腰痛ツボの位置を把握。ストレッチでその経絡の流れを改善!

腰痛のツボはいくつか存在します。
ただほとんどが背中側にあるため、自分でツボを押すこともままなりません。
そのため専門家を求めて出向くのもいいですが、なんとか自分で探し刺激する方法はないものでしょうか。

そこでオススメしたいのが、ストレッチです。
ツボの位置を正確に把握していなくても、ツボ押し効果と同等とまではいきませんが、自分1人でツボ刺激ができます。
是非お試しください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

太股(太腿)の筋肉痛は動的ストレッチで早期回復!引きずるな

太股の筋肉痛を感じるのは、激しい運動直後ではなく、翌日以降が多いはずです。そんな筋肉痛はただ...

肩こりの秋!?季節の変わり目に起きる肩こりの原因とは?

パソコンやスマホの普及によって、肩こりは現代病になったといっても過言ではありません。肩がこると腕...

腰痛でお悩みの方。痛みがなく楽な姿勢こそ正しい姿勢なの?

腰痛の症状でお悩みの方は、普段はどのような姿勢でいますか?そもそも姿勢を意識して生活をされていま...

猫背で悩んでいる方、治すためにストレッチ何種類やってる?

猫背を治すためにストレッチをしていますか。そのストレッチもたくさんの種類があります。どれ...

肩こりを楽にする整体の特徴。整体には正しい理論がある。

最近、町中でよく見かけるようになってきた整体。『整体』と言っても、色々なやり方や考え方、流派があ...

数多ある腰痛の対処法。どれがベストな選択か知ってる?

腰痛が起きた時に皆さんはどのような対処をしますか?今回はその対処方法についていくつか説明していき...

冬に腰が痛いときストレッチの効果は!冬こそ体を動かそう!

冬になると神経痛・関節痛・腰痛の症状が悪化する人は少なくありません。冬の寒さにより血行が悪くなり...

肩こりを治す鍵は上腕三頭筋にあり!皆さん使えていますか?

肩こりになってしまう方で多いのが、上腕三頭筋が硬くなることです。そこで、どのようにしたら柔ら...

腰痛は病院で改善?それとも自力?もう選択で迷うことなし!

「腰が痛い!」と言って病院に駆け込んでくる患者さんに毎日のように出会います。腰痛と言ってもその病...

肩こりが痛いのは即解消!ラボ式のD1ストレッチが効果的!

肩関節を上から覆うようについている三角筋。前部は、肩関節を屈曲したり肩関節を内旋します。中部...

ふくらはぎストレッチをより効果的にする方法!全身連動が鍵

ふくらはぎのストレッチを体重を乗せていけばできますが、上半身何もしないのは勿体無いことです。...

腰痛を治す心得。それは太ももが張るのを見逃さないこと。

筋トレをして腰痛になるというのは良くあることです。正しい姿勢でできていないことが原因の一つです。...

姿勢を正すこと!それだけで理想の美背中が誰でも手に入る!

肩こりや腰痛で悩まされている方、姿勢が崩れていませんか?姿勢が悪いとさまざまな不調に見舞われてし...

ハムストリングスストレッチで腰痛解消!効果はいかほどか?

ハムストリングスがどこの筋肉だか知っていますか。それは裏ももの筋肉群です。大腿二頭筋、半...

足のむくみ解消には指先までしっかりストレッチを欠かさない

足のむくみに悩まされる方多いでしょう。特に寒くなってくる、秋から冬にかけてのシーズンはさらに増え...

スポンサーリンク

腰痛に効くツボはどこ?

腰は体の要ですから、痛くなってしまうと何をするにも影響が出てしまいます。

腰痛に効くツボとしてオススメなのは、大腸兪、腎兪、志室です。

志室
肋骨の切れ目の下、第2腰椎と第3腰椎の間から指4本分外に位置しています。
横から押すとツーンと響く場所です。
ギックリ腰で必ず痛くなる場所でもあります。

腎兪
志室の指2本分内側にあるのが腎兪です。
45度くらいの角度で押すと効きます。

大腸兪
さらに大腸兪は、腎兪と同じ縦のライン上にあり、第4腰椎と第5腰椎の間から指2本分外です。
腰を曲げ伸ばす時に無意識に触っている場所が大腸兪です。
真上から垂直に押すと効きます。

また腰痛に効くツボは、腰だけにあるわけではありません。
お尻にある浪越圧点と言うツボがあります。
お尻の横で大臀筋と中臀筋の境目にあるので探してみましょう。

委中
膝裏の真ん中にあるツボです。
前屈して痛い場合の腰痛に効きます。
ツボを両方押さえながら前屈したり後屈したりするのもオススメです。

ここツボ刺激はマッサージとストレッチが同時に行えますので、力の弱い女性などでも効果が出しやすいので覚えておくと便利です。

腰痛ツボと経絡を知りストレッチに活かす カーフコンタクトリラックスの流れ

今回はカーフコンタクトリラックスという腰痛改善のストレッチ、主にハムストリングとふくはらぎを伸ばしていくエクササイズを行います。
129a
まず体育座り状態から、両膝を外に倒し、右足を斜め前に伸ばしてください。
129b
このときに右足のつま先が寝ないように、しっかり上に上げてください。
同様に左足のつま先もしっかり外に開くと左側の股関節にしっかりストレッチがかかっていきます。
129c
その姿勢から頭の後ろに手を組みます。
そしてそこから左手は頭の後ろに置いたまま、右手で右足の小指を掴みにいきましょう。
129d
さらに左の肘を思い切って外に開いていきましょう。
この状態を10秒間キープすることによってハムストリングス、ふくらはぎ、脇腹にストレッチが掛かります。
129e
足を入れ替えます。
右足を戻し左足を斜め前に伸ばしたら、先ほどを同様に両方のつま先をしっかり開いてください。
129f
頭の後ろに一度手を組んだら、左手は左足の小指を掴つかみながら右肘を外に開いていきましょう。
129g
この状態を10秒間キープします。

肘をしっかり開くことで腰方形筋、腰の筋肉にもしっかりストレッチが掛かっていきます。
腰痛改善に非常に有用なストレッチですので、ぜひご自宅で試してみてください。

カーフコンタクトリラックスのポイント/回数・タイミング

カーフコンタクトリラックスを行う上でのポイント

お尻が潰れないようにしっかりと骨盤を立てて坐骨で座るようにしてください。
坐骨が立つとハムストリングスのストレッチがもっとも強まります。
また上半身は曲げるより倒すイメージで行ってください。

回数・タイミング

10秒キープを左右3セット。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛解消、予防。
ハムストリングスのストレッチ。
腰方形筋のストレッチで経絡の流れを良くすること。

運動強度☆☆☆

ストレッチを定期的にやっている方向け。

このようなお悩みがある方

  • 慢性的な腰痛で悩んでいる方
  • 骨盤後傾になりやすい方
  • 裏腿を使っていない、たるんでいる方
  • 開脚が苦手な方
  • 経絡の流れを良くしたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.173】腰痛のツボを一気に刺激 カーフコンタクトリラックス

ツボは点、経絡は線。ストレッチはその線を一気に緩める。

ツボは点であり、探すのも容易ではありません。
個人差があるので、専門家でも体の反応を見て判断します。

そんなツボは、経絡という繋がりの中の一箇所に過ぎません。
その経絡が通る筋肉、体の部位をストレッチで伸ばしてしまえば刺激は入れられますし、場所探しで迷う必要もありません。

それで腰痛改善のツボを数か所刺激できるのなら楽ですよね。
ぜひお試しください。