全身を運動ラインで動かして痩せやすくなるストレッチを実践

ダイエット、どうせやるなら成功させたいですよね。

しかし色々なダイエット方法を試しても、結果が出るまで中々続かないという方も多いのではないでしょうか。

どうしたら上手くダイエットが成功するのでしょうか。

今回は体がどうなると痩せやすくなるのか、またその方法の1つとして全身連動ストレッチを紹介します。
是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体幹トレーニングは本になるほど大人気!試しにやりたい方へ

今や本やテレビで当たり前に取り上げられる体幹トレーニング。これはプロアスリートや何か競技を本気で...

これだけあれば始められる!体幹トレーニング初心者の準備物

体幹トレーニング初心者がいきなり難しいメニューを選んでしまうと、その辛さだけがイメージとして残ってし...

体幹トレーニングはメニュー次第で姿勢矯正やダイエットに

姿勢を整えたい、左右のバランスを整え不調を無くしたいといった目的にも体幹トレーニングは取り入れたいも...

やる場所で効果に違いある?体幹トレーニングを自宅で継続!

体幹トレーニングは特別器具も広いスペースも必要としません。ですからどこでもできる手軽なトレーニン...

体幹トレーニングを楽しむ!きついなら1人でやらず2人仲良く

体幹トレーニングはメニューの種類、キープ時間や反復回数次第できついと感じるレベルが全く違ってきます。...

ブレないことがすべて!体幹トレーニングで陸上競技の高みへ

陸上競技でタイムを縮める、フィールド競技では記録を伸ばすことがすべてです。それを実現するには...

今大人気の体幹トレーニングをやるメリットとは健康の底上げ

体幹トレーニングとは、アスリートがパフォーマンスを高め怪我の予防のためだけにすることではありません。...

体幹トレーニングで腹筋が割れる!?正しくは見えてくるだけ

腹筋を割りたいから、腹筋運動を続けている、体幹トレーニングを始めたという方は多いようです。そ...

体幹トレーニングでチューブを使ったメニューの効果の程は?

体幹トレーニングにはたくさんの種類があります。自重で行うメニュー、バランスボール又は器具、ゴムチ...

毎日?1日おき?体幹トレーニングが最も効果的な頻度とは?

体幹トレーニングをウェイトトレーニングと同じと思っている方が多いようです。実際2つは体を鍛えると...

踵の骨へのダメージを減らすストレッチ。ランニング前に必須

ランニングはひたすら脚を交互に出す運動です。そのため、アスファルトやコンクリートなど地面が硬いと...

体幹トレーニングで野球上達!変化球でも軸がブレずに対応可

野球選手に求められることは何でしょうか。ピッチャーで言えば、肩の強さやコントロール、バッター...

肥満解消したい方!体幹トレーニングしただけで見事に痩せる

一度肥満傾向になると、それ相応の努力をしないと痩せることはできませんよね。少しでも楽に痩せよ...

体幹トレーニングは筋肉を痛めるのではなく覚醒させるもの!

体幹トレーニングは筋力トレーニングの一種だから、筋肉痛を伴うものだと考えている方は多いようです。...

体幹トレーニングであらゆるスポーツのパフォーマンスを向上

今となってはメジャーになった体幹トレーニングですが、最近はスポーツ選手の中で『体幹はスポーツで必要不...

スポンサーリンク

痩せるにはストレッチで肩甲骨を動かす事が大事

肩甲骨の周りには大きな筋肉がいっぱい集まっています。
しかし肩甲骨は普通に生活していたらあまり意識して動かすことはありませんよね。
そうすると肩甲骨についている筋肉は使われずにどんどん固まって、血流が悪くなり代謝も下がってしまいます。

そこで痩せるための肩甲骨ダイエットでは、この普段使わずに固まってしまった筋肉を動かしてほぐしていきます。
そうすることで衰えていた筋肉が発達し、血流が改善され代謝もアップするので、とても痩せやすい体質になれるのです。

「肩を動かすだけで痩せる」これはそれだけの根拠があってのことです。
肩甲骨ダイエットにはボールやマットなど特別な道具は必要ありませんので、「やるぞ!」と思った時にすぐに始められるのが嬉しいポイントです。
また、肩甲骨ダイエットの効果は全身に波及しバストのケアや肩こり解消効果、姿勢改善効果もあるので、是非チャレンジしましょう。

ストレッチで痩せるのは肩甲骨周辺にある細胞が燃焼するから

良くダイエットで、『褐色脂肪細胞』をどう燃焼するかが必須と言われます。

その褐色脂肪細胞は全身の中でも、肩甲骨周辺と内転筋群に多く存在します。

この褐色脂肪細胞は激しい運動をしなくても、柔軟性があれば脂肪を燃焼しやすくなると伝えられてます。
つまり肩甲骨を後ろに回すストレッチをたくさんすれば、強度の高い運動をしなくても痩せやすい、そして太りにくい身体を獲得することができるのです。

