ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

姿勢美人。たったコレだけでなれる?なりたい方必見です!

2017.10.1

皆さんは姿勢美人ですか?
それとも姿勢ブサイクですか?
そもそもこんな言葉はありませんが、姿勢美人というのは聞こえがいいですよね。

実際、美人と言われる方々は姿勢がキレイです。
姿勢がキレイだから美人なのかもしれません。

どちらにせよ姿勢を良くすることで、周りからの見え方が変わるのなら目指すべきことでしょう。

そこで今回のストレッチがオススメに上がります。
慣れたらもう姿勢美人の一人になっていることでしょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩こり解消に胸の筋肉をストレッチ!?そこには確かな理由が

肩甲骨が動かないと肩こりになりやすいです。 そしてその肩甲骨が動かなくするのが、スマホいじりや、腕...

「腰痛が悪化し過ぎて動けない」なんてことにならないために

腰痛で苦しんでいる方。 突然の腰痛で動けないなんて経験ありますか。 その時、腰に痛みが起きて...

皆悩む腰痛は運動不足による背中の広背筋のサビつきが原因

腰痛になりやすい人はどんな人でしょうか? 腰痛の原因は1つではなく、普段何気なく行っている癖や...

女性特有の腰痛がある!その予防に女性考案体操が効果的!

太ももがとにかく太くてガッチリしている。 学生の時にバレーボールや陸上など、下半身の筋肉を良く使う...

腰痛、ひどいとそれヘルニアかも?自然治癒することはない?

腰痛で日本人の10人に1人が悩んでいます。 その中でも痛みやしびれを伴う「腰椎椎間板ヘルニア」があ...

腰痛になる方の共通点。それは不良姿勢での座り方にあり!

皆さん、私たち人間にとって正しい姿勢とはどんなものかご存知ですか? 正しい姿勢と言っても、動作...

脚やせの法則。それは足指足首の末端ストレッチが鍵となる!

脚やせを成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。 軽い運動をする、食事制限をする、マッサージをす...

下半身連動ストレッチで股関節を大きく動かし膝の負担を軽減

膝だけを曲げ伸ばしする機会はあまりないはずです。 対して膝と同時に股関節や足関節を曲げ伸ばすことは...

足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。 ...

X脚を治したい!すぐにできる方法はお尻と脚複合ストレッチ

O脚やX脚で悩まれている方は多いです。 特に女性の割合が多く占めます。 ではどうしてそのよう...

歯痛を放っておくと知らず知らずに肩こりになる可能性大!

歯痛と肩こりには意外な関係性があります。 どうしてなのか想像つかない方もいるかもしれません。 ...

腰痛が治らないなら股関節を広げてガニ股で腰を落とそう!

腰痛が治らないのは、筋肉のバランスが崩れたままだからかもしれません。 痛みの発する部分の筋肉を...

腰痛は座り方を変えるだけで治まる可能性あり!その方法とは

座り仕事が増えた現代では、中臀筋というお尻の筋肉に負担がかかることで腰痛やむくみを発症してしまう方が...

立ち姿勢がよくなる秘訣とは?重心と体の各パーツの位置関係

姿勢が悪いと身体にさまざまな不調を来たし、見た目にも関係してきます。 その矯正ポイントとして今...

肩こりと頭痛は赤ちゃんに無関係?大人だから仕方ない?

肩こりでお悩みの方は大勢いらっしゃいます。 でも唯一赤ちゃんは肩こりにならないのはご存知でしたか?...

スポンサーリンク

姿勢を改善するにはなぜストレッチが効果的?

何も意識しないで、鏡の前に立ってみてください。
どちらかの肩が上がっていませんか?
また頭がどちらかに倒れていませんか?
そのまま横向きで鏡の前に立つと、背中は曲がり猫背になっていませんか?

私たちは何気なく立ったり座ったりを繰り返しながら生活をしていますが、その姿勢が必ずしも正しいとはいえません。
長年の生活習慣や歩き方、座り方、仕事の時の姿勢などが影響し、正しい姿勢ではないこともあるのです。

姿勢がゆがんでしまうと身体のいろいろなところに負担がかかるため、関節が痛い、脂肪が落ちにくいなどいろいろな影響があります。
長年の姿勢の習慣は簡単には改善できませんが、それでも姿勢を改善することを意識すると少しずつ良くなってくることもあるのです。

そして姿勢を改善する方法の1つがストレッチなのですね。
ストレッチをすると、体の節々を動かすことになるので、血流が良くなります。
また血流が良くなり、体が温まると関節を動かしやすくなるのです。
その結果正しい姿勢をするために体を動かしやすくなるのです。

つまり基本はストレッチ。
これを継続することで、少しずつ正しい姿勢に改善していくことができ、いつのまにか姿勢美人になっているでしょう。

いつのまにか姿勢美人になれるストレッチ クロスウォークの流れ

今回はクロスウォークという、姿勢改善のストレッチ。
主に内転筋をしっかり締めていくストレッチになっていきますので、少しきついかもしれませんが頑張ってください。
75a
踵と踵をくっつけて、つま先が90度開く状態で立ちます。
75b
そこから右足を左足のつま先の前にTの字を作るようにクロスしてみて下さい。
75c
そこから両膝を一度軽く曲げます。
75d
そこから膝を伸ばしながら上に背筋を伸ばしていきます。
75e
その時に肩甲骨を後ろに寄せてみましょう。
この状態で姿勢を作ったら、一度リラックスします。
今度は左足を前に出し、上に伸びて、肩甲骨を後ろに寄せます。
このように前に6歩歩いたら、今度は後ろに6歩動いていきます。

このストレッチは姿勢改善の中でもかなり難易度が高くなってきます。
その分効果は非常に出てきます。
ご自宅でも簡単にできるストレッチになってきてますので、ぜひ試してみて下さい。

クロスウォークのポイント/回数・タイミング

クロスウォークを行う上でのポイント

動きが小さいとその分効果も半減してしまいます。
しっかり足で90度を保ち内もも同士を締めつけ目線が高くなるよう伸び上がりましょう。
自然と肩甲骨が寄せやすい姿勢になるはずです。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

姿勢改善/矯正。
下半身を引き締めながら上肢を積極的に使うことで、広背筋に刺激が入り肩甲骨のポジションを正します。

運動強度☆☆☆☆☆

ストレッチをやる習慣がある方、運動を定期的に行っている方向け。

このようなお悩みがある方

  • 姿勢を正したい
  • O脚の改善をしたい
  • 内股が気になる
  • ポッコリお腹が気になる
  • ストレッチになれている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.46】これができたら姿勢美人!クロスウォーク

モデルのように歩くこと!

今回のストレッチはまさしく姿勢美人と言えるモデルさんたちの歩く姿勢をイメージしています。

気持ちはモデルさんに成りきってやってみてください。

最初は不自然でもこの全身連鎖ができるようになってくると、いつの間にか周りから姿勢美人だねと言われるようになっているはずです。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