足首を硬くしておくな!足関節を正しくストレッチして柔軟に

人間は他の動物と違い二本足で立ったり歩いたり、走ったりします。
四つ足の動物と違い、全ての体重が二本の足の足関節周りの筋肉や腱、関節を含む骨に掛かるのです。
細い足首の関節で体を支えているわけですから、柔軟性が失われると一番怪我をしやすい部分とも言えます。

足首は、内くるぶしが外くるぶしより高い位置にあるので力を抜くと、親指を内側にして下りながらねじれていきます。
つまりその方向が、自然に行きやすい方向になります。
そうなると小指を外側からねじり上げるという反対の動きというのは、力を入れないと動かない方向だと言えます。

スポーツの場面において、比較的切り返し動きやジャンプなど瞬発的に動かす動作を長時間に渡ってするような卓球、テニス、バドミントンなど個人競技においては、足首の柔軟性が失われ怪我をしがちなスポーツとなります。
こういった競技をしている方はもちろん、足首の硬さで悩まれている方は今回紹介するストレッチを試してください。
効果を実感できるはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩こりの秋!?季節の変わり目に起きる肩こりの原因とは?

パソコンやスマホの普及によって、肩こりは現代病になったといっても過言ではありません。肩がこると腕...

腰痛は座り方を変えるだけで治まる可能性あり!その方法とは

座り仕事が増えた現代では、中臀筋というお尻の筋肉に負担がかかることで腰痛やむくみを発症してしまう方が...

腰痛は病院で改善?それとも自力?もう選択で迷うことなし!

「腰が痛い!」と言って病院に駆け込んでくる患者さんに毎日のように出会います。腰痛と言ってもその病...

脚やせの法則。それは足指足首の末端ストレッチが鍵となる!

脚やせを成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。軽い運動をする、食事制限をする、マッサージをす...

腰痛は骨盤の歪みから生じる!あぐらをかけない方は要注意!

すぐぶり返ししまう腰痛はどうしたら良くなるのかな~とお悩みの方が少なくありません。腰痛になる...

ランニングを重ねても腰を痛めない!腰痛改善トレーニング法

腰の状態が良くないと感じるときの基準、皆さんにはありますか?朝起きたときに腰が痛い、腰が重た...

腰痛を和らげようとマッサージだけしていない?それでは不足

腰痛を和らげよう、解消しようとマッサージをする、してもらうことがあるでしょう。しかし、マッサ...

姿勢を正す鍵は2つの肩甲骨にあり!どれだけ動かせますか?

人間の美しさは姿勢から始まります。そして正しい姿勢で生活を送ることによって健康や美容、さらにはダ...

足のむくみ解消にいつでもどこでもできる簡単ストレッチ伝授

足のむくみ解消のために、何かしていることありますか。足湯で温める、着圧ソックスでむくみにくく...

足の裏が硬いと怪我や故障の原因に!足裏ストレッチの重要性

あなたの足裏はどうなっていますか?足裏は平らな面で、私たちの体重を分散して支えているのではな...

姿勢を正すこと!それだけで理想の美背中が誰でも手に入る!

肩こりや腰痛で悩まされている方、姿勢が崩れていませんか?姿勢が悪いとさまざまな不調に見舞われてし...

腰痛でロキソニンを使う?使わない?症状によって使い分ける

腰痛が辛いけど、治療のために病院へ行けないという方はどれだけいるのでしょうか。そんなときの腰...

バランス感覚は不安定姿勢でトレーニングして獲得。道具不要

人は立っているだけでバランスを取っています。足の開きが広がれば安定しますが、自分の股の開きの限界...

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。ですが決して病気ではありません。筋肉...

肩こり解消法。それは背骨のラインを整えるだけで完了!

朝起きるとなんだか体がスッキリしない。肩こりが中々とれない。こんな生活もう嫌だ!という方...

