体幹トレーニングは体1つ十分!器具が不要で始めやすい!

体を鍛えようとするのは、どんな方でしょうか。
スポーツで上を目指す方、モデルのように見せる体が必要な方、仕事で怪我をしないように丈夫な体が必要な方。

もちろん上記のような方は鍛える必要は高いですが、それ以外のあらゆる方も体を鍛えることが大切です。

だからといって、ダンベルやバーベル、ウェイトマシンを使う必要はありません。
自重、つまり自分の体1つあればできるのです。

その中でもまずやりたいのが、体幹トレーニングです。
体幹トレーニングには、姿勢が良くなる、体調が良くなる効果が見込めます。

器具を用意してまで鍛えようとしてこなかった方、やり方だけ覚えればいつでもどこでもできます。
是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体幹トレーニングにダイエット効果を求める女性へアピール

体幹トレーニングはアスリートが成績向上、怪我予防のためにするのが一般的ですが、女性が取り組むにはきつ...

体幹トレーニングの効果が現れる期間。目標設定して習慣化!

ストレッチ、トレーニング指導をする時に良く、『トレーニングの効果はどのくらいで得られますか?』と聞か...

これだけあれば始められる!体幹トレーニング初心者の準備物

体幹トレーニング初心者がいきなり難しいメニューを選んでしまうと、その辛さだけがイメージとして残ってし...

今大人気の体幹トレーニングをやるメリットとは健康の底上げ

体幹トレーニングとは、アスリートがパフォーマンスを高め怪我の予防のためだけにすることではありません。...

体幹トレーニングは自重で可!ジム通い不要で自宅でトライ!

体幹トレーニングはトレーニングジムに行って、専用の器具を使ったり、専門家の補助を受けたりしないとでき...

体幹トレーニングはマシン入らずの最強身体変革方法だ!

ここ最近ブームになっている体幹トレーニング。一般の方からアスリートの方にまで幅広く体幹トレーニン...

姿勢の崩れた多くの方へ。体幹トレーニングがおすすめの理由

体幹トレーニングのおすすめ理由はなんでしょう。筋力アップ。ダイエット。運動不足解消。...

体幹トレーニングが子供にもたらすこととは?成長・学力向上

子供の頃から体幹トレーニングをした結果、筋肉がつき過ぎて成長が止まると思っている方は多いようです。...

体幹トレーニングであらゆるスポーツのパフォーマンスを向上

今となってはメジャーになった体幹トレーニングですが、最近はスポーツ選手の中で『体幹はスポーツで必要不...

毎日?1日おき?体幹トレーニングが最も効果的な頻度とは?

体幹トレーニングをウェイトトレーニングと同じと思っている方が多いようです。実際2つは体を鍛えると...

激しい接触で負けない!体幹トレーニングでバスケ用の体作り

日本にもプロバスケットボールリーグのBリーグが誕生し、バスケ人気が高まっています。そんなバスケを...

体幹トレーニングで野球上達!変化球でも軸がブレずに対応可

野球選手に求められることは何でしょうか。ピッチャーで言えば、肩の強さやコントロール、バッター...

姿勢が悪いとダイエット失敗?でも姿勢を良くするだけで変化

私たち人間には様々な体型の人がいます。細い人、太っている人、細マッチョ、筋骨隆々、ぽっちゃり、姿...

何もなければ流行らない!体幹トレーニングをする本当の意味

体幹トレーニングをやる意味は、やる人それぞれに違うかもしれません。運動パフォーマンスを今以上...

体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛え腰痛の元を排除!

慢性腰痛が運動不足に起因しているのは、ほぼ間違いないでしょう。運動不足によって体は本来の機能...

スポンサーリンク

 器具を使わなくても体幹トレーニングができる

体幹を安定させるトレーニングには、いろいろな種類があります。
その中でも特別な器具を使わず、どこのご自宅にでもある敷布団や座布団を使った方法を紹介します。

まず敷布団や座布団を縦長に丸めて、ポールのような形状にします。
その上に縦に寝転がります。
布団が背骨に沿って、頭から尾骨辺りまで背骨1つ1つが、接する状態を作ります。
これだけでも、胸が広がりとても気持ちが良いですし、肩周りが楽になります。

寝転がったまま、どちらから始めても大丈夫ですが、右手と左足を同時に持ち上げます。
次に、左手と右足を持ち上げます。

これは体幹ができていないとふらついて大変難しいですが、少しずつ練習をすることで、筋力もバランス感覚も整ってくるので普通にできるようになります。

コツは、足は股関節から動かすことです。
他の箇所の筋肉を使用せず、股関節を曲げることで、体幹を整えるのに役立ちます。
体幹を整えることで、腰痛や肩こりなどが和らぐこともありますので、大変効果的です。

器具入らずの協力体幹トレーニング ペアランジツイスト

今回はペアランジツイストという、体幹トレーニングです。
主に大腿四頭筋やハムストリングスを使いながら体を捻っていきましょう。

まず両手をサポーターの方の手の上に置いてください。

その状態から右足を前に出していきます。

右足を前に出したら、体を右に捻ります。

捻りを戻します。

足を戻して元の形に戻ります。
この足を戻したときに、しっかり足が揃っている状態にしてください。
左右交互に10回行います。

このトレーニングで股関節の可動域をしっかり広げられるように行っていきましょう。
足を戻したときに、中途半端な位置にならないように特に注意してください。

ペアランジツイストのポイント/回数・タイミング

ペアランジツイストを行う上でのポイント

サポーターはリズム良く動きをサポートしてください。
踏み込みに合わせて後ろに下がり、捻りに合わせてステップします。
2人の息を合わせることで効果は最大化します。

回数・タイミング

左右10回1セット。
代わる代わる3セット。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

体幹トレーニング。
股関節可動域拡大。
大腿四頭筋とハムストリングス強化。

運動強度☆☆☆☆☆

アスリート、競技経験者向け。

このようなお悩みがある方

  • 運動パフォーマンスを向上させたい方
  • 股関節の可動域が狭い方
  • 2人で協力してトレーニングしたい方
  • 捻転動作の多いスポーツが苦手な方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.230】ペアランジツイストは器具不要の体幹トレーニングの最高峰

体幹トレーニングは器具が要らないからどこでもできる

やはり体幹トレーニングの良い点は、何と言っても何も使わずにできることでしょう。
大きなウェイトマシーンやダンベルなどを使わずに、自分の体重、自分の身一つでできるのです。
それでいて効果は相当あります。

もちろん筋肉の肥大化という点では目的は達成できないかもしれません。
しかし、あらゆるスポーツで筋肥大よりも体幹トレーニングのほうが重要なのは明らかです。

今回紹介したメニュー、仲間と共に試してください。
孤独のトレーニングより楽しく続けられるでしょう。