体幹トレーニングはやり方次第で様変わり!どう始めるべき?

体幹トレーニングのやり方はたくさんあり、どれが自分に必要で効果的なのか分かりにくいですよね。

1つのやり方だけをマスターしても、たくさんある効果のすべてを得ることはできません。

そこでやってもらいたいのが、ラボ式体幹トレーニングです。
通常のメニューとは一味違った効果を感じてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩こりが辛いのはどこの筋肉に原因があるのか。知れば変わる

体幹トレーニングには色々な種類があります。自重でやる場合、バランスボールでやる場合、又はゴムチュ...

肥満解消したい方!体幹トレーニングしただけで見事に痩せる

一度肥満傾向になると、それ相応の努力をしないと痩せることはできませんよね。少しでも楽に痩せよ...

体幹トレーニングにダイエット効果を求める女性へアピール

体幹トレーニングはアスリートが成績向上、怪我予防のためにするのが一般的ですが、女性が取り組むにはきつ...

体幹トレーニングはアスリートだけでなく美を求める女性まで

体幹トレーニングはスポーツにおいて、あらゆるパフォーマンスを高めるために、現在標準化されつつあります...

体幹トレーニングの方法は数あれど対角線ラインが重点となる

体幹トレーニングは様々な方法がありますが、皆さんはどれだけご存知でしょうか。一般的に知られて...

踵の骨へのダメージを減らすストレッチ。ランニング前に必須

ランニングはひたすら脚を交互に出す運動です。そのため、アスファルトやコンクリートなど地面が硬いと...

体幹トレーニングの効果は最低2週間で感じ1か月で周囲も評価

体幹トレーニングは効果が現れるのが遅いです。なぜなら体の奥底にある深層筋に働きかけるからです。...

筋肉を伸ばせば骨も元通り。ストレッチのやり方を間違えるな

猫背、O脚、側弯症。どれも骨の位置が正常でないことで起こります。そのため、骨を矯正して治そう...

やる場所で効果に違いある?体幹トレーニングを自宅で継続!

体幹トレーニングは特別器具も広いスペースも必要としません。ですからどこでもできる手軽なトレーニン...

体幹トレーニングを毎日やるのは危険?それとも日課にする?

皆さん毎日することは何ですか?食事、睡眠、仕事などなどたくさんあるでしょう。その中にスト...

ランナーこそ体幹トレーニングを。ランニングを省エネ運転に

体幹トレーニングによってランニングフォームは変えられます。今、ランニングをさせている方も体幹...

これだけあれば始められる!体幹トレーニング初心者の準備物

体幹トレーニング初心者がいきなり難しいメニューを選んでしまうと、その辛さだけがイメージとして残ってし...

不安定な姿勢でのストレッチで股関節可動域とバランスアップ

股関節のストレッチと言えば、床に座り開脚するものを思い浮かべる方は多いでしょう。そのストレッ...

体幹トレーニングによってバドミントンスキルを効率良く向上

バドミントン人気はどんどん高まってきていますね。競技の特徴は何と言っても前後左右への激しい移...

体幹トレーニングに使える便利グッズ。バランスボールは良い

体幹トレーニングに必要なグッズとは何でしょうか。ストレッチマット。ゴムチューブ。ダン...

スポンサーリンク

 体幹トレーニングの基本的なやり方とは?

良く行われる体幹トレーニングのやり方を理解しましょう。

体幹トレーニングの基本とも言われる『プランク』というメニューです。
まずうつ伏せの状態になり、前腕を平行に並べ、その前腕とつま先だけを床につけたままにし、それ以外は床から浮かせてください。
体重がかかるので意外ときついです。
しんどくなると腰がくの字になってきてお尻が浮いてくるのですが、なるべく体と床が平行になるように心がけてください。
これを1分継続します。
1分間がきついと感じたら、最初は半分の30秒にしてもいいでしょう。
どんどん秒数を伸ばしくと効果が見込めます。

このメニューのように、慣れない姿勢を支え続けるものが1つです。

またもう1つの体幹トレーニングの方法として、慣れない姿勢で動作を繰り返すものがあります。
こちらは筋肉の伸張と収縮を繰り返すことで、弾力を高めることが目的になってきます。
この方法をラボ式では積極的に採用しています。

どちらかだけやればいいのではなく、どちらもやるのが最適です。
筋肉の役割は骨格を支えることであり、骨格を動かすことでもあるからです。
是非いろいろなメニューにチャレンジしてみてください。

ストレッチと体幹トレーニングを合わせたラボ式のやり方 シールミディアルローテーション

今回はシールミディアルローテーションという体幹のトレーニングを行います。
骨盤周辺の腸骨筋のストレッチ&トレーニングになります。

まず四つん這いで両手の親指と親指を揃え、両足は後ろに伸ばし、肩幅よりやや広めに開き、つま先は伸ばします。

そこからつま先を外に向けて左の膝を横に上げます。
顔は正面のまま身体を左に捻じりましょう。
この時に右足の付け根が突っ張るはずです。

身体を中心に戻しながら、左足を元の位置に戻してください。

今度は右の膝を横に上げ、顔は正面のまま身体を右に捻じりましょう。

膝を横に持ってくると反対の伸ばしている足が反動で内側に入りやすいので、元の位置からずれないよう注意してください。
この入れ替えを左右交互に10回繰り返します。

腸骨筋をトレーニングする種目は限られています。
このトレーニングは股関節の柔軟性を高めながら体幹を鍛えていきますので、より効果があります。
是非お試しください。

シールミディアルローテーションのポイント/回数・タイミング

シールミディアルローテーションを行う上でのポイント

脚を股関節から大きく動かすことで、上半身が自然と捻られる連動感が大切です。
下半身と上半身が自然と連動することで体幹が使われていきます。

回数・タイミング

10回1セット。
ウォーミングアップに最適です。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

体幹トレーニング。
腸骨筋のストレッチ。
体の連動を高めること。

運動強度☆☆☆☆

股関節の可動域があるストレッチ中・上級者向け。

このようなお悩みがある方

  • 運動パフォーマンスアップを目指す方
  • 骨盤矯正を図りたい方
  • 股関節の可動域を広げたい方
  • 省エネの体を手に入れたい方
  • お尻を引き締めたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.170】これぞラボ式のやり方 シールミディアルローテーション

体幹トレーニングのやり方は考え方と目的で変えること

良くテレビや雑誌で紹介される体幹トレーニングは姿勢を一定時間キープし、インナーマッスルに負荷を加えて目覚めさせることが目的です。
対してラボ式は筋肉を可能な限り伸ばし縮めることで、筋肉本来の役割を蘇らせることが目的です。

キープするだけでは、筋肉は緩みません。
なぜなら筋肉は縮むと緩むしかできないからです。
自分で積極的に伸ばすことが大切だということをラボ式体幹トレーニングを通して感じて欲しいです。