ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

今大人気の体幹トレーニングをやるメリットとは健康の底上げ

2017.12.5

体幹トレーニングとは、アスリートがパフォーマンスを高め怪我の予防のためだけにすることではありません。
だれでも気軽にできる健康を手に入れる手段です。

やり方や種類さえ正しくできれば、子どもから高齢者まで効果を得られます。
そんな体幹トレーニング覚えて毎日やりたくありませんか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

捻転は体幹がつないで最大化!トレーニングでゴルフ腕前上達

ゴルフは捻転を必要とするスポーツで、直線的な運動だけでは飛距離が得られません。 捻転とは上半身...

何もなければ流行らない!体幹トレーニングをする本当の意味

体幹トレーニングをやる意味は、やる人それぞれに違うかもしれません。 運動パフォーマンスを今以上...

毎日?1日おき?体幹トレーニングが最も効果的な頻度とは?

体幹トレーニングをウェイトトレーニングと同じと思っている方が多いようです。 実際2つは体を鍛えると...

肩こりが辛いのはどこの筋肉に原因があるのか。知れば変わる

体幹トレーニングには色々な種類があります。 自重でやる場合、バランスボールでやる場合、又はゴムチュ...

姿勢の崩れた多くの方へ。体幹トレーニングがおすすめの理由

体幹トレーニングのおすすめ理由はなんでしょう。 筋力アップ。 ダイエット。 運動不足解消。...

体幹トレーニングは自重で可!ジム通い不要で自宅でトライ!

体幹トレーニングはトレーニングジムに行って、専用の器具を使ったり、専門家の補助を受けたりしないとでき...

錦織圭を目指せ!体幹トレーニングでテニスをレベルアップ!

テニスは同じ場所で打ち返し続けることがありません。 左右に走っては打ち、切り返しては反対へ走る...

いいことだらけ!?体幹トレーニングをするメリットを考察

体幹トレーニングは現在の競技スポーツにおいて必要不可欠となってきましたが、デメリットはないのでしょう...

体幹トレーニングが子供にもたらすこととは?成長・学力向上

子供の頃から体幹トレーニングをした結果、筋肉がつき過ぎて成長が止まると思っている方は多いようです。 ...

不安定な姿勢でのストレッチで股関節可動域とバランスアップ

股関節のストレッチと言えば、床に座り開脚するものを思い浮かべる方は多いでしょう。 そのストレッ...

これは効く!体幹トレーニングでインナーマッスルと腹筋強化

体幹トレーニングはブームと言えばブームであり、当たり前と言えば当たり前になってきました。 一昔...

一般的体幹トレーニングの種類の名前一挙紹介!こんなに!?

一般的に紹介されるような体幹トレーニングは種類が豊富ですが、どれをやったらいいか迷ってしまいますね。...

体幹トレーニングはメニュー次第で姿勢矯正やダイエットに

姿勢を整えたい、左右のバランスを整え不調を無くしたいといった目的にも体幹トレーニングは取り入れたいも...

体幹トレーニングを楽しむ!きついなら1人でやらず2人仲良く

体幹トレーニングはメニューの種類、キープ時間や反復回数次第できついと感じるレベルが全く違ってきます。...

筋肉を伸ばせば骨も元通り。ストレッチのやり方を間違えるな

猫背、O脚、側弯症。 どれも骨の位置が正常でないことで起こります。 そのため、骨を矯正して治そう...

スポンサーリンク

体幹トレーニングのメリットとは

体幹トレーニングの体幹とは一体身体のどの部分のことを言うのかというと、主に横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤低筋群の4つの筋肉のことを指しています。

この4つの筋肉を鍛える体幹トレーニングのメリットとしてまず挙げられるのは、姿勢がよくなるということです。
デスクワークや日常の生活習慣などで猫背になりがちな人は多いと思います。
そこで体幹トレーニングをすると腰椎が安定し腹圧もあがりますので、背骨が伸び、姿勢が良くなるという効果が期待できるのです。

また体幹トレーニングによって腰回りの筋肉が鍛えられることで、内臓が正しい位置に収まります。
その結果、内臓の下垂が改善した、お腹周りの脂肪がスッキリした、便秘が解消されたなどの効果も期待できてしまいます。
さらに体幹トレーニングによって前進の代謝が促進され、血流も良くなり健康を保つことができるのです。

そんな体幹トレーニングは特別な器具を使用しないので、気軽に始められる点でもオススメのトレーニング方法です。

体幹トレーニングとは習慣であるべき ダイアゴナルミディアルの流れ

今回はダイアゴナルミディアルという体幹のトレーニングです。
背骨をストレッチングしながら、股関節の回旋動作を入れて、トレーニング効果を高めます。

まず仰向けになり、右手は頭の後ろに左手は手のひらを床に向け、背中に挟んでください。

左膝を曲げて、右つま先を上に上げて踵を遠くに押し出してください。

その状態で左足を内側に倒していきましょう。
このときに、右股関節が外側に少し回ってくるようにしてみてください。
この姿勢を10秒間キープして、体幹を締めてから10回連続で回旋動作を繰り返します。

まずは10秒キープします。

10秒経ったら一度緩めて、次に10回連続で回旋動作をしてください。

10回終わったら左右を入れ替え同じように、10秒間姿勢をキープしてください。
そして次に10回繰り返します。

股関節の回旋動作が入っているのですが、足をしっかり伸ばした状態から行うことで、より筋肉にストレッチがかかった状態で回旋動作ができます。
そうするとあらゆる運動パフォーマンスの向上につながります。
ぜひご自宅で試してみてください。

ダイアゴナルミディアルのポイント/回数・タイミング

ダイアゴナルミディアルを行う上でのポイント

つま先を上げることが大切です。
ここが緩むと股関節の回旋動作が行われにくくなってしまいます。
足をしっかり伸ばした状態をキープすることで、より筋肉にストレッチがかかった状態で回旋動作ができます。

回数・タイミング

10回1セットを基本として行いましょう。
朝、お昼休み、お風呂上がり、寝る前、どのタイミングでも構いません。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

体幹トレーニング。
背骨をストレッチングしながら、股関節の回旋動作を促します。

運動強度☆☆☆

運動習慣がある方向け。

このようなお悩みがある方

  • 運動パフォーマンスを高めたい方
  • 腰痛予防をされたい方
  • 体幹を鍛えたい方
  • 下半身痩せを考えている方
  • 股関節に痛みを感じている方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.142】体幹トレにはメリットがいっぱい ダイアゴナルミディアル

体幹トレーニングとは若々しくあるための手段

体幹トレーニングは続けることで元気で強い体になれます。
決して筋骨隆々になろうとはしてはいきません。
そのためにはもっと他のトレーニングが必要になるでしょう。

自重と呼吸だけでできる簡単な体幹トレーニングなら、体の内側も外側もバランスが整い、新陳代謝が進みます。
食事や睡眠の質も疎かにできませんが、老化現象も緩やかになるでしょう。

ぜひ毎日の日課として体幹トレーニングを取り入れてみてください。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - 体幹トレーニング