若年層のうちに肩甲骨の柔軟性を獲得することは、運動パフォーマンスを向上するだけでなく、将来太りにくい身体を事前に作ることができるので、そういう意味でも今回紹介するストレッチは将来的に喜んでもらえるかもしれません。

筋肉的には僧帽筋・菱形筋辺りに多く含まれている部位です。

スポーツジムに通っている方であれば、ショルダープレス・プルダウンのような動きもオススメです。
しかしあまり負荷が強すぎると、筋肉が過剰についてしまうので軽負荷セッティングをオススメします。

痩せにくい太っている人の特徴

食べるのが大好き
美味しいものに限って脂肪や糖分がたっぷり含まれているもの。
そんな食べ物を常に食べていたら太っても仕方がありません。
太っている人は、そんな高カロリーな食事が大好きな傾向にあります。

自分に甘い
目標に向かって色々な制限をするのがダイエット。
苦痛のあまり、数回食事制限やストレッチや全身運動をした後で、高カロリーなお菓子を食べていてはそこまでの努力がすべて台無しです。
自分に甘くなってしまうようなら、ダイエット計画も見直しが必要そうです。

とても大らか
太っている人は大らかな性格なことが多いです。
ダイエットなど気にせず、大らかに生きているからこそ、体型も肥大化してしまうのです。
とは言え、イライラしている人よりも良いという考え方もあります。

全身が痩せやすくなる肩甲骨ストレッチの効果

この後紹介する肩甲骨を動かすストレッチをすると、どのような効果があるのでしょうか。

このストレッチは全身運動なのですが、特に肩甲骨周りの筋肉に刺激が入ります。
特に先ほど説明をした褐色脂肪細胞にしっかり刺激が入ります。

また肩甲骨周りの筋肉だけではなく、身体を捻る動きが入るので内臓にもしっかりとストレッチが掛かるため代謝が上がり、神経にもストレッチが掛かるので神経伝達が促進されダイエット効果をさらに促進します。
つまり身体を捻るのは痩せること以外にも様々な効果をもたらしてくれるのです。
肩こり、腰痛、姿勢改善、予防にも繋がってきますので万能なストレッチだと言えます。

今までやってきたストレッチで、効果を中々感じることができなかった方にはオススメです。

痩せるための全身ストレッチ アシンメトリカルツイストバージョン2の流れ

今回はアシンメトリカルツイストバージョン2という、神経促通のパターンのストレッチです。
背骨の張りや肩の左右の高さがずれている方への調整のストレッチになっております。

まず仰向けに寝て、両足を開いて手をバンザイしてください。


そこから右手を左手に手のひらが合うように揃えてください。
合わせて両脚を揃えて膝を曲げます。

その状態から両足を右に倒していきましょう。


そこから両手を同じライン上で右下に持っていきながら、同じタイミングで両足を左側へツイストしていきましょう。
この時、両手の甲は向き合うように捻りながら移動してください。


両手、両膝を真ん中へ戻したら、入れ替えます。
両手を右上、両足は左側に倒しましょう。


そこから、両手は同ライン上を左下に、両足は右側へ倒します。
そしてまた中央で入れ替えていきましょう。
このストレッチで気をつけたいのが顔の動きです。
常に手の行く方向を見るようにしてください。
そうすると体がより捻じれやすくなります。

この一連の流れを1回として、10回続けて行ってください。

少し複雑な動きですが、背骨の捻じれ、肩甲骨の動きとツイスト動作も入ってきますので腰痛の改善にもなります。
是非ご自宅で繰り返して行ってみてください。

アシンメトリカルツイストバージョン2のポイント/回数・タイミング

アシンメトリカルツイストバージョン2を行う上でのポイント

イメージは体を雑巾に見立て、絞るように身体を捻ってみること。
身体を捻ることで脂肪燃焼に繋がるのでたくさん捻りましょう。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

全身運動。
痩せやすい体作り。
肩甲骨可動域拡大。

運動強度☆☆☆☆☆

最初は難しくても続けて頑張れる方向け。
必ず効果が付いてきます。

このようなお悩みがある方

  • 運動パフォーマンスを向上したい方
  • 全身のつながりを高めたい方
  • 体幹を鍛えたい方
  • 肩こりを解消したい方
  • 姿勢矯正し痩せたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.245】全身動かして痩せるストレッチと言えばアシンメトリカルツイストバージョン2

全身連動ストレッチで痩せよう

ダイエットを成功させるのは中々難しいですよね。
ジムで走ったり、プールで泳いだり、マシンを使って鍛えたりしても中々継続するのが難しいという方もいます。

しかし、何も必要としないストレッチであれば、場所に困ることなく、行く面倒もなくご自宅で続けられます。

今回紹介したストレッチは慣れるまで少し難しいですが、是非お試しください。