ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

股関節を柔らかくするなら振り子運動ストレッチがオススメ!

2017.12.25

最近は技術の進歩により動かずに何でもできるようになってきました。
スピーカーに話しかけるだけで、何でもできてしまう時代です。
今後は益々その傾向が強くなる一方でしょう。

そのため、私たちは慢性的な運動不足になっています。
もちろん定期的に運動をしている方もいますが、半数以上は家事や仕事に追われ、決まった動作しかしなくなっているはずです。

そうなると関節という関節はどんどん可動域を失っていきます。
普段家事で動かしているからという方も、一方向しか使っていないと意味がないのです。

特に硬くなりやすいのが、股関節。
開脚や前屈、痛みなくできますか?

少しでもストレッチされて痛みを感じるようなら、それは危険信号です。
すぐに今回紹介する股関節を柔らかくするストレッチを取り入れていきましょう。
オススメです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩こりに効くストレッチ。普段やらない動作にこそ効果を期待

肩こりに効くと言われるのは、マッサージでしょうか。 肩たたきでしょうか。 それとも温浴でしょうか...

ハムストリングスストレッチで腰痛解消!効果はいかほどか?

ハムストリングスがどこの筋肉だか知っていますか。 それは裏ももの筋肉群です。 大腿二頭筋、半...

カラダラボでは身体の声を聞き腰痛を和らげる方法を最適選択

腰痛を和らげる色々な方法が世に広まっています。 カラダラボではそのうち施術、ストレッチ、食事療法で...

足首の底・背屈ストレッチでアキレス腱と足指を柔軟にしよう

2本足で人間は歩いたり、走ったりするため、足首に過度の負担が掛かるような体の構造になっています。 ...

腰痛は病院で改善?それとも自力?もう選択で迷うことなし!

「腰が痛い!」と言って病院に駆け込んでくる患者さんに毎日のように出会います。 腰痛と言ってもその病...

若いうちから習慣に!腰痛予防ストレッチは寝る前ルーティン

女性は太ももの太さを気にされている方が多いですね。 最近は男性の方でも太ももを細くしたいという方が...

太股(太腿)の筋肉痛は動的ストレッチで早期回復!引きずるな

太股の筋肉痛を感じるのは、激しい運動直後ではなく、翌日以降が多いはずです。 そんな筋肉痛はただ...

腰痛の治療に終焉なし!その後の過ごし方で雲泥の差が出る!

腰痛は治療すれば治るとお考えの方はどれだけいるのでしょう。 実際一時的に痛みがなくなることはあ...

手首に柔軟性は必要なのか?左右差や硬さのせいで怪我する?

手首の柔軟性の左右の違いは、両手を使うスポーツにおいて、例えばボールを使う競技だとボールコントロール...

男性でつらい腰痛者は必見!体には効果的なツボが存在する!

男性は女性に比べて肉体労働を職業としている方が非常に多いです。 そのため重たいものを運んだり、持っ...

水泳でタイムを伸ばす肩甲骨の正しい使い方と可動域拡大方法

手を動かす上でスピードアップやパワーアップをしたい場合、体幹の側面か内側に沿って体幹の近くで動かしま...

股関節ストレッチで歩幅を広げて身体パフォーマンスアップ!

スポーツをする上で股関節の柔軟性が運動パフォーマンスを左右すると行っても過言ではありません。 あれ...

肩関節の故障を防ぎ柔軟性を高めるには肩甲骨の動きがカギに

手でボールを投げる、ボールを当てる場合、ほとんどの人が意識できるのは運動したい方向への動作です。 ...

腰痛と吐き気。春に起こる理由があった!精神的に変化あり。

春は一年の季節の始まりです。 季節の変わり目で、イライラしたり、体調を崩したりしやすい時期でもあり...

足首が固いと全身も固くなる!ストレッチで緩めて引き締める

足首が固いことで良いことはあるでしょうか。 間違いなく無いに等しいでしょう。 足首が固い...

