ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト

ストレッチ、体幹トレーニング、姿勢矯正情報サイト│ラボ式

ふくらはぎを細くするには。美脚を望む女性向けストレッチ!

2017.11.9

足首の細い女性に憧れますよね。

でもそんな方でも生まれつき細いのではありません。
正しく足、特にふくらはぎを使えているからです。

ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれるほど体にとって重要な部位。
そんなふくらはぎを細くする使い方知っていますか?

今回はふくらはぎを正しく使う動的ストレッチを紹介します。
このストレッチを続ければ、細い足首はあなたのものです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩こりをスッキリさせたら辛かった頭痛がスッと解消する

肩こりは現代の生活様式では起こりやすい症状だと言えます。 ですが決して病気ではありません。 筋肉...

手首に柔軟性は必要なのか?左右差や硬さのせいで怪我する?

手首の柔軟性の左右の違いは、両手を使うスポーツにおいて、例えばボールを使う競技だとボールコントロール...

肩こりは単なる運動不足。まずは動的ストレッチでサビ落とし

何か定期的に運動をしている方はどれくらいいるのでしょうか。 月に数回、週に1回、週に3~4回。 ...

肩こり解消法。それは背骨のラインを整えるだけで完了!

朝起きるとなんだか体がスッキリしない。 肩こりが中々とれない。 こんな生活もう嫌だ! という方...

毎日やりたい頭痛や肩こりに効く誰でも簡単な首ストレッチ

首は重い頭を支える、動かすだけでなく、様々な通り道でもあります。 そんな首はいくつもの筋肉で構...

X脚で膝が痛いことがある。ストレッチで負担軽減が一番肝心

X脚のように脚が真っ直ぐでないと、骨格が歪み、筋肉のバランスも崩れているため、節々に痛みが出ることが...

立ち姿勢がよくなる秘訣とは?重心と体の各パーツの位置関係

姿勢が悪いと身体にさまざまな不調を来たし、見た目にも関係してきます。 その矯正ポイントとして今...

腰痛と下痢、実は関係があった!筋肉と神経、内臓の関わり

時に腰痛で下痢になるという人がいます。 腰痛になったから下痢になった、下痢になったから腰痛になった...

足首を硬くしておくな!足関節を正しくストレッチして柔軟に

人間は他の動物と違い二本足で立ったり歩いたり、走ったりします。 四つ足の動物と違い、全ての体重が二...

美脚を目指せ!下肢の中でも硬くなりやすい内転筋ストレッチ

筋肉は大まかに言えば遅筋群、速筋群に分かれています。 持久系の赤色の筋肉が遅筋であり、瞬発系の白色...

肩こりを放っておくと頭痛や吐き気に見舞われる!そんな時は

肩こりというのは厄介なもので、頭に近いところで痛みが起こるためにイライラが積もります。 下に頭...

突然外出先で腰痛になり動けなくなったときの応急処置方法

突然激しい腰痛で身動きできなくなることがあります。 いわゆるぎっくり腰です。 そんな時は痛み...

肩こり症状は気づかぬうちに進行。気づいたらすぐこれを読む

肩こりは頭の後頭部から肩にかけて異常な緊張状態で起こる痛みや違和感の症状です。 私たちは一日中...

足痩せのためには大きい筋肉も小さい筋肉もストレッチすべし

足痩せしたいと望む方は多いでしょう。 女性だけでなく、美意識高い男性もいるはずです。 皆さん...

股関節を柔らかくするなら振り子運動ストレッチがオススメ!

最近は技術の進歩により動かずに何でもできるようになってきました。 スピーカーに話しかけるだけで、何...