スポンサーリンク

まずは足首の行きにくい方向の柔軟性があるか足関節チェック

チェック方法

  1. 立った姿勢で踵や足の甲のどちらかが痛い。
  2. 長座で座り、足の爪先が垂直で真っ直ぐの状態を0度とした時、つま先を外へ下側へ0度まで行かない。
  3. 同じく長座で座り、足の爪先が外側へ0度、上側へ0度以上行く。

判定

  1. 慢性の怪我もしくは怪我の一歩手前状態になっています。
  2. 怪我をしやすい状態になっています。
  3. 関節可動域が平均以上あります。

スポーツをする上では、足の指を外上側へは外と上へ20度以上、内下側へは内へ30度以上、下へ45度以上が求められます。
さらに片方ではなく両方の柔軟性が求められますが、足の指の外上側へは柔軟性を確保しにくいです。

そこで今回紹介する両方の動きを行うアップエンドトイダウンというストレッチは、足首の怪我の予防と改善、パフォーマンスアップへ繋がります。

足首、足関節周りは一番心臓からも脳からも遠い!ストレッチが重要

足首、足関節周りは一番心臓からも頭からも遠く一番下にあるので、血液の流れも神経の流れも末端部分になります。

ここの柔軟性が失われると、目に見える現象として体の水の流れが循環しなくなり浮腫むという現象が起きがちになり足が重たくなります。
それは先程説明した外上側への動きが動きにくければ動き難いほど、怪我も加速することになります。

このような状態でスポーツをし続けるということは、シンスプリントそしてさらに症状が重たくなると疲労骨折の要因にもなりうるわけです。

そうならないためにも万遍ないストレッチが大切になります。

足関節で重要になる前脛骨筋を足首ストレッチで鍛えよう

外上側の動きを外返し、背屈と言われています。
その動きで一番必要になってくるのが、脛の外側にある前脛骨筋と呼ばれる筋肉です。
瞬発力を上げる筋肉であり、体の水の流れを戻す筋肉であり、コケるのを防ぐために必要な筋肉です。
この筋肉をトレーニングして鍛えることは、行きにくい方向の足首の関節の動きを良くしてくれます。

そこで簡単な足首周りの柔軟性アップや捻挫予防や改善として、この後紹介するアップエンドトイダウンのストレッチ&トレーニングをやってみましょう。

足関節がどんどん可動しだす足首ストレッチ アップエンドトイダウンの流れ

今回はアップエンドトイダウンという、足首、足関節周りのストレッチ&トレーニングを行います。

まず長座で座ります。
手は後ろについて、リラックスしてください。
この状態から左の足首を伸ばし、右足のつま先は上に上げます。
左足のつま先は少し内側に、右足のつま先は外側に開いてみてください。
この状態で10秒間キープします。

今度は入れ替えて逆側もやってみましょう。
10秒キープします。


10秒経ったら、さらに10回リズム良く交互に動かしましょう。
片足ずつ動かすのではなく、両足を同時進行で動かしてください。

アップエンドトイダウンのポイント/回数・タイミング

アップエンドトイダウンを行う上でのポイント

行きにくい方向の爪先を外側、そして上側に上げる方を意識してやることが、柔軟性を上げやすくなり足首の柔軟性のバランスを整えます。
さらに両方の足の動きの柔軟性の範囲が同じくらいにしておくことも重要です。
片方だけ柔軟性を上げてしまうとバランスを失う原因になります。

回数・タイミング

予防改善ウォーミングアップには1セット交互に10回を2セット。
パフォーマンスアップにはそれ以上行うと良いです。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

足首、足関節周りの柔軟性・可動域アップ。
前脛骨筋ストレッチ。

運動強度☆☆

誰でも簡単にできます。

このようなお悩みがある方

  • 捻挫、シンスプリントの予防改善したい方
  • 瞬発力の向上を図りたい方
  • 体の左右のバランスが崩れていると感じている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.102】足関節がアップエンドトイダウンで活躍しだす

足首ストレッチを欠かさなければ足関節は正常でいられる

このストレッチは足首の怪我予防と改善、さらには意識部分を変えることでパフォーマンスアップも期待できます。
また左右違う動きになりますので、神経系アップのトレーニングにもなります。

足というは、一番心臓からも脳からも遠い場所にあり一番鍛えにくい部分です。
だからこそ毎日少しづつ継続して行うことがとても大切な部分となりうるのです。