スポンサーリンク

 振り子のように使うために股関節を柔らかくするストレッチ

骨盤と股関節は体の中心にあり、胴体と両足をつなぎ重い体重を支える大切な役割をしています。

両足で普通に立っている時に股関節に掛かる重さは体重の3~4割程度ですが、片足立ちになると体重の3~4倍の負荷が掛かり、歩く時には10倍の負荷が掛かると言われています。
その他にも体を曲げたり、足を前後・左右・回転など様々な動きにも対応しています。
体重を支えつつ様々な動きに対応する為に、股関節を起点として22本の筋肉が、腰・骨盤・大腿骨・膝・脛骨などと複雑につながる事でその役割を果たしているのです。

大人になると運動をする機会が減ったり、運動をしても筋肉を使いっぱなしだったり、同じ姿勢で長時間同じ筋肉を使い続ける、といった生活で股関節が硬くなってしまいます。
すると股関節は沢山の筋肉が繋がっていますので様々影響が出始めます。
下半身太り・むくみ・冷え性・骨盤の歪み・姿勢の悪化・肩こり・腰痛など、股関節が硬くなることでこの様な症状を引き起こす原因にもなるのです。

一度硬くなってしまった股関節周りの筋肉は、ストレッチを続ける事で徐々に柔らかくすることができます。
お風呂上りなど体が温まった状態でストレッチを行えば、硬くなった筋肉も柔らかくなりやすいですのでオススメです。

この後紹介するストレッチを毎日続ける事で、気持ちもスッキリとし、健康的で美しい体を手に入れたいですね。

股関節を柔らかくする方法 カウンターツイストペンデュラムの流れ

今回はカウンターツイストペンデュラムという、ペアで行う股関節のストレッチです。
振り子の動作によって、股関節の可動域を上げて、股関節痛を和らげます。

パートナーに両手を支えてもらい体をツイストします。
まず左側に両手をもってきてください。

その状態から左足のつま先を左手の指先に近づけてみましょう。

そこから大きく内側の方に振り、そしてさらに外側の方に足を戻していく振り子の動作をしていきます。
ゆっくりやってしまうと高さも出ず可動域が広がりませんので、リズム良く行っていきましょう。
1往復を1回と数え、10回行ってください。

捻りを入れ替えて、今度は逆側もやってみましょう。


大きく動かしていくと軸足の膝が曲がりやすくなってきます。
そして姿勢も落ちやすくなってきます。
そこでサポーターの方がしっかり手を高い位置で支えてあげることによって、軸足が曲がりづらくなります。
姿勢が高い方が、体が軽くなって股関節の可動域が広がりやすいです。
是非2人で息を合わせてやってみてください。

カウンターツイストペンデュラムのポイント/回数・タイミング

カウンターツイストペンデュラムを行う上でのポイント

振り子のリズムで止まること無く動かしましょう。
自分の足の重さに引っ張られる感覚が得られるはずです。
頭が天井に吊られているイメージがあると効果的です。

回数・タイミング

左右それぞれ往復10回を1セットとして、1日3セット。
パートナーとタイミングが合えば、朝昼晩と分けても構いません。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

股関節を柔らかくすること。

運動強度☆☆

力が要らないので誰でも可。

このようなお悩みがある方

  • 猫背を改善したい方
  • 骨盤の歪みを改善したい方
  • 股関節に痛みを感じている方
  • 下半身の冷えやむくみを解消したい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.234】股関節を柔らかくするカウンターツイストペンデュラム

股関節を柔らかくすると良いことづくめ

骨盤は私たちの体の土台だと表現されることがあります。
その土台を水平に保つのも傾かせるのも股関節の役割になります。

股関節が硬いと水平を保つことが難しく、その上は力を入れて支える必要があり不具合しか生じません。
しかし股関節を柔らかくすると水平を保ちやすく、上半身は力を抜いても綺麗に並んでいられるのです。

常に力んでいるのと、リラックスしているのはどちらが良いかは言うまでもありませんね。

今回紹介したストレッチで股関節を常に柔らかくしておくことで、力みのない穏やかな生活を送りませんか。

 - ストレッチ