢を10秒間キープします。

戻したら、10回連続で息を吐くタイミングと合わせて前に倒していきましょう。

体を無理に曲げすぎてしまうと膝が曲がってしまったり、つま先が伸びてしまって、ふくらはぎとハムストリングスにストレッチが掛かってきません。
前に倒しきらなくても結構ですので、つま先が上を向き、膝がしっかり伸びている状態で倒しましょう。

ペアシッティングストレートのポイント/回数・タイミング

ペアシッティングストレートを行う上でのポイント

手を後ろで組み、肩甲骨を寄せることで脊柱が真っ直ぐなまま倒しやすくなります。
ゆっくり息を吐きながら倒すことで、体は緩めやすくなります。

回数・タイミング

10秒キープ後、10回繰り返し。
交代して3セット行いましょう。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛改善/予防。
ハムストリングス、下腿三頭筋のストレッチ。

運動強度☆☆☆

普段から前屈運動を行っている方向け。

このようなお悩みがある方

  • さらに前屈動作を深くしたい方
  • 腰痛でお悩みの方
  • 骨盤後傾で悩まれている方
  • 裏ももがたるんでいる方
  • 1人ではストレッチができない方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.198】ペアシッティングストレートで効果的にハムストリングスを刺激

ハムストリングスストレッチこそ基本中の基本

ストレッチをしようと思い、誰もがする動作が前屈動作でしょう。
そこで伸ばされるのが裏もものハムストリングスです。
誰もが硬くなったと感じやすい筋肉です。

ただこの筋肉がどのような役割で、どこからどこに繋がっているのか知っている人は少ないです。

詳しく知らなくてもここまで読んで、硬くなったら腰痛になるということだけは覚えたことでしょう。
硬くなって嫌な思いをしないためにもストレッチしていきましょう。