やる場所で効果に違いある?体幹トレーニングを自宅で継続!

体幹トレーニングは特別器具も広いスペースも必要としません。
ですからどこでもできる手軽なトレーニング方法だと言えます。

自宅はもちろん外出先、職場、お風呂やトイレなど、メニューは限られますがその場所にあったトレーニングができます。
是非色々なメニューを覚えて、体幹トレーニングを日課にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

不安定な姿勢でのストレッチで股関節可動域とバランスアップ

股関節のストレッチと言えば、床に座り開脚するものを思い浮かべる方は多いでしょう。そのストレッ...

何もなければ流行らない!体幹トレーニングをする本当の意味

体幹トレーニングをやる意味は、やる人それぞれに違うかもしれません。運動パフォーマンスを今以上...

捻転は体幹がつないで最大化!トレーニングでゴルフ腕前上達

ゴルフは捻転を必要とするスポーツで、直線的な運動だけでは飛距離が得られません。捻転とは上半身...

筋肉を伸ばせば骨も元通り。ストレッチのやり方を間違えるな

猫背、O脚、側弯症。どれも骨の位置が正常でないことで起こります。そのため、骨を矯正して治そう...

長友選手のように体幹トレーニングでサッカーの質を高めよう

サッカーで体幹トレーニングといえば、長友選手が有名ですよね。彼は体幹トレーニングによって作り上げ...

今大人気の体幹トレーニングをやるメリットとは健康の底上げ

体幹トレーニングとは、アスリートがパフォーマンスを高め怪我の予防のためだけにすることではありません。...

体幹トレーニングに使える便利グッズ。バランスボールは良い

体幹トレーニングに必要なグッズとは何でしょうか。ストレッチマット。ゴムチューブ。ダン...

激しい接触で負けない!体幹トレーニングでバスケ用の体作り

日本にもプロバスケットボールリーグのBリーグが誕生し、バスケ人気が高まっています。そんなバスケを...

全身を運動ラインで動かして痩せやすくなるストレッチを実践

ダイエット、どうせやるなら成功させたいですよね。しかし色々なダイエット方法を試しても、結果が...

体幹トレーニングにダイエット効果を求める女性へアピール

体幹トレーニングはアスリートが成績向上、怪我予防のためにするのが一般的ですが、女性が取り組むにはきつ...

肩こりが辛いのはどこの筋肉に原因があるのか。知れば変わる

体幹トレーニングには色々な種類があります。自重でやる場合、バランスボールでやる場合、又はゴムチュ...

これだけあれば始められる!体幹トレーニング初心者の準備物

体幹トレーニング初心者がいきなり難しいメニューを選んでしまうと、その辛さだけがイメージとして残ってし...

体幹トレーニングは筋肉を痛めるのではなく覚醒させるもの!

体幹トレーニングは筋力トレーニングの一種だから、筋肉痛を伴うものだと考えている方は多いようです。...

体幹トレーニングによってバドミントンスキルを効率良く向上

バドミントン人気はどんどん高まってきていますね。競技の特徴は何と言っても前後左右への激しい移...

これは効く!体幹トレーニングでインナーマッスルと腹筋強化

体幹トレーニングはブームと言えばブームであり、当たり前と言えば当たり前になってきました。一昔...

スポンサーリンク

 自宅で体幹トレーニングをする際の注意点

ジムなどを利用しない自宅での体幹トレーニングは、費用もかからず手軽に好きな時に行えるというメリットがあります。
しかしその反面、チェックしてくれるトレーナーがいないので、きちんと正しい方法で行わないと努力も実らず効果が出なかったり、逆に体を痛めてしまったりすることもあるので注意が必要です。

例えば腹筋を鍛える方法としてポピュラーな「クランチ」の場合、必ず顎を引いてお腹を見るようにする必要があります。
しかし顔が上を向いてしますと効果がないばかりか、首に負担が掛かってしまうのです。

またよくクランチをすると腰が痛くなるという話を耳にしますが、その原因は動作の支点が腹ではなく腰になっているせいで、効果がないばかりか腰を痛めることに成りかねません。

クランチ以外のトレーニングメニューでも、まず鍛えたい筋肉がどこなのかを明確にし、動作をすることによって他の部位に負担が掛かっていないか常に意識をする必要があります。

自宅で行う場合は、まず事前に本や動画等で正しいやり方をきちんとマスターした上で行うか、トレーニングに詳しい信頼できる知り合いに見てもらい、アドバイスを受けた上で始めるのがいいでしょう。

このページを確認すれば自宅でも体幹トレーニングができる フラグサークル

今回はフラグサークルという、体幹トレーニングを行います。
中臀筋・小臀筋といった臀筋群に刺激が入り、場合によってはつるくらいキツイです。

まずお姫様座りになります。
つま先を外向きに、そして足首を90°にしてください。

そこからお尻を前に動かし、両肘を床につけます。

そして両膝をできるだけ左右遠くに開きます。
このときお尻の位置は膝より前に出ないよう注意してください。

その状態から身体を左側にずらしましょう。

右足踵を高く上げます。
これで右臀筋群に刺激が入るのを確認してください。

右足踵を降ろしたら、今度は身体を右側にずらし、左足踵を高く上げます。

股関節が硬い方は踵が上がりづらいです。
繰り返し行い少しでも高く上げられるようになりましょう。
この入れ替え動作を交互に10回繰り返してください。

股関節の回旋動作は各種スポーツで使われます。
このトレーニングは柔軟性の向上も含んでます。
是非ご自宅で行ってください。

フラグサークルのポイント/回数・タイミング

フラグサークルを行う上でのポイント

膝を開いたとき床が硬いと痛くて辛いですから、膝下にタオルやマットを敷いてください。
お尻が膝より前に出てしまうと効果が得られません。
またおへそを床に近づけること、肩甲骨を寄せることも効果的です。

回数・タイミング

1セット10回。
3セットをまとめてでも時間をずらしてでも、効果は十分得られます。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

体幹トレーニング。
中臀筋・小臀筋の強化とストレッチ。
骨盤矯正。

運動強度☆☆☆☆

体幹トレーニング中級者向け。
競技者向け。

このようなお悩みがある方

  • 股関節の可動域が狭い方
  • 骨盤が後傾気味の方
  • 開脚が苦手な方
  • お尻をキュッと引き締めたい方
  • 自宅で気軽に体幹トレーニングしたい方
  • 姿勢改善したい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.153】自宅体幹トレーニングでヒップアップ フラグサークル

自宅で体幹トレーニングをやるからこそ継続できる

ダイエットやトレーニングが続けられない方の中には、出不精が原因で断念してしまった方も多いでしょう。
わざわざ外に行くのも面倒だと、一度でも感じてしまうと続きません。

それなら自宅で体幹トレーニングをやってみませんか。
1時間テレビを見るとCMが最低3回はあるでしょうから、その間に1セットずつ3セット済ますようにすればいいのです。
これなら気持ちもそこまで高めずにできるのではないでしょうか。

是非お試しください。