スポンサーリンク

ストレッチでふくらはぎを細くすることができるのか

ふくらはぎが太くて、ショートパンツやミニスカートといった洋服が着れないという話をよく耳にします。

しかしふくらはぎだけを細くしたいという部分痩せというのは、食事制限をして体重を減らすよりも少し難しいです。
なぜならふくらはぎは、一度太くなってしまうと細くなりにくい部分だからです。

ふくらはぎが太くなってしまう1番の原因はセルライト。
老廃物質と脂肪からできているセルライトは、食事制限だけでは解決しづらいのです。

そんなセルライトを取り除く為に最も効果的な方法は、入浴や足湯などでふくらはぎの部分を温めて血行を良くしてからストレッチをすることです。
そして、ストレッチをした後にマッサージを行う事でふくらはぎの部分のセルライトが解消します。

ここで、ふくらはぎに効く効果的なストレッチを1つ紹介します。
まずは、お尻に力を入れてまっすぐ立ちます。
次に、親指に重心をかけ、踵の上げ下げを10回行います。

できれば階段のような段差があり、踵を落とせるところが理想です。

さらに踵に重心をかけ、足の指を上下に動かすこと。
これらを10回行ってください。

このストレッチを10回ほど繰り返すことで、ふくらはぎの血行を良くできます。

段差を使わずふくらはぎを細くするストレッチ グルーティアスエクステンションの流れ

今回はグルーティアスエクステンションというランニング前に行いたいストレッチです。
主に足首、ふくらはぎ、アキレス腱にストレッチをかけていきます。

まず足を肩幅くらいに広げて立ち、重心を右側に乗せていきましょう。
右膝は軽く曲げて結構です。

その状態で、左足のつま先を天井に向かって上げていきます。
踵を突き出す感じです。

このとき更に右側に重心を乗せていきましょう。
左足のつま先をできる限り天井に向けることで、左足のアキレス腱のストレッチが入りやすくなってきます。

次に重心を左側に移して、右足のつま先を天井に向けます。
こちらもつま先ができるだけ天井を向くように気をつけてください。
この入れ替えを左右交互に10回行ってみましょう。

ランニングをされている方は、足首、ふくらはぎ、アキレス腱が固くなってしまって、故障をしてしまうことが多いです。
ランニングの前にこのような形でストレッチを行うことで、柔軟性を保ち故障の予防改善につながっていきますのでぜひお試しください。

グルーティアスエクステンションのポイント/回数・タイミング

グルーティアスエクステンションを行う上でのポイント

曲げた脚のふくらはぎは引き締める、伸ばした脚のふくらはぎは伸ばし緩めるのが理想です。
この入れ替えによって、ふくらはぎのポンプ作用が最大化します。
そのため、しっかり体重を乗せて支えることが大切です。

回数・タイミング

10回1セットを基本として1日3セット行いましょう。
まとめて少しの休憩を挟みながらでもいいですが、朝起きて1セット、お昼休みに1セット、お風呂上がりに1セットといったように分けて行うとより効果的です。
ランナーは走る前後に必ず行ってください。

ストレッチ目的/強度/ターゲット

目的

下腿三頭筋ストレッチ。
ふくらはぎのポンプ作用の最大化。
ランナーの足首故障予防。
ふくらはぎを細く引き締めること。

運動強度☆☆☆

万人向け。

このようなお悩みがある方

  • ふくらはぎが太いと悩んでいる方
  • 足首の故障が多い方
  • むくみがひどい方
  • 段差を使わずにアキレス腱ストレッチをしたい方

ストレッチは以下のことを守って進めてください。

ストレッチを行う上での注意点

【ストレッチ動画No.184】ふくらはぎを細くするには グルーティアスエクステンション

ふくらはぎを細くするにはうってつけの動作

ふくらはぎを細くするには、最大限伸ばし縮める。
ただそれだけです。

その結果、足に溜まった余分な水分、老廃物は流せます。
太いのは、たくましいのではなく溜め込んでいるだけ、つまり運動不足です。

自分の体重を目一杯かけて、ふくらはぎを使ってください。
効果が目に見えて現れる日も近いでしょう。

この記事の編集者

石川貴之

石川貴之

カラダラボ代表/スゴイ先生/2万人超施術経験のTOPプロ 業界歴10年。クライアントには、スポーツ選手メダリスト、プロ競輪選手などのプロのアスリート、また、超有名企業の経営陣や芸能人などの著名人も多数。 石川貴之のクライアントのリピート率は非常に高く、クライアント一人ひとりの身体に合わせた施術は高い評価を得ている。 多くの学校をインターハイに導く。 陸上、水泳、サッカー、野球、バトミントン、ゴルフ、競輪、レスリング、ボクシング、柔道と競技は問わない。

WEB SITE : http://www.ka-ra-da-labo.jp

 - ストレッチ