腰痛ツボの位置を把握。ストレッチでその経絡の流れを改善!

腰痛のツボはいくつか存在します。
ただほとんどが背中側にあるため、自分でツボを押すこともままなりません。
そのため専門家を求めて出向くのもいいですが、なんとか自分で探し刺激する方法はないものでしょうか。

そこでオススメしたいのが、ストレッチです。
ツボの位置を正確に把握していなくても、ツボ押し効果と同等とまではいきませんが、自分1人でツボ刺激ができます。
是非お試しください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩甲骨が柔軟に動かないと呼吸が苦しいことで酸素不足に陥る

呼吸をする上で大切なことは、肺臓の周りの内外の筋肉を柔軟にすることです。すると一度にたくさんの空...

眠いと体が動かない!すると肩こりやさらなる眠気に襲われる

眠気があるのは、睡眠時間が足りていない、睡眠の質が悪いのが原因です。そんな生活を続けては、体...

腰痛症を引き起こさない為には?誰でも楽な姿勢があるのか?

腰痛になる人はどのような人か?イメージしたことはありますか?普段の生活で家事や仕事、また...

O脚やX脚を改善しよう!姿勢を良くする内転筋群の役目とは?

姿勢の良い人は腹筋と背筋がしっかりしている。というのは良く聞くと思います。しかし、やみくもに腹筋...

つらい肩こりに効く体操!だれでも簡単と思える1つの方法

肩こりは今では国民病と言われています。肩こりは肩だけではなくそれ以外の筋肉にも深い関係性があ...

背中が痛いのは大問題!ストレッチですぐにでも緩和しよう!

背中が痛いとき、どうしますか?安静にして痛みがなくなるのを待つ、薬に頼る、マッサージに行って...

歯痛を放っておくと知らず知らずに肩こりになる可能性大!

歯痛と肩こりには意外な関係性があります。どうしてなのか想像つかない方もいるかもしれません。...

長距離ランナーは膝が命!ストレッチは正確且つ定期的に

ランナーは膝へ常に負担をかけ続けてしまいます。膝に疲労を溜めず、負担なく走る術はありません。...

プロが教える腰痛と頭痛でお悩みの方の簡単な対処法とは?

春の時期は色々な症状が起きやすい時期と言われています。春は何かと変化の多い時期で、学生であれ...

姿勢悪いと能率ダウン。能率も見た目も良くなる座り方キープ

座り姿勢を良くするには、正しい座り方を知る必要があります。重い頭、重い腕をなるべく重心の上に...

肩こりがみるみる解消!効果倍増簡単継続ストレッチ!

肩こりは最近では「日本の国民病」と呼ばれることもあるほど、男女とも悩まされている人がたくさんいます。...

肩こりからくる頭痛知ってる?そこには密接な関係があった!

座りっぱなしが続く受験勉強中の学生や事務職、パソコン作業をする社会人は肩こりになっても仕方ありません...

冬には冬の腰痛がある!起こりやすい腰痛の原因はコレだ!

冬は最も気温が下がりやすく身体が冷えやすい季節です。身体が冷えると骨盤周辺の骨で仙骨という骨の動...

突然外出先で腰痛になり動けなくなったときの応急処置方法

突然激しい腰痛で身動きできなくなることがあります。いわゆるぎっくり腰です。そんな時は痛み...

膝裏の痛みの原因は何?ストレッチで解消できることなのか?

普段からしっかり膝を伸ばして、立ったり歩いたりしていますか?膝は曲げ伸ばしをするのが役割です...

スポンサーリンク

腰痛に効くツボはどこ?

腰は体の要ですから、痛くなってしまうと何をするにも影響が出てしまいます。

腰痛に効くツボとしてオススメなのは、大腸兪、腎兪、志室です。

志室
肋骨の切れ目の下、第2腰椎と第3腰椎の間から指4本分外に位置しています。
横から押すとツーンと響く場所です。
ギックリ腰で必ず痛くなる場所でもあります。

腎兪
志室の指2本分内側にあるのが腎兪です。
45度くらいの角度で押すと効きます。

大腸兪
さらに大腸兪は、腎兪と同じ縦のライン上にあり、第4腰椎と第5腰椎の間から指2本分外です。
腰を曲げ伸ばす時に無意識に触っている場所が大腸兪です。
真上から垂直に押すと効きます。

また腰痛に効くツボは、腰だけにあるわけではありません。
お尻にある浪越圧点と言うツボがあります。
お尻の横で大臀筋と中臀筋の境目にあるので探してみましょう。

委中
膝裏の真ん中にあるツボです。
前屈して痛い場合の腰痛に効きます。
ツボを両方押さえながら前屈したり後屈したりするのもオススメです。

ここツボ刺激はマッサージとストレッチが同時に行えますので、力の弱い女性などでも効果が出しやすいので覚えておくと便利です。

腰痛ツボと経絡を知りストレッチに活かす カーフコンタクトリラックスの流れ

今回はカーフコンタクトリラックスという腰痛改善のストレッチ、主にハムストリングとふくはらぎを伸ばしていくエクササイズを行います。
129a
まず体育座り状態から、両膝を外に倒し、右足を斜め前に伸ばしてください。
129b
このときに右足のつま先が寝ないように、しっかり上に上げてください。
同様に左足のつま先もしっかり外に開くと左側の股関節にしっかりストレッチがかかっていきます。
129c
その姿勢から頭の後ろに手を組みます。
そしてそこから左手は頭の後ろに置いたまま、右手で右足の小指を掴みにいきましょう。
129d
さらに左の肘を思い切って外に開いていきましょう。
この状態を10秒間キープすることによってハムストリングス、ふくらはぎ、脇腹にストレッチが掛かります。
129e
足を入れ替えます。
右足を戻し左足を斜め前に伸ばしたら、先ほどを同様に両方のつま先をしっかり開いてください。
129f
頭の後ろに一度手を組んだら、左手は左足の小指を掴つかみながら右肘を外に開いていきましょう。
129g
この状態を10秒間キープします。

肘をしっかり開くことで腰方形筋、腰の筋肉にもしっかりストレッチが掛かっていきます。
腰痛改善に非常に有用なストレッチですので、ぜひご自宅で試してみてください。

カーフコンタクトリラックスのポイント/回数・タイミング

カーフコンタクトリラックスを行う上でのポイント

お尻が潰れないようにしっかりと骨盤を立てて坐骨で座るようにしてください。
坐骨が立つとハムストリングスのストレッチがもっとも強まります。
また上半身は曲げるより倒すイメージで行ってください。

回数・タイミング

10秒キープを左右3セット。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

腰痛解消、予防。
ハムストリングスのストレッチ。
腰方形筋のストレッチで経絡の流れを良くすること。

運動強度☆☆☆

ストレッチを定期的にやっている方向け。

このようなお悩みがある方

  • 慢性的な腰痛で悩んでいる方
  • 骨盤後傾になりやすい方
  • 裏腿を使っていない、たるんでいる方
  • 開脚が苦手な方
  • 経絡の流れを良くしたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.173】腰痛のツボを一気に刺激 カーフコンタクトリラックス

ツボは点、経絡は線。ストレッチはその線を一気に緩める。

ツボは点であり、探すのも容易ではありません。
個人差があるので、専門家でも体の反応を見て判断します。

そんなツボは、経絡という繋がりの中の一箇所に過ぎません。
その経絡が通る筋肉、体の部位をストレッチで伸ばしてしまえば刺激は入れられますし、場所探しで迷う必要もありません。

それで腰痛改善のツボを数か所刺激できるのなら楽ですよね。
ぜひお試しください。