体幹トレーニングに使える便利グッズ。バランスボールは良い

体幹トレーニングに必要なグッズとは何でしょうか。

ストレッチマット。
ゴムチューブ。
ダンベル。
バランスボールなど。

色々あれば活用できそうですが、1つも無くても体幹トレーニングはできます。

そのためには、体の仕組みを理解することが必要です。
普段から対角線を意識して過ごしてみましょう。

右手を伸ばす時右足を後ろに引いたり、左足を前に出したりするのです。
ただ右手を伸ばすより、遠くまで伸ばせるはずです。

これが体幹を使うということ。
是非今回紹介するストレッチ&トレーニングで感覚を磨きましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

捻転は体幹がつないで最大化!トレーニングでゴルフ腕前上達

ゴルフは捻転を必要とするスポーツで、直線的な運動だけでは飛距離が得られません。捻転とは上半身...

体幹トレーニングは本になるほど大人気!試しにやりたい方へ

今や本やテレビで当たり前に取り上げられる体幹トレーニング。これはプロアスリートや何か競技を本気で...

体幹トレーニングはやり方次第で様変わり!どう始めるべき?

体幹トレーニングのやり方はたくさんあり、どれが自分に必要で効果的なのか分かりにくいですよね。...

体幹トレーニングが子供にもたらすこととは?成長・学力向上

子供の頃から体幹トレーニングをした結果、筋肉がつき過ぎて成長が止まると思っている方は多いようです。...

美しい背中になれる!体幹トレーニングで背筋群を引き締める

体幹トレーニングの主目的はインナーマッスルの強化、呼び覚ましです。現代社会で普段生活している...

今大人気の体幹トレーニングをやるメリットとは健康の底上げ

体幹トレーニングとは、アスリートがパフォーマンスを高め怪我の予防のためだけにすることではありません。...

やる場所で効果に違いある?体幹トレーニングを自宅で継続!

体幹トレーニングは特別器具も広いスペースも必要としません。ですからどこでもできる手軽なトレーニン...

踵の骨へのダメージを減らすストレッチ。ランニング前に必須

ランニングはひたすら脚を交互に出す運動です。そのため、アスファルトやコンクリートなど地面が硬いと...

筋肉を伸ばせば骨も元通り。ストレッチのやり方を間違えるな

猫背、O脚、側弯症。どれも骨の位置が正常でないことで起こります。そのため、骨を矯正して治そう...

体幹トレーニングによってバドミントンスキルを効率良く向上

バドミントン人気はどんどん高まってきていますね。競技の特徴は何と言っても前後左右への激しい移...

体幹トレーニングはアスリートだけでなく美を求める女性まで

体幹トレーニングはスポーツにおいて、あらゆるパフォーマンスを高めるために、現在標準化されつつあります...

激しい接触で負けない!体幹トレーニングでバスケ用の体作り

日本にもプロバスケットボールリーグのBリーグが誕生し、バスケ人気が高まっています。そんなバスケを...

体幹トレーニングは自重で可!ジム通い不要で自宅でトライ!

体幹トレーニングはトレーニングジムに行って、専用の器具を使ったり、専門家の補助を受けたりしないとでき...

体幹トレーニングは体1つ十分!器具が不要で始めやすい!

体を鍛えようとするのは、どんな方でしょうか。スポーツで上を目指す方、モデルのように見せる体が必要...

体幹トレーニングを毎日やるのは危険?それとも日課にする?

皆さん毎日することは何ですか?食事、睡眠、仕事などなどたくさんあるでしょう。その中にスト...

スポンサーリンク

 体幹トレーニングのグッズは本当に使える?

体幹を鍛えるトレーニンググッズには様々なものがありますが、一番身近なものと言えばバランスボールではないでしょうか。

ヨガでも取り入れられるバランスボールは、スポーツ用品店だけでなく、大型ショッピングモールでも気軽に購入できるグッズとなりました。
値段もお手頃価格ですし、老若男女問わずすぐに体幹トレーニング、バランストレーニングを始めることができます。
不安定なバランスボールの上で、バランスを取りながらトレーニングをすることで、腹筋や股関節周りの筋肉が鍛えられ、身体全体のバランスを強化することができます。

体幹トレーニングを継続して行うことで筋密度が上がり、筋力アップと同時に基礎代謝の上昇に繋がります。

人の1日の消費カロリーの中で、最も大きな部分を占めるのは基礎代謝ですので、上昇することで太りにくく痩せやすい体質に変わっていく効果が期待できます。

バランスボールを使ったトレーニングはまだ難しいという方は、この後紹介するストレッチから始めることをオススメします。

グッズが無くても体幹トレーニングになる ダイアゴナルエアタッチの流れ

今回はダイアゴナルエアタッチという、体幹トレーニングです。
ランニングの前後にウォーミングアップ、クールダウンとしてオススメです。

両手を前習えの形にして、手のひらは下に向けてください。

そこから右のつま先を左手の指先にタッチさせましょう。

今度は、左のつま先を右手の指先にタッチさせます。

注意点は、右足を左手にタッチさせようとして上げると、左手を下げて近づけてしまわないこと。
できるだけ手は動かさないで、高い位置のまま、つま先をタッチしましょう。

このような形で、高い姿勢を保って行うと体が捻じれやすくなってきますので、トレーニング効果が高くなってきます。
手の位置を注意して行ってみましょう。
左右交互に10回行ってください。

簡単に立ってできますので、外でも気軽にできるストレッチ&トレーニングです。
リズム良く行うことで心拍数も上がってきますので、ウォーミングアップに最適です。
是非、ランニング前後に行ってみてください。

ダイアゴナルエアタッチのポイント/回数・タイミング

ダイアゴナルエアタッチを行う上でのポイント

手の高さをキープし、膝をなるべく曲げないように意識して行ってください。
リズム良く呼吸を止めずに行いましょう。

回数・タイミング

左右10回1セット。
いつでもどこでも気が向いたタイミングで1日3セットは行いましょう。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

ウォーミングアップ・クールダウン。
ハムストリングスのストレッチ。
簡単な体幹トレーニング。

運動強度☆☆☆

足が水平以上上がる方向け。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 腰痛でお悩みの方
  • 下半身に疲労を感じやすい方
  • 運動不足解消したい方
  • 下半身痩せしたいと願う方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.235】ダイアゴナルエアタッチで体幹トレーニング入門

対角線上のライン運動はグッズを使わない列記とした体幹トレーニング

体幹トレーニングの良いところはグッズがあろうと、マシンがあろうとなかろうとできることです。
体幹を上手く連動させ、上半身と下半身を動かすと体幹は常に刺激させるのです。

今回のストレッチは、対角線上にある腕と脚を近づけるため、体が捻じれながら動きます。
気持ち良く捻じれますから、普段運動をあまりやらない方にもオススメです。